激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤ

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安いグリップタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

一般的にはスポーツタイヤと呼ばれています。

激安タイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でもグリップ力のあるアジアンタイヤのおすすめタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大のメリットになっています。

人気順にご紹介します。

ATR SPORTタイヤ

インチサイズ(17インチ~20インチ)

激安タイヤでありながら、グリップ力がかなりあることが

人気のATR SPORTタイヤです。

安定したグリップ力とコーナリング性能を発揮し

スポーツ走行から街乗りまで幅広く使用できます。

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG(ナンカン)NS-2タイヤ

インチサイズ(14インチ~22インチ)

NANKANG S-2は、ドライグリップ性能とウェット性能に優れた

ナンカンのフラッグシップスポーティータイヤです。

機敏なステアリングレスポンス、スポーティーな運動性能と、

快適性がうまくバランスされ適度な静粛性も備えているタイヤです。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91タイヤ

インチサイズ(15インチ~20インチ)

PS-91は、優れたグリップ力を発揮するスポーティーストリートタイヤで

回転方向のあるV字型のパターンデザインが装着車両にスポーティーな印象を与えます。

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラ⇒ピンソタイヤPS-91

 

MAXTREK(マックストレック)INGENS A1タイヤ

インチサイズ(14インチ~20インチ)

INGENS A1(インジェンス )は、ドライ、ウェットどちらの路面においても

優れたグリップ性と操縦性を発揮し、ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

MAXTREK INGENS A1タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

アジアンタイヤの価格を見たらそのあまりの安さに、驚きます。

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2019年08月04日

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤでした。

タグ

2017年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ

アリストにプロクセスC1Sタイヤ交換

アリストにトーヨーのプロクセスC1Sタイヤ

そろそろ夏タイヤにしてもイイかな

1.jpg

夏タイヤをタイヤ交換です。

お疲れのヴューロ

2.jpg

年月が経っているので

さすがにうるさいので・・・・

これ紫外線によるヒビです。

3.jpg

さて今回アジアンのECOタイヤに

しようと思ったんですが、車が重いことと

首都高を使うことが多いので、

グリップは落としたくないな~

ということで、国産タイヤを選びました。

4.jpg

BS、ヨコハマ、ダンロップはスタッフが履いているので

あえてこのメーカーに

プロクセスR1Rじゃないよォ~

C1Sという、高速クルージングが静かなタイヤって

メーカーさんは言っていたけど、どうなんでしょう?

タイヤは履いてみないと分からないからね。

転がり抵抗のラべリングはBなので

ECOタイヤの部類には入りません。

5.jpg

トレッドはイン、アウトでコンパウンドが違うらしい。

ミニバン方式ですね。

6.jpg

さて車に重要な荷重指数は99って、

このサイズで、ここまでいらないと思うけど

そこまで車、重くないぞ~

ちなみに、ヴューロは94でした。

8.jpg

まあ今回のタイヤはエクストラロードなので

空気圧はちょっと高めになるけど、

225/55偏平の16インチだと、あまり関係ないね。

タイヤ内面の容積も十分あるし、

管理が面倒なので、ここは窒素を入れました(笑)

45偏平以上で、17、18インチなら

空気圧をシビアに見ないといけない

なにしろ、タイヤ内面容積はメチャ少ないから

重量を支えるのは、タイヤ内の空気量だからね。

さて長年お世話になったタイヤです。

9.jpg

安全かつ快適に走らせてくれました。

お疲れさまです。

10.jpg

ということで、ニュータイヤを履いて

インプレッションは、ちょっと待ってくださいね。

タイヤの性能とくに静かさって、一皮剥かないと

分からないので!

このタイヤのインプレって、ほとんどないんだな~

ということは、売れてないのかな(汗)

でもプレミアムタイヤということは間違いありません。

プロクセスC1Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスC1S

プロクセスC1Sのタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

アジアンタイヤでもプレミアムタイヤは進化しています。

コチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2019年09月15日

アリストにプロクセスC1Sタイヤ交換でした。

タグ

2013年2月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:トーヨータイヤ プレミアムタイヤ 国産タイヤ

ベンツにATR SPORTタイヤを履かせました!

ベンツにATR SPORT(エーティーアールスポーツ)タイヤなの?

時代が変わったんだな~

持ち込まれたタイヤはATR SPORTの18インチ

なるほど、あのオートウェイから発送されている。

私もオートウェイさんから、何度もアジアンタイヤ買っていますけどね(笑)

何しろ、アジアンタイヤが激安だし、かなり高性能になったので

いろいろなアジアンタイヤ試乗テストを何度もしています。

これ、値段が安いから、出来るんですけどね(笑)

でもアジアンタイヤは、

もはや国産タイヤに引けを取らないレベルのタイヤ性能になっています。

さて、タイヤを組もうとしたら、あちゃ~リバースホイールか

リバースの場合、アダプターを付けないといけないのでチョット面倒

ベンツ

やはり、できは国産タイヤと変わらないよな~

ベンツ

このATRスポーツって、オートウェイでは

もっとも売れているタイヤです。

とくに18インチ以上のタイヤサイズは

タイヤランキングを独占しているのが

ATR SPORTタイヤなんです。

ベンツ

245/40ZR18のサイズでも激安ですからねェ~

ちょっとオートウェイの年間販売本数を調べてみたら

えッ・・・マジ・・・年間20万本かよ~

アジアンタイヤの安さと性能、

そしてネット販売のスゴサがあらためて、わかります。

安くて性能がよければ、ベンツにも履く訳ですね。

ベンツ

そういう時代になったんだな~

ちょっと昔は高い物を好んで、それが自慢だったのに

今では、どれだけ安く買ったかが、自慢なんだもんね!

ニーズと時の流れは早いです。

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

ATR SPORTタイヤはサーキットで試乗テストをしました。

サーキットでも使える高性能タイヤでした。

ATR SPORTサーキット性能レビューは⇒コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年09月15日

ベンツにATR SPORTタイヤを履かせました!でした。

タグ

2010年3月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ

このページの先頭へ