値段が安いサーキットタイヤ探し!安いハイグリップタイヤはあるんです!

値段が安いサーキットタイヤはないのか?

サーキットを走る方ならタイヤ選びの中でもタイヤの値段は気になりますよね!

そこで安いハイグリップタイヤを探してみました。

もちろんサーキットで試したハイグリップタイヤです。

サーキット専用ではありませんので、一般公道の走行もOKのサーキットタイヤです。

サーキット専用のSタイヤのように、タイヤ温度管理をしっかりしないとグリップが出ないタイヤではなく

低温からでもある程度のグリップ力があるので、公道でも安心して使えます。

ですが、グリップオンリーのハイグリップタイヤなので

乗り心地やロードノイズと言った快適性は全くありません。

うるさいし乗り心地も悪いタイヤです。

快適性もという方にはオススメできないタイヤです。

快適性なんかいらない、値段が安くてグリップオンリーのハイグリップタイヤが欲しい方には

最適です。

NANKANG AR-1

タイムアタックには最高のハイグリップタイヤです。

国産ハイグリップタイヤの半額ぐらいなのでチョット高いですが

グリップは凄いです。Sタイヤ並のタイムが出てしまいました。

ただし、減りはSタイヤ並に早いです。

1日フリー走行してしまうと、スリップサインが出てしまいました。

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

 

NANKANG NS-2R

おすすめハイグリップタイヤです。

私も70スープラサーキット仕様に履かせています。

リピートは3回目です。値段が安いので思いっきり走れます。

サイズラインナップも豊富です。

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

 

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

 

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

アジアンタイヤのハイグリップタイヤ

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤは一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります。

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているのがSタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

Sタイヤは極力タイヤ自体を軽く作ってあります。

一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤがS(セミスリック)タイヤです。

安いアジアンタイヤから選び抜いたハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤは摩耗してくると、一般道でチョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしてしまいます。でもアジアンタイヤのハイグリップタイヤは

一般公道でも使用できる強度を持っていますので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

安いサーキットタイヤ探しでした

タグ

2018年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ サーキットタイヤ

サーキットでタイムが良いアジアンタイヤ おすすめハイグリップタイヤ

安くてサーキットでタイムが良かったアジアンタイヤのご紹介

サーキットでは、足回りのセッティングが決まると

最終的にタイムアップするためには

タイヤのグリップに掛かってきます。

このページを見ているあなたは、

サーキット経験者で、もっとタイムを良くしたいという思いで

このページに、たどり着いていると思います。

今のアジア諸国では、スポーツカーブームにより

アジアンタイヤからもハイグリップタイヤが

発売され、日本に入って来るようになりました。

待ちに待った安価でグリップ力を持つハイグリップタイヤです。

ただし、一つ注意して頂きたいことがあります。

国産ハイグリップタイヤ、ネオバ、プロクセスR1R、ディレッツ、ポテンザシリーズより

確かにグリップ力はありますが、国産ハイグリップタイヤは

ある程度の静かさを持っているのが国産ハイグリップタイヤです。

国産ハイグリップタイヤは、静かなタイヤではありませんが

うるさいという不満がでないレベルで作ってあります。

その点、アジアンタイヤのハイグリップタイヤは、

静かさは一切ありません、ハッキリ言って、うるさいタイヤです。

その分グリップ力も上げられるのは当然なんです。

ですので、ハイグリップタイヤでも、一般道では

ある程度快適にと思っている方は、アジアンハイグリップタイヤは

オススメできません。

S(セミスリック)タイヤほどの、うるささはありませんが

うるさいタイヤであることには、間違いありません。

なので、安くてもグリップ力があれば、うるさくても気にしないという方のみに

履いてもらいたいのが、アジアンハイグリップタイヤです。

うるさいタイヤは嫌だという方は、高くても国産ハイグリップタイヤを履いた方がイイと思います。

一般公道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤ

NANKANG NS-2Rです。

低温からでもグリップしますし、このパターンで

雨の日のウエット路面にも強いちょっと不思議なハイグリップタイヤです。

グリップ力は半端ではありませんが

最大の魅力は、これだけのグリップ力を持っていながら

低価格ということです。

国産ハイグリップタイヤは買えないけど

このNS-2Rなら、充分買える値段だと思います。

値段を見たら、その安さに驚くと思います。

管理人も履いています。

グリップ力には驚きました。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

アジアンタイヤに中では最強のグリップ力を持つハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1です

タイヤのトレッドパターンを見るだけで

グリップするって分かると思います

コチラがNANKANG AR-1タイヤです

見るだけで、グリップするタイヤだということが

分かると思います。

コチラも一般公道からサーキットまで使えるサーキットタイヤです。

残り溝が1.6mm以上あれば、車検も通ります。

ですが、このAR-1乗り心地や静かさは全くありませんので

快適性も少し欲しい方は、選ばない方がイイと思います。

グリップ力最優先の方には、待ちに待ったオススメです。

NANKANG AR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG AR-1

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

サーキットでタイムが良いタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ

このページの先頭へ