ランフラットタイヤとは?安いランフラットタイヤで評判の良いアジアンタイヤ選び

ランフラットタイヤとは、どんなタイヤなのでしょう

ランフラットタイヤを簡単に説明すると、空気圧がゼロになっても

一定の距離を走ることができるタイヤのことです。

つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることが

できるタイヤということになります。

ある程度の距離ですが、一般的には50km~100km程です。

パンクしてから空気が抜けはじめても、この距離が走れれば

ディーラーさん、カー用品店さん、タイヤ屋さん等に

たどり着ける距離を走れることに、なる訳です。

ですがデメリットがあります。

純正採用されているランフラットタイヤは、値段が高いということ!

1本の値段を聞いて、あまりの値段の高さに驚かれる方が、ほとんどだと思います。

こうなると悩みますよね!

そこで安いランフラットタイヤを調べていくと

アジアンタイヤでもランフラットタイヤが発売されていることにたどり着きました。

アジアンタイヤの中から、人気のランフラットタイヤを選んでみました。

RADARランフラットタイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドです。

RADAR Dimax R8+RUNFLAT

Dimax R8+ RUNFLAT(ディーマックス アールエイト プラス RUNFLAT)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインはドライとウェットに

優れたグリップを提供します。

また、耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

Dimax R8+ RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

RPX800 RUNFLAT

RPX800 RUNFLAT(アールピーエックス ハッピャク RUNFLAT)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

RPX800 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

NANKANGランフラットタイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。

世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランドです。

NANKANG AS-2 +(Plus) RUNFLAT

AS-2 + RUNFLAT(エーエスツープラス ランフラット)は、

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させ、

AS-2+では、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させたランフラットタイヤです。

NANKANG AS-2+RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

純正採用されているRUNFLAT(ランフラット)タイヤも参考に

PIRELLIランフラットタイヤ

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI CintuRato P7 RUNFLAT

PIRELLI CintuRato P7(ピレリ チントゥラート ピーナナ)は、

ピレリ初の【グリーンパフォーマンス】タイヤです。

最新の素材、構造、トレッドパターン設計を用いることにより、

どのような路面でも快適で安全な走りを約束する、経済性に優れ、環境に優しいエコタイヤです。

2010年度ADAC(ドイツ自動車連盟)夏期タイヤテストでも

最高のパフォーマンスを発揮した高性能で安全性の高い環境対応製品です。

PIRELLI CintuRato P7のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT

PIRELLI P-ZERO RUNFLAT(ピレリ ピーゼロ ランフラット)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持った

ウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面において

すばらしいハンドリング性能とブレーキング性能を発揮します。

PIRELLI P-ZERO RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

BRIDGESTONEランフラットタイヤ

世界No.1タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)

「世界最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、

1930年の第一号タイヤ誕生から2005年には数あるタイヤメーカーの中から、

世界トップシェアとなりました。

今もなお業界最大手として技術革新に余念がありません。

DUELER H/P SPORT RUNFLAT

DUELER H/P SPORT RUNFLAT(デューラー エイチピー・スポーツ ランフラット)は、

コーナー&ストレートでのドライ&ウェットグリップに優れた、

グローバルスタンダードの高性能スポーツSUVタイヤです。

DUELER H/P SPORT RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

 

POTENZA S001 RUNFLAT

POTENZA S001 RUNFLAT(ポテンザ・エスゼロゼロイチ ランフラット)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを採用したことで、

高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

POTENZA S001 RUNFLATのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

ランフラットタイヤを製造しているタイヤメーカーはまだ少ないですが

アジアンタイヤメーカーでもランフラットタイヤが発売されるようになり

価格も一般ラジアルタイヤと変わらないぐらいの低格帯になってきました。

純正採用のランフラット1本分で4本買えてしまうのって

すごい事だと思いませんか?

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月06日

ランフラットタイヤとは?安いランフラットタイヤで評判の良いアジアンタイヤ選びでした!

タグ

2019年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤとは ランフラットタイヤのメリット・デメリット

ランフラットタイヤのメリット・デメリット

外車のスポーツタイプの車に純正採用されているランフラットタイヤ

ランフラットタイヤとは、どんなタイヤなのでしょう。

ランフラットタイヤとは

ランフラットタイヤを簡単に説明すると、空気圧がゼロになっても

一定の距離を走ることができるタイヤのことです。

つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることが

できるタイヤということになります。

ある程度の距離ですが、一般的には50km~100km程です。

パンクしてから空気が抜けはじめても、この距離が走れれば

ガソリンスタンド、カー用品店、ディーラーさん等に

たどり着ける距離を走れることにもなる訳です。

ランフラットタイヤ装着車には、必ずパンクした場合

ドライバーさんが分かるように、警告灯が点灯するようになっています。

このパンク警告灯は、2種類あって、各車輪の回転差を感知して

警告灯を点灯させるタイプと、ホイールの中に直接、

空気圧センサーを付け空気圧自体を監視しているタイプがあります。

どちらも、結果的にタイヤの異常をお知らせするので

どちらがイイということはありません。

空気圧センサー付きの方が、

システム的に値段が高いため、高級車に使われています。

ということで、ランフラットタイヤ装着車は

走行中、パンクに気づかないので、

パンク警告灯が備わっていることを

覚えておきましょう。

この警告灯、空気圧警告灯という呼び名もあります。

カーメーカーさんによってなので、どちらも空気圧が下がって

タイヤに異常があります、ということですよ。

安全装置が充実してきた今の車には

コンパクトカーでも、ほとんど備わっている警告灯の一つです。

ランフラットタイヤのメリット

ランフラットタイヤ最大のメリットはパンクしてもある程度の距離は走れることです。

それと、急激にタイヤが潰れることがないので、

操縦性が急激に悪化することがありません。

もし通常タイヤで一気にタイヤの空気が抜けてしまうと

車の制御ができず、事故を招く可能性がありますが

ランフラットタイヤは空気が一気に抜けても、

ある一定距離が走れる構造なので、

1)パンク時は安全性と安心感に繋がります

特に高速道路では、かなり有効なのがランフラットタイヤです。

高速道路で運悪く、パンクしてしまい、安全な場所に停車できず

後続車に追突されてしまう、もらい事故も回避で来ます。

なぜなら、次のサービズエリアまでの距離を走行可能だからです。

これは安全面に関しては、かなりメリットがあるのが

ランフラットタイヤです。

そしてもう一つのメリット、

2)スペアータイヤが要らないということです

スペアータイヤが要らないということは

その分、軽くなるし究極で言えば、

燃費が多少良くなることにもつながります。

スペアータイヤが要らなくなるもう一つのメリットが

3)トランクスペースを広く取れる

これは、車の使い勝手に関わりますが

スペースが広がることは、車にとって

多く物を詰めるということなので

メリットは大きいです。

4)燃費向上に多少繋がっています

スペアータイヤが要らないことで、ホイール付きの

タイヤ1本の重量が軽くなるため

多少燃費向上に繋がっています。

ランフラットタイヤのデメリット

一番気になるところですが、ランフラットタイヤは

イイことづくめではありません。

ランフラットタイヤのデメリットも知っておきましょう。

1)一般ラジアルタイヤより、乗り心地が悪化します

ランフラットタイヤは、一般ラジアルタイヤより

重量が重くなります。

専門用語で言うと、『バネした重量』が重くなる

⇒足の追従性が悪くなり、乗り心地が悪化するということです。

それ以上に、タイヤのサイドウォールが空気が抜けても

車重を支える構造になっているため、

とても乗り心地が悪い、硬いタイヤです。

乗り心地に関しては、かなりデメリットがあるのが

ランフラットタイヤです。

2)ランフラットタイヤは、パンク修理不可

ランフラットタイヤは、基本的にはパンクをしたら

新品ランフラットタイヤ交換に、交換しなければなりません。

パンクし空気が抜けた状態で走行中は、ランフラットタイヤの

内部構造を壊しながら、車の重量を支えています。

そのため、見た目は大丈夫でも、内部構造が

壊れているため、パンク修理不可ということになります。

3)ランフラットタイヤは、値段が高い

販売本数が、圧倒的に少ないため

ランフラットタイヤの価格は一般ラジアルタイヤより

値段が高いということです。

ランフラットタイヤが装着されている車の

ほとんどが16インチ以上のサイズなので

値段を聞くと、その値段の高さにビックリ

でも大丈夫です。

アジアンタイヤなら、ランフラットタイヤを

安く買うことができます。

ランフラットのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

値段を見たら、その安さに驚きます。

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月03日

ランフラットタイヤとは ランフラットタイヤのメリット・デメリットでした!

タグ

2017年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

このページの先頭へ