ADVAN Sport V103 タイヤ性能 試乗 評価 感想レビュー

ADVAN Sport V103タイヤの特徴

インチサイズ(21インチ)

ADVAN Sport V103

ADVAN Sport V103(アドバン・スポーツV103) は、

超高速性能、ウェット性能、快適性を追求して誕生した、

ヨコハマの新しいフラッグシップタイヤです。

通常のYレンジを超える高速域、(Y)レンジをポテンシャルに持つ。

その開発には、ポルシェやベントレーなどのOEタイヤ開発で培われてきた

世界トップレベルのテクノロジーが活かされている。

というメーカーさんのセールストークです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能レビュー

といってもポルシェ大好きな知人の車です。

久しぶりですね。

あれ、なんだかやたら偏平タイヤになっているけど

255/30R21というサイズ

ホイールに傷をつけてしまい、どうせなら21インチにと

タイヤとホイールを新たに買い替えたようです(マジ)

まあ高速サーキット好きな方なので!

試乗評価はイイけど、このタイヤサイズで

公道じゃ、評価できないよ~

縦のグリップと静かさぐらいしか評価できません(汗)

とりあえず試乗することに・・・

知人を助手席に乗せてGOです。

乗ってすぐに、あの~・・・この足

高速サーキットに合わせてあるね。

バネレートが半端じゃないんだけど~

ポルシェのノーマルの足って

とてもストロークがあってスムーズで、

しなやかに動くんだけど・・・

まるっきり別物です。

相変わらす、富士スピードウェイ走ってるのか~

でもこれだけの足を入れていて

タイヤが静かなのには驚きました。

そのまま高速へ、

インターのコーナーで、やはりキャンバー角が効いていますね。

コーナー中、完全にタイヤの面で路面をとらえています。

合流手前からフル加速・・・・

かなりハイギヤなのにもかかわらず、もの凄い加速です。

当たり前ですが・・(笑)

RRなので、縦のグリップは充分生かされますね。

本当は120キロぐらいから盛り上がり

140キロを超えた当たりから本領を発揮して

あっと言う間に200キロを超える車なんだけど

これは、サーキットじゃないと出せないので・・・(泣)

さて首都高に入り、コーナーを攻めてみても

この速度域では、何もおきません。

グリップ力があり過ぎて、安全性はもの凄いですけどね!

コーナー出口でチョット、アンダーが強いかな

RRなのでフロントが軽いので、コーナー出口に向かって

アクセルを開けていくと、フロント荷重が少なくなり

アンダー傾向になるんだよな~

ノーマルの足は、この特有のクセを足回りのセッティングで

出ないように、セッティングされていて

不安感はないんだけど

何しろ今回乗っているのは、足は車高調だし

バネレートが高いので、ダイレクトに

クセが出ちゃいます。

コレを消すには、もう少しリヤの車高を上げないとダメかな!

3mmぐらい上げればちょうどいいと思うけど

ゴメンナサイ!タイヤの評価じゃなくて

車のセッティングの話になっていましました。

サーキット歴が長いので、ついつい熱くなって・・・

ADVAN Sport V103の評価は公道の速度では

評価できない高性能タイヤでした(汗)

アドバン Sport V103のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ADVAN Sport V103

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年10月19日

ADVAN Sport V103タイヤ性能・試乗・評価・感想レビューでした!

タグ

2016年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングって?

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングってなんだ?

ダンロップのスポンジ付タイヤは見慣れているけど

ヨコハマタイヤで見るのは初めてです。

タイヤはブルーアース1

DSC_0027

タイヤの内側に、スポンジが並んでる

拡大するとこんな感じ、専用品???

DSC_0028

サイレントリングという物らしいです。

インナーに張り付けてあるわけじゃなくて

回すと、そのまま回っちゃいますけどね(笑)

おそらく試作品なのかも???

DSC_0025

タイヤメーカーさんも、研究テストをして

DSC_0026

走行ノイズの低減、静粛性の高いタイヤを目指していて

イロイロ考えてテストしているんですね!

ヨコハマタイヤの種類は⇒コチラから

 

激安タイヤならオートウェイ

大人気のアジアンタイヤ

ここでアジアンタイヤの価格を確かめてください。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年10月17日

ヨコハマタイヤのブルーアース1のサイレント・リングでした。

タグ

2015年8月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ ECOタイヤ

アドバンスポーツV105タイヤが来ました。

レクサスLSバージョンSZのタイヤ

19インチのセダン用アドバンスポーツタイヤです。

1.jpg

一般庶民には、手がでないタイヤです(汗)

タイヤサイズは245/45ZR19

2.jpg

これが純正サイズとは、

価格も恐ろしい~1本こんなにするの???

ADVAN SPORT V105Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ADVAN SPORT V105S

値段がとてつもなく高いと思ったら

国産タイヤ以外の選択技があります。

コチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

更新日:2020年10月17日

アドバンスポーツV105タイヤが来ましたでした!

タグ

2015年7月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

SタイヤヨコハマA048 サーキット走行中バースト

YOKOHAMA ADVAN A048 S(セミスリック)タイヤ

前回の耐久走行会で、

70スープラ号でバーストしたSタイヤを組み変えます。

ウ~ン耐久走行会だと3回まで持ちませんでした(泣)

S

コンパウンドはM、耐久走行会だと高くつくな~

m
ここが一気にバーストしたところ

バースト

 

ヘアピン出口でボンという音とともに

車の動きが~(汗)

もし高速コーナーでおきていたらと思うと・・・(怖)

160キロでコーナーに入って、Sタイヤが泣いている時に

バーストしたらと思うと、ただではすみませんからね。

本当に高速コーナー中じゃなくて良かったです。

さて次回、コンパウンドはグリップは落ちるけど長持ちする

コンパウンドのMHにしま~す。

MH
これ低温では全然グリップしないから、念入りにタイヤを温めないと

タイヤの温度管理が面倒なコンパウンドです。

また、午前中は一般ラジアルで、午後Sタイヤにしよ~と

何しろSタイヤは値段が高いので

JZA70スープラだとSタイヤ4本で福沢さん15枚必要なんだもん

高すぎる~

早くアジアンタイヤで安いSタイヤ出ないかな~

な~んて思っている黒70でした。

ヨコハマA048のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ヨコハマタイヤ A048

実は、とてつもないアジアンタイヤも発売されました。

安くてSタイヤ並のグリップ力のあるタイヤをお探しの方に!

タイヤサイズと価格を確かめておいてくださいね!

コチラから⇒NANKANG NS-2R

サーキットでタイムアタックなら

コチラを参考に⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年10月17日

SタイヤヨコハマA048 サーキット走行中バーストでした!

タグ

2011年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産Sタイヤ

JZA70スープラのバーストしたSタイヤ

70スープラのバーストしたSタイヤを交換

前回の耐久走行会で、

70スープラでバーストしたSタイヤを組み変えます。

ウ~ン耐久走行会だと3回まで持ちませんでした。

S

m

ここが一気にバーストしたところ

バースト

高速コーナーじゃなくて良かったです

さて次回、コンパウンドはグリップは落ちるけど長持ちする

コンパウンドのMHにしま~す。

MH

これ低温では全然グリップしないから、念入りにタイヤを温めないと

タイヤの温度管理が面倒なコンパウンドです。

また、午前中は一般ラジアルで、午後Sタイヤにしよ~と

何しろSタイヤは値段が高いので

70スープラだとSタイヤ4本で福沢さん15枚必要なんですよね

高すぎる~(泣)

YOKOHAMA ADVAN A048タイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>YOKOHAMA ADVAN A048

早くアジアンタイヤで安いSタイヤ出ないかな~

な~んて思っている私でした。

アジアンタイヤからでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります

その値段の安さに驚きますよ。

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

更新日:2020年10月17日

70スープラのバーストしたSタイヤでした!

タグ

2009年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ 国産Sタイヤ

このページの先頭へ