アジアンタイヤのプレミアムタイヤ探し!フラッグシップタイヤの性能は?

アジアンプレミアムタイヤはタイヤメーカーの実力が分かる最高峰のタイヤです。

タイヤ性能評価の中でタイヤ性能バランスが高性能でなければなりません。

たとえば、グリップ力が高いけど、摩耗が早いとか、ドライ路面の性能は良いけど

ウエット路面の性能が悪いとかでは、プレミアムタイヤとしての性能が確保されていません。

この基準はタイヤメーカーさんごとに違うので、いざタイヤを試乗してみると

このタイヤをプレミアムタイヤとして販売してしまうのかというタイヤメーカーさんのタイヤもあれば

この性能なら、コンフォートタイヤではなくプレミアムタイヤレベルでしょうというタイヤもあります。

国産タイヤメーカーさんのプレミアムタイヤを例にあげると

ブリヂストンさんなら、レグノシリーズ、ヨコハマタイヤさんならdB(デシベル)シリーズ

ダンロップタイヤさんならヴュ―ロシリーズですが、さすがに国産プレミアムタイヤは

値段が高いところが、買いたくても買えない理由ではないでしょうか!

プレミアムタイヤとは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされている訳です。

アジアンプレミアムタイヤ探しでは、タイヤ性能評価の中の

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地で評価し、

この5つのトータル性能で試乗評価し、おすすめタイヤをご紹介しています。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ探し、おすすめタイヤ

MOMO TOPRUN M300

TOPRUN M-300(トップラン エム・サンビャク)は、

MOMO最新のウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

ワイドなストレートグルーブを4本配置し、ウェット路面での排水性を強化。

路面をしっかりと捉えることで、ドライ路面でも安定したコーナリングと

高いグリップ力を発揮します。また、ノイズの増幅を抑制する

マルチピッチデザインや3Dスリットを採用し、優れた静粛性と

乗り心地を実感できるタイヤに仕上がりました。

MOMO TOPRAUN M300のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

NANKANG NS-20

タイヤカテゴリー:プレミアムスポーツタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

NANKANG AS-2 +(Plus)

タイヤカテゴリー:プレミアムコンフォートタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカン AS-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-2+

NITTO NT555G2

タイヤカテゴリー:プレミアムスポーツタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ NITTO NT555G2

NT555 G2

ニットー NT555G2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT555G2

NANKANG NS-25

タイヤカテゴリー:プレミアムコンフォートタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-25

NANKANG NS25

NANKANG NS-25のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-25

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2023年03月21

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ探し!フラッグシップタイヤの性能は?でした!

タグ

2018年9月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ

安くて性能が良いアジアンタイヤのオススメは、どのタイヤ?

アジアンタイヤメーカーも多いですし、それぞれタイヤメーカーの

コンセプトも違います。

結局のところ、アジアンタイヤ性能研究室の管理人が

アジアンタイヤを試乗し、カテゴリーごとのTOPのタイヤは

どのタイヤなのかを知りたい、という問い合わせが多かったので

今までアジアンタイヤを試乗して、このタイヤ良かった、

感動したタイヤを、カテゴリー別にまとめました。

㊟、アジアンタイヤを試乗し、管理人が率直に

タイヤカテゴリーごと、素晴らしいタイヤと思ったタイヤの

ご紹介ですので、タイヤ販売ランキングとは、全く関係がありません。

あくまでも、管理人が感じた、カテゴリーごとの

一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンプレミアムタイヤで感動したタイヤ

MOMO TOPRUM M300 

TOPRUN M-300(トップラン エム・サンビャク)は、

MOMO最新のウルトラハイパフォーマンスタイヤです。

ワイドなストレートグルーブを4本配置し、ウェット路面での排水性を強化。

路面をしっかりと捉えることで、ドライ路面でも安定したコーナリングと

高いグリップ力を発揮します。また、ノイズの増幅を抑制する

マルチピッチデザインや3Dスリットを採用し、優れた静粛性と

乗り心地を実感できるタイヤに仕上がりました。

MOMO TOPRAUN M300のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

アジアンハイグリップタイヤで感動したタイヤ

NANKANG NS-2R

管理人もサーキット仕様のJZA70に履いています。

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG NS2R

快適性は、全く無視のタイヤですが、

グリップ力の凄さには、驚きました。

ですが、減りはもの凄く早いですし、パターンノイズと

乗り心地は悪いので、グリップ力重視の方にオススメです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS2R

 

グリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG AR1

NANKANG NS-2Rでもグリップ力は

スゴイですが、その上をいくハイグリップタイヤです。

街乗りでも使えますが、パターンノイズ

乗り心地は最悪で、快適性は全くありませんが

グリップ力だけは最強のグリップです。

サーキット走行で本領発揮、

タイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。

ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている

最強ハイグリップタイヤです。

でも減りはもの凄く早いです。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR1

アジアンコンフォートタイヤで感動したタイヤ

これは、コンフォート販売ランキングTOPと同じです。

NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG RX615

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

アジアンスポーツタイヤで感動したタイヤ

MOMO DX640

DX640(ディーエックス640)は、最先端のシリカコンパウンドを組み合わせた非対称のトレッドと

ショルダーブロックのデザインが優れたウェットグリップとトレッド摩耗の低減を可能にしました。

インチサイズ(16~22インチ)

DAVANTI DX640

 

DAVANTI DX640のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

 

アジアンファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

MOMO OUTRUN M-3

性能はズバ抜けてスゴイところはありませんが

トータルバランスが優れたタイヤでした。

ファッションセンスは素晴らしいです。

見た目の仕上がり感は、文句無しです。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRUN M-3

 

アジアンミニバンタイヤで感動したタイヤ

RADAR RPX800

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

RADAR RPX800

横剛性が文句なしで、

ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。

ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

 

アジアンSUVタイヤで感動したタイヤ

ZEETEX SU1000 vfm

ZEETEX SU1000 vfm(ジーテックス エスユーセン ブイエフエム)は、

SUV、クロスオーバーに適した多目的なトレッドデザインで静粛性と

高いハンドリング性能を発揮。高速走行、コーナリングも安定した

ドライビングが可能です。

タイヤサイズと価格はコチラから⇒ZEETEX SU1000 vfm

 

アジアンエコタイヤで感動したタイヤ

CEAT EcoDrive

EcoDrive(エコドライブ)は、優れた低燃費性能に加え、CO2排出量の削減により

環境にも優しいECOなドライブライフを実現するグリーン性能に優れたタイヤです。

転がり抵抗を低減するためトレッド部の剛性力を高め、摩耗ライフ性能を向上させる

コンパウンドを採用することで低燃費とロングライフを両立します。

CEAT EcoDrive2のタオやサイズと価格は⇒コチラから

 

ランフラットタイヤで感動したタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

乗り心地はランフラットタイヤなので

良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤです。

そして、なによりうれしいのがランフラットでありながら

低価格というところです。

国産ランフラットタイヤだと、

値段を見たらあまりの値段の高さにビックリ

そんなに高いの~

でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら

低価格で履けちゃいます。

ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2023年03月04

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤでした。

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

NANKANG(ナンカン)AS-2 +タイヤの試乗性能レビュー

NANKANG AS-2 +(Plus)タイヤの特徴

NANKANG AS-2 +(Plus)

AS-2+(エーエスツープラス)は、乗り心地の良さに

定評のあるコンフォートタイヤ『AS-1』のグリップ性能を向上。

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させました。

NANKANG AS-2+は、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムコンフォートタイヤ)

インチサイズ(12インチ~19インチ)

NANKANG AS-2+のタイヤデザイン

NANKANG AS-2+のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG AS-2+の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

このAS-2+タイヤ、なかなか試乗できる機会がなくて

でもようやく試乗できました。

NANKANG(ナンカン) AS-2 +(Plus)タイヤ試乗性能 評価レビュー!

乗り初めは、ほォ~かなり静かで乗り心地の良いタイヤです。

乗り心地もAS-1より、かなり改善されているようです。

コーナーを攻めてみても、切り初めの応答性から

切れ込みもイイ感じですね!

ここまでの性能なら、高速道路を走ってみないとね!

さてナンカンAS-2+の実力は?

インターチェンジのコーナーを抜けて

でもかなり横剛性あるね!

そのまま加速して合流

速度が上がっても、静かさを保っています。

縦のグリップもイイ感じです。

さて高速安定性

これも合格点です。

高速での乗り心地と静かさは、かなりの性能です(驚)

これはプレミアムコンフォートタイヤと言っても

納得できるレベルのタイヤです。

そのまま首都高に入って

ココからなんだよな~何しろ首都高は

継ぎ目ばかりなので、ココの静かさと、突き上げ感が

とてもタイヤの評価がしやすいです。

さらにやっぱりキツイコーナーですね。

さてコーナーを攻めてみると

チョット横剛性が足りないかな~

高速道路だと、ナンカンNS-20の方が

コーナーでの性能は上です。

でも静かさはかなりのものです。

でもこのトータルタイヤレベルを考えると

このAS-2+は間違いなく

プレミアムコンフォートタイヤレベルの性能を持っています!

かなりハイパフォーマンスなタイヤだったのには

驚きました。

プレミアムスポーツタイヤがNS-20で

プレミアムコンフォートタイヤがAS-2+というところが

正解だと思います。

NANKANG AS-2+のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG AS-2+<<

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2023年02月23

NANKANG AS-2 +(Plus) ナンカンAS-2+のタイヤ性能、感想レビューでした!

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ