BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能評価レビュー

ブリヂストン ポテンザS001タイヤ性能・評価・レビュー

POTENZA S001(ポテンザ・エスゼロゼロイチ)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に

搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを

採用したことで、高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ(18インチ~20インチ)

ブリヂストン POTENZA S001タイヤ性能評価レビュー

知人が、ポテンザS001を履いたので

試乗してみてと、車はベンツのC180

 

タイヤサイズは225/45R18です。

RE050は良く乗りますが、新品のS001は値段が高いから

滅多に乗る機会はないんです!

試乗の機会を頂きありがとうございます。

では試乗です。

車の性格も踏まえて試乗しないと、タイヤの評価にならないので

その点は気をつけないとね!

乗り初め、なるほど、18インチとは思えないほど静かです。

ますはいろいろな路面を走り回って、

なるほど~乗り心地はかなりイイですが

これ車のセッティングが大きく関係しているみたい。

この頃のベンツってリヤを多少柔らかめのセッティングにしてあるんですよね。

コーナーを攻めると分かるんだけど、リヤが付いてこないな~という感じを受けます。

が・・・このS001というタイヤは、グリップ力があるので

このリヤの弱さを、打ち消してしまいます。

ER050だと、おそらくリヤは流れ始めるレベルなんですけど~

このS001って、かなり進化しているんじゃないのかな

もしかして、グリップタイヤ並のグリップ力を

持っているかも知れません。

ということで、いつも通り、高速道路、そして首都高テストに

まずは高速道路でテスト

インターのきついコーナーを攻めてみると

なるほど、やはりグリップ力はあるね!

車のバネレートに対しては、ちょっとオーバースペックタイヤかも

さて高速に合流して、速度が上がっても

おいおいこのタイヤ、レグノかよ~

速度が上がると、普通はタイヤのパターンノイズは

大きくなるのが当たり前なんですが

結構タイヤのブロックが大きいパターンなんですが

とっても静かなのには驚きました。

さらに、驚きは乗り心地、本当に18インチなの??

車の性能の静かさを差し引いても、静かですね。

乗る前、タイヤのトレッドパターンを見て

スポーツタイヤだろうな~って思っていましたが

このS001というタイヤは、かなり高いレベルの

快適性を持っていますね!

さて首都高はどうなのでしょうか?

路面の継ぎ目も半端ないし

路面も荒れている首都高ではどうなのでしょうか

ETCゲートを抜けて首都高に

やはりこのタイヤの快適性はスゴイの一言

さてコーナーですが、切り初めからダイレクト感が伝わってきて

とてもコントロールしやすいです。

もともと今のCクラスって、フロントが入る性格になっているので

余計にタイヤ性能がシビアに分かりますね!

そしてグリップ力ですが、これはスポーツタイヤの域ではありません。

これグリップタイヤでも通用するんじゃないかな

それほどグリップ力はありますね、コレには驚きでした。

確かにフロントのセッティングとリヤのセッティングが違いすぎるので

リヤが付いてこないという感覚がありますが

それでもS001というタイヤのグリップが強烈なので

不安感は無くなりました。

それにしても、サイト管理人がブリヂストンタイヤを褒められるのは

いままではスタッドレスタイヤだけでしたが、

夏タイヤでもここまでの性能を持つタイヤがあったとは驚きです。

もっと一般夏タイヤにも、力入れてよ~

という感じを受けてしまいました。

どうしても、ここ10年のブリヂストンさんを振り返ると

ニーズを聞かず、性能を求めるんだったら

うちの高いタイヤを選んでよ、という感じの商売感が感じられたので

高くて性能がイイのは、当たり前だと思うんですよね!

その性能を安く提供でき、ユーザーさんに喜んで使って頂けた方が

商売としては正解だと思うんだけれどな~と管理人は思ってしまいます。

ちょっと、話がズレましたが、今回試乗したS001というタイヤは

プレミアムスポーツタイヤでした。静かさ、乗り心地、グリップ力

どれをとっても、レベルが高かったです。

トータル的には、レグノより多少グリップがあって

乗り心地と静かさは、レグノまで届きませんが

プレミアムスポーツタイヤとしてはS001の方が上ですが

プレミアムコンフォートタイヤとしては、レグノの方が上です。

ブリヂストン ポテンザ S001のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒POTENZA S001

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年08月04日

BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能・評価・レビューでした。

 

タグ

2017年1月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ プレミアムタイヤ

Ecopia(エコピア)EP150タイヤ性能 評価レビュー!

ブリヂストンタイヤ、エコピアEP150のタイヤ性能 評価レビュー!

BSECOOPIA

世界最大手タイヤメーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)

Ecopia EP150(エコピア EP150)

低燃費性能に優れた環境フラッグシップブランドのタイヤです。

BSの材料技術である「Nano ProTech(ナノプロ・テック)」を摘要した

コンパウンドなどの採用により、転がり抵抗の低減を追及しています。

Ecopia EP150のタイヤデザイン

Ecopia EP150のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです

Ecopia EP150の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

試乗してみると、確かにECOタイヤです

一定走行からアクセルを抜いても

なかなか減速しません。これECOタイヤの特徴ですね!

首都高では・・・・高速コナー自体はあまり得意なタイヤではありません。

普通に走れば、まったく問題ありませんが、攻めるタイヤではありませんよ!

Ecopia EP150のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ エコピアEP150

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年08月18日

ブリヂストンタイヤ、Ecopia(エコピア)EP150タイヤ性能・評価・レビューでした!

 

タグ

2016年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ 国産タイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ