NEXEN N7000PlusとN8000を乗り比べ比較!

NEXEN N7000PlusとROADSTONE N8000の差はなに?

NEXEN N7000PlusとROADSTONE N8000のタイヤデザイン比較です。

NEXEN N7000Plusのトレッドパターンは、こんな感じ

そしてROADSTONE N8000のトレッドパターンは、こんな感じ

 

N7000Plusのタイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

そしてN8000のタイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

乗り比べて分かりましたが、N7000Plusは極限の静かさと乗り心地を

追求したタイヤで、街乗り重視のタイヤでした。

乗り心地に感しては、N8000より乗り心地はイイです。

グリップ力もありますが、高速コーナーで、ステアリングの切り始め

フロントの外側タイヤに荷重が掛かると多少、グニャリ感がありますね。

横剛性がもうチョットあったらな~という感じです。

N8000は静かさはもちろんですが、高速道路を重視して

作ってあるタイヤという印象です。

グリップ力はスポーツタイヤを超えてグリップタイヤ域の

グリップ力を持っています。

グリップ力が高いプレミアムタイヤという感じで

高速になるとN8000の実力がでるタイヤでした。

街乗りで静かで乗り心地よくならN7000Plusがオススメ!

高速道路を良く使う方は、N8000がオススメです。

プレミアムタイヤとしては、性能は抜群なタイヤでした。

ROADSTONEの種類

コチラから⇒ROADSTONE

この2種類のタイヤですが、かなり高次元の性能でした。

値段を見ると、その安さに驚くと思いますが、

この値段の安さで、ここまでの高性能になると

大満足だと思いますよ!

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月24

NEXEN N7000PlusとN8000を乗り比べ比較でした!

タグ

2018年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ

NEXEN(ネクセン)スタッドレスタイヤ WINGUARD ICE(ウィンガードアイス)

NEXEN WINGUARD ICE(ウィンガードアイス)

 

WINGUARD ICE

NEXENスタッドレスタイヤの中で

もっとも売れている人気のスタッドレスです。

雪道、氷上性能も日本製と肩を並べる性能です。

ウィンガードアイス

WINGUARD ICEのタイヤデザイン

WINGUARD ICEのトレッドパターンは、こんな感じ

ウィンガードアイス

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

ウィンガードアイス

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ウィンガードアイス

スタッドレスタイヤ

インチサイズ(13インチ~17インチ)

WINGUARD ICEの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ブリヂストンのスタッドレスとは、まだ性能差がありますね!

このネクセンのウィンガードアイスは、ドライ路面での

静かさには驚きます。夏タイヤのような静粛性がある

スタッドレスタイヤなので、非降雪地域の方にオススメです。

スキー・スノボ―に行くにも、9割がドライ路面でで残り1割が

雪道というパターンなので、ドライ路面の静粛性は重要ですよね!

ウインガードアイスは、残念ながら手に入らなくなってしましました。

そこで低価格で高性能なコチラのスタッドレスタイヤを

参考に⇒NANKANGスタッドレスタイヤ

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月30

NEXEN WINGUARD ICE(ウィンガードアイス)スタッドレスタイヤでした。

タグ

2016年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ スタッドレスタイヤ

NEXEN(ネクセン)タイヤの種類とタイヤ性能評価

NEXENタイヤ ネクセンタイヤの種類 夏タイヤラインナップ

NEXENタイヤの性能、品質、信頼性は、今までの長い歴史と

最先端の技術を積極的に取り入れてきたところにあります。

人と機械の融合が、ネクセン品質です。

ネクセンタイヤは、グリップ力レベルが全体的に高く、

トレッドパターンが独創的なデザインであるのもネクセンの特徴です。

これほどの高性能タイヤでありながら圧倒的な低価格を実現しているところが、

NEXENタイヤが支持されている理由です。

NEXENタイヤの種類

◆NEXEN N9000タイヤ(プレミアムタイヤ)

ネクセンN9000タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

n9000

 

◆NEXEN N8000タイヤ(プレミアムタイヤ)

ネクセンN8000タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

N8000

 

◆NEXEN N7000Plusタイヤ(コンフォートタイヤ)

ネクセンN7000Plusタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

n7000plus

 

◆NEXEN CP672タイヤ(コンフォートタイヤ)

ネクセンCP672タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NEXEN-CP672

 

◆NEXEN N blue HD Plusタイヤ(ECOタイヤ)

ネクセンN blue HD Plusタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

N blue HD

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

NEXENタイヤ ネクセンタイヤの種類でした。

NEXENタイヤは、日本では手に入らなくなってしまいました。

NEXENのセカンドブランドのROADSTONEが人気になった為です。

ROADSTONEタイヤは主に欧米市場に販売されているタイヤで

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

ROADSTONEタイヤの種類は⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月29

タグ

2016年5月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ

NEXEN(ネクセン)N9000のタイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

NEXEN N9000のタイヤ性能

N9000

NEXEN N9000は

タイヤカテゴリーはプレミアムタイヤですが

デザイン性、ハンドリング性能、高速安定性、ブレーキング性能にも

優れたグリップタイヤでもあります。

NEXENタイヤのフラッグシップタイヤです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイス(17インチ~20インチ)

NEXEN N9000のタイヤデザイン

NEXEN N9000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN N9000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ネクセンN9000試乗タイヤ性能・評価・レビュー

試乗車はZ33のフェアレディZです。

純正18インチホイールに履かせました。

ネクセンタイヤシリーズの中で、一番グリップ力があるのが

NEXEN N9000タイヤです。でもプレミアムタイヤって

全く新しいトータル性能を求めたのでしょう。

まず乗り初めですが、乗り心地は悪くないですが

18インチなので、多少ゴツゴツ感はあります。

タイヤの横剛性が高いので、これは仕方がないところですね。

切り初めの反応はもの凄くよく、クリッピングを

数センチ単位でコントロールできちゃう程

コントロール性がありますね。

もちろんリヤが流れたドリフト時のコントロール性ではありませんよ(笑)

一般道を試乗しましたが、グリップがありすぎて

チョット評価がしづらいかな、

これは高速道路と首都高に行かないと

評価ができないレベルのタイヤということで

高速道路にのって、高速性能を評価してきました。

このタイヤ、直進安定性は抜群です。

タイヤが太いせいもあるんですが、

ステアリングから手を離しても、どこまでもまっすぐ走ってくれます。

さて静粛性ですが、う~ん、確かに静かなのですが

とても静かというタイヤではありません。

やはりブロックパターンが大きいので

プレミアムタイヤの静かさレベルから言うと

ギリギリの静かさかも知れません。

首都高に入ると路面の継ぎ目を通過する時の音は大きいですが

収まりはもの凄く早いです。

これタイヤが、つぶれてからタイヤ自体の反発力が強いことを意味します。

これってプレミアムタイヤにとっては、とても重要な性能なんですよね。

さてコーナーを攻めてみると、とてもクイックで気持ちのいい曲がり方

なんだか車とドライバーの一体感が感じられて楽しくなっちゃいます。

どちらかというとN9000タイヤって、プレミアムタイヤではなく

グリップタイヤと言ってもらった方があっているような感じです

このネクセンN9000、グリップ力はかなり高いタイヤでした。

Z33ってそこまで重量級の車ではないですが、軽くはない車

でもコーナー中、グリップが高いせいか、車が軽く感じられます。

フロントヘビーの車を、こんだけ簡単に曲げるとは

N9000結構あなどれないな~

ということで、街乗りから、高速道路、首都高を試乗してきましたが

グリップ力はメーカーが言っている通りの結果で充分ですね。

プレミアムタイヤですが、快適性を少し犠牲にして

グリップ力を向上させたタイヤでした。

残念ながらN9000は手に入らなくなってしまいました。

コチラを参考に⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月27

アジアンタイヤ NEXEN N9000のタイヤ性能 評価 感想 比較レビューでした!

タグ

2016年2月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ プレミアムタイヤ

NEXEN(ネクセン) N3000タイヤのインプレ

NEXEN N3000のタイヤ性能 評価レビュー

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~20インチ)

n3000

NEXEN N3000のタイヤデザイン

NEXEN N3000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN N3000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ネクセンタイヤは

とてもグリップがイイのが特徴で、日本でも大人気タイヤメーカーの一つです。

その中でもグリップ力があるのがN3000です。

しかもこのN3000タイヤは、サーキットでもグリップを発揮してくれます。

パターンを見ると、ただのウエット重視のタイヤかな?って思いました。

それほどグリップしないように見えますが

サーキットを走ってみると、マジかこのタイヤというほど

グリップします。

長時間走行でも、ブロック飛びも無く安定して走れますし

とにかく値段が安いので、サーキットを楽しむ方には

お勧めのタイヤです。

一般道や首都高は、あり余るグリップ力ですよ!

カテゴリーはスポーツですが、

ネクセンタイヤの中で安定したグリップを出してくれるのが

N3000です。

N3000が手に入らなくなってしまったので

コチラも参考に!

グリップするのに価格が安い⇒アジアンスポーツタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月27

ネクセンN3000のタイヤの性能・評価・レビューでした。

タグ

2016年1月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ スポーツタイヤ 韓国製タイヤ

このページの先頭へ