ポテンザRE11からネオバAD08にタイヤ交換

ポテンザのRE11からネオバAD08にタイヤ交換です。

これも70スープラですが

サーキット仲間の70スープラです。

RE11を履いて、サーキットを走っちゃったので・・・

RE11履いたのか~このタイヤで

15分以上連続で走っちゃダメだよ~

15分走ったらピットインして、タイヤを冷やし

それを繰り返さないと、悲しいお知らせになりますよ!

って言っておいたのに・・・・

楽しくて連続走行30分以上ガンガンしちゃったみたい(汗)

やっちゃったのかァ~

1

まあサーキットを走ると楽しくて、時間忘れちゃうんだよね!

3

しか~し・・・悲しいお知らせになっちゃったじゃん(汗)

2

RE11はある温度に到達して、その温度以上の熱が

加わると、ちぎれるんだよね。

ブロック飛びっていうやつがおきる。

だから15分サーキット走行をしたら

タイヤ冷やしてねって、言っておいたんだけど

フリー走行だと、時間制限がないから

走っちゃうよね!

ということで、今回はネオバをチョイスしました。

2

これなら、30分程度なら全然平気

ブロック飛びはないから、思いっきり楽しんでね!

ADVAN NEOVA AD08Rの価格は高いくて買えない方に

私も高くて買えませんが(汗)

安くてハイグリップなアジアンタイヤが実はあるんです。

NANKANG NS-2R

私も履いている、お気に入りハイグリップタイヤ

コチラから⇒NANKANG NS-2R

2020年ですが、今までリピート3回目です。タイヤが減ったら、安いので即買い換えられるところも最高なんです。

ネオバよりグリップはしますが、タイヤが減ってくると、うるさくなるのと

減りは、ネオバより倍ぐらい早いです。でもグリップがスゴイので気に入っています。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年02月27

ポテンザのRE11からネオバAD08にタイヤ交換でした!

タグ

2015年7月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

MRS、新品AD08Rネオバにタイヤ交換

MRSに新品AD08Rネオバを装着

スリップサインが出ていたので

新品のヨコハマタイヤのネオバに交換です。

1.jpg

サーキットを走るので、やはりハイグリップタイヤの

ネオバAD08Rをオーナーさんは選びました。

サクサク交換して、セット完了で~す。

2.jpg

さて、今日は完全ドライ路面で、気温も18度

といっても、新品タイヤなので

皮剥きをしないと、最大グリップはでないけど

これから、首都高を使って埼玉県に向かいます。

今回のコースは大外回りで行こう~と。

DSC_02991.jpg

足回りのセッティングは一般道ではバッチリ

あとは高速で予定の動きになってくれれば完成で~す。

高速域のトータルバランスをしっかり把握してきます。

そのあと、車検が待っているけどね。

それでは、花粉と戦いながら行ってきま~す。

 

ハイグリップタイヤなら、2016年に発売された

アジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2021年02月26日

MRS、新品AD08Rネオバにタイヤ交換でした!

タグ

2013年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

パルサーGT-IR アゼニスで足回りセッティング

パルサーGT-IRの足回りセッティング

3色パル号の足回りが煮詰まってきたところです。

ちょっと気になるところがあったので

タイヤを変えてテストしてみよう~と。

今履いているのがアゼニスの205/50-15で

標準タイヤの外径よりチョット大き目

アゼニス

このタイヤでセッティング

テストでネオバの195/50R15をセットして車の動きを調べます。

そのあと、さらにネオバの205/45R16もテストです。

ネオバ

ネオバの195を履いてテスト

パルサー

乗ってみると、外径が小さい分やはり加速力が凄い

気温が低いのでパワーも上がっているみたい

1速では4輪ホイールスピン、結構危ないぞ~

調べたいのは加速じゃなくてコーナー

かなりクイックだけど、やっぱり限界付近で

この現象がでてしまうのか~しかも予想通り195のほうがひどい

ロードインデックス不足でタイヤが限界付近で

荷重に負けてヨレてしまう。

ボディー剛性がないときは全く気づかなかったんだけど

今回の3色パル号はハッキリわかっちゃうんだよな~

205/45-16に履きかえてテスト

限界はかなり高くなったけど、やっぱり同じ現象がでちゃう。

この3色パル号フロントが790キロということは

フロント1輪395キロ、ショートサーキットだと最低でも1,5倍は必要

593キロに耐えられないとダメなんだよな~

となるとロードインデックス90以上のタイヤで

尚且つグリップタイヤでパルサーにおさまるタイヤをさがさないと~

でもただ一つの救いは、メーターがモーテックなので

速度計が簡単に補正できるので外径が変わっても

速度計を合わせられるところかな~

2016年、アジアンタイヤからハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤでも、Sタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

クリックしてね!

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

更新日:2021年03月04日

タグ

2007年10月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ