NANKANG(ナンカン)AR1 タイヤサイズ

NANKANGタイヤの最強ハイグリップタイヤがNANNKANG AR-1です。

NANKANG AR-1のタイヤサイズも徐々に増えてきています。

インチサイズは13インチ~18インチです。

サーキットを楽しむため方には、タイヤサイズが増えるのは

嬉しいですよね。

NANKANG AR-1サイズ

発売されているAR-1がインチサイズで検索できます。

あなたの車に合ったタイヤサイズが見つかるとイイですね。

NANKANG AR-1インチサイズ検索

13インチサイズは⇒コチラから

14インチサイズは⇒コチラから

15インチサイズは⇒コチラから

16インチサイズは⇒コチラから

17インチサイズは⇒コチラから

18インチサイズは⇒コチラから

サーキットに持ち込んで履き替えたか方には

NANKANG AR-1ホイールセットがベストです

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG AR-1アルミセット検索

NANKANG AR-1のサイズ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG(ナンカン)AR1 サイズでした

タグ

2017年8月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ

NANKANG(ナンカン) AS-1の21インチタイヤをリバースホイールに組込み作業

NANKANG(ナンカン) AS-1の285/30R21タイヤをリバースホイールにセット

ポテンザS001からナンカンAS-1に組み換え作業

さすがにここまでのタイヤサイズになると大きいです。

タイヤを組むのはイイのですが、今まで履いていたタイヤを

ホイールから外すのは大変です。

しかも履いていたのが、ポテンザのS001

このサイズになると、メチャサイドが硬いです。

ポテンザS001で285/30R21の値段を調べてみたら

マジですか~・・・とても買えるような値段ではありません。

1本でもビックリプライスですね。

激安アジアンタイヤのNANKANG(ナンカン) AS-1なら4本でも

ポテンザS001の1本の値段でお釣りがきちゃいます。

そうなんです。NANKANG(ナンカン)タイヤもそうですが

アジアンタイヤはインチが大きくなっても、

国産タイヤのように値段が跳ね上がらないところが

アジアンタイヤの魅力の一つなんです。

さて作業に戻ります。

NANKANG AS-1を組みます。

組み終わったら、エアーを入れてバランスを取ればタイヤ交換作業は

終了です。

さすがに21インチともなると

ホイールの強度が必要になるので、重たいです。

このホイールBBSのリバースホイールですが

鍛造ホイールでも、強度を保つため

厚く作ってあるので、重量がありますね。

この頃ビックサイズのタイヤでも

スポーツタイヤではなくコンフォートタイヤを選ぶ方が増えています。

なぜかというと、インチが大きくなるとタイヤの偏平率が関係してしまい

乗り心地と静粛性が失われてしまいます。

でもグリップ力は、タイヤ幅が広いので、グリップしてしまうという

メリットが生まれるんです。

そこで静かで乗り心地の良いコンフォートタイヤを選ぶ方が

増えているようです。

このNANKANG AS-1の21インチタイヤを街中で試乗しましたが

21インチでも静かだったのには、驚きました。

普通19インチ以上はうるさくなって当然なんですが

NANKANG AS-1はビックサイズはかなりイイですね。

NANKANG(ナンカン) AS-1はサイズも豊富なので、その点で

ビッグサイズで人気が出てきているのでしょう。

NANKANG AS-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AS-1

ビックサイズのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

21インチ NANKANG AS-1をリバースホイールに組込み作業でした

タグ

2017年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン) NS-2Rアルミセット インチ別に選べます。

ナンカンタイヤNS-2Rのアルミホイールセットです。

アジアンタイヤの中で人気急上昇中の

ハイグリップタイヤのNANKANG(ナンカン)NS-2Rをサーキットで楽しみたい方に

サーキットでタイヤを履き替えるには、

タイヤアルミホイールセットが必要になります。

私もサーキットの1日フリー走行では

午前のサーキット走行と午後のサーキット走行は、

タイヤを使い分けて、2回楽しんでいます。

タイヤが変わることで、走りが変わりますし、

サーキットならタイムがタイヤで全然違います。

しかもハッキリタイムに出るので、タイヤ評価もしやすいからです。

そのためには、やはりタイヤアルミセットが必要な訳です。

タイヤアルミセットも値段を見たら、その安さに驚きますよ。

ハイグリップタイヤのNANKANG NS-2Rのインチ別アルミセット

タイヤアルミホイールセット 13インチは⇒コチラ

タイヤアルミホイールセット 14インチは⇒コチラ

タイヤアルミホイールセット 15インチは⇒コチラ

タイヤアルミホイールセット 16インチは⇒コチラ

タイヤアルミホイールセット 17インチは⇒コチラ

タイヤアルミホイールセット 18インチは⇒コチラ

サーキットを楽しみたい方、一般道でも使えるハイグリップタイヤのアルミセットです。

タイヤアルミセット選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2Rの試乗性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG NS-2Rアルミセット インチ別に選べます。でした

タグ

2017年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 夏タイヤアルミセット

NANKANG(ナンカン)AR-1アルミセット インチ別に選べます。

ナンカンタイヤAR-1のアルミホイールセットです。

サーキット用タイヤとして人気が急上昇中のNANKANG AR-1

ナンカンタイヤの最強ハイグリップタイヤです。

でもNANKANG AR-1を履いた方から、こんな意見も

サーキットではグリップが抜群で思いっきり楽しめるタイヤなんですが

一般道に戻ると、やはり快適性がなく、うるさいタイヤなので

履きたいとは思わないんだよね。

なので、一般道はスポーツタイヤで、

サーキットでは、NANKANG AR-1というパターンにしたいという意見が

とても多いです。

そうなるとやはりタイヤアルミセットが必要になります。

サーキット好きで、1日フリー走行会だと

私のように、午前中スポーツタイヤ、午後にハイグリップタイヤというように

2種類のタイヤをサーキットで楽しめるパターンになると思いますが(笑)

ということで、サーキット走行なのでタイヤはすぐ減って

買い替えになると思うので!

NANKANG AR-1のタイヤホイールセットをインチ別で紹介します。

NANKANG AR-1アルミホイールセット 15インチは⇒コチラ

NANKANG AR-1アルミホイールセット 17インチは⇒コチラ

NANKANG AR-1アルミホイールセット 18インチは⇒コチラ

サーキットを楽しみたい方、一般道でも使えるハイグリップタイヤのアルミセットです。

NANKANG AR-1を一般道で使用するには、それなりの覚悟が・・・

乗り心地が悪く、パターンノイズがうるさい、グリップオンリーのタイヤです。

快適性はまったくありません。

サーキットで履き替えるのがベストだと思います。

NANKANG AR-1の試乗性能評価レビューは⇒コチラ

タイヤアルミセット選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG AR-1アルミセット インチ別に選べます。でした

タグ

2017年7月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 夏タイヤアルミセット

NANKANG(ナンカン)AR-1をランエボ6に履かせました ハイグリップタイヤです

NANKANG AR-1が来たので、ランエボ6に履かせました

今まで履いていたネオバAD08RからナンカンAR-1に履き替えです。

ネオバの溝がまだこんなにあるのに~

オーナーさんにNANKANG AR-1のサイズが増えたので

ランエボ6に履けるタイヤサイズもあるよって教えたら

即、欲しくなってしまったみたい。

まずはネオバをホイールから外します。

ホイールだけになりました。

エアーバルブを交換して

このタイヤを組みます。

来たのがコレ、NANKANG AR-1です。

もちろんハイグリップタイヤです。

走り屋さんやサーキット好きには、

たまらないトレッドパターンです。

サイドウォールは、半端なく硬いですよォ~

まんま、S(セミスリック)タイヤの硬さです。

このトレッドパターンを見て、美しいと思う方は

間違いなく、走り屋ですね(笑)

ということで、NANKANG AR-1を

ホイールにセットします。

サイドが硬いので、ノーマルタイヤチェンジャーだと

ヘルパー付のタイヤチェンジャーじゃないと

かなり、組むのに苦労しますよ。

レバーレスのコルギー製チェンジャーなら

簡単に組めちゃいます。

35GTRの20インチでも、このタイヤチェンジャーだと

1人で交換できちゃうので

あとはエアーを入れて

タイヤの組み換え作業は終了です。

 

次に、タイヤバランサーに掛けて

バランス取りです。

あとはランエボ6に取り付けて、作業終了です。

このランエボ6のオーナーさん

実は、黒70と20年以上、サーキットを走っている

サーキット仲間ですので、タイヤに関しては

かなりシビアな評価ができる方ですので

評価待ちですね。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG AR-1<<

ハイグリップタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG AR-1をランエボ6に履かせました ハイグリップタイヤです。でした

NANKANG AR-1のタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラから

タグ

2017年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ グリップタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ