Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤ性能 評価 感想 比較 レビュー

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

ekonomisutoATR-K

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能

経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、

優れた燃費性能と経済性を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです

静かさもなかなかのタイヤで、不満は全くありません。

スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちない

これECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの

このがり抵抗かな、タイヤカテゴリーがスタンダードでしたが

ECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありません

コーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては

高いタイヤです。

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓ 

Econmist ATR-K

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

Economist(エコノミスト) ATR-K タイヤ性能 評価 レビューでした。

タグ

2017年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ ECOタイヤ

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。

ATR SPORTはサーキットではどうなのでしょう?

タイヤサイズは215/45R17

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りが純正ノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでしたよ。

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、ここまでの値段の安さで

グリップしてくれるタイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。でした。

タグ

2017年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

安くてグリップ力があるアジアンスポーツタイヤ

安くてグリップ力があり人気のアジアンスポーツタイヤ

何といっても安さが魅力のアジアンタイヤですが

スポーツタイヤでも、静かさを求め進化し続けているのが

アジアンスポーツタイヤです。

グリップ力は、国産スポーツタイヤと同等のグリップ力を持ち

価格が激安ということもあり、人気の勢いは止まりません。

圧倒的な人気を誇っているのがATR SPORTです

ATR SPORTの試乗性能レビューは⇒コチラから

スポーツタイヤで人気急上昇中のタイヤが

Pinso TyresPS-91です。

Pinso TyresPS-91の試乗性能レビューは⇒コチラから

私もPS-91を履いてサーキットを走りましたが

充分楽しめるグリップ力を持ち、国産スポーツタイヤに

まったく性能で引けをとらないスポーツタイヤが

PS-91タイヤでした。

コチラを参考に⇒アジアンタイヤのスポーツタイヤ性能ランキング

スポーツタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

安くてグリップ力の高いアジアンスポーツタイヤでした。

 

タグ

2017年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

ATR SPORT 123Sハイグリップタイヤのサイズラインナップが増えました。

ハイグリップタイヤ ATR SPORT 123Sのサイズラインナップが増えました

サーキット好きにはウレシイ情報です。

激安アジアンタイヤ ATR SPORT 123Sのタイヤラインナップが

今まで2種類しかありませんでしたが

17インチと18インチが追加され5種類になりました。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT 123S<<

ATR SPORT 123Sの試乗性能レビューはコチラ

ハイグリップタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ATR SPORT 123Sハイグリップタイヤのサイズラインナップが増えました。でした

タグ

2017年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ ハイグリップタイヤ

低価格ランフラットタイヤ アジアンタイヤのDimax R8+ RUNFLAT

価格の安いランフラットタイヤのおすすめ

純正装着のランフラットタイヤで困るのが、

タイヤの値段が高いというところではないでしょうか。

パンクで1本新品タイヤ交換になり、値段を聞くと

値段の高さにビックリという経験をした方も多いと思います。

そうなんです。ランフラットタイヤの値段が高い

タイヤが摩耗し、そろそろタイヤ交換という方に

ぜひ見ていただきたいランフラットタイヤがあります。

高性能でありながら、圧倒的な価格の安さを追求した

アジアンランフラットタイヤです。

タイヤメーカーがコチラ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しい『カーボンニュートラル承認』を取得したタイヤブランドです

安くておすすめのランフラットタイヤ

レーダーのDimax R8+ RUNFLAT

格安ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>アジアンランフラットタイヤの種類

国産ランフラットタイヤも選べます

アジアンランフラットタイヤとの値段の差も

見て比べて頂きたいと思います。

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

低価格ランフラットタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ

このページの先頭へ