ホワイトレタータイヤの種類 アジアンタイヤ

ホワイトレタータイヤとは

ホワイトレタータイヤは、タイヤウォールに刻まれた

タイヤメーカーやブランド名部分にタイヤ製造過程において

白いゴムを装着したタイヤです。

ホワイトレタータイヤは1970年代に全盛期を迎え、

スポーツカータイヤに数多く設定されていました。

今では、ホワイトレタータイヤは北米系タイヤメーカーに多く、

日本タイヤメーカーではSUV車用やミニバン用が市販されています。

問題は販売数量が少ないため、価格が高いということです。

そこで格安で高性能なホワイトレタータイヤが、

アジアンタイヤから発売されています。

ホワイトレタータイヤの種類 アジアンタイヤ

NANKANG N729RWL(13インチ~14インチ)

NANKANG N729 RWLは、ウェット性能と静粛性に優れた

ホワイトレタータイヤです。

4本の縦溝により排水性能を高め、マルチピッチパターンにより

ロードノイズを軽減します。快適性にも優れています。

ナンカンN729RWLのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG N729 RWL

 

NEXEN ROADIAN-HT.OWL(15インチ~17インチ)

ROADIAN-HT.OWLは、高速安定性、静粛性、燃費性能に優れた都市型SUV用

アウトラインホワイトレターのハイウェイテレーンタイヤです。

耐久性、快適性にも優れています。

ネクセンROADIAN-HT.OWLのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HT.OWL

 

NANKANG FT-7.OWL

NANKANG FT-7.OWLは、タイヤ剛性と操縦安定性に優れた

SUV用スポーティーオンロードタイヤです。

静粛性、快適性もうまくバランスしています。

パターン設計により、泥道走行性能、砂利排出性能にも優れています。

ナンカン FT-7.OWLのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7.OWL

 

NEXEN ROADIAN-HTX RH5.OWL

ROADIAN-HTX RH5.OWLは、高速安定性、静粛性、燃費性能に優れた

SUV用タイヤです。耐久性、快適性にも優れています。

ネクセンROADIAN-HTX RH5.OWLのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HTX RH5.OWL

ホワイトレタータイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ホワイトレタータイヤの種類 アジアンタイヤでした。

 

タグ

2017年3月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ホワイトレタータイヤ

メジャーブランドタイヤランキング 通販で売れている人気タイヤランキング

通販で売れている人気メジャーブランドタイヤをランキング形式でご紹介

国産タイヤをベースにしたメジャーブランドタイヤランキング

13インチから20インチまでのメジャーブランドタイヤランキングです。

このメジャーブランドタイヤランキングのタイヤメーカーは、

◆ブリヂストンタイヤ

◆ヨコハマタイヤ

◆ダンロップタイヤ

◆ファルケンタイヤ

◆トーヨータイヤ

◆グッドイヤー

◆ピレリー

7つのタイヤメーカーの人気タイヤランキングです。

コチラから⇒メジャーブランドタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

メジャーブランドタイヤランキング 通販で売れている人気タイヤランキングでした。

 

タグ

2017年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング 国産タイヤ

ミニバンタイヤランキング アジアンタイヤ ミニバンタイヤ性能比較

アジアンタイヤ ミニバンタイヤランキング

ミニバン・1BOXとのマッチングが良いアジアンタイヤ、ミニバンタイヤランキングです。

アジアンタイヤには、ミニバンタイヤというタイヤカテゴリーは

今のところありませんが、ミニバンと1BOXにマッチングするタイヤは

あるはずだということで、調べてみました。

ミニバンに関しては、管理人だけの評価ではなく、

乗り慣れているオーナーさんに

過去アジアンタイヤを履いた意見を聞き、

マッチングが悪いタイヤ

ふらつく、静粛性に欠ける、偏摩耗した、

あっという間に摩耗したなどの意見を聞き

今回のテストに向いていないアジアンタイヤを削除し、

いけそうなタイヤを買って頂き、履いてテストしました。

カテゴリー的にコンフォートタイヤで尚且つスポーツタイヤの剛性を

持つタイヤが、ミニバン・1BOXにマッチングするという予測を立て

それに見合ったアジアンタイヤをテストすることに!

かなり長期間でしたが

タイヤサイズが195/65R15という最も使われているサイズだったので

今回のミニバンタイヤテストができ、ようやくまとまりました。

調べたのは9種類のアジアンタイヤでしたが、その結果、アジアンタイヤで

一番ミニバン、1BOXとのマッチングが良かった順位です。

もちろん新たなテストは続けていきます。

アジアンタイヤのミニバンタイヤランキング!アジアンタイヤミニバン性能比較

公開日2016年04月26日

更新日2017年11月15日

1位 RADAR RPX800

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX800

RADAR RPX800

2位 NEXEN CP672

試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN CP672

NEXEN CP672

 

3位 NANKANG RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

nankang rx615

という試乗テスト結果になりました。

どれもコンフォートタイヤですが

ミニバンとのマッチングが良かったのには驚きました・・・

そして9種類どのタイヤもエアー圧を280KPaと高く設定し試乗し

その結果のアジアンタイヤミニバンランキングです

 

今回のアジアンタイヤテストはコンフォートタイヤで

どれも静かなタイヤだったので

ポイントは、コーナー時のふらつきがとてもポイントになったかな!

ふらつき=タイヤ外側の剛性不足=外側の偏摩耗ということになるので

このコーナーのふらつきの少ないタイヤが

運転しやすく、安定性があったので評価が良く

ランキングの上位に入ったのでしょう。

それにしても、ミニバン、1BOXのオーナーさんって

良くアジアンタイヤの事、調べてますね!

今回1位になった、RADAR RPX800というタイヤ

黒70は乗ったことがありませんでした(汗)

今までRADARというタイヤも1種類しか知らなかったので

でも今回初めてRADAR RPX800乗りましたが、これミニバンに合うねと思いましたね。

ミニバン、1BOXのオーナーさん、この度はご協力頂き

ありがとうございます。

早くアジアンタイヤでもミニバン専用タイヤのカテゴリーのタイヤが

発売されるとイイですね!

アジアンタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

アジアンタイヤのミニバンタイヤランキング!アジアンタイヤミニバン性能比較でした。

タグ

2016年4月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング ミニバンタイヤ

アジアン グリップタイヤランキング アジアン グリップタイヤ性能比較!

アジアンタイヤ グリップタイヤランキング

タイヤカテゴリーのグリップタイヤとスポーツタイヤの

グリップ性能を評価するため、

ショートサーキットを使って

それぞれの車両を、黒70ほか4名の、つわものドライバーに協力をえて

タイムアタックしてもらい、車両の違いによる

タイムの差を均等にするため、ボディー剛性、エンジンパワー、車両重量、

ブレーキ容量、足回り性能等を係数化し、

ベストタイムに、その係数を掛け合わし、

タイムの良かった=グリップ力の高いタイヤから評価しています。

アジアンタイヤランキングは、ドライ路面のサーキット実走行で、

タイムアタックし、これかなり過酷なテストですが!

JZA70 1

JZA70 2

JZA70 3

JZA70 4

JZA70 5

JZA70 6

テスト時間は、連続30分走行でその走行時間内の

ベストタイムを元にランキングしています。

JZA70 7

JZA70 8

JZA70 9

JZA70 10

そのためタイヤの温度により、ベストタイムが、

前半に出るタイヤもあれば、

20分過ぎにベストタイムが出るタイヤなど

それぞれタイヤグリップの出方の性格違いはありますが、

KZA70 11

JZA70 11

JZA70 12

JZA70 13

JZA70 14

あくまでも、30分サーキット連続走行という基準のベストタイムで

タイヤ性能ランキングしています。

アジアンタイヤグリップ性能ランキング!

サーキット走行レビューは、一般向けではないので、

ココでは一般公道の試乗感想レビューにリンクしています!

サーキットタイムアタックベストランキング

公開日:2016年04月26日

更新日:2017年11月15日

1位 NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG AR-1

 

2位 NANKANG NS-2R

NANKANG NS-2Rの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

 

 

3位 NEXEN N9000

NEXENN9000の試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N9000

 

4位 ATR SPORT2

ATR SPORT2の試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

 

5位 NEXEN N3000

NEXEN N3000の試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N3000

 

6位 ATR SPORT

ATR SPORTの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

 

7位 NANKANG NS-2

ナンカンNS-2の試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

 

 

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアン グリップタイヤ性能ランキング!アジアン グリップタイヤ性能比較でした。

 

タグ

2016年4月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ タイヤランキング

アジアン ハイグリップタイヤランキング アジアン ハイグリップタイヤ性能比較!

アジアンハイグリップタイヤランキング

アジアンタイヤにはタイヤカテゴリー的にないグリップタイヤという

カテゴリーはありませんでした。

今まで試乗してきて、グリップ性能的には

スポーツタイヤのカテゴリーに

おさまるグリップ性能でしたが、

でも2015年から2016年にかけて

アジアンタイヤでもグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

2017年激安アジアンタイヤの中でのハイグリップタイヤランキングです。

試乗した中では、グリップタイヤのカテゴリーに入るタイヤは

まだ5種類しかありませんが、これから各アジアンタイヤメーカーから

グリップタイヤが発売されることを期待したいと思います。

タイヤ性能評価は7つあります。

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地、耐摩耗性(ライフ)、燃費性能です。

このタイヤ性能評価7つの中で、今回はハイグリップタイヤランキングなので、

ドライ性能のグリップ力のみの性能ランキングです。

サーキットでタイムアタック用に使えるタイヤです。

どれも公道走行OKのハイグリップタイヤです。

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤ性能ランキング

公開日:2016年04月20日

更新日:2017年11月15日

1位 NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

2位 NANKANG NS-2R

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

3位 FEDRAL 595RS-RR

試乗感想レビューはコチラ⇒FEDERAL 595RS-RR

FEDERAL_595RS-RR

4位 ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

5位 ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

 

究極なグリップ力を持っている

ハンコックのSタイヤ

ハンコックVENTUS TD Z221もありますが

価格が国産Sタイヤより高いので

ランキングから外しました。

価格が高くて性能がイイのは当たり前だからです。

さらにSタイヤ(セミスリックタイヤ)は

グリップ力のみに特化したタイヤで

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が違い

特殊なタイヤなので一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤがSタイヤなので!

あくまでも激安アジアンタイヤから抜粋し試乗した

ハイグリップタイヤの説明です

1位のNANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

2位のNANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

3位のフェデラル 595RS-RRは

チョット値段が高いですが、それでも

国産グリップタイヤの1/2の価格で買えます。

4位のATR-K SPORTと5位のATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

今回のハイグリップランキングの5種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

3位のフェデラル 595RS-RRで

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産グリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

しかも周回を重ねても、タイムが安定していたので

そのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

アジアン ハイグリップタイヤ性能ランキング!アジアン ハイグリップタイヤ性能比較でした。

タグ

2016年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ タイヤランキング ハイグリップタイヤ

このページの先頭へ