MAXTREK(マックストレック)MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビュー

MAXTREK MAXIMUS M1

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14インチ~19インチ)

MAXTREK MAXIMUS M1(マキシマス M1)は、

優れたグリップ力と排水性を有し、

それに加え静粛性や乗り心地の面でも納得の性能を

体感できるタイヤがMAXIMUS M1です。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

MAXTREK MAXIMUS M1のタイヤデザイン

MAXTREK MAXIMUS M1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

MAXTREK MAXIMUS M1の

実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビュー

知人が新品アジアンタイヤのMAXTREK MAXIMUS M1を

買ったので、交換してくれ~て

まだタイヤ性能評価してないタイヤだよね。

とても感謝感謝、ありがとうございます。

ということで、タイヤ交換からです。

サイドは柔らかく、とっても組みやすいです。

乗り心地重視のタイヤの予感です。

組み終えたらタイヤバランスを取って

バランスも悪くなく、普通でした。

車に装着です。

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ性能は

一般道ですが、とても静かで、乗り心地が良いタイヤです

速度を上げても、快適そのものですね。

コーナーを攻めてみると、1テンポ遅れる感じが気になりますが

結構グリップ力はありそうです。ということで、

ETCカードを変えて高速道路にGOです

インターのスプーンカーブでは、

腰砕け感がありますね。でもグリップ力は

標準スタンダードタイヤよりかなりあります。

速度を上げ高速道路に合流、なるほど

トレッドパターンは良く計算されて作り込んであります

速度が上がってもうるさくなりませんん。

ノイズ周波数の共音も出ません。

アジアンタイヤは今では常識になっていて、高速道路でも

静かなタイヤに仕上がっています。

乗り心地がイイので、もう少しフアフア感があるのかな~って

思っていましたが、かなりしっかりした腰があるタイヤです。

縦方向のタイヤ性能はかなりイイ感じです。

さてそのまま首都高に入り

継ぎ目の突き上げ感ですが

これもうまくまとめています。

柔らかさはあるのですが、突き上げた後の

戻りが早く、追従性があるので

おさまり感が良く安心して走れます。

さてコーナーに入ると、ウ~ン

やはり1テンポ遅れる感じのグニャリ感

その後荷重が乗ってからのグリップ力はあるのですが

キビキビ走れるタイヤではありません。

速度を上げれば上げるほど、遅れが出ます。

もちろん一般的な運転なら、まったく問題はありませんよ。

トータル的には、プレミアムタイヤの性能までは

行っていないタイヤです。

タイヤカテゴリーがコンフォートタイヤでしたが

まんまコンフォートタイヤです。

静かさ、乗り心地を重視する方にオススメのタイヤでした。

MAXIMUS M1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXIMUS M1

今回ご協力を頂いた知人に感謝感謝です。

やはりタイヤって、試乗してみないと

実際の性能って、分かりませんからね。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビューでした。

タグ

2017年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MAXTREKタイヤ

このページの先頭へ