ヨコハマタイヤのSドライブの性能評価レビュー

YOKOHAMA S.driveの特徴

S.drive(エス.ドライブ) 荒馬を乗りこなすようにパワフルな走りを極めるというよりも、

より快適に、スマートに確かな走りを楽しむこと。

そんな洗練されたドライビングスタイルを追求したタイヤです。

車を走らせることの楽しみが多彩に広がります。

というメーカーさんのセールストークです。

sdora

YOKOHAMA S.driveのタイヤデザイン

S.driveのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

YOKOHAMA S.driveの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

YOKOHAMA S.drive一般道評価レビュー

一般道ではSドライブはどうなのでしょう。

試乗してみると、スポーツタイヤとは思えない静かさです。

乗り心地は良い部類に入りますが、やはりスポーツタイヤなので

硬さは出てしまいますね。

コーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックという印象です。

グリップも街中では十分ありますね!

YOKOHAMA S.drive高速道路評価レビュー

インターのキツイコーナーを攻めてみると

ちょっとクセがあるような感じです。

おそらく首都高を走れば、ハッキリするので

まずは高速道路のインプレです。

高速道路の合流手前でフル加速、速度が上がると

さすがにコンフォートタイヤのような静粛性ですまではありませんが

うるさいまでのノイズではありません。

どちらかというと、スポーツタイヤの中では

静かさはかなり高いです。

直進安定性は凄くあるので、高速道路は楽です。

レーンチェンジも、しっかりしていて、乗りやすいです。

YOKOHAMA S.drive首都高評価レビュー

一番タイヤ性能が良く分かる首都高です。

継ぎ目のギャップが大きいので!

つなぎ目を何度か通過してみると、

チョット突き上げ感がありますが、収まりはイイですね。

この首都高でも直進安定性が良く、乗りやすいです。

さてコーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックなんですが

ロールが最大になる付近で、ブロックヨレのような、多少グニャリ感が出ます。

でもグリップ力はあるので、キレイに曲がってくれますよ。

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤが流れ始めましたが、一気にリヤが出る訳ではないので

コントロール性はイイです。

YOKOHAMA S.driveのトータル評価は

グリップタイヤのように、過激なグリップ力はありませんが

トータルバランスが良く、静粛性を重視したスポーツタイヤです。

サーキットを走る機会もあったので、少しサーキット走行の時の感想です

新品時はコーナーに入ると、ブロックのヨレが気になりますね。

サーキットだと、ちょっとグリップが足りない感じで、

限界時のリヤのグリップがもう少し欲しいところで

ドリフトに、なっちゃうんですよね。

どちらかと言えば、ココが限界か~という感じです。

タイムアタックには、向きませんが

充分サーキットを楽しむことは、できるタイヤでした。

サーキットを前提に作られてはいないので(笑)

一般公道では、かなり快適なスポーツタイヤでした。

ヨコハマS.driveのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒YOKOHAMA S.drive

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考にして見てください。

価格が安くてもグリップしますよ

コチラから⇒アジアンスポーツタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月08日

ヨコハマタイヤのSドライブの性能評価レビューでした

タグ

2016年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

安くてグリップ力もあるATR SPORTタイヤが進化 ATR SPORT2に?

安くてグリップ力もあるATR SPORTタイヤ

知人がそのATR SPORTタイヤを組んでくれ~って

持ち込んできました。

ATR

ATR SPORTタイヤは、黒70もサーキットで試しましたが

サーキットでも十分楽しめるタイヤだし

長時間走行してもブロック飛びもなく

安全に走れたので、評価は高いタイヤです。

グリップタイヤまでのグリップ力はないけど

スポーツタイヤとしてはTOPクラスのグリップ力でした。

そしてなんといっても驚きなのは

ATR SPORTタイヤの最大の魅力は低価格であることですね。

ビックリプライスで、ここまでの性能は

国産タイヤでは有りえません。

サーキットの消耗品で一番お金がかかるのが

タイヤですよね。

そこでアジアンタイヤが激安なのでとても助かります。

ATR SPORTは安くてグリップ力もあるタイヤです。

ATR SPORTの試乗評価レビューは⇒コチラ

ATR

コチラから⇒ATR SPORT

今ではATR SPORTに進化したのかなと思ったら

違いましたATR SPORTと併売していくみたいです。

ATR SPORT2の試乗評価レビューは⇒コチラ

atr2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ATR SPORT2

もっとハイグリップタイヤが欲しい方は

快適性は全くありませんがグリップオンリーのタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

更新日:2020年08月07日

安くてグリップ力もあるATR SPORTタイヤでした!

タグ

2015年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ評価レビュー

知人から、このサイロン ストリートレースの評価を

早くしてくれ~って メール責めにあっているので

といってもまだ、 サーキット走ってないし、

高速道での評価しかできませんが

70スープラ号のフロントに履かせています。

最大グリップを知るには、

リヤに履かせるのが ハッキリするんだけど 今回は、

ハンドリングがどうなのかを 知りたかったので・・・・

う~ん、あまり書くたくないけど・・・・

1.jpg

さてこのサイロン ストリートレースというタイヤ もの凄く軽いんだよね。

そのためだと思うけど 高速の段差に対しての追従性がイイです。

だから乗り心地がいいです(驚)

2.jpg

パターンノイズは、ごめんなさい 70スープラ号はドンガラなので

車内がうるさすぎて 判断つきません(笑 )

3.jpg

さて首都高、どんな感じなのかな これなら、

グルグルコースかな?

4.jpg

どういう反応を見せてくれるのか?

5.jpg

ほッ・・・なるほど・・・・えッ・・・マジか~

6.jpg

ヤベェ~このダイレクト感(驚)

あら、強風のため、通行止め(泣)

7.jpg

ここからの5号線何年ぶりだろう。

本当に久々に走りました。

さて今日、帰ってくるときは 山手トンネルを通らず5号線で・・・・

このタイヤ、速度が上がり 荷重がかかると、

もの凄く操作性がイイ 切り足し時の反応もスゴイ 感覚はSタイヤそっくり(驚)

このダイレクト感は久々に味わったな ブロックのヨレって必ずあるんだけど このタイヤは、

まったく感じられません(驚)

中速までは、ごく普通のタイヤなんだけど な~んだ、

こんなもんなのか~と思っていたけど 速度が上がり

荷重が一気にタイヤに加わった時の グリップ感とダイレクト感は私にはたまりません(喜)

久々に楽しいタイヤに出会えました。 このタイヤは車重がある車の方が得意かも知れません。

ある面圧から、性能が発揮されるようになっていますね。

Sタイヤのグリップには、全然届かないけど

Sタイヤを履いたことがない方には

Sタイヤの ダイレクト感を知りたい方には

とてもベストなタイヤですね。

このダイレクト感にグリップ力が加わると 間違いなくSタイヤですよ。

あと1センチを、寄せるということが できるタイヤで、 とても楽しすぎる。

サイズが増えれば、メチャ売れるタイヤですね! 走り屋のみですが(笑)

8.jpg

しか~し、新品で溝深さが5mmしかありません。 これSタイヤと同じですね。

スリップサインまで3,4mmしか使えません(汗)

これで走行120キロ走ったタイヤですが 減るのはメチャ早そうです。

パターン的にサーキットを走ると 真ん中のパターンは、

いなくなっちゃんじゃないかな?

まあ、価格が安いので、気にしませんが(笑)

走りを楽しむ方で、 車重が1500キロ以上の車には オススメでしたが

残念ながら、手に入れることが出来なくなりました。

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ評価レビューでした。

快適性無視、グリップオンリーのハイグリップタイヤをお探しなら

コチラから⇒ハイグリップタイヤランキング

更新日:2020年08月07日

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです!

タグ

2015年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ドイツ製タイヤ

このページの先頭へ