ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。

ATR SPORTはサーキットではどうなのでしょう?

タイヤサイズは215/45R17

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りが純正ノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでしたよ。

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、ここまでの値段の安さで

グリップしてくれるタイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。でした。

タグ

2017年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

安くてグリップ力があるアジアンスポーツタイヤ

安くてグリップ力があり人気のアジアンスポーツタイヤ

何といっても安さが魅力のアジアンタイヤですが

スポーツタイヤでも、静かさを求め進化し続けているのが

アジアンスポーツタイヤです。

グリップ力は、国産スポーツタイヤと同等のグリップ力を持ち

価格が激安ということもあり、人気の勢いは止まりません。

圧倒的な人気を誇っているのがATR SPORTです

ATR SPORTの試乗性能レビューは⇒コチラから

スポーツタイヤで人気急上昇中のタイヤが

Pinso TyresPS-91です。

Pinso TyresPS-91の試乗性能レビューは⇒コチラから

私もPS-91を履いてサーキットを走りましたが

充分楽しめるグリップ力を持ち、国産スポーツタイヤに

まったく性能で引けをとらないスポーツタイヤが

PS-91タイヤでした。

コチラを参考に⇒アジアンタイヤのスポーツタイヤ性能ランキング

スポーツタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

安くてグリップ力の高いアジアンスポーツタイヤでした!

 

タグ

2017年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ

安くて性能が良いアジアンタイヤのオススメは、どのタイヤ?

アジアンタイヤメーカーも多いですし、それぞれタイヤメーカーの

コンセプトも違います。

結局のところ、アジアンタイヤ性能研究室の管理人が

アジアンタイヤを試乗し、カテゴリーごとのTOPのタイヤは

どのタイヤなのかを知りたい、という問い合わせが多かったので

今までアジアンタイヤを試乗して、このタイヤ良かった、

感動したタイヤを、カテゴリー別にまとめました。

㊟、アジアンタイヤを試乗し、管理人が率直に

タイヤカテゴリーごと、素晴らしいタイヤと思ったタイヤの

ご紹介ですので、タイヤ販売ランキングとは、全く関係がありません。

あくまでも、管理人が感じた、カテゴリーごとの

一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンプレミアムタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N8000

この高速性能と静かさのレベルの高さには驚きました。

ROADSTONE N8000の試乗レビューは⇒コチラから

静かさ、乗り心地、高速安定性、グリップ力

トータルバランスを、高次元で融合させたプレミアムタイヤでした。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ROADSTONE N8000

 

アジアンハイグリップタイヤで感動したタイヤ

NANKANG NS-2R

管理人もサーキット仕様のJZA70に履いています。

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性は、全く無視のタイヤですが、

グリップ力の凄さには、驚きました。

ですが、減りはもの凄く早いですし、パターンノイズと

乗り心地は悪いので、グリップ力重視の方にオススメです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

グリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

 

NANKANG NS-2Rでもグリップ力は

スゴイですが、その上をいくハイグリップタイヤです。

街乗りでも使えますが、パターンノイズ

乗り心地は最悪で、快適性は全くありませんが

グリップ力だけは最強のグリップです。

サーキット走行で本領発揮、

タイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。

ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている

最強ハイグリップタイヤです。

でも減りはもの凄く早いです。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

 

アジアンコンフォートタイヤで感動したタイヤ

これは、コンフォート販売ランキングTOPと同じです。

NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

アジアンスポーツタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

このタイヤはスポーツタイヤに快適性をプラスしたタイヤです。

グリップ力は一般道では使い切れないほどのグリップ力を持っています

しかも静かで乗り心地も犠牲にしていないチョット異質な

タイヤ性能もっているタイヤでした。

プレミアムタイヤまでの快適性はありませんが

グリップ力はグッドです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT2

 

アジアンファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

 

性能はズバ抜けてスゴイところはありませんが

トータルバランスが優れたタイヤでした。

ファッションセンスは素晴らしいです。

見た目の仕上がり感は、文句無しです。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

 

アジアンミニバンタイヤで感動したタイヤ

RADAR RPX800

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

 

横剛性が文句なしで、

ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。

ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

 

アジアンSUVタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORTのDesert Hawk H/T

Desert Hawk H/Tのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適なのに、スポーツ走行OKで、グリップ力は相当あるタイヤでした。

SUVでもグリップ力が欲しい方に、オススメです。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

アジアンエコタイヤで感動したタイヤ

NEXEN N blue HD Plus

NEXEN N blue HD Plusのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

アジアンタイヤのECOタイヤは、まだ出初めなので

ラベリング制度のAAAまでの転がり抵抗性能までは行っていません。

NEXEN N blue HD PlusでAAにようやく入った性能でした。

ECOタイヤですが、コンフォートタイヤというのが感想です。

静かさと、乗り心地はかなり高いレベルでした。

NEXEN N blue HD Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN N blue HD Plus

 

ランフラットタイヤで感動したタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

 

乗り心地はランフラットタイヤなので

良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤです。

そして、なによりうれしいのがランフラットでありながら

低価格というところです。

国産ランフラットタイヤだと、

値段を見たらあまりの値段の高さにビックリ

そんなに高いの~

でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら

低価格で履けちゃいます。

ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

 

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤでした。

 

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

アジアンスポーツタイヤランキング スポーツタイヤ性能比較

アジアンスポーツタイヤ性能ランキング アジアンスポーツタイヤ性能比較

アジアンタイヤのスポーツタイヤはグリップ重視のタイヤでしたが

今では、静粛性も求められ、かなり静かなアジアン スポーツタイヤに

進化しています。

スポーツタイヤとは⇒ 『楽しむ・競技のタイヤ』という意味になりますが

市販タイヤに関してのスポーツタイヤは、楽しむタイヤになります。

峠道を楽しんだり、車をコントロールして楽しむタイヤということです。

このアジアンスポーツタイヤランキングはグリップ力と限界を超えた時の

コントロール性を重点におき、ランキングしています。

それぞれのアジアンスポーツタイヤの試乗レビューリンクは、

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

車の楽しさを追求しているのが、スポーツタイヤです。

スポーツタイヤランキング!アジアンタイヤ性能比較!

1位 Pinso Tyres PS-91

試乗感想レビューはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91

 

2位 ATR SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

 

3位 NANKANG NS-

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

 

4位 ATR SPORT2

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

公開日:2016年04月03日

更新日:2018年12月09日

アジアン スポーツタイヤ性能ランキング!アジアン スポーツタイヤ性能比較でした。

 

タグ

2016年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ タイヤランキング

ヨコハマタイヤのSドライブの性能評価レビュー

YOKOHAMA S.driveの特徴

S.drive(エス.ドライブ) 荒馬を乗りこなすようにパワフルな走りを極めるというよりも、

より快適に、スマートに確かな走りを楽しむこと。

そんな洗練されたドライビングスタイルを追求したタイヤです。

車を走らせることの楽しみが多彩に広がります。

というメーカーさんのセールストークです。

sdora

YOKOHAMA S.driveのタイヤデザイン

S.driveのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

YOKOHAMA S.driveの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

YOKOHAMA S.drive一般道評価レビュー

一般道ではSドライブはどうなのでしょう。

試乗してみると、スポーツタイヤとは思えない静かさです。

乗り心地は良い部類に入りますが、やはりスポーツタイヤなので

硬さは出てしまいますね。

コーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックという印象です。

グリップも街中では十分ありますね!

YOKOHAMA S.drive高速道路評価レビュー

インターのキツイコーナーを攻めてみると

ちょっとクセがあるような感じです。

おそらく首都高を走れば、ハッキリするので

まずは高速道路のインプレです。

高速道路の合流手前でフル加速、速度が上がると

さすがにコンフォートタイヤのような静粛性ですまではありませんが

うるさいまでのノイズではありません。

どちらかというと、スポーツタイヤの中では

静かさはかなり高いです。

直進安定性は凄くあるので、高速道路は楽です。

レーンチェンジも、しっかりしていて、乗りやすいです。

YOKOHAMA S.drive首都高評価レビュー

一番タイヤ性能が良く分かる首都高です。

継ぎ目のギャップが大きいので!

つなぎ目を何度か通過してみると、

チョット突き上げ感がありますが、収まりはイイですね。

この首都高でも直進安定性が良く、乗りやすいです。

さてコーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックなんですが

ロールが最大になる付近で、ブロックヨレのような、多少グニャリ感が出ます。

でもグリップ力はあるので、キレイに曲がってくれますよ。

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤが流れ始めましたが、一気にリヤが出る訳ではないので

コントロール性はイイです。

YOKOHAMA S.driveのトータル評価は

グリップタイヤのように、過激なグリップ力はありませんが

トータルバランスが良く、静粛性を重視したスポーツタイヤです。

サーキットを走る機会もあったので、少しサーキット走行の時の感想です

新品時はコーナーに入ると、ブロックのヨレが気になりますね。

サーキットだと、ちょっとグリップが足りない感じで、

限界時のリヤのグリップがもう少し欲しいところで

ドリフトに、なっちゃうんですよね。

どちらかと言えば、ココが限界か~という感じです。

タイムアタックには、向きませんが

充分サーキットを楽しむことは、できるタイヤでした。

サーキットを前提に作られてはいないので(笑)

一般公道では、かなり快適なスポーツタイヤでした。

ヨコハマS.driveのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒YOKOHAMA S.drive

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考にして見てください。

価格が安くてもグリップしますよ

コチラから⇒アジアンスポーツタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2016年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ