Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤ性能 評価 感想 比較 レビュー

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

ekonomisutoATR-K

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能

経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、

優れた燃費性能と経済性を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです

静かさもなかなかのタイヤで、不満は全くありません。

スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちない

これECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの

このがり抵抗かな、タイヤカテゴリーがスタンダードでしたが

ECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありません

コーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては

高いタイヤです。

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓ 

Econmist ATR-K

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月04日

Economist(エコノミスト) ATR-K タイヤ性能 評価 レビューでした!

タグ

2017年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ ECOタイヤ

ATR SPORT 122のタイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

ATR SPORT 122タイヤの特徴と評価

ATR122

ATR SPORT 122(エーティーアールスポーツ イチニーニ)は、

マルチサイプデザインによりウェットな路面でも

安定した走りができ、高速安定性のある

ハイドロプレーニングを低減したスタンダード(標準)タイヤです。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ATR SPORT 122のタイヤデザイン

ATR SPORT 122のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ATR SPORT 122の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ATR SPORT 122のタイヤ試乗性能 評価レビュー

人気上昇中のATR SPORT122のタイヤ性能は

どうなのか、試乗してみました。

DSC_0082[1]

DSC_0083[1]

乗ってみると

スタンダード(標準)タイヤとしては、かなり剛性感がある感じを受けます。

パターンノイズは、うるさいのかな~と思っていましたが

実際乗ってみると、静かです。

これもアジアンタイヤの特徴ですね。

新品時はどれを履いても静かなんですが

アジアンタイヤって、摩耗が進めば進むほど、パターンノイズが

大きくなる傾向があります。

国産タイヤはこの点をシビアに考えているみたい!

スタンダード(標準)タイヤなので、コーナーを攻めたりはしませんが

トータル性能をうまくまとめたタイヤと言った方がイイのかもしれません。

特別満足もなく、不満もなくというタイヤに仕上がっていますね。

コンパクトカーにはオススメのタイヤです。

ATR SPORT122のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT 122<<

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月08日

ATR SPORT 122のタイヤ性能・評価・レビューでした!

タグ

2016年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ スタンダードタイヤ

このページの先頭へ