NANKANG AR-1でサーキットを走ってきました。

NANKANG AR-1はサーキットで実力を発揮してくれるタイヤです

NANKANGタイヤ最強グリップ力を持つAR-1

サーキットでは、もの凄いグリップ力を発揮してくれました。

ヒーローしのいサーキットで、連続48秒前半で

走れました。ベストは47秒後半に入れたのにはビックリ

ここまでグリップするとは驚きです。

このタイムで走ると、さすがにタイヤの減りは

早いですけどね。

50秒台で走れば、倍の時間は持ちますよ!

限界走行をすると、減りはSタイヤと同じぐらい減ります(汗)

タイムが速ければ速いほど、タイヤは摩耗しますからね!

トータル3時間攻めた走しりをして戻ってきたAR-1

走行直後の写真を撮るのを忘れました(泣)

これサーキット走行が終わってから

高速道路を、約200キロの距離を走った後の写真です。

フロントタイヤがコレ、終わりました(汗)

リヤタイヤがコレです。

ランエボ6の4駆なので、立ち上がりの加速重視の

セッティングにしてあるため、車高は前荷重なので

リヤタイヤには、やさしいようです。

キャンバー角が3度なんですが、外側の減りが早いので

まだ足りなそうです。

今までネオバに合わせていましたが

AR-1に合わせて足回りをセッティングすれば

もっとタイムは伸びますね。

タイヤの温度が上がっても熱ダレもなく

グリップ力が落ちないので、1回の走行が

楽しくなっちゃって、油温が上がるまで

走っちゃいました(笑)

低温でもグリップ力があるので

Sタイヤのように、初めにタイヤの温度を

上げる走行をしなくてイイので

タイヤの温度をあまり気にしなくても

走れるタイヤでした。

横剛性は、Sタイヤ並で

一番キツイS字の振り返しでも

しっかり押さえてくれるので

タイムロスが少ないです。

縦のグリップ力も、もの凄く

ブレーキを遅らせることができるので

ブレンボブレーキ性能を十分発揮できます。

トータル的に判断すると

Sタイヤより、扱いやすいのですが

最大グリップは、Sタイヤの方がほんの少し上でした。

Sタイヤが溶けた時のあのグリップ力までの

グリップ力は、ありませんが

今までサーキットで乗ったSタイヤの中で比べると

グリップ力と性格は、

 

ディレッツァ03G(Sタイヤ)に

とても似ていました。

03Gの写真は新品時から30分走ったあとの写真です。

NANKANG AR-1は国産ハイグリップタイヤの

ネオバとR1Rより、はるかにグリップするのは確かです。

おそらくショートサーキットなら1,5秒~1,8秒速く走れるグリップ力ですね!。

もうチョットこの強力なグリップ力で

タイヤの減りが抑えられれば最高なんですけどね。な~んてね!

値段が安くて、ここまでグリップするんですから

超満足ですよ~

タイムアタック向きのタイヤです。

Sタイヤのコンパウンドで言うと、

ソフト(S)とミディアム(M)の中間ですがソフト(S)に近い感じで

低温からグリップしてくれるので、とても扱いやすいハイグリップタイヤでした。

NANKANG AR-1のタイヤサイズと値段は

コチラから⇒NANKANG AR-1

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG AR-1でサーキットを走ってきました。でした!

一般道、高速道路、首都高レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG AR-1タイヤの試乗性能 評価レビュー

NANKANG AR-1でサーキットを走ってきました。でした!

更新日:2019年07月23日

タグ

2018年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。

ATR SPORTはサーキットではどうなのでしょう?

タイヤサイズは215/45R17

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りが純正ノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでしたよ。

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、ここまでの値段の安さで

グリップしてくれるタイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2019年08月04日

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。でした。

タグ

2017年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

サーキットでも使えるアジアンタイヤランキング!

サーキットで長時間走行でも耐えるアジアンタイヤランキングです!

アジアンタイヤテストはショートサーキット、コース内にアップダウンのある、

タイヤには過酷なヒーローしのいサーキットでテストしています。

今回はアジアンタイヤでサーキット長時間走行にも耐えるかのテストをしました。

安いアジアンタイヤなんですが、サーキットを長時間走れるタイヤはあるんです。

今まであらゆるアジアンタイヤのなかのスポーツタイヤをテストして来ました。

あくまでもスポーツタイヤとしての長時間走行に耐えるタイヤランキングです。

それと50分連続走行してもブロック飛びがないタイヤというもの条件に入っています。

タイムはほんの少し速いタイムのタイヤも確かにありましたが、そのほとんどのタイヤが

30分以上連続走行すると熱ダレでブロック飛びがおきてしまい、その後はタイムダウンしたため

楽しめないということに!1日フリー走行には耐えないタイヤなので、あえて外してあります。

タイムアタックタイヤをお探しの方は、グリップタイヤランキングを

参考にしてください。

タイムが良く、長時間安定して走れた順のランキングです。

1位NEUTON NT5000

タイヤサイズと価格はコチラ⇒NEUTON NT5000

 

2位 ATR SPORT

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ATR SPORT

 

3位 NANKANG NS-2

タイヤサイズと価格はコチラ⇒NANKANG NS-2

ます考えてもらいたいのが、国産グリップタイヤ1本分で

アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。

ということでタイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきました。

これからも、テストしていきます。

アジアンタイヤの中で、スポーツタイヤと呼ばれているタイヤです。

さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

NEUTON NT5000タイヤ サーキット評価

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並もしくは上で楽しめますね。

低温からグリップが出てくれるのはウレシイです。

どちらかというとエアー圧を高めにした方がタイムが出ます。

グリップが高い分、標準エアー圧からのスタートですと

ヘアピンやS字の振り返しで、タイヤが倒れる

荷重負けをしてしまいますので、その分エアーと高めにしないと

タイム出ません。

30分連続走行ですと、ちょっとグリップが落ちてきます。

感じとしては、ヌルヌル外に抜ける感じが出てくるので

休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。

でもグリップ力は充分あるタイヤです。

国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。

ブロック飛びもなく、グリップしてくれるタイヤでした。

価格が安いのにこれだけのグリップ力があるなら大満足のタイヤです。

NEUTON NT5000タイヤサイズと価格は

コチラ⇒NEUTON NT5000

 

ATRスポーツ サーキット評価

値段がとてつもなく安いタイヤなので、どうなのかな~って試しました。

いざ走り出すと、タイヤが冷えているときは、グリップはでませんが

温度が上がってくるとかなりいい感じ、

タイヤトレッドのヨレ感はあるんだけど、それを踏まえてステアリングの

切り初めをほんの少し早くすると、ラインに乗ってくれます。

流れてからのコントロール性もしやすく、値段からすれば

大満足のタイヤです。タイヤが溶ける温度になってくると

グリップは落ちてきますけどね!40分連続走行でも

ブロック飛びは、ありません。ドリフトでも大丈夫です。

タイムは50秒前半、もう少しで49秒台に入れそうでしたが

タイヤの温度が上がりすぎると、ヌルヌル外に膨らむんだよね(笑)

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ATRスポーツ

 

NANKANG NS-2 サーキット評価

ナンカンタイヤで最も人気があり売れているのが、NS-2タイヤです。

サーキットではどうなのか?

これが結構曲がってくれます(笑)

タイムは50秒後半なんだけど、バランスはとてもイイね。

しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)

ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。

溶ける温度になると、グリップは下がってきます。

でも値段を考えると、出来すぎです。

タイムアタックには向かないけど、1日楽しく走れる性能を

持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ナンカンNS-2

 

ナンカンNS-2Rが発売されました。

NS-2R

AE101サーキット仕様の車に取り付けてテストしたところ

このナンカンNS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。

スポーツタイヤのカテゴリーとは、レベルが違いすぎるので、順位には入れませんが

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力トップクラスでしょう。

完全にグリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産グリップタイヤだと、ネオバ、R1R、Z2スタースペックと言ったタイヤです。

横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤが

グリップタイヤです。

そしてナンカンNS-2Rは、グリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤです。

が・・・さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、ナンカンNS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、ライフがまったく違います。

本当にSタイヤってあっという間になくなりますからね!そして走った後の

Sタイヤを見ると・・・あ~楽しんじゃったなァ~って・・・あとどれくらい走れるんだようと

むなしさが・・・またタイヤ交換だァ~、財布に優しくないなァ~ってことに!

ナンカンNS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!

サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ナンカンNS-2R

さらにグリップをするタイヤも発売されました。

サーキットでタイムアタックタイヤなら

コチラから⇒ハイグリップタイヤランキング

公開日:2016年01月11日

更新日:2019年08月18日

サーキットで長時間走行でも耐えるアジアンタイヤランキングでした!

タグ

2016年1月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ タイヤランキング

このページの先頭へ