ヨコハマSタイヤA048からA050にタイヤ交換

A048のSタイヤから、A050のSタイヤに交換です。

コンパウンドはMです。

Sタイヤは一般のラジアルタイヤとは違い

スリップサインがでると、ちょっと大きな石でも踏んでしまうと

バーストしてしまうので、このぐらい減ると新品に交換しないと

とても危険なので、交換です。

048

A048は路面温度が低いと、なかなか暖まらなくて

グリップ力が出てこない、ショートサーキットでも

3~4周はローリングしてようやく暖まるぐらい

最初は気をつかうので、今回はA050に変更です。

050

A050の方が、同じMタイプでも初期の発熱性が高く、

グリップ力の立ち上がりが早いので

ヨコハマ アドバンA050のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アドバンA050

Sタイヤで255/40R17だと価格もメチャ高い~

と思われた方、大丈夫です。

安くてグリップするアジアンタイヤならとっても安いです。

サーキットを楽しむならアジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

更新日:2019年11月10日

ヨコハマSタイヤA048からA050にタイヤ交換でした。

 

タグ

2009年3月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 国産Sタイヤ

レクサスLSにアドバンスポーツV103タイヤ装着

レクサスLSタイヤ交換!アドバンスポーツV103

この頃、多くなってい来たのが

レクサスLSのタイヤ交換です。

レクサス

タイヤを見ると納得かも、サイズが245/45R19

タイヤ

このサイズになると、今までのタイヤレバーを使う

タイヤチャンジャーだと

2人掛かりでやらないと、外れないし

時間がとってもかかるんだよね

すなわち、工賃が上がって当然なんです!

タイヤレバーレスタイヤチャンジャーは

大口径になると威力を発揮できるんだよな~。

アドバン

こんなサイズが入ったら、大仕事なんだけど

一人でサクサク交換できちゃいます。

ランフラットではなく、

空気圧センサーが付いていなかったので

19インチ4本、40分ぐらいで交換ができちゃいました。

どちらかと言うと、ランクル100系の大口径の方が

時間がかかるよ~

ということで、今回の19インチもスムーズに

でもアドバンシリーズは、タイヤの横剛性があるので

組む時は堅いぞ~

LS

アドバンスポーツV103のタイヤ性能ですが

静かさ、乗り心地、グリップ力まで

文句のつけようがありません。

グリップ力の高さには、驚きました。

重いレクサスLSが切り初めから、こんなに曲がるのか~というぐらい

曲がってくれます。

コーナー中も腰砕けなんかまったくありません。

気持ちがイイほど、ステアリングに反応してくれるので

減速しないで、コーナーに入って行ってしまいますね。

さすが、ヨコハマタイヤのアドバンシリーズです。

値段は高いですが、プレミアムタイヤという安心感が

伝わってくるタイヤでした。

アドバンスポーツV103のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ADVAN SPORT V103<<

アジアンタイヤでも値段が安くて、

静かで乗り心地が良く、スポーツ性を兼ね備えた

プレミアムなタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

更新日:2019年11月10日

レクサスLSにアドバンスポーツV103タイヤ装着でした!

 

タグ

2008年12月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ