NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5タイヤの特徴

 

sp5

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5(エスピーファイブ)

SP-5(エスピーファイブ)は、静粛性に優れた都市型SUV用スポーツタイヤです。

ナンカンの騒音シュミレーションシステムによりデザインされたパターン設計により

ブロック間に発生する騒音を低減!

タイヤカテゴリー(SUVスポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

NANKANG SP-5のタイヤデザイン

NANKANG SP-5のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG SP-5の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ナンカンSP-5のタイヤ性能

ちょうど車検で知人のハイラックスサーフのタイヤがアウトだったので

ナンカンSP-5を買ってもらいました。安いから知人も満足です(笑)

早々ナンカンSP-5を履かせて

試乗させてもらいました。

トレッドパターンは、V字パターン、タイヤカテゴリーはスポーツタイヤです。

知人いわく、純正タイヤはグニャグニャして剛性がないから

ちょっと高速で怖かったんだよな~って!

ならスポーツタイヤを選んだ方が無難、ということで

ナンカンSP-5を選びました。

それより、国産タイヤの1/3の値段で4本買えちゃうんだから

知人は、価格の方でビックリしていましたが!

性能は大丈夫なのか~???

ナンカンタイヤはほとんどのタイヤを試乗テストして

その性能の高さは、把握しているけど

ごめんなさい!まだSUVのナンカンSP-5は

履いたことがないから分かりませ~ん(汗)

と言うことで、知人を助手席に乗ってもらって

いざ試乗GOです。

街中はかなり静かな印象です。

スポーツをうたっているタイヤはどうしてもブロックが大きい分

多少パターンノイズが大きくなる傾向があるんだけど

このナンカンSP-5はとても静かです。

乗り心地は、やはり車が重量級なので、とてもイイね!

そして、4月から距離制になってほとんど値上がりした、首都高に(怒)

あら、このナンカンSP-5は高速もとても静かです。

そして問題のコーナー・・・

これ横剛性がとてもあって、走りやすいし、速度を上げた時の

直進安定性がイイね!走った時は横風が強かったんだけど

とくに煽られることもなく、大型トラックを抜かす時も

安定しています。

思ったより性能が高くて、ビックリ

知人からも、このタイヤイイねと言うコメントが

う~んどう説明すれば分かりやすいのか?

ナンカンSP-7と比較すると

乗り心地以外は、ナンカンSP-5のほうが

静かさ、横剛性、グリップ力、高速安定性を含めて

すべて1ランク上ですね。

高速道路を滅多に使わないなら、ナンカンSP-7がオススメ!

通勤で高速道路を使う、高速道路の使用頻度が多い方なら

ナンカンSP-5を選ぶのがイイと思います。

それにしても、ナンカンタイヤのSUVを

ようやく試乗して、性能テストしていますが

ここまでナンカンタイヤのSUVタイヤ性能が高くなっていたとは

今までテストしてこなかったことが恥ずかしいです。

といっても、知人でSUV車乗っているのが、少ないので

なかなかテストをするのも難しいところなんですけどね。

でも10台ぐらいは乗っている方がいるから、協力を得て

テストしていきま~す。

NANKANG SP-5のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG SP-5

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月09日

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ SUVスポーツタイヤ

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較

SUVタイヤ性能比較の説明です。

今までSUVタイヤの性能評価をしてこなかった訳ではなく

たくさんSUV車とSUVタイヤを試乗して来ました。

ですがそのほとんどが国産タイヤだったんです(汗)

SUV国産タイヤの性能評価を書いても、どうなのかな~と思って

SUVタイヤに関しては、書いていませんでしたが

これからSUV車乗りの知人の皆さんに協力を頂きながら

アジアンSUVタイヤの性能評価をしていきます。

連絡を取ったら、かなりの台数が協力してくれるということで

と言っても、20台ぐらいですよ(笑)

多いとは言えませんが、アジアンタイヤのことを伝えたら

その値段に興味を引かれたらしく・・・でも

マジ?まさかァ~?そんなに安くタイヤが手に入る訳ないだろォ~!

そんな値段で性能は大丈夫なのかァ~?そのタイヤ本当に大丈夫なの?

それ国産タイヤメーカーの1本分の値段で

もしかして4本買える値段だよな・・・大丈夫なのかァ~?

などなど、イロイロな事を言われました(汗)

知人にダメなタイヤ勧める訳ないでしょ!

最終的には教えて!教えて!という感じで皆さん興味深々でした(笑)

そんな値段だったら、協力するよという知人が多かったです(驚)

その車種の中で、一番多かったのがハリアーですが、そのほかにも

ランクル、ランクルプラド、ディアリス、アウトランダー、

エクストレイル、ハイラックスサーフ、レガシィアウトバック、

ヴェゼル、CX-5、CX-3、フォレスターなどです。

車が新しすぎて、まだタイヤ交換の時期じゃないだろうという車も

ありますが、う~ん、なんだかクロカン車も多いような~(汗)

ということで、これから皆さんのご協力を得て、

アジアンSUVタイヤをテストし評価していきます。

SUV車って何?

SUVとは

Sport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の略で、

バブル時代後ではオフロード車、クロスカントリー(クロカン)車、

4WD車と呼ばれていましたが、

今ではクロカンやライトクロカン、4×4車、

そして一般車の車高を高くした

4WDのクロスオーバーモデルの総称としてSUV車と呼ばれています。

タイヤに戻りますが、

その前に、一般タイヤとはチョットカテゴリーが

違う呼び方をするので説明しておきますね!

SUVタイヤカテゴリーは大きく分けて4つ!

M/T(Mud Terrain)マッド・トレーン⇒ オフロード用タイヤ

A/T(All Terrain)オール・トレーン⇒ オールラウンドタイヤ

S/T(Street Terrain)ストリート・トレーン⇒ 街乗りメインのタイヤ

H/T(Highway Terrain)ハイウェイ・トレーン⇒ 街乗り+高速道路を重視したタイヤ

今の時代でM/Tタイヤを履く方は、ほとんどいません。

これは、ほとんど趣味でしかオフロードを楽しまなくなってしまったからです。

今では履いても、ジムニーぐらいかな!

そしてA/Tタイヤを履く方も、ほとんどいなくなりました。

オフロードも走れますが、タイヤのブロックが大きい・・・

タイヤのパターンノイズが大きいため、舗装路走行では

メチャクチャ、タイヤノイズがうるさいので、不人気になってしまいました。

今現在メインになるSUVタイヤは、S/Tタイヤと、H/Tタイヤの2種類です。

そのためSUVタイヤカテゴリーはSUVスタンダードタイヤと

SUVスポーツタイヤの2種類のみに絞り、

これからアジアンSUVタイヤを試乗し評価していきます。

どちらかというと、この頃は大口径アルミを履かせるのが支流なので

タイヤの性能をあまり気にされない方が多いのですが

大口径になれば、国産タイヤだと値段はもの凄い高くなるので

アジアンSUVタイヤを選ぶ方が増えています。

その中で、タイヤの性能も知って頂けたらと思います。

でもアジアンSUVタイヤをサーキットテストはしないので、

その点はご了承くださいね!

コチラも参考に⇒アジアンタイヤSUVタイヤ人気ランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月09日

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較でした!

タグ

2016年3月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

このページの先頭へ