アジアンタイヤのハイグリップタイヤ探し

アジアンタイヤのハイグリップタイヤを探しましょう

サーキット好きな私も、サーキットに2回行くと、タイヤ交換というとことで

金銭的にかなり苦しかったことを覚えています。

ハイグリップタイヤで一番悩むところが、摩耗が早く、値段が高いところではないでしょうか。

そうなんです国産ハイグリップタイヤは、値段が高いのが常識なんですよね。

そしてスポーツタイヤとハイグリップタイヤでは全くタイムが違うので

ハイグリップタイヤを選びたいのですが、値段が高くて買えないということが

多々ありました。

そこで激安タイヤのアジアンタイヤにハイグリップタイヤは無いのか?

テストすることにしました。

今まで試乗してきて、グリップ性能的には

スポーツタイヤのカテゴリーに

おさまるグリップ性能でしたが、

アジア諸国で、スポーツカーが人気になり

2015年から2016年にかけて

アジアンタイヤでもハイグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

激安アジアンタイヤのハイグリップタイヤの性能はどうなのか

試乗した中では、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入るタイヤは

まだ種類は少ないですが、アジアンタイヤは

毎年ハイグリップタイヤが進化してきていることも確かです。

タイヤ性能評価は7つあります

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地、耐摩耗性(ライフ)、燃費性能です。

このタイヤ性能評価7つの中で、

今回ハイグリップタイヤ性能比較なので、

ドライ性能のグリップ力のみの性能比較です。

どちらかというと、サーキットでタイムアタック用に使える激安タイヤです。

どれも公道走行OKのハイグリップタイヤですが、

乗り心地や静かさ等の快適性は全くありません。

逆に言えば、乗り心地が悪く、うるさいタイヤなので

一般公道を快適にというタイヤではありませんので、ご了承ください。

各アジアン ハイグリップタイヤのリンクは実際試乗したタイヤ性能レビューにリンクしています

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤ性能比較

NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤ性能レビューはコチラ⇒NANKANG AR-1

 

NANKANG NS-2R

タイヤ性能レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

 

 

ATR-K SPORT

タイヤ性能レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

 

ATR SPORT 123S

タイヤ性能レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

 

 

今回のハイグリップタイヤ性能比較のタイヤは

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤは

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているタイヤで

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

極力タイヤ自体を軽く作ってあります。

一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤがセミスリックタイヤです。

激安アジアンタイヤから発売されているハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

Sタイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産ハイグリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

一つ気になるところは、タイムは出ますが、減りも早いというところです。

アジアンタイヤの中では値段が高い方なのですが

国産ハイブリップタイヤと比べればとてつもなく安いので!

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

減りは早いですが、R1Rよりちょっと早いぐらいです。

横剛性が高くダイレクトな反応がクセになるハイグリップタイヤです。

私もリピートで履いています。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のハイグリップランキングの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

ATR-K SPORT

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産グリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

NANKANG AR-1は国産ハイグリップタイヤより

はるかに上で、セミスリックタイヤと同等に走れますが

セミスリックタイヤMコンパウンドのベスト温度域では、ほんの少し

セミスリックタイヤの方がタイムが良かったです。

NANKANG AR-1は周回を重ねても、タイムが安定していたので

低温から高温までのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

アジアンタイヤの ハイグリップタイヤ探しでした。

 

タグ

2018年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイグリップタイヤ

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)の特徴と評価

マックストレック

日本ではまだあまり聞かないタイヤメーカーですが

MAXTREK(マックストレック)は、中国のタイヤメーカーです。

中国バブル景気の真っ最中の2007年に大資本が投入され設立し、

まだ会社的には若い会社ですが、設備投資ももの凄い金額を注いで

世界基準のISO9001、ISO/TS16949を取得した開発生産ラインを持っています。

さらに世界中の認証も取得しています。

MAXTREK INGENS A1のタイヤデザイン

MAXTREK INGENS A1のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

MAXTREK INGENS A1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK INGENS A1タイヤ試乗性能レビュー

タイヤのトレッドパターンは、結構カッコイイパターンです。

乗ってみたいタイヤだったのですが、なかなか試乗できる機会がなく

伸び伸びだったのですが、ようやくMAXTREK INGENS A1に試乗することができました。

タイヤタイプのカテゴリーはスポーツです。

18インチだったので、かなり硬いイメージがありましたが

なかなかタイヤの反発力もあり、ショックの収まりは良いタイヤです。

静かさは、普通と言ったところで、国産の静かなタイヤとは

チョット比べられないレベルかな。

でもパターンノイズは、うるさくは感じません。

不満もなく、満足もせずと言ったところです。

さて首都高に入って速度が上がると

チョット気になるのが、直進安定性

18インチの幅広タイヤなのに、横剛性が足りない感じで

直進安定性がイマイチかな!

さてコーナーを攻めてみると、やはり横剛性が足りない感じ

確かにグリップはあるんだけど、コーナーの入り口と出口の

ステアリング修正はチョットという感じを受けます。

どちらかというと、荷重に負けている感じを受けますね。

標準エアー圧の15%増しでセットしておいたんですが、

これだともっとエアー圧を上げないと高速コーナーでは

走り辛いです。でも普通に走る分には、何も問題は起きないけどね!

カテゴリーがスポーツをうたっている以上、もう少し機敏に反応してほしいものです。

どちらかといえば、コンフォートタイヤと言われた方が合っている感じですね。

でも値段を聞いてビックリ・・・ウソでしょう!

まさかそこまで値段が安いとは・・・(驚)

評価の中に、値段を含めた性能だったら大満足のタイヤですよ。

MAXTREK INGENS A1のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ MAXTREK INGENS A1

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・レビューでした!

 

タグ

2016年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

Desert Hawk H/Tタイヤの性能 評価 感想 比較レビュー!

アジアンSUVタイヤ ATR SPORT Desert Hawk H/Tの特徴と評価

デザート

4×4SUVタイヤです。

このDesert Hawk H/T(デザートホークエイチティー)は

静粛性と高速安定性を重視した

都市型SUV用ハイウェイテレーンタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ATR SPORT Desert Hawk H/Tタイヤデザイン

Desert Hawk H/Tのトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

Desert Hawk H/Tの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Desert Hawk H/Tの一般道レビュー

車はランクルプラドでしたが街中走行は、なかなかマッチングがイイと思います。

静かさと乗り心地はGoodでした。

SUVタイヤってうるさいのが当たり前でしたが、Desert Hawk H/Tの

静かさには驚きました。

Desert Hawk H/Tの高速道路レビュー

高速道路で速度が上がっても静かで乗り心地が良いタイヤです。

レーンチェンジは、切り始めから1テンポ遅れる感じですが

直進性がイイので、乗りやすく安心感がイイです。

Desert Hawk H/Tの首都高レビュー

コーナーを攻める車ではありませんが、タイヤの性能を知りたいので

あえてコーナーを攻めてみます。

首都高のコーナーでは、もう少し横剛性が欲しいところです。

偏平が偏平なので、しょうがない部分がありますが

切り始めの初期はトレッド面のゴム質、そのあと荷重が掛かって

サイドウォールの剛性なのですが

このDesert Hawk H/Tはどちらかというと

静かさを優先させて、ゴム質を柔らかくしている印象を受けました。

高速安定性を重視したという説明でしたが、

こちらはイマイチという結果でした。

でもグリップ力はかなりあるので、初期の応答性を除けば

かなりハイレベルなSUVタイヤです。

何しろ高速道路の静かさって=疲れないタイヤですからね!

それにしても、価格がとてつもなく安いのが魅力ですね。

ATR SPORT Desert Hawk H/Tタイヤサイズと価格は

こちらからDesert Hawk H/T

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

Desert Hawk H/Tタイヤの性能・評価・レビューでした!

 

タグ

2016年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

SONAR SX608のタイヤ性能評価感想比較レビュー

sonasx608

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・レビュー

ソナーは台湾の大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)の

ヨーロッパ向けブランド!それがSONAR(ソナー)です。

ソナーSX608のタイヤカテゴリーはスタンダードタイヤです。

さてSX608の性能です。

このパターン、国産タイヤのアレにそっくり

コンピューターシュミレーションで設計されたトレッドパターンが

走行音を抑え、縦溝がハイドロプレーニング現象を抑制、

ウェットシーンでも快適なハンドリング操作を実現しているとあります。

乗ってみると、確かに静かです。

乗り心地はとてもマイルドで、どちらかというと

コンパクトカーとのマッチングが良さそうです。

ミニバン、セダン系の重量のある車だと、

グニャリ感が出てしまうかも知れません。

とにかく価格が安いので、一般道がメインの

ユーザーさん向けのタイヤです。

ですが、SONAR SX608は

手に入らなくなってしまいました。

なのでコチラを参考にしてください。

静かで乗り心地の良いタイヤの人気ランキングです。

コチラから⇒コンフォートタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

大人気のアジアンタイヤ

ここでアジアンタイヤの価格を確かめてください。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・レビューでした。

タグ

2016年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スタンダードタイヤ ソナータイヤ 台湾製タイヤ

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91のサーキット性能評価レビュー

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91のサーキット性能評価レビューです

Pinso Tyres PS-91(ピンソタイヤ)

Pinso Tyres PS-91

Pinso Tyres PS-91タイヤは

インドネシア製のタイヤメーカーピンソ

ATRスポーツから出ているピンソPS-91タイヤの性能はどうなのでしょう?

Pinso Tyres PS-91タイヤをサーキットでテスト

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並に楽しめますね。

でも30分以上サーキットを走り続けて

タイヤトレッド部が溶ける温度になると

滑り出しがとても分かりづらいかな?

あれ流れてるの???

気づくのに1テンポ遅れるので

危ない目に会いました(汗)

約30分限界走行をしたら

休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。

でもグリップ力は充分あるタイヤです。

国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。

下の写真がサーキットを2時間走った後の減り具合です。

ブロック飛びもなく、グリップしてくれるタイヤでした。

ピンソタイヤPS-91

値段が安くてグリップするので、オススメですよ。

静かさは、最初だけですね。

スポーツタイヤなので、静かさは求めないでください。

新品時は静かですけど、減ってくると

うるさいです。

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ピンソタイヤPS-91

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

Pinso Tyres PS-91タイヤのサーキット性能・評価・レビューでした!

 

タグ

2016年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

このページの先頭へ