NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5

 

sp5

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5(エスピーファイブ)

SP-5(エスピーファイブ)は、静粛性に優れた都市型SUV用スポーツタイヤです。

ナンカンの騒音シュミレーションシステムによりデザインされたパターン設計により

ブロック間に発生する騒音を低減!

タイヤカテゴリー(SUVスポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

NANKANG SP-5のタイヤデザイン

NANKANG SP-5のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG SP-5の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ナンカンSP-5のタイヤ性能

ちょうど車検で知人のハイラックスサーフのタイヤがアウトだったので

ナンカンSP-5を買ってもらいました。安いから知人も満足です(笑)

早々ナンカンSP-5を履かせて

試乗させてもらいました。

トレッドパターンは、V字パターン、タイヤカテゴリーはスポーツタイヤです。

知人いわく、純正タイヤはグニャグニャして剛性がないから

ちょっと高速で怖かったんだよな~って!

ならスポーツタイヤを選んだ方が無難、ということで

ナンカンSP-5を選びました。

それより、国産タイヤの1/3の値段で4本買えちゃうんだから

知人は、価格の方でビックリしていましたが!

性能は大丈夫なのか~???

ナンカンタイヤはほとんどのタイヤを試乗テストして

その性能の高さは、把握しているけど

ごめんなさい!まだSUVのナンカンSP-5は

履いたことがないから分かりませ~ん(汗)

と言うことで、知人を助手席に乗ってもらって

いざ試乗GOです。

街中はかなり静かな印象です。

スポーツをうたっているタイヤはどうしてもブロックが大きい分

多少パターンノイズが大きくなる傾向があるんだけど

このナンカンSP-5はとても静かです。

乗り心地は、やはり車が重量級なので、とてもイイね!

そして、4月から距離制になってほとんど値上がりした、首都高に(怒)

あら、このナンカンSP-5は高速もとても静かです。

そして問題のコーナー・・・

これ横剛性がとてもあって、走りやすいし、速度を上げた時の

直進安定性がイイね!走った時は横風が強かったんだけど

とくに煽られることもなく、大型トラックを抜かす時も

安定しています。

思ったより性能が高くて、ビックリ

知人からも、このタイヤイイねと言うコメントが

う~んどう説明すれば分かりやすいのか?

ナンカンSP-7と比較すると

乗り心地以外は、ナンカンSP-5のほうが

静かさ、横剛性、グリップ力、高速安定性を含めて

すべて1ランク上ですね。

高速道路を滅多に使わないなら、ナンカンSP-7がオススメ!

通勤で高速道路を使う、高速道路の使用頻度が多い方なら

ナンカンSP-5を選ぶのがイイと思います。

それにしても、ナンカンタイヤのSUVを

ようやく試乗して、性能テストしていますが

ここまでナンカンタイヤのSUVタイヤ性能が高くなっていたとは

今までテストしてこなかったことが恥ずかしいです。

といっても、知人でSUV車乗っているのが、少ないので

なかなかテストをするのも難しいところなんですけどね。

でも10台ぐらいは乗っている方がいるから、協力を得て

テストしていきま~す。

NANKANG SP-5のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG SP-5

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ SUVスポーツタイヤ

NANKANG SP-7 タイヤ性能評価感想比較レビュー

NANKANG SP-7 ナンカンSP-7 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

sp7

NANKANG SP-7 ナンカンSP-7(エスピーセブン)は、

静粛性とウェット性能に優れた都市型SUV用オンロードタイヤ。

タイヤカテゴリーはスタンダードタイヤに位置します。

NANKANG SP-7のタイヤデザイン

NANKANG SP-7のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG NS-2の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ps7

トレッドパターンを見ると、チョット珍しいパターンをしているなと言うのが、見た目の印象です。

中央部のトレッドパターンが曲線を使ったパターンは滅多に見ませんね!

DSC_0094[1]

NANKANG SP-7のタイヤ性能評価レビュー

試乗してみると、結構静かなのにはビックリ

街乗りの道路の継ぎ目を超える時も静かです。

コーナーは腰砕け感もなく、横剛性もありますね。

首都高に入ると、これ結構いい感じ

スタンダードタイヤだから、コーナーが弱いんだろうな~

なんて思っていたら、横剛性の高さはかなりいいレベルです。

切り初めのSUV特有のグニャリ感もなく曲がっていきます。

このレベルだと、スタンダードタイヤではなくコンフォートタイヤと言っても、不満はでない感じのレベルですね。

価格が安いから、チョット甘く見ていました。

まさか、ナンカンタイヤのSUVタイヤのレベルが

ここまで高くなっていたとは、驚きです。

スタンダードタイヤでこのレベルとなると

これは早急にナンカンタイヤから出ている

他のSUVタイヤの性能を調べないとね。

NANKANG SP-7のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG SP-7

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG SP-7のタイヤ性能・評価・レビューでした。

 

タグ

2016年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:台湾製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

NANKANG XR611 タイヤ性能評価感想比較レビュー

NANKANG XR611 タイヤの特徴と評価

XR611

XR611(エックスアールロクイチイチ)は、ハンドリング性能、静粛性、ウェット性能に優れたコンフォートタイヤ!

4本のストレートラインが排水性を高め、高品質ラバーコンパウンドによりノイズを抑えた高い静粛性能と快適性能、

安定したグリップ力を発揮するタイヤです。というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG XR611611のタイヤデザイン

NANKANG XR611のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

 

NANKANG XR611の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG XR611タイヤ試乗性能レビュー

車はセレナ、ミニバンなのでどうなのかな~

ほォ~なるほどなるほど、街乗りで一番感じたのが、静かさと乗り心地です。

なんだか、性格が国産タイヤのアレに似ているなァ~!

静かさはチョット負けるけど、なんだか性格はそっくり

となると首都高に入って、速度を上げてみると

う~ん、チョット、高速安定性が少ないかな

タイヤの横剛性がミニバンには足りない感じです。

ミニバンなのでエアー圧をかなり高めにしておいたんだけどね!

どちらかと言うと、コンパクトカーや軽自動車向けのタイヤかな?

でも静かさはかなりいいレベルです。

さてコーナーに入ると、う~ん、これも横剛性が足りません。

コーナー入口と出口で気を使います。

さらに速度を上げてコーナーに入ると

腰砕け感が出るね、何度か試したけど

スプリングの腰砕けじゃなくてタイヤの腰砕けです。

どちらかと言うと、荷重負けをして、グニャリ感が出てしまう感じを一番受けます。

全体的に、柔らかすぎという感想ですね!メーカーが言っているハンドリング性能はイマイチです。

ちょっと、高速向きではないし、ミニバンにはオススメできないかな

どちらかと言うと、軽量な車のコンパクトカーや軽自動車で

街乗りを静かで乗り心地がいいタイヤを探している方に

向いているタイヤです。

そしてナンカンXR611って乗った感じのタイヤ性格はダンロップのルマンにそっくりで

高速限界グリップも似てましたよ(笑)

NANKANG XR611のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ナンカンXR611

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG XR611 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

 

タグ

2016年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ 台湾製タイヤ

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)の特徴と評価

マックストレック

日本ではまだあまり聞かないタイヤメーカーですが

MAXTREK(マックストレック)は、中国のタイヤメーカーです。

中国バブル景気の真っ最中の2007年に大資本が投入され設立し、

まだ会社的には若い会社ですが、設備投資ももの凄い金額を注いで

世界基準のISO9001、ISO/TS16949を取得した開発生産ラインを持っています。

さらに世界中の認証も取得しています。

MAXTREK INGENS A1のタイヤデザイン

MAXTREK INGENS A1のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

MAXTREK INGENS A1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK INGENS A1タイヤ試乗性能レビュー

タイヤのトレッドパターンは、結構カッコイイパターンです。

乗ってみたいタイヤだったのですが、なかなか試乗できる機会がなく

伸び伸びだったのですが、ようやくMAXTREK INGENS A1に試乗することができました。

タイヤタイプのカテゴリーはスポーツです。

18インチだったので、かなり硬いイメージがありましたが

なかなかタイヤの反発力もあり、ショックの収まりは良いタイヤです。

静かさは、普通と言ったところで、国産の静かなタイヤとは

チョット比べられないレベルかな。

でもパターンノイズは、うるさくは感じません。

不満もなく、満足もせずと言ったところです。

さて首都高に入って速度が上がると

チョット気になるのが、直進安定性

18インチの幅広タイヤなのに、横剛性が足りない感じで

直進安定性がイマイチかな!

さてコーナーを攻めてみると、やはり横剛性が足りない感じ

確かにグリップはあるんだけど、コーナーの入り口と出口の

ステアリング修正はチョットという感じを受けます。

どちらかというと、荷重に負けている感じを受けますね。

標準エアー圧の15%増しでセットしておいたんですが、

これだともっとエアー圧を上げないと高速コーナーでは

走り辛いです。でも普通に走る分には、何も問題は起きないけどね!

カテゴリーがスポーツをうたっている以上、もう少し機敏に反応してほしいものです。

どちらかといえば、コンフォートタイヤと言われた方が合っている感じですね。

でも値段を聞いてビックリ・・・ウソでしょう!

まさかそこまで値段が安いとは・・・(驚)

評価の中に、値段を含めた性能だったら大満足のタイヤですよ。

MAXTREK INGENS A1のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ MAXTREK INGENS A1

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・レビューでした。

 

タグ

2016年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

CORSA(コルサ)2233のタイヤ性能評価感想比較レビュー

CORSA(コルサ)2233タイヤの特徴と性能評価

corsa2233

とにかく安い!激安タイヤです。

ATR RADIALのタイヤブランドCORSA

インドネシア製タイヤです。

CORSA(コルサ)2233は 左右非対称パターンのコンフォートタイヤ です。

OUT側のパターンではハンドリング性能とウェット性能を高め、

IN側では静粛性と乗り心地を高める設計になっています。

これメーカーさんのセールストークです。

さて試乗してみると確かに静かで、乗り心地がいいタイヤです。

速度を上げても、パターンノイズが入って来ることはなく

さすがコンフォートタイヤですね。

コーナーを攻めてみると、特別グリップが高いタイヤではありません。

でも横剛性があり切り初めは、かなりクイック感のあるタイヤです。

このCORSA(コルサ)2233は、

あまりの激安価格なので、性能は大丈夫なの?って

思ってしまうかも知れません。

私も、試乗するまでは疑ってしまっていました。

日本人の悪い考え方です、『安い物は、品質が悪い』と

決めつけてしまっていること!

この考え、グローバル社会では、もはや通用しません。

物価を考えれば、この価格も納得できます。

コストパフォーマンスを考えている方に

コルサ2233タイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ CORSA2233

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

CORSA(コルサ)2233のタイヤ性能、評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ コンフォートタイヤ

このページの先頭へ