安くてグリップ力があるアジアンスポーツタイヤ

安くてグリップ力があり人気のアジアンスポーツタイヤ

何といっても安さが魅力のアジアンタイヤですが

スポーツタイヤでも、静かさを求め進化し続けているのが

アジアンスポーツタイヤです。

グリップ力は、国産スポーツタイヤと同等のグリップ力を持ち

価格が激安ということもあり、人気の勢いは止まりません。

 

DAVANTI DX640

タイヤサイズと値段は⇒DAVANTI DX640

DAVANTI DX640

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS

タイヤサイズと価格はコチラ⇒BRIDGESTONE TECHNO SPORT

Pinso PS91

タイヤサイズと価格はコチラ⇒Pinso PS-91

ATR  SPORT

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ATRスポーツ

NANKANG NS-2

タイヤサイズと価格はコチラ⇒NANKANG NS-2

ます考えてもらいたいのが、国産ハイグリップタイヤ1本分で

アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。

タイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきましたし

これからも、テストしていきます。

アジアンタイヤの中で、『スポーツタイヤ』と呼ばれているタイヤです。

さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

 

コチラを参考に⇒アジアンタイヤのスポーツタイヤ性能ランキング

スポーツタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年11月29

安くてグリップ力の高いアジアンスポーツタイヤでした!

タグ

2017年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ

安くて性能が良いアジアンタイヤのオススメは、どのタイヤ?

アジアンタイヤメーカーも多いですし、それぞれタイヤメーカーの

コンセプトも違います。

結局のところ、アジアンタイヤ性能研究室の管理人が

アジアンタイヤを試乗し、カテゴリーごとのTOPのタイヤは

どのタイヤなのかを知りたい、という問い合わせが多かったので

今までアジアンタイヤを試乗して、このタイヤ良かった、

感動したタイヤを、カテゴリー別にまとめました。

㊟、アジアンタイヤを試乗し、管理人が率直に

タイヤカテゴリーごと、素晴らしいタイヤと思ったタイヤの

ご紹介ですので、タイヤ販売ランキングとは、全く関係がありません。

あくまでも、管理人が感じた、カテゴリーごとの

一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンプレミアムタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N8000

この高速性能と静かさのレベルの高さには驚きました。

ROADSTONE N8000の試乗レビューは⇒コチラから

ROADSTONE N8000

静かさ、乗り心地、高速安定性、グリップ力

トータルバランスを、高次元で融合させたプレミアムタイヤでした。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ROADSTONE N8000

 

アジアンハイグリップタイヤで感動したタイヤ

NANKANG NS-2R

管理人もサーキット仕様のJZA70に履いています。

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG NS2R

快適性は、全く無視のタイヤですが、

グリップ力の凄さには、驚きました。

ですが、減りはもの凄く早いですし、パターンノイズと

乗り心地は悪いので、グリップ力重視の方にオススメです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS2R

 

グリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG AR1

NANKANG NS-2Rでもグリップ力は

スゴイですが、その上をいくハイグリップタイヤです。

街乗りでも使えますが、パターンノイズ

乗り心地は最悪で、快適性は全くありませんが

グリップ力だけは最強のグリップです。

サーキット走行で本領発揮、

タイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。

ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている

最強ハイグリップタイヤです。

でも減りはもの凄く早いです。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR1

アジアンコンフォートタイヤで感動したタイヤ

これは、コンフォート販売ランキングTOPと同じです。

NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

NANKANG RX615

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

アジアンスポーツタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

ATR SPORT2

このタイヤはスポーツタイヤに快適性をプラスしたタイヤです。

グリップ力は一般道では使い切れないほどのグリップ力を持っています

しかも静かで乗り心地も犠牲にしていないチョット異質な

タイヤ性能もっているタイヤでした。

プレミアムタイヤまでの快適性はありませんが

グリップ力はグッドです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT2

 

アジアンファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

MOMO OUTRUN M-3

性能はズバ抜けてスゴイところはありませんが

トータルバランスが優れたタイヤでした。

ファッションセンスは素晴らしいです。

見た目の仕上がり感は、文句無しです。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRUN M-3

 

アジアンミニバンタイヤで感動したタイヤ

RADAR RPX800

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

RADAR RPX800

横剛性が文句なしで、

ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。

ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

 

アジアンSUVタイヤで感動したタイヤ

Desert Hawk H/T

Desert Hawk H/Tのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

Desert Hawk H/T

快適なのに、スポーツ走行OKで、グリップ力は相当あるタイヤでした。

SUVでもグリップ力が欲しい方に、オススメです。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

アジアンエコタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N blue ECO SH01

ROADSTONE N blue ECO SH01

アジアンタイヤのECOタイヤは、まだ出初めなので

ラベリング制度のAAAまでの転がり抵抗性能までは行っていません。

ROADSTONE N blue ECO SH01でAAにようやく入った性能でした。

ECOタイヤですが、コンフォートタイヤというのが感想です。

静かさと、乗り心地はかなり高いレベルでした。

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N blue ECO SH01

 

ランフラットタイヤで感動したタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

乗り心地はランフラットタイヤなので

良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤです。

そして、なによりうれしいのがランフラットでありながら

低価格というところです。

国産ランフラットタイヤだと、

値段を見たらあまりの値段の高さにビックリ

そんなに高いの~

でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら

低価格で履けちゃいます。

ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年11月27

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤでした。

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

アジアンタイヤのウエット性能が~

アジアンタイヤのサーキット走行ウエット性能評価レビューです。

今回サーキットでフルウエットをアジアンタイヤで

初めて走ったけど、国産タイヤとの性能の差が

ハッキリ分かりました。

ドライだと、性格の差はあったかな!

グリップには、それほど不満はさほど気にならなかったけど

ウエットになるとグリップ力の低下にビックリ

なんじゃコレ~曲がらない止まらない

えッ・・・なんで~

ドライグリップとウエットグリップの差がありすぎです

エアー圧もいろいろ変えてはみたけど

まったく変わらない、となると

トレッドパターンは関係ないんだ

そうか~そういうタイヤだったのか~

ウエットグリップは、5年前ぐらいの国産タイヤレベルじゃん!

これブラックカーボンは、かなりいいところまで来ているんだけど

低温時に威力を発揮する

シリカが入っていないのか、少なすぎるのか調べていないけど

ウエットがこれほど悪いとなるとそうなるね!

今の国産タイヤでは、ここまでドライとウエットの差が

出るタイヤは、ありません。

でも国産タイヤでも発売初期の

ECOタイヤは、ウエット性能は最悪でした。

なるほど・・・アジアンタイヤにも欠点があったとは

でも、ドライならまったく問題ないけどね!

ウエットは気をつけましょう。

しか~し・・・アジアンタイヤのウエット性能の欠点は

今では過去の話になりそうです。

2016年に新発売されたアジアンタイヤのウエット性能は

一気に上がっていたのにはビックリ、さらに

ドライグリップは国産タイヤを抜くほどのタイヤが発売されています。

安かろう、悪かろうは、アジアンタイヤには、もう通用しない時代になりました。

さらに、高性能タイヤが増えていることも確かです。

さらに2016年から発売されている、ハイグリップタイヤは

国産タイヤの性能を超えてきたのには驚きました。

ハイグリップタイヤをお探しなら

コチラから⇒アジアン ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年11月22

アジアンタイヤのウエット性能が~でした!

タグ

2015年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中国製タイヤ 台湾製タイヤ 韓国製タイヤ

HIFLY (ハイフライ)HF805タイヤが来ました。

HIFLY HF805タイヤが届きました。

しかもサイズが、225/50R16

 

このサイズ、国産車だと

もう、かなりレアサイズ

70スープラとか、32GTRとかなんだけど

誰のだ~???

私の70スープラじゃないのは、確かですけどね。

だって、16インチホイール、持ってないもん(笑)

それにしても、ハイフライHF805人気がありますね。

コストパフォーマンスから見ても、この値段で

この性能は高過ぎです。

人気がでるのも分かります!

HF805

それにしても値段の安さには、ビックリさせられました。

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ HIFLY HF805

静かで乗り心地が良いタイヤなのに値段が安い⇒アジアンコンフォートタイヤランキング

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年11月20

HIFLY (ハイフライ)HF805タイヤが来ました。でした!

タグ

2015年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

アジアンタイヤの欠点は、ウエット性能 しか~し!

アジアンタイヤの欠点は、ウエット性能でしたが・・・

サーキットでフルウエットをアジアンタイヤで

初めて走った時は、国産タイヤとの性能の差が

ハッキリ分かりました。

ドライだとタイヤ性格の差はありましたが

グリップには、それほど不満はありませんでした。

ウエットになると突然グリップ力の低下にビックリ

なんじゃコレ~曲がらない止まらない(汗)

えッ・・・なんで~

ドライグリップとウエットグリップの差がありすぎです。

エアー圧もいろいろ変えてみましたが

まったく変わらない、となると

トレッドパターンは関係ないんだ

そうか~そういうタイヤだったのか~

ウエットグリップは、5年前ぐらいの国産タイヤじゃん

これタイヤの生ゴムに混ぜるブラックカーボンは、

かなりいいところまで来ているんですが

低温時に威力を発揮する

シリカがあまり入っていないのか、少なすぎるのか調べていないですが

ウエットがこれほど悪いとなると、シリカの配合比率の

イイところがまだ見つかっていないということになりますね!

今の国産タイヤでは、ここまでドライとウエットの差が

極端に出るタイヤはありませんね!

なるほど・・・アジアンタイヤにも欠点があったとは

でも、ドライならまったく問題はないですけどね!

ウエットは気をつけましょう。

国産タイヤも実は、ECOタイヤが発売されたとき

ウェットは最悪でした。

それと同じぐらいウエットグリップ力は弱いです。

おいおいこれでタイヤの安全性はどうなの?という感想でした。

しか~し、これはチョット驚いたんですが

2016年から発売されたアジアンタイヤは

ウエットにも強いタイヤに、突然進化していました。

これおそらく、スタッドレスタイヤの性能が

いきなり上がってきたので、ウエットにも強いタイヤが

出来てきたのかなとも思いましたね。

アジアンタイヤのウエット性能が悪い

これ、もはや過去の話になってきました。

さらにドライグリップで、国産タイヤのグリップを

超えるまでのタイヤまで、発売してきたんですから

アジアンタイヤの進化スピードには、驚きますよ。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年11月18

タグ

2010年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

このページの先頭へ