アジアンエコタイヤ ランキング ECOタイヤ性能比較!

アジアンタイヤ エコタイヤ ランキング

アジアンタイヤからエコタイヤ(転がり抵抗低減、燃費性能の良い)タイヤ

アジアンタイヤのエコタイヤの性能は、どのぐらいのレベなのでしょう。

エコタイヤを試乗性能評価しています。

まだ日本のラベリング制度の中では

アジアンタイヤのエコタイヤはAランクですが

これからAAランク、AAAランクの省燃費アジアンタイヤも

発売されていくと思います。

今現在では、アジアンタイヤのエコタイヤは

まだ数が少ないので、アジアンタイヤだけではなく

国産タイヤもランキングさせて頂きます。

販売本数の多い順にランキングしています。

アジアンエコタイヤランキング

1位 NANKANG ECO-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG ECO2+

NANKANG ECO2+

 

2位 NEXEN N blue HD Plus

試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N blue HD Plus

 

3位 HIFLY HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒HIFLY HF201

HIFLY HF201

 

4位 BRIDGESTONE Ecopia EP150

試乗感想レビューはコチラ⇒BRIDGESTONE Ecopia EP150

BSECOOPIA

 

5位 GOODYEAR GT-Eco Stage

試乗感想レビューはコチラ⇒GOODYEAR GT-Eco Stage

GTecostage

公開日:2016年06月19日

更新日:2020年02月09日

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ECOタイヤランキング!ECOタイヤ性能比較でした!

 

タグ

2016年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング ECOタイヤ

NANKANG ECO2+(Plus)のタイヤのエコタイヤの実力は?

ECOタイヤ NANKANG ECO2+タイヤの特徴と性能評価

ナンカンECO2+

ナンカンECO2の後継版のECO2+(Plus)性能は?

ドライグリップ性能とウェット性能を重視したエコタイヤです。

乗ってみると、ECO2より剛性感があるね!

グニャグニャ感はかなりなくなって、クイックになったという印象です。

NANKANG ECO2+のタイヤデザイン

NANKANG ECO2+のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ECO2+の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

さてECOの方はどうなのかというと

さらに転がり抵抗は、良くなっていて

アクセルを離しても、減速が少なくなっています。

これECOタイヤの特徴です。

ECOタイヤの転がり抵抗係数の等級で言えば

AAクラスまで来ていますね。

今回のECO2+は、かなりコンパウンドを変えてきたようです。

ECO2は、ウエットがとても弱く、白線に乗ると良く滑ったんですが

今回のECO2+は、ウエットグリップも上がっていて

安心感がプラスされたタイヤでした。

ナンカンECO2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ECO2+

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月09日

NANKANG ECO2+タイヤのエコタイヤの実力はでした。

 

タグ

2016年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ