ZEETEX(ジーテックス)冬タイヤの特徴と種類

ZEETEXスタッドレスタイヤの特徴と種類

ZEETEX WP1000(スタッドレスタイヤ)

ZEETEX WP1000スタッドレスタイヤの特徴

ZEETEX WP1000(ジーテックス ダブルピー1000)は、

トレッドの内側とショルダーブロックの傾斜したエッジで氷雪を外側へ掃出す効果があり、

各ブロックに配置したジグザグのサイプがグリップ力を高めます。

また、特徴のある波型のセンターリブが安定したステアリング操作を可能にします。

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスWP1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WP1000

 

ZEETEX WH1000(スタッドレスタイヤ)

ZEETEX WH1000スタッドレスタイヤの特徴

ZEETEX WH1000(ジーテックス WH1000)は、

冬期の厳しい条件でもグリップ力とハンドリング性能を発揮するトレッドデザインです。

ジグザグとストレートで組合されたセンターブロック・リブが、安定した走行を可能にし、

雪上のトラクションとブレーキ性能を向上します

インチサイズ(16インチ~19インチ)

ジーテックスWH1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WH1000

 

ZEETEX WQ1000(スタッドレスタイヤ)

ZEETEX WQ1000スタッドレスタイヤの特徴

ZEETEX WQ1000(ジーテックス ダブルキュー1000)は、

V字型単一方向性のトレッド設計にり、優れた排水性を発揮します。

また、ショルダー側のブロックの縁に設けられた階段状のエッヂが雪をガッチリ捉え、

ジグザグのサイプを備えたセンターのリブとブロックが、氷や雪の滑りを防ぎ、

安定した制動性能を発揮します。

インチサイズ(16インチ~18インチ)

ジーテックス WQ1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WQ1000

 

ZEETEX WV1000(バン用スタッドレス)

ZEETEX WV1000スタッドレスタイヤの特徴

ZEETEX WV1000(ジーテックス ダブルブイ1000)は、

ショルダーの方形ブロックが、氷雪上でトラクションに有効な接地面積を確保し、

センターのユニークなブロック構成が、グリップ性能を向上します。

また、広めでカギ状の縦溝と横溝がトラクションし、氷や雪を効果的に吹き飛ばします。

インチサイズ(16インチ)

WV1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WV1000

 

ZEETEX WH1000SUV(スタッドレスタイヤ)

ZEETEX WH1000SUVスタッドレスの特徴

ZEETEX WH1000SUV(ジーテックス ダブリューエッチ1000 エスユーブイ)は、

冬期の厳しい条件でもグリップ力とハンドリング性能を発揮するトレッドデザインです。

ジグザグとストレートで組合されたセンターブロック・リブが、

安定した走行を可能にし、雪上のトラクションとブレーキ性能を向上します。

インチサイズ(16インチ~18インチ)

ジーテックスWH1000SUVのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WH1000SUV

激安アジアンスタッドレスタイヤ&ホールセット特集⇒コチラから

ZEETEXスタッドレスタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX冬タイヤの特徴と種類でした!

タグ

2018年11月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ スタッドレスタイヤ

ZEETEX(ジーテックス)スタッドレスタイヤの種類 2018年

2018年ZEETEXスタッドレスタイヤの種類

ZEETEX WP1000(スタッドレスタイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ZEETEX WP1000(ジーテックス ダブルピー1000)は、

トレッドの内側とショルダーブロックの傾斜したエッジで氷雪を外側へ掃出す効果があり、

各ブロックに配置したジグザグのサイプがグリップ力を高めます。

また、特徴のある波型のセンターリブが安定したステアリング操作を可能にします。

ジーテックスWP1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WP1000

 

ZEETEX WH1000(スタッドレスタイヤ)

インチサイズ(16インチ~19インチ)

ZEETEX WH1000(ジーテックス WH1000)は、

冬期の厳しい条件でもグリップ力とハンドリング性能を発揮するトレッドデザインです。

ジグザグとストレートで組合されたセンターブロック・リブが、安定した走行を可能にし、

雪上のトラクションとブレーキ性能を向上します

ジーテックスWH1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WH1000

 

ZEETEX WQ1000(スタッドレスタイヤ)

インチサイズ(16インチ~18インチ)

 

ZEETEX WQ1000(ジーテックス ダブルキュー1000)は、

V字型単一方向性のトレッド設計にり、優れた排水性を発揮します。

また、ショルダー側のブロックの縁に設けられた階段状のエッヂが雪をガッチリ捉え、

ジグザグのサイプを備えたセンターのリブとブロックが、氷や雪の滑りを防ぎ、

安定した制動性能を発揮します。

ジーテックス WQ1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WQ1000

 

ZEETEX WV1000(バン用スタッドレス)

インチサイズ(16インチ)

ZEETEX WV1000(ジーテックス ダブルブイ1000)は、

ショルダーの方形ブロックが、氷雪上でトラクションに有効な接地面積を確保し、

センターのユニークなブロック構成が、グリップ性能を向上します。

また、広めでカギ状の縦溝と横溝がトラクションし、氷や雪を効果的に吹き飛ばします。

WV1000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WV1000

 

ZEETEX WH1000SUV(スタッドレスタイヤ)

インチサイズ(16インチ~18インチ)

ZEETEX WH1000SUV(ジーテックス WH1000 SUV)は、

冬期の厳しい条件でもグリップ力とハンドリング性能を発揮するトレッドデザインです。

ジグザグとストレートで組合されたセンターブロック・リブが、

安定した走行を可能にし、雪上のトラクションとブレーキ性能を向上します。

ジーテックスWH1000SUVのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX WH1000SUV

激安アジアンスタッドレスタイヤ&ホールセット特集⇒コチラから

ZEETEXスタットレスタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX(ジーテックス)スタッドレスタイヤの種類 2018年でした!

タグ

2017年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ スタッドレスタイヤ

ZEETEX(ジーテックス) SU1000 vfmタイヤ試乗性能評価レビュー

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX(ジーテックス)タイヤ

今回、知人の協力を得て、ジーテックスSU1000vfmタイヤに

試乗することができました。ありがとうございます。

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(18インチ~19インチ)

ZEETEX SU1000 vfm(ジーテックス SU1000 vfm)は、

SUV、クロスオーバーに適した多目的なトレッドデザインで

静粛性と高いハンドリング性能を発揮。

高速走行、コーナリングも安定したドライビングが可能です。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ZEETEX SU1000 vfmのタイヤデザイン

ZEETEX SU1000 vfmのトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

ZEETEX SU1000 vfmの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ジーテックスタイヤは、見た目の完成度も高く、

かなり期待できるタイヤであることは、間違いありません。

今までジーテックスタイヤを試乗し、評価レビューをして来ました。

国産タイヤと違うところは、タイヤのトレッドパターンのブロックごとの

剛性が高いということです。

硬めのコンパウンドを使用しているな~というのが

ジーテックスタイヤの特徴だと思います。

硬めのコンパウンドで、静かなコンフォートタイヤに

なるのでしょうか?

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ試乗性能レビュー

SU1000vfmの試乗です。

SUVタイヤなので偏平が低いので、乗り心地はイイですね

チョット驚いたのが、静かさです。

SUVタイヤって、ブロックパターンが大きいのが特徴で

パターンノイズが気になるところですが

このZEETEX SU1000vfmは、とても静かなところには

驚きました。

国産タイヤでも、ここまでの静かさのSUVタイヤは

乗ったことがありません。

もしかして、ZEETEX SU1000vfmというタイヤ

あなどれないかも知れません。

一般道のコーナーを攻めてみると

切り初めの反応が、すごくいいタイヤですが

コーナー進入時後の荷重移動の際、ちょっとタイヤの剛性の無さが

目立ちますね。

かなり乗り心地を意識したタイヤになっているようです。

SUVタイヤなので、高速道のテストをどうするか迷いましたが

わざわざ試乗のために、乗ってきてくれたので

ETCカードを入れ替えて、高速道路へGOです

高速道路の進入でフル加速、速度が上がっても

パターンノイズは大きくならね。

とても静かなタイヤです。

車線変更でも、切り初めの反応が良く

フラツキもなく、車線変更ができます。

あれ?一般道のコーナーでは、横剛性が足りないと思いましたが

高速では、安定性もあり、イイ感じです。

それにしてもコレ、SUVタイヤなんだよな~

静か過ぎます。

さて、そのまま首都高へ

継ぎ目の大きな首都高ですが、収まりもよく

快適に走れますね。

首都高のコーナーを攻めてみると

やはり切り初めの反応はイイけど

腰砕け感があります。

もう少し横剛性があると

プレミアムタイヤなんだけどなァ~

でもこのSU1000vfmは、快適性では

かなり高いレベルのタイヤでした。

高速でも、この静かさは、今までのSUVタイヤには

なかった領域です。

国産タイヤも頑張らないと

トータル性能では、もはや五分五分と言ったところにまで

迫ってきています。

ジーテックス SU1000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX SU1000vfm

SUVタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ試乗性能レビューでした。

 

タグ

2017年5月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ ドバイ製タイヤ SUVコンフォートタイヤ

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類 性能レビュー

ZEETEXタイヤの特徴

ドバイのタイヤメーカーZEETEX

タイヤ性能だけではなく環境にも配慮し、

圧倒的な人気を誇る ZEETEX(ジーテックス)タイヤ。

インドネシアで生産することにより

低価格を実現しつつ高性能を実現しているのがZEETEXタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類

ZEETEX ZT2000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT2000の試乗性能レビューは⇒コチラから

ZT2000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT2000

 

ZEETEX ZT1000

タイヤカテゴリー(スタンダード(標準)タイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT1000のタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX ZT1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT1000

 

ZEETEX HP1000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ジーテックスHP1000の試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP1000

 

ZEETEX HP2000 vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ZEETEX HP2000 vfmの試乗 タイヤ性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP2000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP2000vfm

 

ZEETEX SU1000vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(18インチ~19インチ)

ジーテックスSU1000vfmの試乗 性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX SU1000タイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX SU1000vfm

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類・性能レビューでした。

 

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ

ZEETEX HP2000 vfmタイヤ試乗性能 評価レビュー

ZEETEX HP2000 vfmタイヤの特徴

ZEETEX HP2000 vfm(ジーテックス HP2000 vfm)は、

静粛性と快適性に重点を置いたトレッドパターン設計により、

快適な車内空間でロングドライブを楽しむことができます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(15インチ~18インチ)

ZEETEX HP2000 vfmのタイヤデザイン

ZEETEX HP2000 vfmのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ZEETEX HP2000 vfmの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ZEETEX HP2000 vfmタイヤ試乗性能 評価レビュー

2016年に発売されたZEETEX HP2000 vfmですが

ようやく試乗できる機会がありましたので

試乗テストに行ってきました。

タイヤサイズは215/45R17なので

多少ゴツゴツ感が出るのかな~って思っていましたが

このZEETEX HP2000vfmというタイヤ

乗り心地と静かさは、かなり高いレベルでビックリです。

さてコーナーリングは初期の応答性がイイですし

グリップ力もかなり満足できるレベルですね!

高速道路はどうなのか

スピードを上げてもパターンノイズは

大きくなりません、かなり研究されているタイヤです。

直進安定性も抜群問題なしで、乗り心地も良いタイヤですが

ちょっと車線変更後の収まりが悪いかな

これは首都高を走ればハッキリするので

さて首都高に入ってテスト開始

路面の継ぎ目が多い首都高ですが

突き上げ感はほとんどありません。

快適ですね!

コーナーでのグリップ感はかなりあります。

しか~し、コーナーを攻め込むと、

少し腰砕け感がありますね

コーナー出口での収まりがイマイチ

もう少し横剛性があると、プレミアムタイヤなんだけど

そこまでの性能は、コンフォートということで

トータル評価すると、快適なタイヤは間違いないでしょう。

どちらかというと、一般道がメインで快適に走るなら

オススメのタイヤです。

コーナーを攻める、高速道路を良く使う方には

ちょっとフワフワ感や腰砕け感が出るので、疲れるかも知れません。

でも静かさを求めている方には、最適なタイヤです。

値段から言えば、大満足のタイヤであることは間違いありません。

ジーテックスHP2000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP2000vfm

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ZEETEX HP2000 vfmタイヤ試乗・評価・レビューでした。

タグ

2017年1月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ ドバイ製タイヤ

このページの先頭へ