ホワイトリボンタイヤの歴史 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史です

今ではあまり見られなくなったホワイトリボンタイヤ

ホワイトリボンタイヤはタイヤのサイドウォールに

白いラインを装着したタイヤです。

ホワイトリボンタイヤが誕生したのはナゼ?

これはタイヤの歴史が深く関係しているんです。

「タイヤは黒くて丸いもの」というのが現在タイヤの常識ですが、

初期の自動車用タイヤは天然ゴムの白色、

又は輪ゴムと同じ生ゴムの色の飴色していました。

タイヤの原材料となる天然ゴムの色は、

消しゴムを見ていただければ分かると思いますが白色でした。

天然ゴムで作られたタイヤは耐久性に問題があり、

ゴムにカーボンブラック(炭素)を加えて強度を増すアイデアが

1900年頃に生まれました。

1912年にはタイヤトレッド部の天然ゴムに

ブラックカーボン入りの黒いゴムを使用した

自動車用タイヤが初めて市販されました。

タイヤのトレッド部のみの天然ゴムに

ブラックカーボン入りのゴムを使ったため

タイヤはサイドウォールに白色のゴムが残されていたことから

「ホワイトウォールタイヤ」と呼ばれました。

つまりホワイトウォールタイヤは、タイヤの側面を白く塗ったのではなく、

トレッド面にカーボン入りの黒いゴムを使用したことで、

2色のタイヤ外観になったわけです。

2種類のゴムを使うタイヤ生産は生産効率が悪かった

結果的に2種類のゴムを使う訳ですのでタイヤ生産面で

効率が悪いという不都合があったため、

その後カーボンブラックを添加したゴムだけで製造され

真っ黒なタイヤが生産そして市販されました。

真っ黒なタイヤには、違和感が

もともと白かったタイヤが、いきなり黒くなると

ユーザーが違和感を覚えるため、その違和感をなくすため

白いラインを入れた「ホワイトリボンタイヤ」が登場しました。

装飾的な意味合いから製造されたホワイトリボンタイヤは

アメリカでは人気が根強く、1980年代まで

純正装着タイヤに使われていました。

ホワイトリボンタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ホワイトリボンタイヤの種類

ホワイトリボンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ホワイトリボンタイヤの歴史でした。

 

タグ

2017年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤカテゴリー タイヤ用語説明 ホワイトリボンタイヤ

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車タイヤサイズの大きさ計算!

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車のタイヤサイズ直径計算!

燃費面と小回りが利く人気の軽自動車ですが

新車純正タイヤサイズは、あまり多くはありません。

タイヤの直径から分けると、2タイプになります。

155/65R14タイヤと155/65R13タイヤです。

何が違うの?と思われた方に

タイヤサイズ説明

タイヤサイズの155というのはタイヤの総幅でタイヤの太さです。

この場合のタイヤの太さは155mmです。

タイヤサイズの65というのは偏平率と呼ばれ、

タイヤ総幅(太さ)に対して65%の高さという意味です。

その後のRはラジアル構造という意味なので無視して構いません。

ですから、この数字が70、80等、大きくなれば、タイヤの直径も大きくなります。

逆に数字が45、40等、小さくなればタイヤの直径も小さくなります。

タイヤサイズ最後の数字の14、13はホイール直径をインチサイズで表しています。

14インチ、13インチという事です。

1インチは25.4mmなので、14インチの方が直径が大きいことになります。

これが分かれば、タイヤの直径を計算できますね!

タイヤサイズの直径計算

ではタイヤの直径を計算してみましょう。

まずは155/65R14

タイヤ幅=155mm

偏平率が65ですから155×65%=100.75mm

この偏平率高さは、ホイールに対してゴムの部分が

タイヤの上の高さと下の高さがあるので×2になります。

ですので、100.75×2=201.5mmになります。

これがタイヤ部分の高さになります。ゴムの部分の高さです。

それに14インチの直径を足せばタイヤ全体の直径がでます。

1インチは25.4mmなので×14=335.6mmが14インチの直径です。

それでは、タイヤサイズ155/65R14の直径は

201.5mm+335.6mm=557.1mmになります。

次に155/65R13の直径を計算してみましょう。

タイヤ幅=155mm

偏平率65%なので155mm×65%=100.75mm

タイヤのゴムの部分は、ホイールの上下にあるので×2でしたね。

100.75×2=201.5mmがゴムの部分の高さです。

それにホイールの13インチは1インチは25.4mm×13=330.2mmなので

足してみましょう、201.5+330.2=531.7mmになります。

ということで

155/65R14サイズの直径は557mm、センチに直すと55.7cm

155/65R13サイズの直径は531mm、センチに直すと53.1cm

という事で155/65R14と155/65R13との直径は

約2.6cm直径で違うことになります。

直径で2.6cmだとタイヤの外周だとかなり大きさが変わってしまいます。

このタイヤ直径の差が2.6cmなので×円周率の3.14を掛ければ

タイヤの外周のタイヤが1回転する差がでますね。

2.6×3.14=8.164cm

タイヤが1回転する間に約8cmも差があるという事になります。

なのでタイヤは新車装着タイヤのサイズの直径に合わせることが必要になります。

もちろんインチアップ時もね

なぜか???

タイヤの外周がくるえば、スピードメーターがくるってしまうからです。

スピードメーターがくるえば、車検時スピードメーターの検査をするので

NGになって、車検が受からないという事になるからです。

新たな車検証が発行されなければ、公道を走ることはできませんよね!

ということにならないように、タイヤサイズはしっかり合わせましょう。

タイヤの直径が計算出来たところで

軽自動車のタイヤサイズは大きく分けて2タイプあります。

155/65R13タイプと、155/65R14タイプです。

155/65R13タイプは他にも

165/55R14

135/80R12

があります。

155/65R14タイプは他にも

165/55R15

145/80R13

があります

タイヤサイズ選びはタイヤの直径を合わせることが基本ですので

間違えないようにしましょう。

そうしないと車検時、買い替えないといけないの?痛い出費になりますからね!

タイヤサイズの直径を簡単に計算できるサイトがあるので

こちらです⇒タイヤサイズ外径計算機

ちょっと間違いやすいので補足です。

タイヤ業界ではタイヤの直径を外径と言っていますので・・・

逆に言うとタイヤの外径はタイヤの外周ではなくタイヤの直径の事なので

間違えないようにしてください!

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車のタイヤサイズ大きさ計算!でした。

タグ

2016年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ用語説明

あら、今どきタイヤのセパレーションって・・・

今どきタイヤのセパレーションって・・・

あるんだね!

しかもテンパータイヤで・・・

1

大型トラックでは、空気圧不足や過荷重によって

タイヤが異常変形を繰り返して、異常発熱をすると

セパレーションをおこすけど

一般乗用車、しかもテンパータイヤでは、見ることはないよな~

一番多いパターンは、タイヤにキズが入り

そこから水が浸入して、タイヤ内部の金属のベルトにサビがでて

セパレーションをおこすパターンなんだけど

テンパータイヤはそこまで長時間履かないでしょ

まあ、長年置いておくだけで、こうなるパターンかな

黒70もスタッドレスタイヤで4本とも見事にセパレーションを

おこしてことあるけどね。

倉庫からスタッドレスタイヤをだそうと思ったら

セパレーションをおこしていて

なんじゃコレ~って・・・でもそのタイヤを見て

もう笑うしかありませんでしたが!

まあ、走行中じゃなくて良かったと思うしかありませんね。

古いタイヤ、キズのあるタイヤ、ヒビのあるタイヤは

気をつけましょう。

激安タイヤならオートウェイ

ここで価格を調べてくださいね!

その値段の安さに驚きますよ。

クリックしてね!

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

あら、今どきタイヤのセパレーションって・・・でした。

 

タグ

2011年2月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 タイヤ用語説明

このページの先頭へ