タイヤサイズの見方 タイヤサイズの説明

タイヤサイズの見方

タイヤの側面には、イロイロな表記がされていますが

重要なのがタイヤサイズです。

タイヤサイズ215/45R17ので説明しますね。

まずは215という数字ですが

タイヤ幅が215mmという意味です。

この数値が大きくなればタイヤは太くなり

小さくなればタイヤは細くなります。

 

215/45R17

次に45という数字ですが

タイヤ幅215mmに対して45%の高さがありますという意味で

偏平率45と呼んでいます。

この数値が小さくなればなるほど、タイヤは薄くなり、乗り心地も悪化します。

そしてタイヤの直径も小さくなります。

 

215/4517

次のRという文字は

タイヤ内部構造がラジアル構造という意味なので

タイヤサイズとは関係ありません。

今のタイヤのほとんどがラジアル構造なので、気にすることはありません。

215/45R17

最後の17という数値は

ホイールのインチサイズです。

ホイールの直径が17インチですよという意味です。

 

当然タイヤのインチとホイールのインチが違えば

ホイールにタイヤを組むことはできません。

タイヤサイズの見方が分かりましたか

この3つの数字がタイヤサイズになりますので覚えておきましょう。

タイヤサイズの見方 タイヤサイズの説明でした。

大人気のアジアンタイヤ

激安タイヤならオートウェイ

ここでアジアンタイヤの価格を確かめてください。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タグ

2018年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 タイヤ用語説明

車検ごとに、タイヤ交換をしておいた方がイイの?

もうすぐ車検、車検時にタイヤが摩耗し過ぎたり

偏摩耗していたりして、タイヤの残り溝が

一か所でも、1.6mm以下だと、保安基準で定められているので

車検は通りません。

その他でも、経年劣化でタイヤ表面ゴムがヒビだらけのタイヤも

安全上、車検は通りません。これは保安基準ではなく

検査員、検査官の判断なので、グレーゾーンの判断のため開きがあります。

すなわち、このままこのタイヤを使い続けると、

安全上問題がありますよと、いうことです。

新品タイヤに交換してください、ということになります

確かに突然タイヤがバーストしたり、雨の日に急ブレーキで

止まれる距離が大幅に伸びたりする可能性が大きくなる訳ですから

安全ではない事は確かなので。

一般的にタイヤ交換で言われているのは

3年3万キロでしたが、これはもはや昔の話で

車重が1500キロ以下の車の場合です。

今の車は、車がナンバーサイズギリギリまで大きくなり

さらに衝突安全ボディーでボディーの補強で重くなり

安全装備が多くなり、車自体が重くなっているため

特にミニバン等は、フロントタイヤの負担が大きいため

新品タイヤからの走行距離

30000キロは持ちません。

20000キロがタイヤの買換え時期になっています。

一般の方で、車の使い方を調べると

1年1万キロの使い方が多いようです。

なので、車検ごとのタイヤ交換が多いのも当然です。

その使用頻度に当てはまる方が多いからです。

車検代の他にタイヤ新品交換

これ出費が痛いですよね。

そこでタイヤの選択幅が広がる情報です。

タイヤ代を大幅に節約できるアジアンタイヤをご存知でしょうか

アジアンタイヤは性能が悪いから

これ20年以上前の話です。

今では、国産タイヤの性能を超えるタイヤまで

発売されています。

しかもアジアンタイヤの価格は、国産タイヤと比べて

1/3~1/4という低価格で新品タイヤが

買えてしまうところが最大の魅力です。

なぜそこまでアジアンタイヤが安いのか?

一番影響しているのが、人件費の安さです。

国産タイヤでも、もはや技術は日本ですが

生産はアジア諸国というタイヤはたくさんあります。

日本の技術ですが、海外で生産されているタイヤも

数多く販売されているのが当たり前の時代なのです。

車検ごとにタイヤを新品に買えるだけの余裕なんてない

という方に、ぜひアジアンタイヤの価格を見ていただきたいです。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

車検ごとでも、タイヤを新品に買えられると

その安さに驚くと思います。

私も始めてアジアンタイヤの価格を見た時は

その安さに驚きました。

高性能でありながら、低価格を実現しているアジアンタイヤ

ぜひ価格を確かめて見てください。

あまりの安さに驚くと思います。

車検ごとに、タイヤ交換をしておいた方がイイの?でした

タグ

2017年9月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

SUVタイヤとは アジアンタイヤSUVタイヤ性能

SUVタイヤとは

SUV(スポーツ ユーティリティ ビークル)の略で、

スポーツ用多目的車のタイヤでSUVタイヤと呼ばれています。

走破性がある実用性の高い車で

一般的には4×4車として、雪道が強い車なので

人気が高くさらに、小型車、中型車、大型車の

ラインナップが増えてきたことで、

SUVタイヤの需要が急激に伸びています。

SUVタイヤの種類

SUVタイヤは使う用途によって、タイヤが異なります。

H/T(ハイウエイ トレーン高速道路を得意とするタイヤです。

S/T(ストリート トレーン)街中を快適に走れるタイヤです。

S/T(スポーツ トレーン)同じS/Tですが、コチラは新たに加わった種類で

スポーツ走行を得意とするタイヤです。

A/T(オール テレーン)オンロード、オフロード両方のオールラウンドタイヤです。

M/T(マッド テレーン)オフロードを得意とするタイヤです。

趣味でオフロードを走る方があまり居なくなってしまったため

A/TタイヤとM/Tタイヤを選ぶ方は、かなり少なくなってきています。

逆にH/TタイヤとS/Tタイヤが人気で、SUV車の種類が増え

コンパクトカーから中型車、大型車を含めると、販売が好調で

台数が増え続けているので、

H/TタイヤとS/Tタイヤを選ぶ方が急激に増えています。

SUVタイヤは大口径なので価格が高い?

そうなんです。SUVタイヤは大口径タイヤが純正で

装着されているため国産タイヤの値段を聞くとビックリ価格(汗)

でも大丈夫です。アジアンタイヤなら、高性能で低価格な

SUVタイヤの種類が豊富なので、使用目的に合わせて

タイヤ選びができます。

SUVタイヤで人気のあるタイヤをランキングしています。

コチラから⇒SUVタイヤランキング

アジアンSUVタイヤの価格を見たら

そのあまりの価格の安さに、驚くと思います。

SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能でした!

タグ

2017年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤにミニバンタイヤはあるの?

アジアンタイヤ ミニバンタイヤの特徴

アジアンタイヤにまだ、ミニバンタイヤという

カテゴリーはありませんが

ミニバンや1BOX車にマッチングが

良いタイヤはありました。

これはかなり長期間調べた結果です。

日本ではミニバン専用タイヤの元祖は、トーヨータイヤのトランパス

1BOXやミニバンは重量があり、車高が高い、

重心が高いという特徴があるため

コーナーでロール量が大きく、

そのためタイヤ自体に大きな荷重に耐えられるタイヤが必要になりますが

だったらバン用ラジアルでも履けばいいのでは???

ということになりますが

そこは快適性、静粛性というものも、

ユーザーとしては、欲しい性能ということになりますよね。

ミニバンタイヤの特徴

ミニバンは車高が高いため

実際コーナー中はタイヤの外側に大きな荷重が掛かるので、

それに耐えられるように、

トレッド部のタイヤの外側に大きな荷重に耐えられる構造と

ゴムを使用することによって、

タイヤ外側の偏摩耗を抑制した

ミニバン専用タイヤが生まれました。

タイヤの内側、外側のサイドウォールの

強度を変えることにより、

ミニバンのコーナーリング時のフラつきや

タイヤの外側の偏摩耗を防止することができるようになりました。

それと共に直進時の乗り心地も確保できるという

メリットが生まれ、ミニバン専用タイヤというカテゴリーが

日本ではミニバンタイヤとして認知されるようになりました。

アジアンタイヤの中でミニバン・1BOXに合うミニバンタイヤ

あるのでしょうか?

知りたいところですよね。

アジアンタイヤには、まだタイヤカテゴリー的に、

ミニバンタイヤというカテゴリーが存在しませんが

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの

3台のオーナーさんの協力をえて

アジアンタイヤでミニバンに合うタイヤを探してテストすることに!

その結果はコチラから⇒ミニバンタイヤランキング

ミニバンタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤでミニバンタイヤはあるのでした!

 

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 ミニバンタイヤ

アジアンタイヤをオススメする理由 値段の安さです。

アジアンタイヤをオススメする理由

アジアンタイヤは2005年あたりから

一気にタイヤの性能が上がりました。

日本のバブル崩壊から、円高に傾き

日本のタイヤメーカーが、海外でタイヤ生産を

しなければ、ならなくなったからです。

これにより、日本のタイヤ技術の流出が、

少なからず起きたのでしょう。

2010年あたりから、ドライグリップ面では

かなり性能が上がり、日本のタイヤ性能と比べても

ドライグリップ面では、ほぼ変わらない性能を持つまでになりました。

その後、静かなタイヤの研究がなされ

コンフォートタイヤ登場するようになり

これもまた日本のタイヤと互角の性能を出すタイヤが出てきました。

2015年から2016年にかけては、

日本のタイヤを超すドライグリップを持つアジアンタイヤまで

登場してきました。

2014年から2015年の日本は超円高により

ガソリン価格が高騰し、燃費を重視しなければならなくなり

タイヤ性能をECOタイヤにシフトしていました。

日本で発売されたECOタイヤの初期のタイヤは

乗ってみると最悪でした。ウエットグリップが

まるでダメで、このタイヤが日本のタイヤなの???

と思ったぐらいです。

ですが、1年も経たないうちに、技術の進歩は早いです。

ウエットグリップは改善され、今では全く不安のない

ECOタイヤになりました。

日本のタイヤでも失敗を繰り返し、お客様からの声を聞き

改善してきて今のタイヤ性能を出せているんです。

アジアンタイヤメーカーもまったく同じ流れ

日々技術革新、改良が加えられ

タイヤ性能を上げてきています。

私もそうでしたが、日本人の悪い癖があります。

安い商品は⇒悪い商品

高い商品は⇒良い商品

という、既成概念を持っています。

以前の私もそうでした。

アジアンタイヤを試乗し続けてきて

これは、間違いということに気付かされました。

日本の過去のタイヤメーカーの流れ

日本でも昔はブリヂストンのポテンザシリーズが出た時は

そのグリップ力に衝撃を受けました。

他の日本メーカーとの差は、明らかでタイヤグリップ性能なら

ブリヂストンしかないとまで言われた時代もありました。

でも、日本の他メーカーも、性能の良いタイヤを作れば

売れるという目標ができ、それが技術の進歩を加速させました。

今では、ブリヂストンタイヤ、ヨコハマタイヤ、

ダンロップファルケンタイヤ、トーヨータイヤの4社が

高次元のタイヤ性能を競っています。

タイヤ性能もここまで高次元になってくると

差別化を図るため各社の強みを伸ばしているところです。

タイヤの性能というのは、各国、その時代でニーズで変わってきます。

日本の過去のニーズから振り返ってみると!

グリップ力⇒静かさ⇒乗り心地⇒横剛性耐摩耗⇒燃費性能

日本の過去の車の人気を振り返ってみると!

スポーツカー⇒セダン⇒ミニバン⇒1BOX⇒ECOカー

というように、車の人気によりタイヤ性能も

求めるものが変り今に至っています。

アジア諸国の今のニーズは、スポーツカーです。

パワーのある車が大人気です。

過去の日本と同じ流れですね!

アジアンタイヤの性能は、日本のタイヤ性能と差がかなり縮まりました。

アジアンタイヤの魅力は、なんといっても価格の安さです。

私はサーキットを走るのが大好きなので

お金に余裕のある時は、サーキットを楽しんでいますが

やはり、タイヤ代がバカにならなんです。

国産のSタイヤを履いてしまうと、2時間走行でタイヤは終わってしまうし、

国産のグリップタイヤを履いてもサーキットフリー走行なら2回、

2日でタイヤが終わってしまいます。

17インチなので、国産グリップタイヤ4本で10万円越え

国産Sタイヤだと14万円越えという出費です。

安くてグリップするタイヤはないものかと

これサーキット仲間からも同じ意見が多数ありました。

そこで価格の安いアジアンタイヤを試してみることに

サーキットに行くまでの一般道、首都高、高速道路と

サーキット午前中はアジアンタイヤでの走行

午後は国産タイヤに履きかえての走行をすることに

アジアンタイヤの走行の評価を、

このブログで紹介することにしました。

2014年あたりから、サーキットで充分楽しめるアジアンタイヤ

サーキットでも楽しめるアジアンタイヤも登場してくれたので、

お財布に優しくなりました。

サーキットだけではなく、知り合いに

協力してもらい、アジアンタイヤを履いてくれた車に試乗して

一般道、首都高、高速道路のタイヤ評価と感想を書いています。

このブログが、皆さんのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

2016年から、国産タイヤのグリップ性能を超える、ハイグリップタイヤが発売されました。

ハイグリップタイヤならこちらを参考に⇒ハイグリップタイヤランキング

タイヤ性能を高次元でまとめなければならないのがプレミアムタイヤです

プレミアムタイヤがタイヤメーカーの実力を知るタイヤとも言えます。

プレミアムタイヤはコチラから⇒プレミアムタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤをオススメする理由!アジアンタイヤ性能に対する価格の安さでした。

 

タグ

2016年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

このページの先頭へ