SUVタイヤとは アジアンタイヤSUVタイヤ性能

SUVタイヤとは

SUV(スポーツ ユーティリティ ビークル)の略で、

スポーツ用多目的車のタイヤでSUVタイヤと呼ばれています。

走破性がある実用性の高い車で

一般的には4×4車として、雪道が強い車なので

人気が高くさらに、小型車、中型車、大型車の

ラインナップが増えてきたことで、

SUVタイヤの需要が急激に伸びています。

SUVタイヤの種類

SUVタイヤは使う用途によって、タイヤが異なります。

H/T(ハイウエイ トレーン高速道路を得意とするタイヤです。

S/T(ストリート トレーン)街中を快適に走れるタイヤです。

S/T(スポーツ トレーン)同じS/Tですが、コチラは新たに加わった種類で

スポーツ走行を得意とするタイヤです。

A/T(オール テレーン)オンロード、オフロード両方のオールラウンドタイヤです。

M/T(マッド テレーン)オフロードを得意とするタイヤです。

趣味でオフロードを走る方があまり居なくなってしまったため

A/TタイヤとM/Tタイヤを選ぶ方は、かなり少なくなってきています。

逆にH/TタイヤとS/Tタイヤが人気で、SUV車の種類が増え

コンパクトカーから中型車、大型車を含めると、販売が好調で

台数が増え続けているので、

H/TタイヤとS/Tタイヤを選ぶ方が急激に増えています。

SUVタイヤは大口径なので価格が高い?

そうなんです。SUVタイヤは大口径タイヤが純正で

装着されているため国産タイヤの値段を聞くとビックリ価格(汗)

でも大丈夫です。アジアンタイヤなら、高性能で低価格な

SUVタイヤの種類が豊富なので、使用目的に合わせて

タイヤ選びができます。

SUVタイヤで人気のあるタイヤをランキングしています。

コチラから⇒SUVタイヤランキング

アジアンSUVタイヤの価格を見たら

そのあまりの価格の安さに、驚くと思います。

SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能でした

 

タグ

2017年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

NEXEN(ネクセン) ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビュー

NEXEN ROADIAN-HPタイヤの特徴

タイヤカテゴリー(スタンダード)標準SUVタイヤ

インチサイズ(16インチ~24インチ)

NEXEN ROADIAN-HP(ローディアンエッチピー)は、デザイン性、静粛性、

快適性に優れた都市型SUV用オンロードタイヤで、

ウェット性能、高速安定性、ブレーキング性能にも優れた

ハイパフォーマンスタイヤです。

というNEXENタイヤメーカーさんのセールストークです。

NEXEN ROADIAN-HPのタイヤデザイン

NEXEN ROADIAN-HPのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN ROADIAN-HPの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

今回試乗した、ネクセンROADIAN-HP SUVのタイヤサイズは

255/30R22、なんと22インチです。

これだと乗り心地は悪そうですね。

試乗した車はハリアーなので、足回りストロークは

充分あるので、どうなのでしょう?

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビュー

一般道を走ってみると、あれ・・・乗り心地悪くないね(驚)

22インチで超偏平タイヤだし、ホイールの重量もかなり重いので

突き上げ感がかなり来るのかなと思っていたら、かなり快適に走れますね。

それとハリアーの走りではありません。なんだかセダンに乗っている

車の動きになっています。

ほォ~これは驚き、22インチまったくイイ感じです。

SUV特有のグニャリ感がまったく無いので、とても乗りやすいです。

コーナー進入から、ピタッと収まるところも、コーナー中の荷重移動も

即できるし、考えずに走れるといった感じがイイですね。

ちょっと22インチタイヤのイメージが変わりました。

さてETCカードを入れ替えて、高速道路にGOです。

インターのきついコーナーを攻めてみると

う~ん・・・動きがやっぱりセダンです。

この車高の高さで、セダンの動きとはチョットビックリですね。

さて速度が上がるとどうなのでしょう。

突き上げ感が出るのではと思っていたんですが

これがとっても収まりよく、快適に走れちゃうんです(驚)

しかもこのネクセン ROADIAN-HPは、コンフォートタイヤに

入るレベルの静かさですね。

タイヤ幅が255だと結構うるさくて当然なんですが

このタイヤは静かです。

高速安定性と直進性も、とてもイイです。

このまま首都高へ・・・

さて継ぎ目の多い首都高はどうなんでしょう。

継ぎ目を超える時の音は、ちょっとうるさいかな

でも突き上げ感はないし、乗り越えた後の収まりもイイです。

なるほどそういうことか。

SUV車はもともと足回りのストロークが長いので

これだけの偏平タイヤを履いても、しっかりストロークして

バンプラバーに当たらず走れちゃうんです。

ミニバン、1BOXに22インチだと、有効ストロークが

足りなすぎてバンプラバーに当たるので突き上げ感がでちゃうんですよね。

タイヤが偏平になればなるほど、タイヤがショックを吸収できないため

その分足回りのストロークが長くなるので、ハリアーのように

有効ストローク長さをもっている車には、22インチでも

突き上げ感がないということなんですね。

ようやく納得です。

首都高のコーナーも気持ちよく曲がれますし

コーナー中のステアリング修正もほとんど必要なしで

拭けられます。う~ん乗りやすい

さてコーナーを攻めてみると、タイヤ幅が255を考えると

ちょっとグリップ力は、ない方かな

SUVスポーツタイヤでは無いので、すごいグリップ力を

もつタイヤではありませんでした。

オーバースピードでコーナーに入ってから

左足ブレーキで前荷重にして、リヤを流しても

ココからもう出ちゃうのという感じですが

一気に出ることはないし、カウンター修正も忙しいことはないので

タイヤ幅が255の標準的なグリップ力というところでした。

今回のネクセン ROADIAN-HPというタイヤですが

トータル的には、普通というか標準と言ったタイヤ性能ですが

255/30R22とハリアーとのマッチングは

とても良かったと思います。

車高は高いですが、走りはセダンでしからね(笑)

とても乗りやすかったです。

NEXEN ROADLAN-HPのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NEXEN ROADLAN-HP

SUVタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビューでした。

 

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ SUVスタンダードタイヤ

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ試乗 性能 評価レビュー SUVタイヤ

HIFLY(ハイフライ)HP801の20インチタイヤ試乗レビュー

HIFLY HP801タイヤ

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

 

HIFLY HP801(エイチピー ハチマルイチ)は、

新たにSUV、クロスオーバー車用に設計され、

高い運性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

耐摩耗性と静粛性を追求し、高速走行で安定した走りができます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

HIFLY HP801のタイヤデザイン

HIFLY HP801のトレッドパターンはこんな感じ

サイドウォールはこんな感じ

タイヤのかど、ショルダー部はこんな感じ

HIFLY HP801の実際の性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HP801試乗性能レビュー

今回HIFLY HP801を試乗するのは20インチ

なんだかインチ的には乗り心地と静かさは、期待できない予感です。

なにしろインチが上がれば上がるほど乗り心地は悪く

しかもうるさくなるのは当然なので・・・

さて走り出しは、アレ???

ちょっと予想していたのと、違った感じ

あれ?20インチでここまで静かなタイヤってあったっけ???

HIFLY HP801は予想に反して、とても静かです(驚)

乗り心地も、予想していた突き上げ感もなく

どちらかというと19インチの乗り心地と言ったところです。

ほォ~、これだったら20インチも悪くないな~

今まで20インチをベルファイアとアルファードで乗り

ハリアーの22インチも試乗してきましたが

どうしてもインチが大きくなると

パターンノイズと突き上げ感が多少気になったのですが

このHIFLY HP801は、静かでいい感じです。

ちょっとこのビッグサイズのSUVタイヤ、あなどれないかも!

一般道のコーナーを攻めてみると

さすがに20インチタイヤです。よれることなく

スパッと曲がってくれます。

ステアリングの切り初めから、即、車が反応してくれるので

とても扱いやすいです。

なんだか20インチタイヤのイメージが

チョット変わってしまいました。

さて次に高速道路へGO

インターのキツイコーナーを抜けて

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HP801は高速でも

静かなんですね!

直進安定性も抜群です。

このHIFLY HP801はSUVタイヤカテゴリーでは

スタンダードタイヤなんですが、

タイヤのレベル的にはコンフォートタイヤと言ってもイイでしょう

次に首都高に入って、コーナー性能です。

その前に、首都高は継ぎ目が多いので、継ぎ目の通過時はというと

多少突き上げ感は出ますが、20インチのタイヤを考えれば

乗り心地はイイですね!

さてコーナーに入ると、切り初めから反応はイイです。

コーナー中もグリップ力もありすんなり曲がっていきます。

何度かコーナーを確かめてから、ちょっとオーバースピードで

コーナーに侵入して、コーナー中、左足ブレーキをかけて

思いっきり前荷重にしてみると

あッ・・・なんだかグニャリ感が出ますね。

この動き、タイヤのエアーが足りない動きです。

荷重負けをすると、この動きになるんだよな~

エアーは300kpaに合わせていたんだけど

コーナーを攻めるなら、320kpa~340kpaまで

エアー圧を上げないとダメみたいです。

インチが大きくなるほど、タイヤのエアー管理は

しっかりやらなければいけません。

車の重量がとても関係してくるので!

HIFLY HP801という20インチタイヤを

今回試乗して、結構20インチでも快適なんだな~って思いました。

アルファード、ヴェルファイア、エルグランドの重量級の車の

インチアップには、最適だと思いました。

タイヤによっては、ここまでのインチアップになると

パターンノイズが気になるタイヤもありましたが

このHIFLY HP801はとても快適でした。

20インチで人気上昇中というのも納得させられました。

最大の魅力は価格の安さだと思いますが

ハイフライHP801のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HP801<<

20インチのタイヤ選びの参考になればうれしいです。

20インチのタイヤアルミセットは⇒コチラから

値段を見たら、そのあまりの安さに、驚きますよ

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ試乗 性能 評価レビューでした。

タグ

2016年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

SUVタイヤランキング アジアンタイヤ

アジアンSUV車タイヤ人気ランキング アジアンタイヤ

アジアンタイヤでSUV車用タイヤの売れている順にランキングしています。

アジアンタイヤもSUVタイヤの種類がかなり増えてきました。

しかも、インチアップの大口径SUVタイヤでも

格安なのが、アジアンタイヤのうれしいところです。

20インチ以上のタイヤアルミセットも

信じられないぐらい価格が安いのが魅力です。

公開日:2016年06月16日

更新日:2017年10月17日

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

1位 ATR SPORT ATR SPORT DESERT HAWK H/T

Desert Hawk H/Tタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK HT

タイヤサイズと価格は

コチラから>>ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

2位 NANKANG FT-7

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-7

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NANKANG FT-7

 

3位 NANKANG FT-4

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-4

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NANKANG FT-4

 

4位 NANKANG SP-7

NANKANG SP-7タイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-7

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NANKANG SP-7

 

5位 ZEETEX SU1000vfm

ZEETEX SU1000vfmタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

 

タイヤサイズと価格は

コチラから>>ZEETEX SU1000vfm

 

6位 NEXEN ROADIAN-HP

NEXEN ROADIAN-HPタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NEXEN ROADIAN-HP

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NEXEN ROADIAN-HP

 

7位 NANKANG SP-5

NANKANG SP-5のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-5

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NANKANG SP-5

 

8位 NEXEN ROADIAN-HT

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NEXEN ROADIAN-HT

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NEXEN ROADIAN-HT

 

9位 ATR SPORT DESERT HAWK UHP

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗・感想レビューは⇒⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK UHP

タイヤサイズと価格は

コチラから>>ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

10位 NANKANG FT-7.OWL

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

ホワイトレターが人気のポイント?

NANKANG FT-7.OWL

タイヤサイズと価格は

コチラから>>NANKANG FT-7.OWL

 

試乗していないタイヤがたくさんあって

まだすべてのタイヤ性能評価が出来ていなくて

申し訳ありません。

タイヤの試乗テストの機会を

作って性能テストをしていきますので

タイヤ性能テストが出来ていないタイヤに関しては

タイヤサイズと価格の紹介だけになってしまいました。

SUV車のタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤでした!

タグ

2016年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

HIFLY HT601 SUVタイヤ試乗 性能 評価レビュー

HIFLY HT601タイヤ

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~17インチ)

HT601

 

HIFLY HT601(ハイフライ エイチティー ロクマルイチ)は、

ドライ・ウェットどちらの路面状況でも高いトラクション性能を発揮。

ロードノイズを抑え、快適なドライビングを実現します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

HIFLY HT601のタイヤデザイン

HIFLY HT601のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

HIFLY HT601の実際のSUVタイヤ性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HT601 SUVスタンダードタイヤの性能レビュー

車はハイラックスサーフです。

HIFLY HT601

タイヤ2本しか写っていませんが、4本新品に変えますよ。

HIFLYのロゴがしっかりと

DSC_0232[1]

そしてHT601のロゴも

DSC_0233[1]

タイヤを組み終えたら、バランス取りです。

さすがにこのタイヤサイズになると、重たいです(汗)

DSC_0236[1]

バランスを取り終えたら、ハイラックスサーフに取り付けて

ようやく試乗にお出かけです。

HIFLY HT601はどんなタイヤなのかな?

走り出し、やはりハイラックスサーフなので

車の揺れ方がゆっくりで大きい~

低速ではタイヤ自体がボヨンボヨンしているのか

足回りのストロークでそのような揺れになるのかの

判断が付きにくいです。

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HT601は予想していたより静かなタイヤです。

コンフォートタイヤの静かさと言えば、そこまでの静かさはありませんが

スタンダードタイヤとしては、静かさは合格点です。

次にコーナーですが、まあコーナーを攻める車種ではないので

S字コーナーの切り返しなどを試してみます。

コーナー進入時は、やはり腰砕け感がありますね!

そしてS字の切り返し時も、グニャリ感はかなりあります。

コレだとちょっと、高速道向きではない感じですね。

結構な時間走り回りましたが

ウ~ン・・・コレと言った優れたところは

特に見当たりません。

と言っても悪いところもないけどね。

どちらかというと評価的にはすべてが標準性能レベルで、

収めたというタイヤでした。

でも静かさは結構いいレベルなので

特にタイヤ性能にこだわらない、タイヤが減ったから

交換するんだという方に、オススメなタイヤが

HIFLY HT601タイヤです。

ハイフライ HT601のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HT601<<

アジアンタイヤのタイヤ選び、タイヤ交換の参考にして頂ければ、うれしいです。

HIFLY HT601 SUVタイヤ性能評価レビューでした。

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

このページの先頭へ