SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能

SUVタイヤとは

SUV(スポーツ ユーティリティ ビークル)の略で、

スポーツ用多目的車のタイヤでSUVタイヤと呼ばれています。

走破性がある実用性の高い車で

一般的には4×4車として、雪道が強い車なので

人気が高くさらに、小型車、中型車、大型車の

ラインナップが増えてきたことで、

SUVタイヤの需要が急激に伸びています。

SUVタイヤの種類

SUVタイヤは使う用途によって、タイヤが異なります。

H/T(ハイウエイ トレーン高速道路を得意とするタイヤです。

S/T(ストリート トレーン)街中を快適に走れるタイヤです。

S/T(スポーツ トレーン)同じS/Tですが、コチラは新たに加わった種類で

スポーツ走行を得意とするタイヤです。

A/T(オール テレーン)オンロード、オフロード両方のオールラウンドタイヤです。

M/T(マッド テレーン)オフロードを得意とするタイヤです。

趣味でオフロードを走る方があまり居なくなってしまったため

A/TタイヤとM/Tタイヤを選ぶ方は、かなり少なくなってきています。

逆にH/TタイヤとS/Tタイヤが人気で、SUV車の種類が増え

コンパクトカーから中型車、大型車を含めると、販売が好調で

台数が増え続けているので、

H/TタイヤとS/Tタイヤを選ぶ方が急激に増えています。

SUVタイヤは大口径なので価格が高い?

そうなんです。SUVタイヤは大口径タイヤが純正で

装着されているため国産タイヤの値段を聞くとビックリ価格(汗)

でも大丈夫です。アジアンタイヤなら、高性能で低価格な

SUVタイヤの種類が豊富なので、使用目的に合わせて

タイヤ選びができます。

SUVタイヤで人気のあるタイヤをランキングしています。

コチラから⇒SUVタイヤランキング

アジアンSUVタイヤの価格を見たら

そのあまりの価格の安さに、驚くと思います。

SUVタイヤとは アジアンSUVタイヤ性能でした

 

タグ

2017年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

HIFLY(ハイフライ)HP801をアウトランダーPHEVに履かせて試乗テスト

HIFLY(ハイフライ)HP801をアウトランダーPHEVに履かせて試乗テスト

HIFLY HP801

インチサイズ(17インチ~22インチ)

HIFLY HP801

HIFLY HP801は、SUV、クロスオーバー車用に設計された

走りに必要な要素を高次元でバランスしたタイヤです。

高い運動性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

進化したパターンにより、高速走行でも安定した走りで、耐摩耗性と静粛性も追求したタイヤです。

というメーカーさんのHIFLY HP801のセールストークです。

さて今回試乗したのは、三菱のアウトランダーPHEVで

タイヤサイズは225/55R18です。

HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ性能・評価

街乗りは、予想以上に静かで、乗り心地のいいタイヤというのが

第一印象で、突き上げに対するおさまりもイイですね。

PHEVなので車自体が静かなので、タイヤの静かさが良く分かります。

コーナーを攻めてみると、かなりクイックな反応を見せてくれます。

もしかしてこのHIFLY HP801というタイヤ

レベルが高いタイヤなのかも?

これは、高速を走ってみないと評価できないかな。

ということで、東名高速にGOです。

高速合流手前の、キツイコーナーを

入ってみると、おいおいこの速度で曲がれちゃうの?

アウトランダーPHEVはどちらかというと

重い車なんだけど・・・・

横剛性もあるタイヤですね。

さて高速道路に入ってフル加速

キャ~・・・タイヤよりPHEVの加速力に驚きますね。

エンジンが掛かると充電が始まり電圧が上がるのか分からないけど

もの凄い加速力、縦のグリップ力も充分あるね。

ちょっとアウトランダーPHEVという車に感動しちゃってますが、

HIFLY HP801のタイヤ評価に戻ります。

速度が上がってもパターンノイズは、多少大きくなりますが

とっても静か、おいおいこれSUVタイヤだよな~???

乗り心地もイイし、高速の突き上げ感もうまくおさまっています。

驚いたのは、直進性の良さ、これタイヤの横剛性があることを

意味しているんですよね!

これだとやはりこのまま首都高にGOです。

路面が新しいところや、古いところもあるし、

荒れた路面もあるし継ぎ目だらけなので、

タイヤ評価には最適な道路なので

用賀のゲートを過ぎて、首都高に入ると

ほォ~、やはり継ぎ目の突き上げのおさまりはイイです。

なので乗り心地がいいんですけどね。

さてコーナーの性能を試さないとね

コーナー入口は、めちゃクイックに反応してくれます。

コーナーのグリップ力もかなり高く

わざとアウトに膨らんでから、ステアリングを切り込んでも

素早く反応してくれます。

さらにタイヤをイジメてテスト、コーナー中に

ブレーキを踏んで、思いっきり前荷重にしてみても

まったく荷重負けしません、やはりかなり横剛性があるタイヤです。

う~ん、なんだろう、今までSUVタイヤを評価してきたけど

SUVタイヤで、ここまで高次元でトータル性能をまとめたタイヤは

なかったかな!

このHIFLY HP801というタイヤ

SUVタイヤのプレミアムタイヤと言ってもいいくらいの性能を持っています。

ちょっと驚きでした。

国産SUVタイヤでも、ここまでのトータル性能のタイヤは出ていません。

特に静かさの面で、HIFLY HP801の方が上です。

アジアンタイヤと国産タイヤとの差は、まだ5年の開きがあるなと

思っていましたが、SUVタイヤに関しては

もう逆転されていると、思い知らされました。

ハイフライ HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

HIFLY(ハイフライ)HP801をアウトランダーPHEVに履かせて試乗テストでした。

 

タグ

2016年6月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスポーツタイヤ

SUVタイヤランキング アジアンタイヤ

アジアンSUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

アジアンタイヤでSUV車用タイヤの売れている順にランキングしています。

アジアンタイヤもSUVタイヤの種類がかなり増えてきました。

しかも、インチアップの大口径SUVタイヤでも

格安なのが、アジアンタイヤのうれしいところです。

20インチ以上のタイヤアルミセットも

信じられないぐらい価格が安いのが魅力です。

公開日:2016年06月16日

更新日:2017年08月17日

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

1位 ATR SPORT ATR SPORT DESERT HAWK H/T

Desert Hawk H/Tタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

2位 NANKANG FT-7

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7

 

3位 NANKANG FT-4

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-4

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-4

 

4位 NANKANG SP-7

NANKANG SP-7タイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-7

 

5位 ZEETEX SU1000vfm

ZEETEX SU1000vfmタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

 

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX SU1000vfm

 

6位 NEXEN ROADIAN-HP

NEXEN ROADIAN-HPタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NEXEN ROADIAN-HP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HP

 

7位 NANKANG SP-5

NANKANG SP-5のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-5

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-5

 

8位 NEXEN ROADIAN-HT

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NEXEN ROADIAN-HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HT

 

9位 ATR SPORT DESERT HAWK UHP

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗・感想レビューは⇒⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK UHP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

10位 NANKANG FT-7.OWL

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

ホワイトレターが人気のポイント?

NANKANG FT-7.OWL

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7.OWL

 

試乗していないタイヤがたくさんあって

まだすべてのタイヤ性能評価が出来ていなくて

申し訳ありません。

タイヤの試乗テストの機会を

作って性能テストをしていきますので

タイヤ性能テストが出来ていないタイヤに関しては

タイヤサイズと価格の紹介だけになってしまいました。

SUV車のタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤでした!

タグ

2016年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

YOKOHAMA GEOLANDAR SUV ヨコハマ ジオランダ―SUVタイヤ性能・評価・評判・感想・レビュー

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVタイヤ性能・評価

ヨコハマ ジオランダ―SUV

GEOLANDAR SUV(ジオランダーエスユーブイ)

オンロード性能を重視した「GEOLANDAR H/T-S」から、さらに性能を向上。

SUVにふさわしい高耐久性を維持しながら快適性能を向上し、

街中でも高速道路でもより快適に運転できます。

これヨコハマタイヤさんのセールストークです。

実際はどうなのでしょうか?

ヨコハマ ジオランダ―SUVタイヤ性能・評価・評判・感想・レビュー

車はハリアーで純正18インチです。

今回はヨコハマタイヤの GEOLANDAR SUV 235/55R18というサイズです。

純正でここまでのサイズとは・・・一般的にはインチアップサイズですね!

ではジオランダ―SUVタイヤの試乗です。

ハリアーはもともと高級車なので、基本車内は静かに作られているので

その点も踏まえて評価しないといけませんね!

街中は、メチャ静か、やはりS/TタイヤとH/Tタイヤとは

舗装路では、レベルの違う静かさです。

乗り心地もタイヤの反発力が速いので、突き上げ感もなく

とてもしなやかです。

ブレーキングで前荷重になっても、パターンノイズは

ほとんど聞こえません。

S/H,H/Tは、ブロックが大きいので

ブレーキング時、前荷重になると

パターンノイズが大きくなるけど

このヨコハマ ジオランダ―SUVは

それがありませんでした。

さてコーナーに入ると、このジオランダ―SUVタイヤ、

かなり横剛性が高いタイヤです。

乗り心地がいいから、コーナー進入時、

グニャルのかな~って思っていましたが

かなりステアリング操作に機敏に反応してくれて、

車の向きを変えてくれるタイヤです。

タイヤをホイールに組む時は、サイドウォールが柔らかかったので

どうかな~と思いましたが、

かなりコーナーはイケちゃいます。

いい感触をえたので、そのまま東名高速から首都高に

速度が上がってもメチャ静かです。

う~ん、ちょっとこのジオランダ―SUVというタイヤ

今までのカテゴリーではない、SUVタイヤじゃないかと!

首都高に入って、コーナーを攻めてみると

このオランダ―SUVタイヤ、かなりグリップ力が

あることが分かりました。

これSUVタイヤのプレミアムタイヤでイイんじゃないの?

というのが、感想ですね。

あくまでも、オンロード・舗装路の評価です。

トータルの快適性は抜群で、高速グリップ力もあるタイヤなので

とても快適でスポーツ性のあるタイヤです。

う~ん、今回のジオランダ―SUVというタイヤ

メーカーさんのセールストークは、バッチリ合っていました。

というか、オンロードしか使わない方には

オススメですね。

快適性はピカイチのSUVタイヤです。

ジオランダ―SUVのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒GEOLANDAR SUV

YOKOHAMA GEOLANDAR SUVタイヤ性能・評価でした。

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

タグ

2016年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ SUVスポーツタイヤ

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

sp5

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5(エスピーファイブ)

SP-5(エスピーファイブ)は、静粛性に優れた都市型SUV用スポーツタイヤです。

ナンカンの騒音シュミレーションシステムによりデザインされたパターン設計により

ブロック間に発生する騒音を低減!

ナンカンSP-5のタイヤ性能

ちょうど車検で知人のハイラックスサーフのタイヤがアウトだったので

ナンカンSP-5を買ってもらいました。安いから知人も満足です(笑)

早々ナンカンSP-5を履かせて

試乗させてもらいました。

トレッドパターンは、V字パターン、タイヤカテゴリーはスポーツタイヤです。

知人いわく、純正タイヤはグニャグニャして剛性がないから

ちょっと高速で怖かったんだよな~って!

ならスポーツタイヤを選んだ方が無難、ということで

ナンカンSP-5を選びました。

それより、国産タイヤの1/3の値段で4本買えちゃうんだから

知人は、価格の方でビックリしていましたが!

性能は大丈夫なのか~???

ナンカンタイヤはほとんどのタイヤを試乗テストして

その性能の高さは、把握しているけど

ごめんなさい!まだSUVのナンカンSP-5は

履いたことがないから分かりませ~ん(汗)

と言うことで、知人を助手席に乗ってもらって

いざ試乗GOです。

街中はかなり静かな印象です。

スポーツをうたっているタイヤはどうしてもブロックが大きい分

多少パターンノイズが大きくなる傾向があるんだけど

このナンカンSP-5はとても静かです。

乗り心地は、やはり車が重量級なので、とてもイイね!

そして、4月から距離制になってほとんど値上がりした、首都高に(怒)

あら、このナンカンSP-5は高速もとても静かです。

そして問題のコーナー・・・

これ横剛性がとてもあって、走りやすいし、速度を上げた時の

直進安定性がイイね!走った時は横風が強かったんだけど

とくに煽られることもなく、大型トラックを抜かす時も

安定しています。

思ったより性能が高くて、ビックリ

知人からも、このタイヤイイねと言うコメントが

う~んどう説明すれば分かりやすいのか?

ナンカンSP-7と比較すると

乗り心地以外は、ナンカンSP-5のほうが

静かさ、横剛性、グリップ力、高速安定性を含めて

すべて1ランク上ですね。

高速道路を滅多に使わないなら、ナンカンSP-7がオススメ!

通勤で高速道路を使う、高速道路の使用頻度が多い方なら

ナンカンSP-5を選ぶのがイイと思います。

それにしても、ナンカンタイヤのSUVを

ようやく試乗して、性能テストしていますが

ここまでナンカンタイヤのSUVタイヤ性能が高くなっていたとは

今までテストしてこなかったことが恥ずかしいです。

といっても、知人でSUV車乗っているのが、少ないので

なかなかテストをするのも難しいところなんですけどね。

でも10台ぐらいは乗っている方がいるから、協力を得て

テストしていきま~す。

NANKANG SP-5のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG SP-5

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

NANKANG SP-5 ナンカンSP-5 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

 

タグ

2016年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:台湾製タイヤ SUVスポーツタイヤ

このページの先頭へ