安くてサーキットに使える人気スポーツタイヤランキング!

サーキットに使える激安スポーツタイヤ

安くてサーキットに使える、バッチリなスポーツタイヤをご紹介!

スポーツタイヤテストはショートサーキット、コース内にアップダウンのある、

タイヤには過酷なヒーローしのいサーキットでテストしました。

しかも長時間走行で耐えるかもテストしていますよ。

安いアジアンタイヤなんですが、サーキットを走れるタイヤはあるんです。

今まであらゆる激安タイヤスポーツタイヤをテストして来ました。

あくまでも『スポーツタイヤ』としてのランキングです。

激安ハイグリップタイヤもご紹介します。

スポーツ゚タイヤランキングですが、50分連続走行しても

ブロック飛びがないタイヤというもの条件に入っています。

タイムはほんの少し速いタイムのタイヤも確かにありましたが、そのほとんどのタイヤ

30分以上連続走行すると熱ダレでブロック飛びがおきていて、その後はタイムダウンしたため

楽しめないということに!1日フリー走行には耐えないタイヤなので、あえて外してあります。

サーキットタイムアタックのタイヤランキングではありませんよ。

タイムがある程度良く、長時間安定して走れたスポーツタイヤランキング

1位 BRIDGESTONE TECHNO SPORTS

タイヤサイズと価格はコチラ⇒TECHNO SPORTS

 

2位 Pinso PS91

タイヤサイズと価格はコチラ⇒Pinso PS-91

3位 ATR  SPORT

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ATRスポーツ

4位 NANKANG NS-2

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ナンカンNS-2

ます考えてもらいたいのが、国産ハイグリップタイヤ1本分で

アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。

タイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきましたし

これからも、テストしていきます。

アジアンタイヤの中で、『スポーツタイヤ』と呼ばれているタイヤです。

さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS サーキット性能評価

ブリヂストンでこんなに安いスポーツタイヤがあったとはチョット驚きです。

タイヤが冷えている時のグリップは悪くありません。

ですがスポーツタイヤとしては、グリップ力は少し足りない感じです。

コーナー中に左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤの限界はこんなものなのというレベルです。

いきなり流れるという限界の低さではありませんが

どうしてもブリヂストンのスポーツタイヤだと、

ポテンザと比べてしまいますが、

残念ながらポテンザのようなダイレクト感とグリップ力はありません。

値段が違いすぎるので、比べる対象にするのが間違いですけどね(笑)

ですがこのテクノスポーツは、長時間連続走行でも安定して走れるところがイイです。

これ結構1日フリー走行になると、連続30分走行が当たり前になって来るので

長時間安定して走れたのはウレシイです。

 

Pinso PS91タイヤ サーキット性能評価

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSよりもタイムは多少良かったです。

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並もしくは上で楽しめますね。

低温からグリップが出てくれるのはウレシイです。

どちらかというとエアー圧を高めにした方がタイムが出ます。

グリップが高い分、標準エアー圧からのスタートですと

ヘアピンやS字の振り返しで、タイヤが倒れる

荷重負けをしてしまいますので、その分エアーと高めにしないと

タイム出ません。

30分連続走行ですと、ちょっとグリップが落ちてきます。

感じとしては、ヌルヌル外に抜ける感じが出てくるので

休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。

でもグリップ力は充分あるタイヤです。

国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。

ブロック飛びもなく、グリップしてくれるタイヤでした。

価格が安いのにこれだけのグリップ力があるなら大満足のタイヤです。

Pinso PS91タイヤサイズと価格は

コチラ⇒ピンソPS-91

 

ATR SPORTタイヤ サーキット性能評価

ATR SPORTって値段が安すぎるタイヤなので、どうなのかな~って

思いながら試しました。

いざ走り出すと、タイヤが冷えているときは、グリップはでませんが

温度が上がってくるとかなりいい感じでグリップしてくれます。

タイヤトレッドのヨレ感はありますが、それを踏まえてステアリングの

切り初めをほんの少し早くすると、ラインに乗ってくれます。

流れてからのコントロール性もしやすく、値段からすれば

大満足のタイヤです。タイヤが溶ける温度になってくると

熱ダレをおこしグリップは落ちてきますけどね!50分連続走行でも

ブロック飛びは、ありませんでした。

タイヤの温度が上がりすぎると、ヌルヌル外に膨らみます(笑)

性格はPinso PS91とよく似ていますが熱ダレはコチラのタイヤの方が弱いです。

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ ATR SPORT

 

NANKANG NS-2タイヤ サーキット性能評価

NANKANGタイヤのスポーツタイヤは

サーキットではどうなのか?

タイヤのトレッドパターンを見ると、ブロックが小さいので

曲がるのか~と思っていましたが

これが結構曲がってくれます(笑)

バランスはとてもイイです。

しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)

ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。

溶ける温度になると、かなりグリップは下がりますが

値段を考えると、出来すぎです。

タイムアタックには向きませんが、1日楽しく走れる性能を

持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ ナンカンNS-2

 

もっとグリップ力が欲しい、本格的にサーキット楽しむなら

NANKANG NS-2R

このタイヤ私のお気に入りです。

ハイグリップタイヤとしては、価格が安いところが、うれしいです!

このNANKANG NS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。

あまりのグリップの高さに思わず、管理人の70スープラにも履かせました。

このNANKANG NS-2Rのグリップ力と横剛性はハンパではありません。

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力はトップクラスです。

タイヤカテゴリー的には、完全にハイグリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産ハイグリップタイヤですと、ネオバ、R1R、ディレッツァ、ポテンザと言ったタイヤです。

横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤが

ハイグリップタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤです。

さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、NANKANG NS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、ライフがまったく違います。

本当にSタイヤって、あっという間になくなりますから(汗)

NANKANG NS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!

サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ナンカンNS-2R

サーキット1日フリー走行でも安定して

使えるアジアンタイヤの紹介でした。

 

激安アジアンタイヤで、さらにサーキットでタイムアタックするなら

NANKANG NS-2Rのさらに上を行くグリップ力を持つ

ハイグリップタイヤがあります。

NANKANG AR-1

 

しかも、国産S(セミスリック)タイヤの1/2の価格で買えてしまいます。

サーキットでタイムアタックしベストタイムを出したい方は

こちらを参考にしてください⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

このハイグリップランキングは、

サーキットで30分間タイムアタックし

ベストタイム順にランキングしました。

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年08月11日

安くてサーキットに使える人気スポーツタイヤランキング!

タグ

2019年4月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ スポーツタイヤ タイヤランキング

NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビュー

NEUTON NT5000タイヤサーキット性能レビュー

NEUTON NT5000

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

2006年に設立されたタイヤブランドNEUTON(ニュートン)

80カ国以上の国で販売、すべての国で高い評価を得て支持されています。

同社は、モータースポーツで磨いた安全性と静粛性に優れた高品質タイヤをユーザーに提供するため、

最新技術を駆使し商品開発を行っています。

NT5000は、4本の縦溝と独自のシリカ配合物を調合することにより、

ハイドロプレーニング現象を軽減、排水を強化し、ドライバーの安全性を高めます。

というメーカーさんのセールストークです。

NEUTON NT5000タイヤデザイン

NEUTON NT5000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEUTON NT5000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NEUTON NT5000タイヤ サーキット試乗性能レビュー

なんだか、まったく知らなかったタイヤメーカーですが

サーキット試乗タイヤ性能レビューです。

値段を聞くと、全くやる気が出ない価格の安さですが(笑)

大丈夫なのか~このタイヤ・・・

サーキットは、一般公道と同じアスファルトを使っている

ヒーローしのいサーキットです。

気温は6度、この温度だと、タイヤは基本データー的に

グリップする温度ではありません。

さて走り始めて、あれ・・・このタイヤ

この低温からでも結構グリップするのか~

ちょっと驚きです。

3周目を過ぎてからタイムアタック

激安タイヤと聞いていましたが

結構グリップありますね!

5周目あたりから、イイ感じになってきました。が?

ヘアピンとS字を抜ける時に違和感が・・・

このタイヤ、タイヤが倒れるぐらいのグリップあるのかい~

タイムを見ると51秒前半~50秒後半でしたが

ヘアピンとS字のタイムを上げないと50秒切りは無理だよな~

ということで、ピットイン

エアー圧を計ると、280Kpa

あの倒れ方だと思わず雰囲気的に320Kpaまで上げて~と

叫んでしまいました。

その後の走行は、とってもイイ感じで走行できました。

グリップタイヤに入る50秒を切ることができました。

このタイヤエアー圧がキモですね。

横剛性が弱い分、空気圧を上げないとタイムが出ません。

それにしても、この安さで、これほどのタイムが出るとは

ウレシイの一言です。

NEUTONタイヤというタイヤメーカー

歴史がまだ浅いタイヤメーカーさんですが、

タイヤ技術はスゴイと思い知らされました。

NEUTON NT5000のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

更新日:2019年07月21日

NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビューでした。

タグ

2018年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEUTONタイヤ スポーツタイヤ

BRIDGESTONE(ブリヂストン) TECHNO SPORTSタイヤ性能評価と特徴

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの特徴

ブリヂストンTECHNO SPORTSという

見たことも聞いたこともないブリヂストンのタイヤ?

見てみると、インドネシア製でした。

値段を確認してみると、この値段の安さでブリヂストンなの(驚)

この頃タイヤメーカーさんも、生産拠点をアジア諸国にシフトしているので

特別驚くことはありませんが、ダンロップファルケンさんも

インドネシア製のタイヤを、堂々と販売していますから

生産国は違っても、生産する機械は日本製、技術も日本の技術ですからね!

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSタイヤのデザイン

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

TECHNO SPORTS(テクノ スポーツ)は、稲妻を思わせるトレッドパターンの採用で、

排水性・トラクション性能が向上。街乗りに適したスタイリッシュなデザインです。

また、5ピッチ可変ブロック構造により、走行ノイズと偏摩耗を低減します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS性能評価レビュー

TECHNO SPORTSを試乗

一般道ではどうなのでしょう。

なかなか静かなタイヤという感想です。

乗り心地もスポーツタイヤとしてはマイルドで突き上げ感もあまりありません。

コーナーを攻めてみると、切り始めの反応はとてもイイ感じですね。

ちょっと一般道では、タイヤ性能が分からない感じですが

普通に走る分には、結構快適に走れますね!

TECHNO SPORTS高速道路評価

ETCゲートを抜けて、いつものインターチェンジのスプーンカーブです。

う~んなんだか・・・まあこの挙動は、首都高を走ればハッキリ分かるので

コメントは後にします。

合流手前で速度を上げて行くと、多少パターンノイズが大きくなるのが目立つ感じです。

1世代前の国産タイヤもそうでしたが、最新の技術はこのタイヤには使っていないようです。

でも直進安定性、レーンチェンジは問題なく快適に走れます。

TECHNO SPORTS首都高評価

もう一つのETCゲートを過ぎて、いよいよ首都高速です。

路面が悪く、継ぎ目の段差もあるので、タイヤ性能が一番分かる道路です。

段差をいくつも乗り越えると、おさまりはイイです。

突き上げ感もほとんどありません。

さてスポーツタイヤとしての実力はどうなのでしょう。

コーナーを攻めてみると、切り始めの反応はイイのですが

荷重が外のタイヤに掛かってから、ちょっとグニャリ感がありますね。

ポテンザのようなダイレクト感は残念ながらありません。

いくつかのコーナーを攻めてみると、グリップはそんなに高くはありません。

コーナー中に左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤの限界はこんなものなのというレベルです。

いきなり流れるという限界の低さではありませんが

どうしてもブリヂストンのスポーツタイヤだと、

ポテンザと比べてしまいますが、ポテンザの称号は全くもらえないタイヤということが分かりますね!

比較で分かりやすいのが、ディレッツァDZ101のグリップより

チョット下のグリップという感じでした。

走りを楽しむにはチョットグリップ力が足りないかなという感じです。

普通に使う分には、ファッション性も良く、快適なスポーツタイヤです。

サーキット走行には向いていないタイヤですが、ドリフト練習にはイイかもしれません。

何しろ値段が安いので!とてもブリヂストンタイヤの価格とは思えない安さです

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSの価格は

コチラから⇒TECHNO SPORTS

更新日:2019年07月21日

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSタイヤ性能評価と特徴でした!

 

タグ

2018年12月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ブリヂストンタイヤ

値段が安いスポーツタイヤ探し!安くてグリップが良いスポーツタイヤ

値段が安くてグリップが良いスポーツタイヤを探してみました。

値段が安いスポーツタイヤならアジアンタイヤが種類も豊富です。

国産スポーツタイヤような高価ではありません。

値段が安いスポーツタイヤと言っても、

国産スポーツタイヤに引けを取らないグリップがあります。

始めて安いスポーツタイヤを、サーキットに持込み

サーキット走行をしてみると、激安タイヤなのに、

こんなにもグリップするのか~って驚きを隠せませんでした。

サーキットではグリップ力がタイムにハッキリ出ます。

まさか国産スポーツタイヤの同等タイムで周回できるとは思っても見ませんでした。

国産スポーツタイヤの悩みどころが値段が高いところではないでしょうか!

値段が安いアジアンスポーツタイヤなら、国産スポーツタイヤ価格の

1/3~1/4の価格で買えてしまうんですから、人気がでるのも分かります。

グリップが同等なら、値段の安いスポーツタイヤを選ぶのではないでしょうか。

値段が安くても充分楽しめるスポーツタイヤがあることを知ることができました。

タイヤ性能は、カタログでは分かりません。

タイヤを履いてみて、走らなければ実際のタイヤ性能は分からないということです。

これから紹介するタイヤは、私が実際安いスポーツタイヤに乗って

スポーツタイヤ性能が良かったタイヤを紹介します。

それぞれ値段の安いスポーツタイヤの性能レビューは、今まで試乗テストをし

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

さらにアジアンスポーツタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ 値段の安いスポーツタイヤ性能比較

Pinso Tyres PS-91

ピンソタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ピンソタイヤPS-91

 

ATR SPORT

ATR スポーツタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG NS-

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

ATR SPORT2

ATR スポーツ2タイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラからATR SPORT2

新たなアジアンスポーツタイヤが発売されたら、試乗テストをし

タイヤ性能のレビューをしていきます。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年07月21日

値段が安いスポーツタイヤ探し!安くてグリップが良いスポーツタイヤでした。

 

タグ

2018年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ

アジアンタイヤのスポーツタイヤ探し!サーキットでも使えるタイヤ

アジアンタイヤのスポーツタイヤを探しましょう

グリップ力が欲しいけど、ある程度の静かさも欲しいというニーズに

答えられるのがスポーツタイヤです。

確かに昔のスポーツタイヤは、うるさかったです。

そして悩みどころが値段が高いというところ!

安くてグリップするタイヤは無いのか?この悩み結構ありますよね。

グリップするタイヤは値段が高いが常識でした。

でもアジアンタイヤの試乗テストをしてみると

価格が安くても充分楽しめるスポーツタイヤがあることに気づきました。

アジアンタイヤのスポーツタイヤはグリップ重視のタイヤでした。

でも今では、静粛性も求められ、かなり静かなアジアン スポーツタイヤに

進化しています。

スポーツタイヤとは⇒ 『楽しむ・競技のタイヤ』という意味になりますが

市販タイヤに関してのスポーツタイヤは、楽しむタイヤを重視しています。

峠道を楽しんだり、車をコントロールして楽しむタイヤということです。

それぞれのアジアンスポーツタイヤの試乗レビューは、今まで試乗テストをし

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

さらにアジアンスポーツタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ。

アジアン スポーツタイヤ性能比較

NEUTON NT5000

NEUTON N5000タイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒NEUTON N5000

 

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEUTON NT5000

 

ATR SPORT

ATR スポーツタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG NS-

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

ATR SPORT2

ATR スポーツ2タイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラからATR SPORT2

新たなアジアンスポーツタイヤが発売されたら、試乗テストをし

タイヤ性能のレビューをしていきます。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年07月21日

アジアンタイヤのスポーツタイヤ探しでした!

 

タグ

2018年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ

このページの先頭へ