アジアンタイヤ スポーツタイヤ比較

アジアンタイヤスポーツタイヤ性能比較です

安くてグリップするタイヤは無いのか?この悩み結構ありますよね。

グリップするタイヤは値段が高いが常識でした。

でもアジアンタイヤの試乗テストをしてみると

価格が安くても充分楽しめるスポーツタイヤがあることに気づきました。

アジアンタイヤのスポーツタイヤはグリップ重視のタイヤでした。

でも今では、静粛性も求められ、かなり静かなアジアン スポーツタイヤに

進化しています。

スポーツタイヤとは⇒ 『楽しむ・競技のタイヤ』という意味になりますが

市販タイヤに関してのスポーツタイヤは、楽しむタイヤを重視しています。

峠道を楽しんだり、車をコントロールして楽しむタイヤということです。

それぞれのアジアンスポーツタイヤの試乗レビューは、今まで試乗テストをし

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

さらにアジアンスポーツタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ。

アジアン スポーツタイヤ性能比較

Pinso Tyres PS-91

試乗感想レビューはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ピンソタイヤPS-91

 

ATR SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG NS-

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

ATR SPORT2

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラからATR SPORT2

新たなアジアンスポーツタイヤが発売されたら、試乗テストをし

タイヤ性能のレビューをしていきます。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤ スポーツタイヤ性能比較でした。

タグ

2018年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤ

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安いグリップタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

一般的にはスポーツタイヤと呼ばれています。

激安タイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でもグリップ力のあるアジアンタイヤのおすすめタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大のメリットになっています。

人気順にご紹介します。

ATR SPORTタイヤ

インチサイズ(17インチ~20インチ)

激安タイヤでありながら、グリップ力がかなりあることが

人気のATR SPORTタイヤです。

安定したグリップ力とコーナリング性能を発揮し

スポーツ走行から街乗りまで幅広く使用できます。

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG(ナンカン)NS-2タイヤ

インチサイズ(14インチ~22インチ)

NANKANG S-2は、ドライグリップ性能とウェット性能に優れた

ナンカンのフラッグシップスポーティータイヤです。

機敏なステアリングレスポンス、スポーティーな運動性能と、

快適性がうまくバランスされ適度な静粛性も備えているタイヤです。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91タイヤ

インチサイズ(15インチ~20インチ)

PS-91は、優れたグリップ力を発揮するスポーティーストリートタイヤで

回転方向のあるV字型のパターンデザインが装着車両にスポーティーな印象を与えます。

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラ⇒ピンソタイヤPS-91

 

MAXTREK(マックストレック)INGENS A1タイヤ

インチサイズ(14インチ~20インチ)

INGENS A1(インジェンス )は、ドライ、ウェットどちらの路面においても

優れたグリップ性と操縦性を発揮し、ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

MAXTREK INGENS A1タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

アジアンタイヤの価格を見たらそのあまりの安さに、驚きます。

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

激安グリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤでした。

タグ

2017年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。

ATR SPORTはサーキットではどうなのでしょう?

タイヤサイズは215/45R17

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りが純正ノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでしたよ。

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、ここまでの値段の安さで

グリップしてくれるタイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。でした。

タグ

2017年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

安くてグリップ力があるアジアンスポーツタイヤ

安くてグリップ力があり人気のアジアンスポーツタイヤ

何といっても安さが魅力のアジアンタイヤですが

スポーツタイヤでも、静かさを求め進化し続けているのが

アジアンスポーツタイヤです。

グリップ力は、国産スポーツタイヤと同等のグリップ力を持ち

価格が激安ということもあり、人気の勢いは止まりません。

圧倒的な人気を誇っているのがATR SPORTです

ATR SPORTの試乗性能レビューは⇒コチラから

スポーツタイヤで人気急上昇中のタイヤが

Pinso TyresPS-91です。

Pinso TyresPS-91の試乗性能レビューは⇒コチラから

私もPS-91を履いてサーキットを走りましたが

充分楽しめるグリップ力を持ち、国産スポーツタイヤに

まったく性能で引けをとらないスポーツタイヤが

PS-91タイヤでした。

コチラを参考に⇒アジアンタイヤのスポーツタイヤ性能ランキング

スポーツタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

安くてグリップ力の高いアジアンスポーツタイヤでした

タグ

2017年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗性能評価レビュー

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)

タイヤサイズ(17インチ~26インチ)

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

さてDimax R8+というタイヤはどんなタイヤなのでしょう。

試乗してみました。

今回試乗したのは19インチなので、乗り心地が気になるところですが

どうなのでしょう。

一般道を走ってみると、静かさはピカイチです

乗り心地は、ちょっと硬さが目立ちますが、

いやな突き上げ感ではありません。

どちらかというと、スポーツに振っている硬さという感じです。

コーナーを攻めてみると、これがとってもイイ感じのグリップ力があるね!

う~ん、これは一般道では、性能が有りすぎるかも

という事で、高速道路へGOです

速度が上がっても、静かさは保っています

そして一般道では、ちょっと硬さが目立っていましたが

高速では、これがとてもイイ感じです。

そして直進性がこれまたイイです。

何しろ直進性の悪いタイヤは、高速道路は疲れるので!

このRADAR Dimax R8+タイヤは、どちらかというと

高速道路の方が得意かも、という事で

一番タイヤ性能が分かる、首都高へ

まず首都高の継ぎ目ですが、硬さは感じません

乗り越えた後の収まりががとてもイイです。

さてコーナーですが、切り初めの反応はOKとってもシャープです。

コーナーを攻めてみると、やはりかなりグリップ力ありますね。

スポーツタイヤのグリップ力はありますが

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にすると

ちょっと、リヤが抜けるかな、かなり過激な運転の事なので

一般的には、かなり優等生のタイヤには間違いありません。

トータル性能から判断すると、プレミアムタイヤまでは

行かない感じです。コンフォートスポーツタイヤが

RADAR Dimax R8+タイヤの性格でした。

でもトータル性能はかなり高いのは驚きました。

ココがスゴイ優れているというところがなく

タイヤ性能をトータルで持っているというタイヤでした。

どちらかというと、高速道路を良く使う方にオススメのタイヤです。

タイヤサイズが豊富で値段が安くてここまでの性能なら納得です!

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビューでした。

 

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ スポーツタイヤ

このページの先頭へ