ランフラットタイヤとは ランフラットタイヤのメリット・デメリット

ランフラットタイヤとは ランフラットタイヤのメリット・デメリット

外車のスポーツタイプのの車に純正採用されているランフラットタイヤ

ランフラットタイヤとは、どんなタイヤなのでしょう。

ランフラットタイヤとは

ランフラットタイヤを簡単に説明すると、空気圧がゼロになっても

一定の距離を走ることができるタイヤのことです。

つまりはパンクをしてもある程度の距離を走り続けることが

できるタイヤということになります。

ある程度の距離ですが、一般的には50km~100km程です。

パンクしてから空気が抜けはじめても、この距離が走れれば

ガソリンスタンド、カー用品店、ディーラーさん等に

たどり着ける距離を走れることにもなる訳です。

ランフラットタイヤ装着車には、必ずパンクした場合

ドライバーさんが分かるように、警告灯が点灯するようになっています。

このパンク警告灯は、2種類あって、各車輪の回転差を感知して

警告灯を点灯させるタイプと、ホイールの中に直接、

空気圧センサーを付け空気圧自体を監視しているタイプがあります。

どちらも、結果的にタイヤの異常をお知らせするので

どちらがイイということはありません。

空気圧センサー付きの方が、

システム的に値段が高いため、高級車に使われています。

ということで、ランフラットタイヤ装着車は

走行中、パンクに気づかないので、

パンク警告灯が備わっていることを

覚えておきましょう。

この警告灯、空気圧警告灯という呼び名もあります。

カーメーカーさんによってなので、どちらも空気圧が下がって

タイヤに異常があります、ということですよ。

安全装置が充実してきた今の車には

コンパクトカーでも、ほとんど備わっている警告灯の一つです。

ランフラットタイヤのメリット

ランフラットタイヤ最大のメリットはパンクしてもある程度の距離は走れることです。

それと、急激にタイヤが潰れることがないので、

操縦性が急激に悪化することがありません。

もし通常タイヤで一気にタイヤの空気が抜けてしまうと

車の制御ができず、事故を招く可能性がありますが

ランフラットタイヤは空気が一気に抜けても、

ある一定距離が走れる構造なので、

1)パンク時は安全性と安心感に繋がります

特に高速道路では、かなり有効なのがランフラットタイヤです。

高速道路で運悪く、パンクしてしまい、安全な場所に停車できず

後続車に追突されてしまう、もらい事故も回避で来ます。

なぜなら、次のサービズエリアまでの距離を走行可能だからです。

これは安全面に関しては、かなりメリットがあるのが

ランフラットタイヤです。

そしてもう一つのメリット、

2)スペアータイヤが要らないということです

スペアータイヤが要らないということは

その分、軽くなるし究極で言えば、

燃費が多少良くなることにもつながります。

スペアータイヤが要らなくなるもう一つのメリットが

3)トランクスペースを広く取れる

これは、車の使い勝手に関わりますが

スペースが広がることは、車にとって

多く物を詰めるということなので

メリットは大きいです。

4)燃費向上に多少繋がっています

スペアータイヤが要らないことで、ホイール付きの

タイヤ1本の重量が軽くなるため

多少燃費向上に繋がっています。

ランフラットタイヤのデメリット

一番気になるところですが、ランフラットタイヤは

イイことづくめではありません。

ランフラットタイヤのデメリットも知っておきましょう。

1)一般ラジアルタイヤより、乗り心地が悪化します

ランフラットタイヤは、一般ラジアルタイヤより

重量が重くなります。

専門用語で言うと、『バネした重量』が重くなる

⇒足の追従性が悪くなり、乗り心地が悪化するということです。

それ以上に、タイヤのサイドウォールが空気が抜けても

車重を支える構造になっているため、

とても乗り心地が悪い、硬いタイヤです。

乗り心地に関しては、かなりデメリットがあるのが

ランフラットタイヤです。

2)ランフラットタイヤは、パンク修理不可

ランフラットタイヤは、基本的にはパンクをしたら

新品ランスラットタイヤ交換に、交換しなければなりません。

パンクし空気が抜けた状態で走行中は、ランフラットタイヤの

内部構造を壊しながら、車の重量を支えています。

そのため、見た目は大丈夫でも、内部構造が

壊れているため、パンク修理不可ということになります。

3)ランフラットタイヤは、値段が高い

 

販売本数が、圧倒的に少ないため

ランフラットタイヤの価格は一般ラジアルタイヤより

値段が高いということです。

ランフラットタイヤが装着されている車の

ほとんどが16インチ以上のサイズなので

値段を聞くと、その値段の高さにビックリ

でも大丈夫です。

アジアンタイヤなら、ランフラットタイヤを

安く買うことができます。

ランフラットのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ランフラットタイヤの種類

値段を見たら、その安さに驚きます。

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ランフラットタイヤとは ランフラットタイヤのメリット・デメリットでした。

タグ

2017年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFT225/45R17

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFT 225/45R17

ランフラットタイヤも増えてきたけど

ランフラットのタイヤ交換は、めちゃ大変

普通のタイヤチェンジャーだとビートがなかなか落ちません。

でもコルギ―製のレバーレスタイヤチェンジャーだと

普通に外せて、組めるんだよね。

コルギ―製のタイヤチェンジャーでのタイヤ交換は

何度も写真をアップしているので

今回はパスしますね!

組み終わって、バランスを取って

S001RFT

おっと、ラベルに定価が入っています。

S001RFT 2

ランフラットタイヤって、メチャ高いですね(驚)

ランフラットタイヤって、パンクして空気が抜けても

ある程度の距離を、タイヤの内部構造を壊しながら

走れるタイヤなので、パンク修理は不可なんです。

パンクしたら必ずタイヤ交換になっちゃいます(泣)

新品 ブリヂストン ポテンザ S001 RFT 225/45RF17 91W ランフラット BRIDGESTONE POTENZA S001 RFT 225/45R17 225/45-17 夏タイヤ ※ホイールは付属いたしません。

価格:27,100円
(2016/6/16 14:10時点)

アジアンタイヤもランフラットタイヤが発売されています。

しかも価格が安いところが最大の魅力です。

アジアンランフラットタイヤのサイズと価格は

コチラから⇒ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ランフラットタイヤ ポテンザS001RFTでした。

タグ

2016年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ランフラットタイヤ 国産Sタイヤ

RE050Aランフラットタイヤ BMW ブリヂストンのランフラットタイヤ交換 

BMW ブリヂストンのランフラットタイヤ交換 RE050A RFTタイヤ

アジアンタイヤじゃないけど?

あッ・・・日本もアジアでした!

さて、もっとも交換が大変なランフラットタイヤ

普通のタイヤチャンジャーだと

どうしてもビート部を持ち上げる時

ホイールに当たってしまうので

タイヤレバーレスのコルギー製の

タイヤチャンジャーで交換です。

1.jpg

ランフラットタイヤって、

日本では必要ではないと思うんだけどね。

パンクしたら、タイヤ交換になっちゃうし

お財布に全然やさしくないタイヤです。

空気が抜けてもある程度の距離なら

内部構造が徐々に壊れながら走れるタイヤ

そのため、パンク修理不可なんです(泣)

普通のパンクならある程度走れるけど

サイドを切ったりしたら走れないし

スペアータイヤも積んでいないので

ローダーで移動するしかありません。

いざという時、スペアータイヤって

必要だと思うんだけどね!

2.jpg

さてタイヤ交換です。

サイズは255/40R17

3.jpg

やっぱりとてつもなく硬いですね。

4.jpg

タイヤを外して

5.jpg

エアーバルブを交換してランフラットタイヤを組みます。

6.jpg

もちろん人間の手では組めないので

機械まかせで

7.jpg

エアーを入れてバランスをとって

車に取り付けて終了で~す。

それにしても、ランフラットタイヤって

重たすぎ、取り付けるのも一苦労ですよ!

ポテンザRE050A RFTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ポテンザRE050A RFT

激安タイヤならオートウェイ

アジアンタイヤでも激安ランフラットタイヤが発売されています。

ここで価格を調べてくださいね!

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラからランフラットタイヤ

あまりの値段の安さに、驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年7月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ ランフラットタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ