NITTO(ニットー)タイヤ NT555 G2試乗評価レビュー

ニットータイヤNT555 G2に試乗

あまり知られていませんが、

TOYOタイヤの海外輸出向けブランドがNITTO(ニットー)タイヤです

米国でコアなファンに支持を受けていて、

デザイン性、革新性をコンセプトとした、

ラグジュアリースポーツカー向けの大口径タイヤが人気です。

その中で大人気だったNT555の後継タイヤが

NT555 G2です。

NITTO NT555 G2

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(17インチ~20インチ)

NT555 G2(エヌティーゴーゴーゴー ジーツー)は、

長らく人気を博したNT555に代わる

新世代のUltra High Performanceタイヤとして、

NT555のエッセンスを継承し、洗練されたアグレッシブな

トレッドパターンデザインとスタイリッシュな

サイドウォールデザインをもち、

NT555から操縦安定性とウェットブレーキング性能を向上し、

世代を問わないタイヤとしてハイエンドカーオーナーを魅了します。

というメーカーさんのセールストークです。

NITTO NT555 G2タイヤ試乗性能評価レビュー

サーキッ仲間が、なんとNT555 G2を履いて来たので

試乗性能評価レビーをすることに

車はなんと100系のツアラーVマニアル車で

タイヤサイズは225と245です。

エンジンパワーもかなり上げてあるので(汗)

NITTOのNT555は、履いたことがあるので

性能はバッチリ分かるけど、特に縦のグリップ力は

半端ではなかったタイヤでした。

NT555 G2に乗るのは初めてです。

さてNITTO NT555 G2の性能はどうなのでしょう

オーナーさんを助手席に乗せて試乗にGOです。

NT555 G2はプレミアムタイヤですが

この車、車高調が入っていてしかも

ショートサーキットにバネレートを合わせているので

ゴメンナサイ

静かさと乗り心地の評価は、まともにできません。

乗り始めですが、クラッチを切ると

シャリシャリ音、おいおい未だにクラッチ

ツインプレートかよォ~スタートに気を使います

そし一般道を走行してみると

思ったより静かなんだ~このタイヤ

コーナーを攻めてみると、何も起きないよね。

グリップ力はかなり高いです。

一般道ではNT555 G2のタイヤ性能は

分からないので、そのまま高速道路へGOです。

その前に、ETCカード変えないとね!

さてETCゲートを抜け、いつものインターの

スプーンカーブ速度を載せていくと

後半がキツくなるんだけど、タイヤも泣かず

すんなりと曲がってしまいました

そのあと減速し、シフトダウンしてセカンドから

フルスロットル・・・

あっと言う間にタコメーターがレブリミッターに

おいおいこの加速力でグリップしちゃうのかァ~

さすがNT555の後継タイヤです。

パワー的には360PS~380PSの間の加速力

ここまで来ると普通、グリップタイヤでもFR車はグリップを

失うのが普通ですが、NT555 G2はグリップしちゃいました

これは驚きです。

NT555はゼロヨンタイヤとしてはかなり有名でしたが

その縦のグリップ力は、NT555 G2にも健在のようです。

速度が上がると直進性はバツグンです。

そしてチョット驚いたのが、静かさです。

プレミアムタイヤの静かさとしては、下の方ですが

車高調が入っている車で、ここまで高速が静かとは驚きでした。

そしていよいよ首都高です。

どうなのかな?

路面の継ぎ目ですが、かなり硬いです

と言ってもバネレートが高い車高調なので

乗り心地の評価はできないかな(汗)

そのまま右コーナーで環状線に合流するはずが

コーナー途中で・・・ヤバイ・・・

コーナー途中なのにその先に、合流できない車が止まってる

マジか~・・・

ここで急ブレーキを踏めば、前荷重になり過ぎて

リヤがすっ飛んでいくし、

一瞬ブレーキを遅らせて直線を取ってブレーキの方が

安全だと判断し、急ブレーキ・・・

するとギリギリだと思っていましたが

このNT555 G2が助けてくれました。

ここまで急減速できるのか?

この縦のグリップはなに・・・

かなり危険な場面でしたが

縦グリップ力に、助けられ

ほんの少しの余裕までいただきました

だからグリップ力のあるタイヤって

安全なんだよな~って

つくづく思い知らされました。

それにしても急ブレーキのグリップ力には

驚きましたね!

さて、ゴメンナサイ

少しクラッチを減らしてしまうけど

ロケットスタートで無事合流し

コーナーテストです。

う~ん、グリップ力はかなりありますが

ダイレクト感がないんだよな~

タイヤの横剛性がもう少し欲しいといったところかな

これ贅沢な要望かも知れませんが

NANKANG NS-2Rや

NANKANG AR-1のような

コーナーに入ってから最大Gが掛かったところで

タイヤからのダイレクトな反発力が足りません。

ハイグリップタイヤのような横剛性はありません

でもプレミアムタイヤということを考えると

かなり高いグリップ力があるのは、分かりますが

プレミアムタイヤって、コンフォートの性能をもちながら

スポーツタイヤのグリップ力を持っているのが

プレミアムタイヤでしたが

このNT555 G2は考え方が違います。

プレミアムタイヤの範囲内での静粛性と乗り心地を保ちつつ

スポーツタイヤではなく、グリップタイヤの性能を兼ね備えた

新たなプレミアムタイヤなのかも知れません。

静かさと乗り心地はスポーツタイヤ並でいいけど

グリップ力は欲しいという方にはオススメのタイヤです。

このタイヤ、プレミアムタイヤとしては

トップクラスのグリップ力を持っていました。

とにかく縦のグリップは恐ろしいほどありますね。

ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT555 G2

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

NITTO(ニットー)タイヤ NT555 G2試乗評価レビューでした

 

タグ

2017年8月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NITTOタイヤ プレミアムタイヤ

BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能・評価・レビュー

ブリヂストン ポテンザS001、タイヤ性能・評価・レビュー

POTENZA S001 (プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ(18インチ~20インチ)

POTENZA S001(ポテンザ・エスゼロゼロイチ)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に

搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを

採用したことで、高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

ブリヂストン POTENZA S001、タイヤ性能・評価・レビュー

知人が、ポテンザS001を履いたので

試乗してみてと、

車はベンツのC180

 

タイヤサイズは225/45R18です。

RE050は良く乗るんだけど、S001は値段が高いから

滅多に乗る機会はないんだよね!

試乗の機会を頂きありがとうございます。

では試乗です。

車の性格も踏まえて試乗しないと、タイヤの評価にならないので

その点は気をつけないとね!

乗り初め、なるほど、18インチとは思えないほど静かです。

ますはいろいろな路面を走り回って、

なるほど~乗り心地はかなりイイですが

これ車のセッティングが大きく関係しているみたい。

この頃のベンツってリヤを多少柔らかめのセッティングにしてあるんだよね。

コーナーを攻めると分かるんだけど、リヤが付いてこないな~という感じを受けます。

が・・・このS001というタイヤは、グリップ力があるので

このリヤの弱さを、打ち消してしまいます。

ER050だと、おそらくリヤは流れ始めるレベルなんだけどな~

このS001って、かなり進化しているんじゃないのか

もしかして、グリップタイヤ並のグリップ力を

持っているかも知れません。

ということで、いつも通り、東名高速、そして首都高テストに

まずは、インターのきついコーナーを攻めてみると

なるほど、やはりグリップ力はあるね!

車のバネレートに対しては、ちょっとオーバースペックタイヤかも

さて高速に合流して、速度が上がっても

おいおいこのタイヤ、レグノかよ~

速度が上がると、普通はタイヤのパターンノイズは

大きくなるのが当たり前なんですが

結構タイヤのブロックが大きいパターンなんですが

とっても静かなのには驚きました。

さらに、驚きは乗り心地、本当に18インチなの??

車の性能の静かさを差し引いても、静かですね。

乗る前、タイヤのトレッドパターンを見て

スポーツタイヤだろうな~って思っていましたが

このS001というタイヤは、かなり高いレベルの

快適性を持っていますね!

さて首都高はどうなのか、路面の継ぎ目も半端ないし

路面も荒れている首都高ではどうなのでしょうか

ETCゲートを抜けて首都高に

やはりこのタイヤの快適性はスゴイの一言

さてコーナーですが、切り初めからダイレクト感が伝わってきて

とてもコントロールしやすいです。

もともと今のCクラスって、フロントが入る性格になっているので

余計にタイヤ性能がシビアに分かりますね!

そしてグリップ力ですが、これはスポーツタイヤの域ではありません。

これグリップタイヤでも通用するんじゃないかな

それほどグリップ力はありますね、コレには驚きでした。

確かにフロントのセッティングとリヤのセッティングが違いすぎるので

リヤが付いてこないという感覚がありますが

それでもS001というタイヤのグリップが強烈なので

不安感は無くなりました。

それにしても、黒70がブリヂストンタイヤを褒められるのは

いままではスタッドレスタイヤだけでしたが、

夏タイヤでもここまでの性能を持つタイヤがあったとは驚きです。

もっと一般夏タイヤにも、力入れてよ~

という感じを受けてしまいました。

どうしても、ここ10年のブリヂストンさんを振り返ると

ニーズを聞かず、性能を求めるんだったら

うちの高いタイヤを選んでよ、という感じの商売感が感じられたので

高くて性能がイイのは、当たり前だと思うんだけどね!

その性能を安く提供でき、ユーザーさんに喜んで使って頂けた方が

商売としては正解だと思うんだけれどな~と黒70は思っていま~す。

ちょっと、話がズレましたが、今回試乗したS001というタイヤは

プレミアムスポーツタイヤでした。静かさ、乗り心地、グリップ力

どれをとっても、レベルが高かったです。

ブリヂストン ポテンザ S001のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒POTENZA S001

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能・評価・レビューでした。

 

タグ

2017年1月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ プレミアムタイヤ

プレミアムタイヤ性能ランキング アジアン プレミアムタイヤ性能比較

アジアン プレミアムタイヤ性能ランキング プレミアムタイヤ性能比較

プレミアムタイヤは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされています。

プレミアムタイヤ性能ランキングでは、タイヤ性能評価の中の

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地で評価し、

この5つのトータル性能で試乗評価ランキングしています。

公開日:2016年05月28日

更新日:2017年08月17日

アジアン プレミアムタイヤ性能ランキング

1位 NEXEN N8000

試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN N8000

N8000

 

2位 NANKANG NS-20

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

 

3位 NEXEN N9000

試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N9000

4位 NEXEN N7000 Plus

試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN N7000 Plus

n7000plus

 

5位 NANKANG AS-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

トータル性能を追い求めた贅沢なプレミアムタイヤの試乗評価ランキングです。

タイヤ選びで、どれがイイのか迷ってしまうなら、プレミアムタイヤを選べば

間違いありません。

国産プレミアムタイヤは、かなり値段が高いので、値段で悩んでしまいますが

アジアンタイヤのプレミアムタイヤなら、国産プレミアムタイヤの

1/3~1/4の値段で買えてしまうので、

価格的にも魅力があると思います。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

アジアン プレミアムタイヤ性能ランキング!アジアン プレミアムタイヤ性能比較でした。

タグ

2016年5月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング プレミアムタイヤ

NANKANG AS-2 +(Plus) ナンカンAS-2+のタイヤ性能、感想レビュー!

NANKANG AS-2 +(Plus) ナンカンAS-2+のタイヤ性能、感想レビュー!

NANKANG AS-2+

インチサイズ(12インチ~19インチ)プレミアムタイヤ

NANKANG AS-2 +(Plus)

AS-2+(エーエスツープラス)は、乗り心地の良さに定評のあるコンフォートタイヤ

『AS-1』のグリップ性能を向上。

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させました。

AS-2+では、AS-2のコンパウンドを改良し、

乗り心地と静粛性をさらに向上させています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG AS-2+のタイヤデザイン

NANKANG AS-2+のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG AS-2+の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

このAS-2+タイヤ、なかなか試乗できる機会がなくて

でもようやく試乗できました。

NANKANG(ナンカン) AS-2 +(Plus)タイヤ試乗性能 評価レビュー!

乗り初めは、ほォ~かなり静かで乗り心地のイイ、タイヤです。

乗り心地もAS-1より、かなり改善されているようです。

コーナーを攻めてみても、切り初めの応答性から

切れ込みもイイ感じですね!

ここまでの性能なら、高速道路を走ってみないとね!

さてナンカンAS-2+の実力は?

インターチェンジのコーナーを抜けて

でもかなり横剛性あるね!

そのまま加速して合流

速度が上がっても、静かさを保っています。

縦のグリップもイイ感じです。

さて高速安定性は???

これも合格点ですね。

高速での乗り心地と静かさは、丸です。

そのまま首都高に入って

ココからなんだよな~何しろ首都高は

継ぎ目ばかりなので、ココの静かさと、突き上げ感が

とてもタイヤの評価がしやすいです。

さらにやっぱりキツイコーナーですね。

さてコーナーを攻めてみると

チョット横剛性が足りないかな~

高速道路だと、ナンカンNS-20の方が

コーナーでの性能は上です。

でも静かさはかなりのものです。

でもこのトータルタイヤレベルを考えると

このAS-2+は間違いなく

プレミアムタイヤレベルの性能を持っています!

本当はあまり期待はしていませんでしたが

かなりハイパフォーマンスなタイヤだったのには

驚きました。

プレミアムスポーツタイヤがNS-20で

プレミアムコンフォートタイヤがAS-2+というところが

正解だと思います。

ナンカンAS-2+のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒NANKANG AS-2+

NANKANG AS-2 +(Plus) ナンカンAS-2+のタイヤ性能、感想レビューでした

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ 台湾製タイヤ

REGNO GR-XI レグノGR-XIをV36スカイラインに装着!試乗

REGNO GR-XI プレミアムタイヤ性能・評価レビュー

ブリヂストンのレグノGR-XI、サイズは245/45R18です。

レグノGR-XI

国産タイヤは、オープンプライスだったけど

またラベルに定価が入るようになったみたいですね。

ブリヂストンが定価を入れてきたという事は

他のタイヤメーカーも定価が入るようになるんだろうな~

このレグノGR-XI、245/45R18の定価は

ラベルを見ると、なんと48276円・・・高い~

というところで、タイヤをホイールに組んで

サイドウォールはチョット硬くなったかな?

組み終えてから、V36スカイラインに装着です。

レグノV36

知人の車なので、試乗させてもらいました。

REGNO GR-XI、ブリヂストンのプレミアムタイヤの性能は?

まずは一般道です。乗り初めに感じたのがやはり静かさです。

乗り心地もとてもいい感じ、V36スカイラインの足廻りは

どちらかというとではな硬めのセッティングなんですが

このREGNO GR-XIは18インチなのに乗り心地はとてもイイです。

タイヤをホイールに組む時、サイドウォールが硬かったので

乗り心地はどうなんだろうと思っていましたが、

まったくサイドの硬さを感じさせません。

一般道を走り回り、驚いたのが、新品アスファルト路面の静かさには

驚きましたね。間違いなく今までのトップの静かさです。

そして路面の痛んでいるアスファルト、古く荒れた路面ですが

今回のレグノGR-XIは前のGR-XTと比べるとやはり進化していて

静かさが増していますね!

そしてもう一つの路面、テストする地域ならではなんですが

急坂が多いので、コンクリート路面で丸マークが付いている路面があるんですが、

この路面を走るとタイヤの静かさの性能がハッキリ分かります。

なぜか?ノイズ自体がもの凄い低周波ノイズなので、路面の継ぎ目等の

ノイズと同じなんです。という事で走ってみました。

ホォ~さすがレグノ、この路面でもかなり高レベルの静かさを発揮してくれました。

でも、この低周波ノイズの静かさは、確かに高いレベルで静かですが

ダンロップのサイレントコア(特殊吸音スポンジ)付の

ヴューロのほうが、低周波ノイズに関しては静かです。

さてこのまま高速道路にGO

速度が上がってくると、REGNO GR-XIの本領発揮かな

当然速度が上がってくると、走行ノイズは増えるハズなんですが

速度が上がれば上がるほど、高周波ノイズの周波数は高くなります。

今回のレグノGR-XIは、この高周波ノイズを見事に

聞こえない周波数にしているのか分かりませんが、とても静かです。

この静かさは、高速道路とは思えない静かさですね!これには参りました。

そして乗り心地もタイヤの追従性がイイ、これ車の足回り性能抜きの評価です。

タイヤが凹んでから元に戻るまでの速度が速い、

すなわち路面に対しての追従性がイイという事です。

それと直進安定性はバツグンでした。

コンフォートタイヤにありがちな、高速になるとちょっとフワフワ感がでて

直進安定性がイマイチのところが出るんですが、

レグノGR-XIはその点はしっかり腰のあるタイヤです。

さてそのまま首都高に入って、継ぎ目の音はやはり

ヴューロのほうが音を吸収してくれますね。

でも継ぎ目を乗り越える乗り心地は、レグノGR-XIのほうが

一枚上手です。

いよいよコーナーです。攻めてみると

コーナー入口で、リヤが跳ね上がる~

オッと・・・これV35スカイラインもそうでしたが

V36スカイラインも基本的な足回りは変わっていないので

もう少しリヤの減衰力の立ち上がり早くならないのかなァ~なんて

車の性能じゃなくて、タイヤの性能・評価でしたね(笑)

切り初めの反応は完全にスポーツタイヤレベルです、

さらにコーナー中、左足ブレーキで前荷重に持っていって

フロント外タイヤに大荷重をかけてもグニャリ感もありません、

おいおいこのタイヤ、ミニバンタイヤの技術も入れてあるのかァ~と

思うぐらい腰がありますね!

そして最大グリップですが、このグリップ力

グリップタイヤまでのグリップ力はありませんが

スポーツタイヤとしてみれば、かなり上位のグリップ力には

驚きました。

おっと・・コーナー中の感覚では専門的になっちゃいますが

シリカとブラックカーボンのイイ比率を見つけたのかな?

この感覚のタイヤって、おそらく、

ウエット路面でも、グリップ力が出るタイヤだと思います。

REGNO GR-XIタイヤの性能・評価は、

かなり高次元のタイヤ性能をうまくマッチングさせてる

贅沢なプレミアムタイヤでした。

最後に転がり抵抗、ECOタイヤ性能だけは

特にこれと言った感じはありませんでした。

レグノGR-XIのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒REGNO GR-XI

価格は高いですが、さすがブリヂストンの

プレミアムタイヤ、高次元でタイヤの性能を

まとめた高級タイヤです。

でも価格が高いと感じたら

アジアンタイヤでも高性能プレミアムタイヤが発売されています。

しかも価格が安いところが、最大の魅力です。

アジアンプレミアムタイヤのサイズと価格は

コチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

価格を見たら、その安さに驚くと思います。

REGNO GR-XI プレミアムタイヤ性能・評価でした。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タグ

2016年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ プレミアムタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ