ROADSTONE(ロードストーン)N blue ECO SH01タイヤ性能評価と特徴

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの特徴

ROADSTONE N’blue Eco SH01は、環境性能に優れたタイヤを目的に制作されたECOタイヤです。

知人がN’blue Eco SH01に履き替えたので、乗ってみてということで

試乗の機会を頂きました、ありがとうございます。

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤのデザイン

ROADSTONE N blue ECO SH01のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

N blue ECO SH01(エヌブルーエコ エスエイチゼロワン)は、

細かいトレッドデザインにより、排水性に優れ、

濡れた路面でも高い制動力と直進安定性を発揮します。

また燃費性能にも配慮されていますので、環境にもやさしいタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ROADSTONE N blue ECO SH01の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの性能評価レビュー

ROADSTONE N blue ECO SH01の性能は?

ECOタイヤなので、今回は、高速道路と首都高テストは無しということで

一般道のみのレビューです。

走ってみると、なるほど、静かで、乗り心地が良いタイヤですね。

突き上げ感もタイヤノイズも静かで、イイ感じです。

どちらかと言えば一般道では、コンフォートタイヤかなというのが感想です。

コーナーを攻めてみると、チョットグニャリ感があるかな

でもECOタイヤとは思えないほどグリップしてくれます。

ECOタイヤの特徴は、一定走行からアクセルを抜いた時の

減速度合いで、結構判断が付くんですよね。

今回はテストなので、60キロからニュートラルにして40キロになるまでの

タイムを計測します。

減速しないほどタイムが伸びることになります。

今まで試乗してきた、データーもあるので実際のタイムデーターで

どの程度のECOタイヤ性能を持っているかが分かります。

もちろん空気圧がとても関係するので、空気圧管理をしてからの測定です。

測定してみると、チョットビックリ、

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤの転がり抵抗係数は

ギリギリ「A」という結果に

今までECOタイヤをたくさん試乗テストして来ましたが

転がり抵抗係数の「A」は、乗ってみても

あまりECOタイヤの感覚が分からない程度なんです。

「AAA」になると、履き替えて走ると減速しないので、

アクセルを抜いてから、前の車との車間が迫ってきて

始めは、慣れないと危ないくらい減速しないんです。

それぐらい転がり抵抗が違うタイヤなんです。

「A」は、ほとんど感じられない程度なんです。

なので、確かに「A」はECOタイヤなのですが

それほど燃費には関係しない転がり抵抗なんですよね。

ROADSTONE N blue ECO SH01をECOタイヤとして選ぶと

期待外れになってしまうかもしれません。

ですが、ROADSTONE N blue ECO SH01というタイヤ

乗り心地と静粛性はピカイチのタイヤでそれにグリップ力も

あるタイヤなのには驚きました。

さすがNEXENタイヤのセカンドブランドだけのことはあります。

NEXENはもともとグリップ力が高いタイヤを作っていましたからね

その点は、さすがだな~っと思いました。

ECOタイヤとしては、まだこのぐらいかなと思いましたが

このROADSTONE N blue ECO SH01タイヤは、タイヤカテゴリーを

ECOタイヤじゃなくて、コンフォートタイヤとしたら

かなりレベルが高いタイヤだと思いました。

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒N blue ECO SH01

更新日:2019年07月21日

価格が安いので、満足度は高いと思います。

 

タグ

2018年12月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ ECOタイヤ

ガソリンの値段が高い~ならECOタイヤを選ぶ選択肢

まさかレギュラーガソリンがリッター150円時代に突入するとは

2018年、思っても見ませんでした。

政治がらみですが、これ一般人にはどうしようもない事なので

車は走ればガソリンを消費している訳ですから

ガソリンは入れざるを得ません。

あとリッター10円上がると、またあの時代の再来に

チョイ乗りは、車を使わず、自転車でということが

また来るのかな~と、思ってしまいます。

ガソリン代が高かった時代、ECOタイヤが高くても

燃費節約で、ECOタイヤが人気でしたが

ガソリンが安くなると、ECOタイヤを選ぶ方は

少なくなっていきました。

ですが、ガソリン代がここまで高くなると

燃費を気にされるからが、増えてくることは

間違いありません。

タイヤの転がり抵抗を減らしたECOタイヤの需要が増えると思います。

そこでタイヤ代まで抑えられる、アジアンECOタイヤの選択技も

また注目されると思います。

まだアジアンタイヤではECOタイヤは少ないですが

ECOタイヤランキングです。

コチラから⇒ECOタイヤランキング

ECOタイヤ選びの、参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2019年07月21日

ガソリンの値段が高い~ならECOタイヤを選ぶ選択肢でした!

 

タグ

2018年5月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ECOタイヤ

Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤ性能 評価 感想 比較 レビュー

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

ekonomisutoATR-K

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能

経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、

優れた燃費性能と経済性を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです

静かさもなかなかのタイヤで、不満は全くありません。

スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちない

これECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの

このがり抵抗かな、タイヤカテゴリーがスタンダードでしたが

ECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありません

コーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては

高いタイヤです。

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓ 

Econmist ATR-K

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年08月04日

Economist(エコノミスト) ATR-K タイヤ性能 評価 レビューでした!

 

タグ

2017年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ ECOタイヤ

NANKANG ECO2+(ナンカン エコツープラス)タイヤ性能 試乗 感想 評価レビュー

NANKANG (ナンカン)ECO2+タイヤ

nankang-eco-2

NANKANG ECO-2 +[Plus](エコ・ツー プラス)は、

ドライグリップ性能とウェット性能を重視したエコタイヤです。

4本の縦溝により排水性を高め、ハイドロプレーニング現象を抑えます。

センターブロックの強化により、高いコーナリング性能を発揮します。

また、ECO-2と比較し、コンパウンドを改良することでより燃費性能が向上しています。

というイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(ECOタイヤ)

インチサイズ(12インチ~19インチ)

NANKANG ECO-2 +のタイヤデザイン

NANKANG ECO-2 +のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ECO-2 +の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG ECO-2+タイヤ性能 試乗 感想 評価レビュー

ナンカンECO-2が進化してECO-2+になりました。

なかなか試乗できる機会がありませんでしたが

知り合いが、NANKANG(ナンカン)ECO2+を履いてくれたので

試乗することに(喜)

NANKANG ECO2は以前、レビューしましたが、

ちょっとECO性に掛けるかなと言ったところです。

でもタイヤの基本性能はバッチリだったので!

でもチョット腰砕け感があったり、少し不満点もありました

さてECO2からECO2+になって、どう変わったのでしょう?

試乗してみると、おッ・・・静かさは増していますね。

乗り心地はスタンダード、標準という感じです。

コーナーを攻めてみると、以前のECO2の不満点のグニャリ感と

腰砕けは改善されて、しっかりした感じで、気を使わなくて

走れますね。この改善はウレシイです。

さてECO性ですが、ある速度から、ある速度まで

ニュートラルで減速しタイムを計ります。

もちろん、毎回測定する道路は同じ道路ですよ(笑)

タイムが長くなれば長くなるほど、転がり抵抗が少なく

ECO性があるタイヤということになります。

誤差を少なくするため3回測定してみました。

今まで、国産ECOタイヤのデーターと照らし合わせると

ナンカンECO2+のエコ性能は

ラベリング制度の評価的に説明すると

AとAAの中間ですが、AA寄りという結果でした。

ナンカンECO2の時は、ギリギリAでしたが

今回のECO2+は、かなりECO性が上がり

転がり抵抗が少なくなっている結果ですね!

ECOタイヤなので、高速道路と首都高試乗テストまではしませんが、

街乗りではかなり快適でECO性のあるタイヤでした。

メーカーさんのセールストークとバッチリ合った感じですね!

ナンカンECO-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ECO-2+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年08月13日

アジアンタイヤ NANKANG ECO-2+タイヤの性能レビューでした!

 

 

タグ

2016年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ ECOタイヤ

アジアンエコタイヤ ランキング ECOタイヤ性能比較!

アジアンタイヤ エコタイヤ ランキング

アジアンタイヤからエコタイヤ(転がり抵抗低減、燃費性能の良い)タイヤ

アジアンタイヤのエコタイヤの性能は、どのぐらいのレベなのでしょう。

エコタイヤを試乗性能評価しています。

まだ日本のラベリング制度の中では

アジアンタイヤのエコタイヤはAランクですが

これからAAランク、AAAランクの省燃費アジアンタイヤも

発売されていくと思います。

今現在では、アジアンタイヤのエコタイヤは

まだ数が少ないので、アジアンタイヤだけではなく

国産タイヤもランキングさせて頂きます。

販売本数の多い順にランキングしています。

アジアンエコタイヤランキング

1位 NANKANG ECO-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG ECO2+

NANKANG ECO2+

 

2位 NEXEN N blue HD Plus

試乗感想レビューはコチラ⇒NEXEN N blue HD Plus

 

3位 HIFLY HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒HIFLY HF201

HIFLY HF201

 

4位 BRIDGESTONE Ecopia EP150

試乗感想レビューはコチラ⇒BRIDGESTONE Ecopia EP150

BSECOOPIA

 

5位 GOODYEAR GT-Eco Stage

試乗感想レビューはコチラ⇒GOODYEAR GT-Eco Stage

GTecostage

公開日:2016年06月19日

更新日:2019年08月11日

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ECOタイヤランキング!ECOタイヤ性能比較でした!

 

タグ

2016年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング ECOタイヤ

このページの先頭へ