ROADSTONE CP672タイヤの特徴と性能評価

ROADSTONE(ロードストーン)CP672タイヤの特徴

ROADSTONEタイヤCP672

 

ROADSTONE(ロードストーン)は、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されています。

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

ROADSTONE CP672(シーピーロクナナニー)は、

静粛性、快適性、デザイン性に優れたハイパフォーマンスコンフォートタイヤです。

燃費性能、高速安定性、耐久性にも優れています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~18インチ)

ROADSTONE CP672のタイヤデザイン

ROADSTONE CP672のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ROADSTONE CP672の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ROADSTONE CP672のタイヤ性能評価レビュー

トレッドパターンを見ても、ブロックが細かいデザイン

これは、コンフォートタイヤである証です。

さて試乗してみると、かなり静かな印象を受けます。

速度を上げて行っても、その静かさは保たれますね。

乗り心地もすごくマイルドで、ゴツゴツ感はまるでありません。

乗り心地と静かさはかなりいいレベルで、マイルドです。

国産コンフォートタイヤに引けを取らないレベルです。

さてコーナーを攻めてみると、ちょっとビックリ、

このクイック感と剛性は何?

タイヤをホイールに組む時は

ROADSTONE CP672ってサイドウォールが凄く柔らかくて

これだと横剛性がなさそうと思いましたが、

走ってみると、横剛性もあり、ステアリングレスポンスも

1テンポも遅れることなく気持ちよく曲がって行ってくれます。

どちらかというと、プレミアムタイヤと言われても

分からないレベルのタイヤかも!

プレミアムタイヤだと、やはり高速でのグリップと静かさが

絶対条件ですけどね。ということで、

東名高速を通ってそのまま首都高にGOです

速度が高速になると、やはりプレミアムタイヤとの差がでますね。

気にならないレベルですが、パターンノイズが入ってきます。

ちょっと書けない速度ですが(汗)

通常の速度なら合格点ですよ!

さていよいよ高速コーナーですが、

コレがまたキレイに曲がってくれます。

グニャリ感も抑えられているのにはビックリ

ならばと思ってコーナー中に左足ブレーキで前荷重にしたり

イロイロ試したましたが、横剛性とグリップもマルです。

ホォ~このROADSTONE CP672って、初めて乗りましたが

どちらかというと、プレミアムタイヤのレベルです。

ネット上の評価の中で、高速性能はあまりよくない評価でしたが

実際乗ってみると、高速性能はかなり高い結果でした。

やはりタイヤって実際乗ってみないと性能は分かりませんね!

乗り心地と静粛性は抜群です。静かさを求める方には

オススメなタイヤです。

ROADSTONE CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ROADSTONECP672タイヤ性能 評価 感想レビューでした!

 

タグ

2018年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ コンフォートタイヤ

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価と特徴

ROADSTONE N5000Plusタイヤの特徴

NEXEN N5000Plusが減ったので、ROADSTONE N5000Plusに

履き替えましたと知人が乗ってきました。

試乗してみてと・・・ありがとうございます感謝感謝です。

なんだかこの頃、ROADSTONタイヤを乗る機会が多くなっているような気がしますね!

タイヤカテゴリーはコンフォートタイヤです。

ROADSTON N5000Plusタイヤデザイン

ROADSTONE N5000Plusのトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤは、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)の

セカンドブランドとして、主に欧米市場に販売されています。

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

ROADSTON N5000 PLUS(エヌゴセン プラス)は、剛性ブロックにより、

高速走行安定性と操作性が向上しました。

また、均整のとれたブロック設計とトレッドデザインにより耐久性の向上、

静粛性が向上し、快適な乗り心地を提供します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

N5000Plusタイヤの実力はどうなのでしょう。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・一般道レビュー

今回試乗したタイヤは18インチなのですが

乗り心地と静かさは驚きますね!

18インチになると硬さと、ロードノイズは多少犠牲になるのが普通ですが

このN5000Plusは、本当に18インチなのというぐらい乗り心地と静かさはイイです。

一般道なら充分満足できるタイヤです。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・高速道路レビュー

次に高速道路のレビューです。高速道路の合流手前からフル加速、

縦のグリップはかなりありそうです。

合流してからすぐにETCゲートを通過して、今度はゆっくり加速で

ロードノイズのチェックです。

速度が上がっても、N5000Plusは静かです。

乗り心地もとてもイイです。が、一つ気になるところが・・・

車線変更時ちょっとステアリングを速く切ってみると

切り始めはスムーズなのですが、戻しの動作になると

おさまりが悪い、なんだか16インチに乗っているような感じを受けます。

あれ?これ18インチだよな~

まあ普通に走れば確かに快適に走れるのですが!

首都高を走ればおそらくハッキリ分かると思います。

ROADSTONE N5000Plusタイヤ性能評価・首都高速レビュー

ETCゲートをさらに通過し、今度は首都高へ

継ぎ目の段差を何度も乗り越えた感想は、柔らかいというのが感想です。

さてコーナーを攻めてみると、確かにグリップ力はあるのですが

コーナー出口に向かって、ステアリングを戻したとき

外タイヤの荷重が抜けた時の剛性のなさが目立ちますね。

おさまりが悪いというか、特にS字のコーナーは気をつかいます?

タイヤが荷重負けをしている感じを受けてしまいます。

なんだか、18インチとしては、動きが納得できないな~

確かに普通に運転すれば普通なんですが

攻めた時の動きが・・・

もしかしてコレ・・・

オーナーさんが助手席に乗っているので

聞いてみました。これエアー圧分かる?

オーナーさんから即答で240Kpaと・・・

マジか~なるほど、それが原因ね!

おそらくタイヤが暖まっているから260Kpaぐらいになっていると思うけど

18インチでこの空気圧では、グニャリ感が出るよね。

これだとタイヤ性能は出ません。

う~ん、ゴメンナサイ、今回の高速評価は失敗です。

やはり評価に出る前は、エアーを必ずチェックしてからじゃないと

行けませんね、反省です。

ですが、かなり静かさに振ったタイヤということだけは、確認できました。

知人にも、今回は試乗させていただきましたが、

正しい評価が出来なかったこと、申し訳ありません。

また時間が合った時、評価させていただきたいと思います。

ROADSTONE N5000Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N5000 Plus

 

タグ

2018年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ コンフォートタイヤ

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

アジアンタイヤの中で、静粛性が高く乗り心地の良いタイヤをまとめました

静かで乗り心地の良いタイヤは、タイヤカテゴリーの中ではコンフォートタイヤと呼ばれています。

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価し、まとめています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗しタイヤ性能を評価した

実際に試乗したタイヤ性能評価にリンクしています。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

NANKANG RX615

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG RX615

 

NANKANG AS-1

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG AS-1

 

HIFLY HF201

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ HIFLY HF201

 

RADAR RPX10

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ RADAR RPX10

ROADSTONE CP672

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ ROADSTONE CP672

 

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価です。

それぞれのコンフォートタイヤは、新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

タイヤ選び、タイヤ交換の参考にしていただければ、うれしいです。

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探しでした。

タグ

2018年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業

MOMO OUTRUN M3が来たのでホイールに組込みました

MOMO OUTRUN M3、イタリヤの技術で中国で生産することで

低価格を実現し大人気になっているアジアンタイヤです。

ステアリングでは認知度が高いMOMOですが

まさかMOMOがタイヤを作っていたなんて

私もMOMOタイヤを知ったのは、数年前でした。

タイヤカテゴリーはコンフォートタイヤで、静かで乗り心地の良いタイヤです。

トレッド面の美しさはもちろんですが、なんと言っても

タイヤサイドのデザインが人気の秘密なのかも知れません

MOMOのロゴが目を引きます。

とにかくサイドの仕上がりまでこだわって作ってあることが

人気なのかもしれません。

これだけの仕上がりのタイヤですが、なんと言っても

値段が安いということが、最大の魅力です。

国産車よりベンツ、BMWに履く方がとても多いです。

以前、MOMO OUTRUN M3の試乗評価はしています。

このタイヤの性能はバッチリで、大きいインチサイズでも

乗り心地を損なわないように、研究されているタイヤだということが

良く分かりました。

これだけの性能を持ち、見た目の仕上がりまでいいタイヤが

こんなに安く買えるなんて、ちょっと信じがたいのですが

実際の価格を見たら、その安さに驚くと思います。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>MOMO OUTRAN M-3

この頃は認知度が一気に上がってきて大人気になってきています。

それは、これだけの性能を持つタイヤが

こんなに安く買えるんですから!人気になるのも分かります。

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業でした!

タグ

2018年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ コンフォートタイヤ

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探し!静かで乗り心地の良いタイヤ

アジアンタイヤのコンフォートタイヤをお探しのあなたに

アジアンタイヤの中でもコンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

アジアンタイヤのコンフォートタイヤは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

アジアンタイヤ試乗評価し、ご紹介します。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのコンフォートタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンコンフォートタイヤ探し、おすすめタイヤ

NANKANG RX615

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

nankang rx615

NEXEN CP672

ネクセンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN CP672

NEXEN-CP672

NANKANG AS-1

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1
nankangas1

Corsa 2233

コルサタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ Corsa 2233
corsa2233

HIFLY HF201

ハイフライタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

hiflehf201

RADAR RPX10

レーダータイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX10

RPX10

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価をして

コンフォートタイヤとしての性能が良かった順に、ご紹介いています。

それぞれのコンフォートタイヤ評価は、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探しでした!

タグ

2018年9月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

このページの先頭へ