アジアンタイヤのプレミアムタイヤ探し

アジアンプレミアムタイヤはタイヤメーカーの実力が分かる最高峰のタイヤです。

タイヤ性能評価の中でタイヤ性能バランスが高性能でなければなりません。

たとえば、グリップ力が高いけど、摩耗が早いとか、ドライ路面の性能は良いけど

ウエット路面の性能が悪いとかでは、プレミアムタイヤとしての性能が確保されていません。

この基準はタイヤメーカーさんごとに違うので、いざタイヤを試乗してみると

このタイヤをプレミアムタイヤとして販売してしまうのかというタイヤメーカーさんのタイヤもあれば

この性能なら、コンフォートタイヤではなくプレミアムタイヤレベルでしょうというタイヤもあります。

国産タイヤメーカーさんのプレミアムタイヤを例にあげると

ブリヂストンさんなら、レグノシリーズ、ヨコハマタイヤさんならdB(デシベル)シリーズ

ダンロップタイヤさんならヴュ―ロシリーズですが、さすがに国産プレミアムタイヤは

値段が高いところが、買いたくても買えない理由ではないでしょうか!

プレミアムタイヤとは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされている訳です。

アジアンプレミアムタイヤ探しでは、タイヤ性能評価の中の

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地で評価し、

この5つのトータル性能で試乗評価し、おすすめタイヤをご紹介しています。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ探し、おすすめタイヤ

ROADSTONE N8000

ロードストーンの試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTONE N8000

 

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N8000

 

NANKANG NS-20

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

 

NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカン AS-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-2+

 

NEXEN N7000 Plus

ネクセンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN N7000 Plus

n7000plus

ネクセン N7000Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN N7000Plus

 

NANKANG NS-25

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-25

 

ナンカンNS-25のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-25

トータル性能を追い求めた贅沢なプレミアムタイヤの試乗評価ランキングです。

国産プレミアムタイヤは、かなり値段が高いので、値段で悩んでしまいますが

アジアンタイヤのプレミアムタイヤなら、国産プレミアムタイヤの

1/3~1/4の値段で買えてしまうので、価格的にもとても魅力があると思います。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

タグ

2018年9月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探し

アジアンタイヤのコンフォートタイヤをお探しのあなたに

アジアンタイヤの中でもコンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

アジアンタイヤのコンフォートタイヤは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

アジアンタイヤ試乗評価し、ご紹介します。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのコンフォートタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンコンフォートタイヤ探し、おすすめタイヤ

NANKANG RX615

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

nankang rx615

NEXEN CP672

ネクセンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NEXEN CP672

NEXEN-CP672

NANKANG AS-1

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1
nankangas1

Corsa 2233

コルサタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ Corsa 2233
corsa2233

HIFLY HF201

ハイフライタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

hiflehf201

RADAR RPX10

レーダータイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX10

RPX10

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価をして

コンフォートタイヤとしての性能が良かった順に、ご紹介いています。

それぞれのコンフォートタイヤ評価は、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探しでした。

タグ

2018年9月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

NITTO NT555 G2タイヤ19インチ性能評価

今までNITTO NT555を履いていた知人が

今回はNITTO NT555G2にタイヤ交換です。

以前NITTO NT555G2の性能評価をしていますが

今回は19インチなので、乗り心地と静かさはどうなんでしょう。

タイヤサイズはフロントが225/35R19

リヤが265/30R19です。

さてNT555からNT555G2にタイヤ交換をして

試乗してみました。

NITTO NT555G2一般道の性能評価です

19インチの高偏平タイヤなので、乗り心地が悪いのかな~と

思っていましたが、違和感なく乗れますね。

そして驚くのは、19インチなのに、とても静かです。

普通19インチ20インチになると、パターンノイズが気になるのは

当たり前のハズなのですが、NT555G2はとても静かです。

さてコーナーですが、NITTO NT555でもそうでしたが

一般道の速度では、速度域が低すぎて評価できないので

そのまま高速道へ

NITTO NT555G2の高速道路評価です

一気に速度を上げて行くと、これまた19インチなのに静かですね。

多少パターンノイズは大きくなりますが思っていた以上に静かです。

トレッドパターン的にはブロックが大きくうるさくなるんじゃないかな~と思っていましたが!

もしかしてこのNT555G2って、かなりレベルの高いタイヤかも

直進安定性も抜群です。

レーンチェンジもさすが19インチ、クイックですね。

グニャリ感は、全くありません。

NITTO NT555G2の首都高速評価です

首都高に入ると、さすがに継ぎ目の段差で突き上げ感が出ますね。

でも19インチを考えれば、乗り心地は良いです。

さて一番気になるコーナーですが、切り始めからとても反応がイイです

リヤタイヤの太さもありますが、リヤの安心感があって

とても運転しやすいです。

しかもグリップは、かなりあります。

タイヤのカテゴリー的にはスポーツタイヤではなく

グリップタイヤのグリップがありますね。

コーナーを攻めている時、切り込んでもラインを外すことなく

イメージ通りに曲がってくれるし、限界はどこ???

という感じです。

静かで、ここまでグリップするタイヤとは、

NITTO NT555G2の完成度の高さを思い知らされました。

ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NITTO NT555 G2

NITTO NT555 G2タイヤ19インチ性能でした。

 

タグ

2018年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ プレミアムタイヤ

NANKANG NS-2Rタイヤが減ったので、リピート交換です。

NANKANG NS-2Rが摩耗でヤバイ状態になったのでタイヤ交換です。

次はどのタイヤがイイかなと思いましたが

このNANKANG NS-2R一度履くと

やっぱりこのグリップと横剛性は、たまりません。

NANKANG NS-2Rをリピートです。

これだけグリップして激安なんですから

迷うことはありませんでした。即注文でした。

ということで、JZA70スープラをリフトアップし

タイヤ交換です。

注文したのはコレ、NANKANG NS-2R

今回はフロントのみです。

235/45R17のタイヤサイズ2本で

20,000円で、お釣りがきちゃうんですから

激安で感謝感謝、うれしいです。

サーキット仕様なので、キャンバーが多く付いているので

タイヤの内側がヤバイ状態に

トレッド面のゴムが2重になっているんですが

内側のゴムが見えています。

コレを超すとワイヤ―が見えるんですよね。

バーストする前に交換です。

タイヤチャンジャーにセットして

上側のビートを外します。

お疲れになった、NANKANG NS-2Rです。

下側のビートを外してタイヤを外します。

タイヤが外れました。

後はエアーバルブを交換して、タイヤを組みます。

組み上がりました。

あとはエアーを入れて

ホイールバランスを取って

JZA70スープラに取付て

作業終了です。

さて走ってみると

あれ?こんなに静かだったっけ?

そうなんです。新品時は結構静かなんですよね。

ゴム質が柔らかいということもありますが、

摩耗とともに、年月が経つと

うるさくなってきます。

おいおい、新品タイヤのグリップ力は

半端ではありません。

そういえば、初めてNANKANG NS-2Rを履いた時も

この感覚だったよな~

徐々にタイヤ性能が落ちていくので

分かり辛いですが、新品タイヤに変えると

その性能差には、驚きますね。

グリップ力がまるで違います。

とっても満足です。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

NANKANG NS-2Rタイヤが減ったので、リピート交換です。でした

 

タグ

2018年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ グリップタイヤ サーキットタイヤ

アジアンタイヤのスポーツタイヤ探し

アジアンタイヤのスポーツタイヤを探しましょう

グリップ力が欲しいけど、ある程度の静かさも欲しいというニーズに

答えられるのがスポーツタイヤです。

確かに昔のスポーツタイヤは、うるさかったです。

そして悩みどころが値段が高いというところ!

安くてグリップするタイヤは無いのか?この悩み結構ありますよね。

グリップするタイヤは値段が高いが常識でした。

でもアジアンタイヤの試乗テストをしてみると

価格が安くても充分楽しめるスポーツタイヤがあることに気づきました。

アジアンタイヤのスポーツタイヤはグリップ重視のタイヤでした。

でも今では、静粛性も求められ、かなり静かなアジアン スポーツタイヤに

進化しています。

スポーツタイヤとは⇒ 『楽しむ・競技のタイヤ』という意味になりますが

市販タイヤに関してのスポーツタイヤは、楽しむタイヤを重視しています。

峠道を楽しんだり、車をコントロールして楽しむタイヤということです。

それぞれのアジアンスポーツタイヤの試乗レビューは、今まで試乗テストをし

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

さらにアジアンスポーツタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ。

アジアン スポーツタイヤ性能比較

Pinso Tyres PS-91

ピンソタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ピンソタイヤPS-91

 

ATR SPORT

ATR スポーツタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

 

NANKANG NS-

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

ATR SPORT2

ATR スポーツ2タイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラからATR SPORT2

新たなアジアンスポーツタイヤが発売されたら、試乗テストをし

タイヤ性能のレビューをしていきます。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤのスポーツタイヤ探しでした。

 

タグ

2018年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ

このページの先頭へ