NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビュー

NEUTON NT5000タイヤサーキット性能レビュー

NEUTON NT5000

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

2006年に設立されたタイヤブランドNEUTON(ニュートン)

80カ国以上の国で販売、すべての国で高い評価を得て支持されています。

同社は、モータースポーツで磨いた安全性と静粛性に優れた高品質タイヤをユーザーに提供するため、

最新技術を駆使し商品開発を行っています。

NT5000は、4本の縦溝と独自のシリカ配合物を調合することにより、

ハイドロプレーニング現象を軽減、排水を強化し、ドライバーの安全性を高めます。

というメーカーさんのセールストークです。

NEUTON NT5000タイヤデザイン

NEUTON NT5000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEUTON NT5000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NEUTON NT5000タイヤ サーキット試乗性能レビュー

なんだか、まったく知らなかったタイヤメーカーですが

サーキット試乗タイヤ性能レビューです。

値段を聞くと、全くやる気が出ない価格の安さですが(笑)

大丈夫なのか~このタイヤ・・・

サーキットは、一般公道と同じアスファルトを使っている

ヒーローしのいサーキットです。

気温は6度、この温度だと、タイヤは基本データー的に

グリップする温度ではありません。

さて走り始めて、あれ・・・このタイヤ

この低温からでも結構グリップするのか~

ちょっと驚きです。

3周目を過ぎてからタイムアタック

激安タイヤと聞いていましたが

結構グリップありますね!

5周目あたりから、イイ感じになってきました。が?

ヘアピンとS字を抜ける時に違和感が・・・

このタイヤ、タイヤが倒れるぐらいのグリップあるのかい~

タイムを見ると51秒前半~50秒後半でしたが

ヘアピンとS字のタイムを上げないと50秒切りは無理だよな~

ということで、ピットイン

エアー圧を計ると、280Kpa

あの倒れ方だと思わず雰囲気的に320Kpaまで上げて~と

叫んでしまいました。

その後の走行は、とってもイイ感じで走行できました。

グリップタイヤに入る50秒を切ることができました。

このタイヤエアー圧がキモですね。

横剛性が弱い分、空気圧を上げないとタイムが出ません。

それにしても、この安さで、これほどのタイムが出るとは

ウレシイの一言です。

NEUTONタイヤというタイヤメーカー

歴史がまだ浅いタイヤメーカーさんですが、

タイヤ技術はスゴイと思い知らされました。

NEUTON NT5000のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

NEUTON NT5000タイヤサーキット試乗性能レビューでした。

 

タグ

2018年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEUTONタイヤ スポーツタイヤ

NEUTON NT5000タイヤ試乗性能レビュー

NEUTON(ニュートン)タイヤの特徴

2006年に設立されたタイヤブランドNEUTON(ニュートン)

タイヤメーカーとしては、まだ新しい会社ですが

80カ国以上で販売され、急速にファンを増やしています。

顧客からのニーズに対して高い価値を提供する為、

日々リサーチ、商品開発を行っているタイヤメーカーです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NEUTON NT5000

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

NT5000は、4本の縦溝と独自のシリカ配合物を調合することにより、

ハイドロプレーニング現象を軽減、排水を強化し、ドライバーの安全性を高めます。

というメーカーさんのセールストークです。

NEUTON NT5000タイヤデザイン

NEUTON NT5000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEUTON NT5000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NEUTON NT5000タイヤの試乗性能レビュー

始めて試乗するタイヤブランドのNEUTON、

タイヤ性能はどうなのか?

今回知人がNEUTON NT5000を履いてきてくれたので

試乗タイヤ性能テストさせていただきました。

ご協力ありがとうございます。

NEUTON NT5000一般道レビュー

乗り始めの感想は、多少ゴツゴツ感はありますが

静かなタイヤというイメージです。

速度を上げても静かさは保たれますね。

コーナーを攻めてみると、なかなか切り始めからの

反応はイイ感じでグリップもありそうです。

一般道ではまったく不満なく走れるタイヤですね。

NEUTON NT5000高速道路レビュー

それでは高速道路へGOです。その前にETCカードを変えないとね。

ETCゲートを抜けて、いつものキツイコーナーを攻めてみると

スポーツタイヤの範囲内のグリップ力という感じです。

ダンロップのあのタイヤに性格似てるかも(笑)

さて高速の合流手前から速度を上げて行くと

コンフォートタイヤまでの、静かさはありません。

ちょっと高速域では、パターンノイズが大きくなりますが

スポーツタイヤとしては、静かな部類に入ります。

乗り心地は少し硬いですが、スポーツタイヤとして見れは

柔らかめです。直進安定性は、特別スゴイという感じではありません。

普通と言ったところです。レーンチェンジは初期の反応がイイので

とっても、走りやすいタイヤです。

NEUTON NT5000首都高レビュー

タイヤ性能が一番よくわかる、段差たっぷりな首都高ではどうなのでしょうか?

継ぎ目の段差を何度も乗り越えてみると

多少突き上げ感がありますが、収まりはイイです。

コーナーでは、切り始めの反応はとても良く

フロントの向きを素早く変えてくれるので

運転しやすいタイヤです。

さてコーナーを攻めてみると、確かにグリップ力はありますが

グリップタイヤまでのグリップ力はありません。

スポーツタイヤとしてみれば十分なグリップ力はありますが

もうチョット横剛性が欲しいところです。が?

S字を抜けて気が付きました。このタイヤ、タイヤが倒れるほどの

グリップ力あるんだということに(驚)

でもリヤを無理やり流そうとコーナー中、左足ブレーキで前荷重にしても

なかなか流れないほどのグリップを持っているとは驚きました。

流れてからのコントロール性はバツグンですし、

トータル評価ですが、グリップもありますが

このタイヤは、コーナーで倒れないエアー圧を見つけると

かなりスポーツタイヤを超え、グリップタイヤとしての実力があるんじゃないのかと!

トータルバランスが良く出来ているタイヤなので、この性能なら

まだ歴史が浅いタイヤブランドですが

80か国以上で販売され、人気がでるのも分かるような気がします。

技術力はかなり高いタイヤメーカーだということが、分かりました。

NEUTON NT5000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEUTON NT5000

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NEUTON NT5000タイヤ試乗性能レビューでした。

追伸

NEUTON NT5000のウエット路面を

走る機会がありましたのでウエット性能テストです。

ウエットグリップで、よくわかるのが

実は白線上が一番よく分かります。

アジアンタイヤはウエットに弱い傾向がありますが

NEUTON NT5000は、ウエットは国産タイヤ並に

強いです。これにはチョット驚きました。

NEUTON NT5000タイヤ試乗性能レビューでした!

 

タグ

2018年5月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEUTONタイヤ

このページの先頭へ