アジアンタイヤ最強のグリップを誇るNANKANG AR-1のラインナップが増えました

NANKANG AR-1のサイズラインナップが増えました

サーキット走行 走り屋さんにウレシイ情報です。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが21種類に増えました。

セミスリックタイヤ(Sタイヤ)を履いたことのある方なら

このAR-1のタイヤパターンを見れば

一般のハイグリップタイヤとは、違うということが、お分かりいただけると思います。

アジアンタイヤの中では、間違いなくグリップ力はTOPです。

しかもNANKANG AR-1はグリップの凄さはもちろん

さらに値段が安いのが一番の魅力かもしれません。

うれしいことにAR-1のラインナップが21種類まで増えました。

これでほとんどの国産車、サーキットを楽しめる車の

タイヤサイズラインナップが発売されたことになります。

NANKANG AR-1のタイヤデザイン

NANKANG AR-1のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

走り屋さんにとって、うれしい限りです。

国産のSタイヤは、値段が高くて買えない

これが本音ではないでしょうか

私もサーキット走行会ごとに、国産のSタイヤを買っていましたが

サーキットをトータル4時間でSタイヤは終わってしまい

その都度、タイヤ代で約16万円というお金を払っていました。

さすがに、続きません。

このNANKANG AR-1ですと、国産Sタイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまいます。

これがどれだけ、うれしい事でしょう。

本当に助かります。

そしてグリップ性能も、もの凄いです。

Sに引けを取らないぐらいグリップします。

でもイイところだけではありません。

サーキットを楽しむ方のみ、オススメのタイヤです。

なぜか、乗り心地、静かさなどの快適性は全くないタイヤですので

快適性なんかいらない、グリップ最優先の方にオススメなタイヤが

NANKANG AR-1というタイヤです。

レース用のコンパウンドを使っているので

タイヤの摩耗も早いので、一般道のみの方には

メリットはありません。

サーキットを楽しむ、峠を楽しむ方には

待ちに待った、ハイグリップタイヤです。

 

ナンカンAR-1のサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

走り屋さんのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えましたでした。

タグ

2018年6月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ グリップタイヤ サーキットタイヤ

NANKANG NS-2とNS-20のウエット路面性能比較レビュー

NANKANG NS-2とNS-20の雨路面性能比較レビュー

ウエット路面を走る機会があったので、ウエット路面テスト性能比較してみました。

一般道ですが、ウエット路面の場合、白線に乗ると

ウエットグリップ力が良く分かります。

白線の上は、アスファルトよりウエットになると

かなり摩擦係数μが減るので!

ウエット路面を走行テストして見ると

さてどちらがウエット路面が強いのでしょう?

タイヤのトレッドパターンはこんな感じ

コチラがNANKANG NS-2

そしてこちらがNANKANG NS-20

どちらも回転の方向性のあるトレッドパターンで

ウエット路面には強そうですが、実際のところはどうなんでしょう。

実際にウエット路面を走行テストして見ると

この差は歴然、ウエット路面に強いのはNS-20です。

NS-20はかなりレベルが高いウエット性能です。

NS-2はどちらかというと、ウエット路面は弱いレベルですね。

NS-2の方は、国産のエコタイヤが発売された時ぐらい、ウエット路面は弱いです。

大雨時ではなかったので、トレッドパターンというより、コンパウンドの違いにより

ウエット路面は、滑りやすいという感じです。

ドライグリップがあるから、ウエットもグリップするだろうと

思ってしまうと大間違いですね。

ドライ路面のグリップ力は、もの凄くあるのに

ドライ路面からウエット路面に変わった時は、タイヤの性格が

一気に変わるので、注意が必要ですよ。

NANKANG NS-2とNS-20のトータル評価比較

ドライ路面のコーナーを楽しく走るなら、NS-2です。

高速道路を快適に走るなら、NS-20でしょう。

どちらのタイヤも、ドライグリップはスポーツタイヤの性能を持っています。

ただしウエットに関しては、NS-2は要注意です。

国産ECOタイヤの出始めの時のECOタイヤもウエット路面の

グリップは悪かったのですが、そのぐらいNS-2はウエット弱かったです。

ウエット路面になったら、速度を落として、走行しましょう。

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

タイヤ選び参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2とNS-20のウエット路面タイヤ性能比較でした。

ドライ路面の性能比較はコチラから⇒NANKANG NS-2とNS-20性能比較

ぜひ、参考にしてくださいね!

タグ

2018年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

NANKANG NS-2とNANKANG NS-20の性能比較レビュー

NANKANGタイヤのNS-2とNS-20の性能比較

NANKANG NS-2はスポーツタイヤでNANKANG NS-20は

NANKANGタイヤのフラッグシップのプレミアムタイヤです。

NANKANG NS-2のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

両方回転方向があるタイヤのトレッドパターンです。

NANKANG NS-2とNS-20の一般道比較レビュー

低速域では、ほとんど性能性格の違いは分かりないレベルですが

乗り心地面に関しては、NS-20の方がマイルドです。

コーナーは50キロぐらいの速度だと、ほとんど変わらない感じですが

切り始めのレスポンスは、ほんの少しNS-2の方が早いです。

一般道の速度域だと、どちらも同じレベルといった印象です。

NANKANG NS-2とNS-20の高速道路比較レビュー

高速道路ではどうなのでしょう?

速度が100キロになると、タイヤの性格がもろに出ます。

静かさと乗り心地では、NS-20の方が上です。

速度が上がれば上がるほど静かさの差が広がる感じですね。

直進性は、NS-2とNS-20は、ほとんど変わりませんが

レーンチェンジの切り始めから、レーンチェンジが終わった時の

切り戻しの安定感はNS-2の方が走りやすいです。

高速道路を快適に走るなら、NS-20の方が上ですね。

NANKANG NS-2とNS-20の首都高比較レビュー

継ぎ目の多く、コーナーが多い首都高での性能比較です。

一番タイヤ性能が分かる道路です。

継ぎ目の通過ですが、これは圧倒的にNS-20の方がマイルドで

静かに通過してくれます。

荒れた路面もNS-20の方が静かで乗り心地もイイです。

コーナーですが、ココでは性能が逆転、切り始めのクイックさ

切り足したときの反応は、NS-2の方が上です。

NS-20はスポーツタイヤ並のグリップ力はありますが

NS-2までのグリップ力はありません

逆に言うと、NS-2のグリップ力がかなり高いレベルと言えますね。

NANKANG NS-2とNS-20の比較トータル評価

コーナーを楽しく走るなら、NS-2です。

高速道路を快適に走るなら、NS-20でしょう。

どちらのタイヤも、ドライグリップはスポーツタイヤの性能を持っています。

ただしウエットに関しては、NS-2は要注意です。

ウエット路面になったら、速度を落として、走行しましょう。

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

タイヤ選び参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2とNS-20のタイヤ性能比較でした。

追加、ウエット路面の性能比較も参考に

コチラから⇒NANKANG NS-2とNS-20のウエット路面性能比較レビュー

 

タグ

2018年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

NANKANG NS-25とNANKANG NS-20との試乗性能比較

NANKANG NS-25とNANKANG NS-20のトレッドパターン

NANKANG NA-25とNS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-25のトレッドパターンは、こんな感じ

NANKANG NS-20のトレッドパターンは、こんな感じ

どちらもNANKANGのプレミアムタイヤで

NS-20はNANKANGのフラッグシップタイヤです。

その後に発売された、プレミアムタイヤのNS-25との

差を知りたくて、今回試乗性能比較をすることに

NS-20は今まで、セダン、スポーツ、ミニバンまで

すべて試乗し、性能は分かっているので

今回は、NS-25を試乗し、NS-20との差を

調べていきます。

今回試乗させていただいた車は70ヴォクシーです

なんでミニバンにプレミアムタイヤ?

まずは街乗りですがNS-25は、さすがプレミアムタイヤと言ったところです。

とても静かだし、乗り心地も抜群です。

結構な時間走りましたが

街乗りでは、まったく不満はない仕上がりのタイヤです。

このNS-25というタイヤ、NANKANGタイヤの

フラッグシップタイヤのNS-20のプレミアムタイヤより

静かで、乗り心地がイイです。

チョットこれには驚きました。

かなり高次元の静かさと乗り心地です。

コーナーも攻めてみましたが、グリップ力も充分あり

まったく不安感もありません。

街乗りは快適そのものです。

それならと。ETCカードを変えて

高速道路へGOです。

インターのコーナーを攻めてみると

やはりプレミアムタイヤですね!

横剛性もしっかりあります。

グリップもイイ感じです。

速度を上げ、高速道路に合流

速度が上がっても、静かさと乗り心地は

バッチリです。直進安定性もイイね。快適そのものです。

今のところ、不満点が見つからないんですが

では、さらに首都高テストです

路面の継ぎ目が多いので

乗り越えた時の音と乗り心地がすぐわかるのが、

首都高のイイところですね!

何度も継ぎ目を乗り越えても

静かさと、乗り越えた後の収まりはイイです。

で、問題のグリップ力ですが

なるほど、ココでNS-20との差が出る訳ですね!

コーナー途中から切り足したときの

横剛性は、ほぼ変わりませんが

限界時のグリップ力は、NS-20の方が上です。

何度もコーナーを攻めてみて、なるほどココが違うのね!

ようやく、答えが分かりました。

NS-20は、スポーツ・プレミアムタイヤで

NS-25は、コンフォート・プレミアムタイヤです。

それにしても、プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技は、今まで思っても見ませんでしたが

静かさ、乗り心地、横剛性を兼ね備えた

プレミアムタイヤって、セダンだけではなく

ミニバンにもマッチングが良かったのには

驚きました。

アジアンタイヤには、まだミニバンタイヤ専用の

タイヤカテゴリーはありませんが

プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技も有りだということに、

始めて気づかされました。

国産タイヤでは、ミニバンに

プレミアムタイヤを選ぶ方は、まず居なかったので

試乗の機会がなく、分かりませんでしたが

アジアンタイヤは低価格なので

ミニバンにもプレミアムタイヤを選べるという

利点ですね!

静かで、乗り心地が良く、そして横剛性もある

贅沢タイヤですが、アジアンタイヤなら

手の届く低価格で、プレミアムタイヤを

選ぶことができると思います。

今回はとても勉強になりました。

価格を見たら驚きますよ!

プレミアムタイヤがこの価格で履けるんですから

スポーツプレミアムタイヤは

コチラから⇒NANKANG NS-20

コンフォートプレミアムタイヤは

コチラから⇒NANKANG NS-25

NANKANG NS-25とNANKANG NS-20のタイヤ試乗性能比較でした!

 

タグ

2018年3月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

NANKANG AR-1でサーキットを走ってきました。

NANKANG AR-1はサーキットで実力を発揮してくれるタイヤです

NANKANGタイヤ最強グリップ力を持つAR-1

サーキットでは、もの凄いグリップ力を発揮してくれました。

ヒーローしのいサーキットで、連続48秒前半で

走れました。ベストは47秒後半に入れたのにはビックリ

ここまでグリップするとは驚きです。

このタイムで走ると、さすがにタイヤの減りは

早いですけどね。

50秒台で走れば、倍の時間は持ちますよ!

限界走行をすると、減りはSタイヤと同じぐらい減ります(汗)

タイムが速ければ速いほど、タイヤは摩耗しますからね!

トータル3時間攻めた走しりをして戻ってきたAR-1

走行直後の写真を撮るのを忘れました(泣)

これサーキット走行が終わってから

高速道路を、約200キロの距離を走った後の写真です。

フロントタイヤがコレ、終わりました(汗)

リヤタイヤがコレです。

ランエボ6の4駆なので、立ち上がりの加速重視の

セッティングにしてあるため、車高は前荷重なので

リヤタイヤには、やさしいようです。

キャンバー角が3度なんですが、外側の減りが早いので

まだ足りなそうです。

今までネオバに合わせていましたが

AR-1に合わせて足回りをセッティングすれば

もっとタイムは伸びますね。

タイヤの温度が上がっても熱ダレもなく

グリップ力が落ちないので、1回の走行が

楽しくなっちゃって、油温が上がるまで

走っちゃいました(笑)

低温でもグリップ力があるので

Sタイヤのように、初めにタイヤの温度を

上げる走行をしなくてイイので

タイヤの温度をあまり気にしなくても

走れるタイヤでした。

横剛性は、Sタイヤ並で

一番キツイS字の振り返しでも

しっかり押さえてくれるので

タイムロスが少ないです。

縦のグリップ力も、もの凄く

ブレーキを遅らせることができるので

ブレンボブレーキ性能を十分発揮できます。

トータル的に判断すると

Sタイヤより、扱いやすいのですが

最大グリップは、Sタイヤの方がほんの少し上でした。

Sタイヤが溶けた時のあのグリップ力までの

グリップ力は、ありませんが

今までサーキットで乗ったSタイヤの中で比べると

グリップ力と性格は、

 

ディレッツァ03G(Sタイヤ)に

とても似ていました。

03Gの写真は新品時から30分走ったあとの写真です。

NANKANG AR-1は国産ハイグリップタイヤの

ネオバとR1Rより、はるかにグリップするのは確かです。

おそらくショートサーキットなら1,5秒~1,8秒速く走れるグリップ力ですね!。

もうチョットこの強力なグリップ力で

タイヤの減りが抑えられれば最高なんですけどね。な~んてね!

値段が安くて、ここまでグリップするんですから

超満足ですよ~

タイムアタック向きのタイヤです。

Sタイヤのコンパウンドで言うと、

ソフト(S)とミディアム(M)の中間ですがソフト(S)に近い感じで

低温からグリップしてくれるので、とても扱いやすいハイグリップタイヤでした。

NANKANG AR-1のタイヤサイズと値段は

コチラから⇒NANKANG AR-1

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG AR-1でサーキットを走ってきました。でした!

一般道、高速道路、首都高レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG AR-1タイヤの試乗性能 評価レビュー

タグ

2018年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ

このページの先頭へ