MAXTREK(マックストレック)MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビュー

MAXTREK MAXIMUS M1

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14インチ~19インチ)

MAXTREK MAXIMUS M1(マキシマス M1)は、

優れたグリップ力と排水性を有し、

それに加え静粛性や乗り心地の面でも納得の性能を

体感できるタイヤがMAXIMUS M1です。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

MAXTREK MAXIMUS M1のタイヤデザイン

MAXTREK MAXIMUS M1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

MAXTREK MAXIMUS M1の

実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビュー

知人が新品アジアンタイヤのMAXTREK MAXIMUS M1を

買ったので、交換してくれ~て

まだタイヤ性能評価してないタイヤだよね。

とても感謝感謝、ありがとうございます。

ということで、タイヤ交換からです。

サイドは柔らかく、とっても組みやすいです。

乗り心地重視のタイヤの予感です。

組み終えたらタイヤバランスを取って

バランスも悪くなく、普通でした。

車に装着です。

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ性能は

一般道ですが、とても静かで、乗り心地が良いタイヤです

速度を上げても、快適そのものですね。

コーナーを攻めてみると、1テンポ遅れる感じが気になりますが

結構グリップ力はありそうです。ということで、

ETCカードを変えて高速道路にGOです

インターのスプーンカーブでは、

腰砕け感がありますね。でもグリップ力は

標準スタンダードタイヤよりかなりあります。

速度を上げ高速道路に合流、なるほど

トレッドパターンは良く計算されて作り込んであります

速度が上がってもうるさくなりませんん。

ノイズ周波数の共音も出ません。

アジアンタイヤは今では常識になっていて、高速道路でも

静かなタイヤに仕上がっています。

乗り心地がイイので、もう少しフアフア感があるのかな~って

思っていましたが、かなりしっかりした腰があるタイヤです。

縦方向のタイヤ性能はかなりイイ感じです。

さてそのまま首都高に入り

継ぎ目の突き上げ感ですが

これもうまくまとめています。

柔らかさはあるのですが、突き上げた後の

戻りが早く、追従性があるので

おさまり感が良く安心して走れます。

さてコーナーに入ると、ウ~ン

やはり1テンポ遅れる感じのグニャリ感

その後荷重が乗ってからのグリップ力はあるのですが

キビキビ走れるタイヤではありません。

速度を上げれば上げるほど、遅れが出ます。

もちろん一般的な運転なら、まったく問題はありませんよ。

トータル的には、プレミアムタイヤの性能までは

行っていないタイヤです。

タイヤカテゴリーがコンフォートタイヤでしたが

まんまコンフォートタイヤです。

静かさ、乗り心地を重視する方にオススメのタイヤでした。

MAXIMUS M1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXIMUS M1

今回ご協力を頂いた知人に感謝感謝です。

やはりタイヤって、試乗してみないと

実際の性能って、分かりませんからね。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

MAXTREK MAXIMUS M1タイヤ試乗性能評価レビューでした。

タグ

2017年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MAXTREKタイヤ

MAXTREK(マックストレック)タイヤの種類

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

顧客満足度第一で技術革新を続ける急成長ブランドMAXTREK(マックストレック)。

世界一流タイヤ工場と並ぶ技術力を備えていて、

中国、アメリカ、ヨーロッパなどの認証も取得。

道路状況に考慮された、さまざまな特性データーを取って

設計されているのがMAXTREKタイヤです。

MAXTREKタイヤの種類

MAXTREK FORTIS T5

タイヤサイズ(19インチ~22インチ)コンフォートタイヤ

FORTIS T5(フォルティス T5)は、非対称のトレッドパターンを採用することにより、

偏摩耗を抑制するとともに静粛性を含めた

乗り心地の良さを向上させたタイヤがFORTIS T5です。

フォルティス T5のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FORTIS T5

 

MAXTREK INGENS A1

タイヤサイズ(14インチ~20インチ)スポーツタイヤ

MAXTEK INGENS A1の試乗評価レビューは⇒コチラ

INGENS A1(インジェンス A1)は、ドライ、ウェットどちらの路面においても

優れたグリップ性と操縦性を発揮。ドライバーに運転の楽しさを

教えてくれるタイヤがINGENS A1です。

インジェンスA1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒INGENS A1

 

MAXTREK MAXIMUS M1

タイヤサイス(14インチ~19インチ)コンフォートタイヤ

MAXIMUS M1(マキシマス M1)は、優れたグリップ力と排水性を有し、

それに加え静粛性や乗り心地の面でも納得の性能を

体感できるタイヤがMAXIMUS M1です。

マキシマスM1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXIMUS M1

MAXTREK SIERRA S6

タイヤサイズ(16インチ~21インチ)スタンダードタイヤ

SIERRA S6(シエラ S6)は、トレッドに細かなラグパターンと

幅の広い4本の縦溝を組み合わせることで高いグリップ力を発揮。

ドライ路面だけでなく、ウェット路面でも安定した走行が可能なタイヤが

SIERRA S6タイヤです。

シエラS6のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒SIERRA S6

 

MAXTREK MK700(バン用ラジアルタイヤ)

タイヤサイズ(14インチ~16インチ)

MK700(エムケーナナヒャク)は、

ライトトラック用に特別設計され、

転がり抵抗を低減。燃費性能を向上し、

経済性とハンドリング性能に優れたタイヤです。

MAXTREK MK700のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MK700

MAXTREK SU810(バン用ラジアルタイヤ)

タイヤサイズ(13インチ)

SU810(エスユー810) は、耐摩耗性に優れるロングライフを実現。

転がり抵抗を低減させていて、燃費性能も向上。経済性に優れたタイヤです。

エスユー810のホイールセットと価格は

コチラから⇒SU810

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

MAXTREK(マックストレック)タイヤの種類でした。

 

タグ

2016年9月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MAXTREKタイヤ

MAXTREK INGENS A1のタイヤ試乗性能評価レビュー

MAXTREK INGENS A1

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(14インチ~20インチ)

MAXTREK INGENS A1

MAXTREK INGENS A1(マックストレック インジエンスA1)

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

MAXTREK INGENS A1(インジェンス A1)は、

ドライ、ウェットどちらの路面においても優れたグリップ性と操縦性を発揮。

ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

MAXTREK INGENS A1のタイヤデザイン

MAXTREK INGENS A1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

MAXTREK INGENS A1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK INGENS A1のタイヤ試乗性能評価レビュー

タイヤのトレッドパターンを見ると

ブロックが細かく、スポーツタイヤじゃなくて

コンフォートタイヤに見えるけど、性能はどうなんでしょう?

さて試乗してみると、18インチにしては、柔らかい乗り心地です。

速度を上げて行くと、なるほどかなり静かなタイヤですね!

コーナーを攻めてみると、グリップもそこそこありそうです。

18インチなので初期反応がクイックコーナー性能は

一般道では試せない速度じゃないと分からないので

ますは高速道路へ、ETCゲートを抜けてインターのキツイコーナーへ

う~ん、これでスポーツタイヤと言っちゃうか~???

まあ後で分かることなので・・・

高速道路に入って速度を上げると、直進安定性はグッドです。

そして乗り心地も18インチとは思えないほどソフトな感じで

ちょっと驚いたのは、静かさです。18インチになると

高速なればなるほど結構パターンノイズが気になるんですが

このMAXTREK INGENS A1はかなり静かなレベルのタイヤです。

高速道路を頻繁に使う方には、オススメかも!

さて、タイヤカテゴリーがスポーツタイヤなので

そのまま首都高に、路面の継ぎ目と段差が多い首都高は

どんなタイヤ性能なんでしょう?

段差を乗り越えた時の音は多少多めに入ってくるけど

乗り心地はイイです。

さていよいよコーナーテスト

コーナーに入ると・・・やっぱりそうなるよなァ~

過激に攻めてみると、ブロックのヨレが大きくイメージした

走行ラインから膨らみます。

さらにコーナー中、左足ブレーキを使って

前荷重にすると、さらにという感じです。

グリップ力はあるんだけど、ブロックヨレが多くて

S字コーナーの切り返し時に、気持ち良くスパッと

反応してくれません。

やっぱりこのMAXTREK INGENS A1は

タイヤカテゴリーはスポーツタイヤではありませんね!

コンフォートタイヤが正解です。

コンフォートタイヤとしては、かなりレベルが高く

満足いくタイヤだと思います。

マックストレック インジェンス A1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

MAXTREK INGENS A1のタイヤ性能評価レビューでした。

タグ

2016年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MAXTREKタイヤ スポーツタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ