プロクセスR1Rのタイヤ性能評価レビュー!

トーヨータイヤ プロクセスR1Rのタイヤ性能評価レビュー!

R1R

黒70の一番お気に入りのグリップタイヤのプロクセスR1Rです。

サーキットでも、もの凄いグリップを見せつけてくれる プロクセスR1R、

寒いと感じる気温からでも最初の1周目からイケちゃいます。

タイヤの温度管理を忘れてしまうタイヤがプロクセスR1Rです。

グリップ力は半端ではなく、Sタイヤに匹敵するぐらいの

タイムが出てしまいます。

さらにこのプロクセスR1Rのグリップ力はドライ路面だけではありません!

ウエット路面でも、これほどグリップをするタイヤとは

今まで出会ったことがないくらい、ウエットでも

グリップしますね!

次元を超えたグリップタイヤです。

でもイイ事だけではありません。

減りはもの凄く早いです(汗)

でもこの性能のプロクセスR1R

ネットではこんなに安く買えます。

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスR1R

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2016年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ トーヨータイヤ 国産タイヤ

S2000のトーヨータイヤ プロクセスR1Rが来ました。

S2000号のトーヨータイヤのグリップタイヤ、R1Rが来ました。

もちろん黒70のお気に入りのトーヨータイヤの

プロクセスR1Rです。

このタイヤ、出初めはトランピオR1Rというネーミングでしたが

改良が加えられ、プロクセスR1Rとして進化しています。

R1R

しか~し、このタイヤメーカーのトーヨータイヤさんは

ブリヂストンさんと業務提携をしたということで

このようなグリップタイヤは、無くなってしまうんではないかと

心配しています。

まだ情報は入ってきませんが、各メーカーさんの

得意分野を伸ばして行ってくれればいいな~なんて思っています。

プロクセスR1Rの横剛性は、どうしても一般ラジアルタイヤだから

サーキットタイヤと比べると、横剛性が弱いんだけど

R1Rのグリップ力はSタイヤ並みにグリップするのでスゴイです。

しかも、1度サーキットで履いたら戻れない~

何しろ、タイヤの温度管理を無視しても大丈夫な異例なタイヤだからです。

冬の冷たい路面でも、最初からグリップしちゃうし

とにかくタイヤを暖めなくてもグリップしちゃいます!

このR1Rに出初めでサーキットで走った時は

本当に驚きました。

最初から行けちゃう・・・周りから見れば

おいおい最初から、タイヤを暖めないで

あそこまで攻めちゃって、あいつサーキット走行初めてかァ~って

思われていたのかもしれません(笑)

しかもウエットグリップも、スゴイの一言

ウエット路面で、このR1Rはトレッド面が溶けるほどのグリップをしてしまいます(驚)

とにかくエアー管理だけで、低温時の温度管理がいらないタイヤなので、とても楽だし

サーキットで思いっきり楽しめるのがプロクセスR1Rです。

しか~し、一つだけ難点が・・・

それは楽しんだ分だけ、タイヤが減ります。

減りはもの凄く早いですよ(汗)

70スープラサーキット仕様にプロクセスR1Rを履かせ

サーキットでタイヤ性能評価は⇒コチラ

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスR1R

実は、このタイヤのグリップを超えるアジアンタイヤが

2016年に発売されました。参考にしてください。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

トーヨータイヤ プロクセスR1Rでした。

タグ

2015年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ トーヨータイヤ 国産タイヤ

ハリアーの20インチタイヤ交換 トランパスLu

ハリアーの20インチタイヤ交換です

タイヤはトランパスLu

ホイールはどこまでデカくなるのかな~(汗)

1.jpg

20インチ、ホイールはリバース

2.jpg

キャ~重たい~

ホイールの強度を保つため

当然リムの厚みが増す分、重くなるよね。

3.jpg

それにしても、デカイなァ~

4.jpg

これだと、ノーマルタイヤチェンジャーだと

かなり交換はキツイです。

コルギー製のタイヤチェンジャーで

サクっと、交換

5.jpg

組むのは、このタイヤ

6.jpg

ここまでタイヤがでかくなると、

1本の価格もスゴイです。

トランパスLuはLu2に進化しています。

トランパスLu2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒TORANPATH Lu2

あッ・・・組んだ時の写真、撮るの忘れてました(泣)

とにかく重くて、必死だったので

200系のランクルホイールより重いかもね。

ということで、久々に

20インチのタイヤ交換でした。

SUVタイヤはこちらを参考に

コチラから⇒SUVタイヤランキング

激安アジアンタイヤなら20インチでも安いです。

ここで価格を調べてくださいね!

その、あまりの値段の安さに驚きます。

>>激安アジアンタイヤの入り口はコチラから<<

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ハリアーの20インチタイヤ交換でした。

タグ

2015年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:トーヨータイヤ 国産タイヤ

TOYO PROXES C1Sのタイヤ試乗性能評価レビュー

TOYO PROXES C1Sのタイヤ性能評価レビュー

プロクセスC1S

アリストに履いているヴューロがヒビだらけになったので

ヴューロ

そろそろ交換しないとね。

ヴューロタイヤ

お疲れのタイヤを外して

ヴューロ4本

トーヨータイヤのプロクセスC1Sに交換です。

C1S横

日本製です。

日本製

プロクセスC1Sのトレッドパターンはこんな感じ

C1S

高速道路での静かさが売りなので

こんなブロックの横にギザギザサイプの仕掛けまで

C1Sサイプ

トーヨータイヤさん、細かいところまで

作り込んでいますね。

アリストターボなので

タイヤサイズは、225/55R16

荷重指数は99のエクストラロードタイヤです。

ちなみにヴューロは荷重指数94でした。

ということで、

プロクセスC1Sのインプレです。

街中は、ごく普通な静かなタイヤかな荒れてる路面の静かさは、

これちょっと今までにはないかも、

でも静かさトータルでは、スポンジ付きの方が静かかな。

街中の乗り心地は、柔らかいけど路面の追従性が特別あるわけでもなく普通です。

さて高速道なんだけどこれは期待以上の性能が

路面の継ぎ目を何度も試してみると時速78キロから上の速度になると

このタイヤいきなり追従性が良くなって

乗り心地もイイし、とくにビックリしたのが

なんだこの直進安定性、これ抜群です(驚)

なんだか高性能スプリングを入れたみたいな

追従性になり、車両の安定性が増し

全然ふらつかないんだよね。

そのため、直進が保たれて

運転がメチャ楽チンでした。

ここまで直進安定性があるタイヤって珍しいかも。

ステアリングを握る力がいつの間にか緩んでいましたね。

さて、縦のグリップだけどブーストを上げてフル加速

今の気温だと、グリップしなくなるんだけど

グリップは、予想の範囲内、でもなかなかかな。

特別グリップするな~でもなく

まあ、こんなもんでしょうという感じ

さて問題の横のグリップだけど

このタイヤは、ちょっと性格があるタイヤです。

切り始めはメチャ柔らかい感じがして

ちょっと不安感があるんだけど

横Gが掛かって、スプリングが縮んで

荷重移動が安定してからさらに切り足していくと

とてもカッチリ感が出るんだよな~

それなら・・・もうちょっと速度上げてみるか???

そして、コーナー中の継ぎ目も

いつもなら、ちょっと不安定になり、

ステアリングで修正するんだけど

修正なしで走れちゃいました・・・

でかいギャップの追従性はメチャいいし、横のグリップと安定性は抜群じゃん

何かタイヤの構造の違いなのか?

このタイヤ高速の乗り心地と静かさより

高速時のコーナーリングの安定性と直進安定性の方が

とくに優れていると思うけど。

そういうタイヤでした。

昔、運転が楽っていうタイヤがあったけど

このプロクセスC1Sって、一般道では、ごく普通ですが

高速道路の運転はメチャ楽ですよ。

ミニバン用タイヤのノウハウが入っているみたいだけど

セダンにも、その技術、有りですね。

高速道路を頻繁に使う方にはオススメなタイヤです。

プロクセスC1Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスC1S

アジアンタイヤでもプレミアム性能をもつタイヤが激安であります。

コチラから⇒プレミアムタイヤランキング

その値段の安さに驚きますよ!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

TOYO PROXES C1Sのタイヤ試乗性能評価レビューでした。

 

タグ

2015年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:トーヨータイヤ プレミアムタイヤ 国産タイヤ

トーヨータイヤの低燃費タイヤ!AAA!ナノエナジー2

トーヨータイヤの低燃費タイヤ!AAA!ナノエナジー2

ようやく、でかいサイズで

ラべリングの転がり抵抗性AAAのタイヤが

出てきました。

パターンはごく普通の4本溝デザイン

11.jpg

サイドはトーヨーのロゴと

21.jpg

ナノエナジー2

31.jpg

あとは、日本製ですね。

41.jpg

ホイールに組んでみると、サイドウォールは

柔らかい方かな!

51.jpg

ホイールバランスもいいです。さすが日本製

61.jpg

ちょっと走ってみたけど、

特別静かなタイヤではないみたい。

乗り心地もこれと言ったところもないなァ~

なんだか普通のタイヤです。

でも、走行中ニュートラルにしてみると

ほォ~なるほどね。

なかなか速度が落ちてこない(驚)

これは良く転がるタイヤですね。

AAAって、こんなに転がるんだ(驚)

これ、高速の一定走行だと、

かなり燃費が伸びるんじゃないかな。

高速道路って、空力が一番影響するけど

タイヤの転がり抵抗も重要だもんね。

 

 

 

アジアンタイヤなら激安でタイヤが買えます。

ここで価格を調べてくださいね!

その値段の安さに驚きますよ。

クリックしてね!

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

トーヨータイヤの低燃費タイヤ!AAA!ナノエナジー2でした。

タグ

2013年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:トーヨータイヤ 国産タイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ