輸入ブランドタイヤの種類と特徴 おすすめ人気タイヤ

輸入タイヤで圧倒的な人気のミシュランタイヤ、ピレリータイヤ、グッドイヤータイヤ、BFGOODRICH(ビーエフグッドリッチ)タイヤの種類と特徴

ミシュランタイヤの種類と特徴

フランスの大手タイヤメーカーMICHELIN(ミシュラン)。世界3大タイヤメーカーの1社。

安全性、快適性、耐久性に優れたバランス設計に定評があり、

世界のさまざまなカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されているのが、ミシュランタイヤです。

ミシュランタイヤの種類と特徴はコチラから

ピレリータイヤの種類と特徴

PIRELLI(ピレリ-)は、イタリアの大手タイヤメーカーで、世界シェアランキングでは5位の実績を持っています。

F1レーシングの黎明期である1950年代からタイヤメーカーとして参加している数少ないメーカーの一つである事から、

ハイパフォーマンスタイヤの先駆者として知られており、そのブランドイメージは高いカリスマ性を持っているのがピレリータイヤです。

PIRELLIタイヤの種類と特徴はコチラから

グッドイヤータイヤの種類と特徴

世界三大タイヤメーカーの一社GOODYEAR(グッドイヤー)

1898年に米国で創業して以来、120年以上にわたってタイヤを製造しています。

ユーザーニーズを満たす高品質な製品の生産、環境や人々の未来を考えた技術で、

今もなお、進化を続けるタイヤメーカーがグッドイヤータイヤです。

グッドイヤータイヤの種類と特徴はコチラから

BFGOODRICH(ビーエフグッドリッチ)タイヤの種類と特徴

アメリカの大手タイヤメーカーBFGOODRICH(ビーエフグッドリッチ)。

現在は世界3大タイヤメーカー、ミシュランの1ブランドとして 大型SUV用タイヤを中心に展開しており、

オフロードタイヤは、 ダカールラリー等で大活躍しているのが、BFグッドリッチタイヤです。

BFGOODRICHタイヤの種類と特徴はコチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月21日

輸入ブランドタイヤの種類と特徴 おすすめ人気タイヤでした!

タグ

2020年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アメリカ製タイヤ イタリア製タイヤ

ピレリーP-ZERO(ピーゼロ)タイヤ性能 試乗 評価 感想 レビュー!

ピレリーP-ZEROタイヤの特徴

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI P-ZERO(ピレリ ピーゼロ)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

タイヤサイズは(17インチ~21インチ)

P-ZERO

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持ったウルトラハイパフォーマンスタイヤ!

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面においてすばらしいハンドリング性能と

ブレーキング性能を発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

ピレリーP-ZEROタイヤ試乗性能レビュー

街乗りは、とても静かなタイヤという感じ

乗り心地は、横剛性が凄くあるので、多少ゴツゴツ感がありますね!

PIRELLI P-ZEROは一般道の速度で評価するタイヤではないので

そのまま高速道路へGOです。

インターのきついコーナーをかなりの速度で入ると

滑る気配もありません。やはりかなりグリップ力は、ありそうです。

高速の合流でフル加速、加速中のフロントの安定性はなに?

めちゃリヤ荷重のはずなんですが、フロントが張り付いている感じです。

減速してからETCゲートを通過して、再びフル加速

やっぱり、フロントの安定感が安心感に変わる感じ

この感覚は、他のタイヤでは味わえないかもしれません。

さて高速一定走行では、もの凄く直進安定性が良いタイヤです。

そしてレーンチェンジもステアリングを切った瞬間から

まったくフラツキがなく、スパッと反応してくれます。

車の性能もあるけど、タイヤの性能というか

この速度域の安心感はもの凄く感じますね。

さてそのまま首都高に・・・

路面の継ぎ目で、横剛性があるので結構跳ねるのかなと

思っていたら、あら・・・かなりスムーズに通過するんだなァ~

おそらく、タイヤが変形してから戻るまでの時間が短い、

すなわち、路面に対しての追従性がいいタイヤですね!

さてコーナー性能はというと、いろいろタイヤをイジメてみたけど

グリップは強烈で切り初めから、即反応してくれるのは気持ちがいいし

なんだかもっと走りたくなるタイヤですね。

おそらく、このピレリーP-ZEROは、この程度の速度域では

性能を発揮できないレベルのタイヤ、逆に言うと

それが、安心感に感じられるのでしょう。

ちょっとかなりレベルの高いタイヤでした。

ピレリーP-ZEROのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒PRELLI P-ZERO

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月23日

ピレリーP-ZERO(ピーゼロ)タイヤ性能 試乗 評価 感想 レビューでした!

タグ

2016年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:PIRELLIタイヤ イタリア製タイヤ

MOMOタイヤの種類とタイヤ性能評価

MOMOタイヤの種類 夏タイヤ ラインナップ MOMOタイヤ試乗レビュー

MOMOブランドのタイヤです。

イタリアのタイヤ技術を持って、中国で生産することで

高性能で低価格を実現しているのがMOMOタイヤです。

高性能なタイヤでありながら

サイドウォールのデザインも素晴らしく

ファッション性にも優れている、美しいタイヤです。

タイヤ性能に、ファッション性を加えてきているのですから

イギリスのタイヤメーカーは、やはり違いますね。

◆MOMO OUTRUN M-1タイヤ(スタンダードタイヤ)

MOMO OUTRUN M-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

MOMO OUTRUN M-1のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-1の

タイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

 

モモ アウトラン M-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-1

◆MOMO OUTRUN M-2タイヤ(スタンダードタイヤ)

MOMO OUTRUN M-2タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

MOMO OUTRUN M-2

MOMO OUTRUN M-2のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-2のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

モモ アウトラン M-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-2

◆MOMO OUTRUN M-3タイヤ(コンフォートタイヤ)

MOMO OUTRUN M-3タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3タイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

モモ アウトラン M-3のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-3

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月23日

MOMOタイヤの種類 夏タイヤ ラインナップでした!

タグ

2016年8月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ イタリア製タイヤ

MOMO OUTRUN M-2のタイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

MOMO OUTRUN M-2タイヤ

ステアリングで有名なMOMO!

前回は、MOMO OUTRUN M-1(モモ アウトラン エムワン)に試乗して、

今回、MOMO OUTRUN M-2(モモ アウトラン エムツー)に試乗させていただくことに

車はウイッシュ、タイヤサイズが前回と同じ195/65R15なので

評価しやすいかな!

MOMO OUTRUN M-2

MOMO OUTRUN M-2

MOMO OUTRUN M-2のタイヤカテゴリーはスタンダードタイヤで

イタリアブランドですが、製造国は中国です。

これにより低価格を実現しています。

MOMO OUTRUN M-2(アウトラン エムツー)は、排水性に優れている為、

ドライ、ウェット両方で安定した走行が可能。

また転がり抵抗も抑えている為、燃費性能にも貢献。

高いグリップ性能と環境性能を高い次元で融合させたタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ=16インチ)

MOMO OUTRUN M-2のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-2のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じ

MOMO OUTRUN M-2の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MOMO OUTRUN M-2タイヤ試乗性能評価レビュー

一般道で乗ってみると、これも静かなタイヤというのが第一印象です。

乗り心地は、サイドが柔らかいのか、ゴツゴツ感もまったくありません。

コーナーに入ると、切り初めはチョット柔らかいかな・・・

タイヤサイズ的にも、もう少し横剛性があってもイイのかなという感じです。

でもグリップ感はしっかり伝わってくるタイヤですね。

さて、ECO性はどうなのかな?

いつも測定する道路に行って、速度を合わせて

アクセルオフと同時にニュートラルに!タイム計測開始

速度が20キロ落ちたところで、タイム計測終了です。

タイムを見ると、なるほど・・・

このMOMO OUTRUN M-2はECOタイヤのレベルです。

ラベリングの転がり抵抗ランクでは、AAとAの中間の

転がり抵抗でした。

さて一般道は分かったので、高速道路へGOです。

いつものインターチェンジのコーナーでは

MOMO OUTRUN M-1よりM-2の方が、グリップするね!

合流手前から加速して、80キロを超えても

M-1は、この速度付近から、パターンノイズが多少大きくなったんだけど

M-2は、静かさを保ってくれますね。

100キロでの直進安定性もバッチリです。

車線変更時、ちょっとフラツキがあるけど、

タイヤサイズが195/65R15なので普通かな!

さてそのまま首都高に入って、高速コーナーはどうなんでしょう?

継ぎ目の多い首都高ですが、突き上げもなく、収まりもイイです。

そして静かなところが評価高いかな!

コーナーを試してみると、充分なグリップ力を示してくれます。

かなりグリップ力がある感じで、いつのように

コーナー中左足ブレーキで前荷重にして、タイヤをイジメてみても

ラインが外れないグリップを持っているのには驚きました。

トレッドパターンを見ると、そんなにグリップがあるタイヤには

見えなかったんですが、見た目と走りは違うタイヤです。

スタンダードタイヤと言っていますが、レベル的には

コンフォートスポーツタイヤと言ったところかな!

値段からすれば、出来過ぎたタイヤというのが感想ですね!

おそらくMOMOがタイヤを出しているとは

知らない方が多いと思いますが、

この性能のタイヤ、認知度が上がれば、メチャ売れると思います。

MOMO OUTRUN M-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-2

値段を見たら、その安さに驚きます!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月23日

MOMO OUTRUN M-2のタイヤ性能 評価 感想 比較レビューでした。

タグ

2016年8月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ イタリア製タイヤ スタンダードタイヤ

MOMO OUTRUN M-1タイヤ性能評価 感想 比較レビュー

MOMO OUTRUN M-1タイヤ

ステアリングで有名なMOMO!

長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた

自動車パーツで有名なイタリアのブランドがMOMO(モモ)です。

MOMOのステアリングは10年以上、今も使っています。

そんな名門MOMOブランドのタイヤ性能はどうなのか?

MOMO OUTRUN M-1(アウトラン エムワン)の特徴

MOMO OUTRUN M-1

転がり抵抗を抑え、静粛性にも優れています。

3本の縦溝により排水性も確保されているので、

ウェット時でも安定した走行が可能です。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(13インチ~15インチ)

MOMO OUTRUN M-1のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-1の

タイヤ正面、トレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

もちろんイタリアの技術ですが、中国で生産されています。

でもこの手の生産パターンは、もはや日本タイヤメーカーでも当たり前になり

インドネシア生産は、かなり多くなっています。

MOMO OUTRUN M-1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MOMO OUTRUN M-1タイヤ試乗性能 評価インプレです

試乗した車は、ハイブリッドの30プリウス

タイヤサイズは195/65R15です。

乗ってみるとかなり静か、

乗り心地も悪くありません。ちょっと柔らかい感じかな!

ECO性を調べるために、アクセルオフ時、ニュートラルにシフトしてみると

アクセルオフでもECOがあるタイヤで速度の落ち方を計測すると

ラベリングの転がり抵抗ランクでいうと、AAにギリギリ届くぐらいです。

でもかなり転がり抵抗は少ない感じを受けますね。

さてコーナーはどうなのかな?

切り初めは柔らかい感じなんですが

荷重が外側に乗ると結構しっかり感があり

グリップもイイ感じです。

街乗りならかなりコンフォート性が高いタイヤでした。

この性能だと、高速テストかな!

高速道路と首都高にGOすることに!

さてインターチェンジのコーナーでは

かなりイイグリップを示してくれます。

一般スタンダードタイヤでは60キロだと

かなり厳しいコーナーなんですが

すんなりと曲がってくれます。

さて合流から一気に加速、すると???

う~ん・・・なんだか???

80キロを超えた当たりから

チョットタイヤノイズが!速度をさらに上げて行くと

さらにタイヤノイズが目立つようになってきました。

もともと、30プリウスは、フロントのタイヤノイズが

結構ダイレクトに入って来る車だけど

ここまでタイヤノイズが大き目だと

スタンダードタイヤとしても

高速走行のノイズが大きい部類です。

と言っても、うるさくて乗ってられないというレベルではありませんよ!

あくまで、一般スタンダードタイヤと比べて

多少ノイズが気になる程度です。

とにかく今時のタイヤは、スタンダードタイヤでも

コンフォートタイヤ並みの静かさが普通になってきたので

チョット静粛性に関しては、気になるかなというレベルです。

さて首都高でのコーナーはどうなんでしょう?

コーナーに入ってみるとコレイイね!

切り初めからクイックでかなり楽しいタイヤです。

スタンダードタイヤと言っているけど、かなりスポーツ性に

振っているみたい。

コーナー中の安定性もイイし、振り返しの収まりもイイです。

どちらかというと、ただのスタンダードタイヤではなく

走りを楽しめるスタンダードタイヤとして発売した方が

正解かもね!そうすれば

高速ノイズもしょうがないという判断をしてくれるのに~

これで高速ノイズがもう少し静かなら

かなりいい評価になるタイヤでした。

それにしても、これだけの性能を持つタイヤが

こんなに安くていいの?というのが一番の感想ですね!

コスパから見れば、大満足のタイヤでした。

MOMO OUTRUN M-1タイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-1

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月22日

MOMO OUTRUN M-1タイヤ性能・評価・レビューでした!

タグ

2016年7月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ イタリア製タイヤ スタンダードタイヤ

このページの先頭へ