フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビュー

アジアンタイヤ フェデラルSS595の性能・評価・レビュー

当ブログでも、かなり前に紹介していたアジアンタイヤのフェデラルタイヤ

最初にテストしたのがフェデラルSS595です。

このタイヤはグリップタイヤではなくスポーツタイヤです。

サーキットでも試しましたが

結構いいタイムで走れてしまったのには驚きました。

一般ラジアルタイヤなのに、ここまでタイムが出るとは・・・

フェデラルSS595のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラルSS595

フェデラル595RS性能・評価・レビュー

CRzbpmCUwAAmmZ8

ということで、次回の耐久走行会のタイヤチョイスは

フェデラル595RSをチョイスしてサーキットを走行しました。

結果はこれまたスポーツタイヤでは、出せないタイムを

たたき出して、ビックリです。

しかもこのフェデラル595RSは、減りが少ないです。

これほどのタイムで。これだけ減らないタイヤは初めてですね!

フェデラル595RS-R性能・評価・レビュー

次にテストしたのが、フェデラル595RSの進化版の

595RS-Rを試すことに、

これはもはやスポーツタイヤの域を超えたグリップタイヤになっていました。

これもまた簡単にタイムアップして、国産グリップタイヤに

引けを取らないタイムが出てビックリ

価格は1/3なのにね(驚)

フェデラル595RS-Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラル595RS-R


フェデラル595RS-RR性能・評価・レビュー

そしてチョット期間は空きましたが

595RS-Rの進化版が発売されました。

595RS-RRというタイヤです。

このタイヤは各地の日本のサーキットでテストを繰り返し

誕生したタイヤです。

実際、ブログには書いていませんでしたが

発売と同時に実はサーキットを走ってきました。

ここまでグリップすると、もはやグリップタイヤの頂点の争いですね!

ネオバとR1Rのグリップにまったく引けを取らないグリップ力です。

これを書いてしまうと、国産グリップタイヤが

売れなくなってしまうかもと言うことを踏まえて

評価を控えていましたが、発売から時間が経っているので

そろそろ書いても問題ないかな~と思い

フェデラル595RS-RRの評価を書いてみました。

595RS-Rのグリップ力にも驚きましたが

この595RS-RRのグリップはさらに強烈です。

ここまで性能が進化すると、国産勢のグリップタイヤも

早く進化しないと、売れなくなりますね。

逆に言うと、ユーザーから

選ばれなくなるということです。

あまり書きたくはなかったのですが

グリップタイヤだけは、実力はタイムに現れてしまうので

サーキットを走ってしまえば

その実力はタイムでハッキリ分かってしまいます。

グリップタイヤはどれだけタイムを縮めることができるかです。

サーキットの限界付近の0.1秒というのは本当に大きいし

タイヤ性能が大きく左右するのがサーキットタイムです。

静粛性や乗り心地の評価は全く関係ありません。

ということで、フェデラルタイヤは

国産タイヤより日本をターゲットに進化スピードが

もの凄く早いタイヤメーカーであり、ユーザーさんからの声を

しっかり受け止め開発しているところが凄いメーカーさんだな~と

思います。この価格でここまでのグリップ力が欲しい声が

おそらく多かったのでしょう。

もはや価格が安いからと言っただけでは

判断が付かない程、グリップ性能差はなくなってきています。

もし同じタイムで走れるなら、ユーザーさんは

安い方のタイヤを選ぶと思いますよ!

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FEDERAL595RS-RR

さらに凄いグリップ力を持つアジアンタイヤが2016年に発売されました。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビューでした。

 

タグ

2016年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

フェデラル595RS-RRタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

アジアンタイヤ フェデラル595RS-RRタイヤ性能・評価・レビュー

FEDERAL_595RS-RR

このFEDERAL 595RS-RRタイヤは台湾タイヤメーカーの

フェデラルタイヤさんが、

日本の各地のサーキットでテストを繰り返し誕生したタイヤです。

発売と同時期に、実はサーキットテストをしてきました。

その時、ブログでテスト結果を書こうと思いましたが

あまりの性能の高さと、タイムにビックリし過ぎて

この価格で、ここまでのタイムがでちゃうと、

サーキット走行会では、フェデラル595RS-RRが独占になっちゃうかもと・・・

これ評価を書くのを控えた方がイイのかなと思ってしまい

あえて書いていませんでした。

かなり発売から期間も経ち、さらなるグリップタイヤが

アジアンタイヤから発売されたので、

ようやくアジアンタイヤの中で、ライバルが出てきてくれたことで、

フェデラル595RS-RRのタイヤ性能・評価・レビュー書くことにしました。

フェデラル595RS-RRのタイヤ性能・評価・レビュー

このフェデラル595RS-RRは、アジアンタイヤの中で、

グリップ力は最強でした。

サーキットタイムは、国産ヨコハマタイヤのネオバをしのぐタイムを

たたき出してしまったのには、本当に驚きです。

フェデラル595RSからフェデラル595RS-Rに

そしてこのフェデラル595RS-RRに進化してきました。

しかもかなり短期間で、グリップ性能を飛躍的に上げてきたのには

驚きました。

しかも走り出しのタイヤが低温にもかかわらず、グリップ力がでるところは

国産トーヨータイヤのプロクセスR1Rを意識して作ってあるのか

そして横剛性とタイヤが溶け始める温度のグリップ力はネオバを意識して

作ってあるのかと、走っている間に、なんだこのタイヤは???と

考えさせられながら、走っていたことを覚えています。

そしてタイムアッタックしたタイムは、ネオバを0.1秒上回っていました。

マジか~・・・

限界走行の中の、0.1秒がどれだけ大きいか、

サーキットをかなり走っている方なら分かると思います。

国産グリップタイヤの、イイとこ取りをしたタイヤに仕上がっていたのには

本当にビックリです。

もはや価格が安いからとか価格が国産の1/2だからと言っただけでは

判断か付かないほど、グリップ性能差はなくなってきています。

もし、同じタイムで楽しく走れるのであれば、

ユーザーさんは間違いなく、安い方のタイヤを選ぶと思いますよ!

国産タイヤメーカーさんにも、ECOタイヤ同様に

グリップタイヤにも、力を注いでもらいたいですね!

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラル595RS-RR

このフェデラル595RS-RRのグリップ力を超える

アジアンタイヤが2016年に登場しました。

コチラから⇒アジアン・ハイグリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

フェデラル595RS-RRタイヤ性能・評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

フェデラルタイヤSS595をサーキットでテスト!タイヤ性能・評価・感想・レビュー

アジアンタイヤ フェデラルタイヤSS595をサーキットでテスト!

フェデラルSS595タイヤ、サーキットではどうなんでしょう。

さてサーキットではどんな性能が出るのでしょうか!

といってもサーキット用には作られていないけどね(笑)

今回黒70耐久走行会に初参加でサーキットも初めての

S13シルビア2000ccNAをドライビングすることに、

S13シルビアのオーナーさんを助手席に乗せての同乗走行で~す。

足回りはドノーマルでアライメントもノーマルです。

フェデラルSS595ってサーキットではどうなんでしょう?

気温は9度、タイヤ的にはなかなか温まらない気温ですね。

ピットアウトして1周目は、車の性格を知らないと危ないのでそれなりの走りで(笑)

2周目から速度をアップしていきま~す。

3周目から全開走行スタート、コーナーを思いっきり攻めてみます。

ウ~ン、グリップがイマイチ、上りのS字でリヤが一気に滑りだし、大カウンター大会、

3回振り返してコースにとどまりました!チョットやばかった~(笑)

気を取り直して再び全開走行で~す。

5周を過ぎたあたりからグリップが上がって来たぞ~!

おッ・・・なかなかグリップ力あるじゃん、やっぱりスポーツタイヤ以上の性能があるな!

横のグリップもあるしそれ以上縦のブレーキング時のグリップがいい、

このタイヤの特徴の一つかも、10周走ったところでピットに戻ってタイムを見ると、マジ・・・

このノーマル車でここまでタイムが出ちゃうんだ~フェデラルSS595って(驚)

ハッキリいって、価格を考えたらこのSS595って性能高すぎです。

全く国産タイヤに引けをとっていません。確かに国産グリップタイヤと比較すると

グリップ性能は及ばないけど、間違いなく国産スポーツタイヤよりグリップ性能が高いですね。

黒70のイメージはすっかり変わりましたね!

このフェデラルSS595っていうタイヤ、かなりいいタイヤでした。

価格からしてみれば、大満足タイヤです。

フェデラルSS595のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>FEDERAL SS595<<

ハイグリップタイヤなら、2016年に発売された

アジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

フェデラルタイヤSS595をサーキットでテストでした。

タグ

2008年12月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

フェデラルSS595を試乗しました フェデラルSS595のタイヤ性能

フェデラルSS595タイヤを試乗タイヤ性能評価

アジアンタイヤのフェデラルSS595をテスト!

今回一般道で試乗したのがJZX100マークⅡと

サーキットでS13シルビアなんだけど、シルビアの足回りがまったくの純正で~す。

すなわちサーキットではタイヤに、かなりマイナス要素が大きい仕様です(笑)

タイヤは2台ともフェデラルのフラッグシップモデルのSS595というタイヤ、

フェデラル

見た目の仕上がりは国産に全く引けをとらない仕上がりのタイヤです。

サイドウォールやビード部、タイヤ内部を見ても、

これ国産タイヤって言われれば間違えるほどの仕上がりですね!

フェデラル2

見た目はさておき、タイヤをホイールに組んでみると、以外にサイドウォールが柔らかい、

乗り心地を狙っているようです。

フェデラル3

気温は6度なのにトレッドのゴムはかなり柔らかい、ということはグリップも狙っているのか?

まずはマークⅡ試乗で~す。気温が低いのでどうなんでしょう?

まずは乗り心地、これはかなりいいレベルです。

しなやかにおさまるし、凸凹でのタイヤの反発スピードも速いぞ!

乗り心地は全く国産に引けをとっていないタイヤです。

次に走行ノイズ、速度をいろいろ変えてニュートラルにして走行ノイズとパターンノイズを聞きます!

ウ~ン確かに静かなんだけど、国産フラッグシップタイヤと比較すると、1世代前の静かさです。

でも全然一般に気になるレベルのノイズじゃないけどね。

さてグリップは???コーナーを攻めてみま~す。

あれ・・・・ちょっとイメージいていたのと違うぞ?

何回か試しても、えッ・・・マジ・・・乗り心地から考えるとコーナー進入時のグニャリ感がでるハズなんだけど全くでない?

さらにスピードを上げてグリップ力を確認で~す?

マジか~このタイヤ、速度が上がったほうが性能分かるぞ~。

グリップ力はカテゴリー的にはスポーツタイヤを超えている!

グリップタイヤのカテゴリーに入るぐらいのグリップ力あるじゃん(驚)

さらにブレーキング時の縦のグリップもあるぞ~、

マジかよ~まさかここまで性能が高いタイヤとは、黒70もビックリです。

一般道の性能的には全く問題なしというかここまでのグリップ性能があるとは、

フェデラルってただものではありませんね!

FEDERAL SS595のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>FEDERAL SS595<<

ハイグリップタイヤなら、2016年に発売された

アジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

フェデラルSS595を試乗しました!でした。

 

タグ

2008年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

フェデラル595RSをサーキットでテスト タイヤ性能 評価 感想レビュー

フェデラル595RSをサーキットでテスト

今回は、アジアンタイヤでグリップするという

フェデラル595RSというタイヤをサーキットテストです。

サーキットはタイヤに過酷なヒーローしのい、ショートサーキットです。

何しろこのサーキット、路面がサーキット路面ではなく

一般公道のアスファルトなので、

タイヤ評価には、もってこいのサーキットです。

しかもアップダウンが半端ではなく、

サーキットでは難しいコースです。

JZA70

値段が国産タイヤの半額以下なので性能も半分じゃ、

話になりませんが・・・・

フェデラル595RS

フェデラル595RSというタイヤは、どんなタイヤなんでしょう?

初めてのタイヤなので性格が分かるまで慎重に走らないといけませんね!

気温は13度チョット寒いかも!

さて走行スタート、フェデラル595RSタイヤの実力はどんなもんなんだァ~

走りだし、タイヤがまったく暖まっていない状態で

結構グリップ力はあるような・・・

ちょっとリヤが流れちゃってコーナー出口でカウンター走行に

なっちゃってるけど(汗)

しばらく走っているとタイムは51秒台に突入

周回を重ねていくとだんだんグリップ力がアップ

なかなかいけるかも、しばらく周回を重ねると、タイヤの温度が上がりエアー圧も上がってきて

少しグリップダウン、ちょっとエアー調整をしないとダメみたい・・・

ピットイン、素早くエアー圧を調整しようと思ったけど、

エアー圧がスタート時より0,2キロしか上がっていない?

えッ・・・マジ、この程度でグリップダウンするエアー圧のわけないんだけど

とりあえず滑る感覚があったので、エアー圧をダウンさせ

ピットアウト、数周するとまた同じ感覚が、

おいおいここが、このタイヤのグリップの限界なのか~?

こうなったらかなりタイヤをこじる走行をしてタイヤを思いっきり

暖めてみよう~と、しばらく、かなりザツな運転に変更

そろそろいいかな~さて集中して午前中のタイムアタックモードに

ウワァ~あんなに暖めたのにグリップが思った以上に上がっていない~

なんと言う性格のタイヤなんだ~、

今までに味わったことのない感覚のタイヤです。

ベストタイムは51秒063、まあ気温も上がっていないし

まあ、こんなもんなのかな~(笑)

午後に入り気温も上昇

タイムアタックモードでコースへ

備え付けのラップショットのスイッチON

数周タイヤを暖め、タイムアタック開始

50秒台に突入

しか~し・・・高速コーナーでタイヤがヨレル感覚が

クソ~これじゃ50秒は切れない~

急いでピットイン、タイヤの状態を見て、

右側のフロントタイヤだけ、エアー圧を0,1キロアップして

再度、タイムアタック、周回ごとにラップショットで

タイムを確認しながらタイムアップ、でもかなり危険な領域

一つ間違えば大クラッシュになっちゃうよ~!

さらに集中して、タイムアタック、ミスをしないように

体の力を抜いて、すると頭の中が真っ白、

走行が苦しい~から楽しい~に

走行を終えてベストタイムは49秒932

なんとかフェデラル595RSで50秒切れました。

でもこのタイヤ性格がとても難しいですね。

国産グリップタイヤの性格はまったく通用しません。

タイヤの温度が上がる=グリップ力も上がるが比例しない~

国産タイヤにはない性格です。

とにかく溶けないタイヤだし磨耗しないタイヤです。

でもグリップ力は結構あるんですよね

今回110周走りましたが

タイヤを見ると本当にサーキット走ったの

っていうタイヤの状態です。

けしてJZA70スープラって軽い車じゃないのに~なんで

これが走行後の写真です。

タイヤが、よれてサイドウォールまで倒れた跡が~

なかなかベストなエアー圧を探すのが難しかったです!

595RS

そしてもう1枚

595RS走行後

ほとんど溶けていません。

ここまで溶けないで、あそこまでのタイムが出せるって

不思議なタイヤです?

超ハードタイヤといったタイヤなのかもしれませんね!

今度は気温が高い時に試して見たいですね。

まあ値段から考えれば、満足度はメチャクチャあるタイヤには

間違いありませんが、

性格が難しいから、タイムアタック用には向かないかな~!

でもサーキット走行は全然OKですよ。

間違いなくグリップタイヤです。

値段からみて、これだけの性能があるタイヤは

国産タイヤでは見当たりません。

さらに、とにかく減らないタイヤです(驚)

フェデラルっていうタイヤメーカー

もしかしてスゴイ技術を持っているのかも!

フェデラル595RSをサーキットで性能テストでした。

今ではフェデラル595RS-Rに進化

そしてさらにフェデラル595RS-RRに

グリップ力が進化しています!

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>FEDERAL595RS-RR<<

さらにサーキットを楽しむなら、

2016年に発売されたアジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

フェデラル595RSをサーキットでテスト・タイヤ性能・評価・感想・レビューでした

 

タグ

2007年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ