ピレリーP-ZERO(ピーゼロ)タイヤ性能・試乗・評価・感想・レビュー!

ピレリーP-ZEROタイヤの特徴

イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELLI(ピレリ)

世界タイヤメーカー別シェアランキングでは、第5位の実績を誇っています。

輸入車、特に欧州車の純正タイヤに多く採用され、

その装着車種は、スーパーカーからコンパクトカーまで幅広く、

自動車メーカーからの信頼も厚いタイヤメーカーです。

PIRELLI P-ZERO(ピレリ ピーゼロ)は、

PIRELLIのフラッグシップモデルです。

タイヤサイズは(17インチ~21インチ)

P-ZERO

最先端の技術や最高のパフォーマンスを持ったウルトラハイパフォーマンスタイヤ!

安定した高速性能の実現しドライ・ウェット両路面においてすばらしいハンドリング性能と

ブレーキング性能を発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

ピレリーP-ZEROタイヤ試乗性能レビュー

街乗りは、とても静かなタイヤという感じ

乗り心地は、横剛性が凄くあるので、多少ゴツゴツ感がありますね!

PIRELLI P-ZEROは一般道の速度で評価するタイヤではないので

そのまま高速道路へGOです。

インターのきついコーナーをかなりの速度で入ると

滑る気配もありません。やはりかなりグリップ力は、ありそうです。

高速の合流でフル加速、加速中のフロントの安定性はなに?

めちゃリヤ荷重のはずなんですが、フロントが張り付いている感じです。

減速してからETCゲートを通過して、再びフル加速

やっぱり、フロントの安定感が安心感に変わる感じ

この感覚は、他のタイヤでは味わえないかもしれません。

さて高速一定走行では、もの凄く直進安定性が良いタイヤです。

そしてレーンチェンジもステアリングを切った瞬間から

まったくフラツキがなく、スパッと反応してくれます。

車の性能もあるけど、タイヤの性能というか

この速度域の安心感はもの凄く感じますね。

さてそのまま首都高に・・・

路面の継ぎ目で、横剛性があるので結構跳ねるのかなと

思っていたら、あら・・・かなりスムーズに通過するんだなァ~

おそらく、タイヤが変形してから戻るまでの時間が短い、

すなわち、路面に対しての追従性がいいタイヤですね!

さてコーナー性能はというと、いろいろタイヤをイジメてみたけど

グリップは強烈で切り初めから、即反応してくれるのは気持ちがいいし

なんだかもっと走りたくなるタイヤですね。

おそらく、このピレリーP-ZEROは、この程度の速度域では

性能を発揮できないレベルのタイヤ、逆に言うと

それが、安心感に感じられるのでしょう。

ちょっとかなりレベルの高いタイヤでした。

ピレリーP-ZEROのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒PRELLI P-ZERO

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ピレリーP-ZERO(ピーゼロ)タイヤ性能・試乗・評価・感想・レビューでした!

タグ

2016年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:イタリア製タイヤ ドイツ製タイヤ

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ評価レビュー

知人から、このサイロン ストリートレースの評価を

早くしてくれ~って メール責めにあっているので

といってもまだ、 サーキット走ってないし、

高速道での評価しかできませんが

70スープラ号のフロントに履かせています。

最大グリップを知るには、

リヤに履かせるのが ハッキリするんだけど 今回は、

ハンドリングがどうなのかを 知りたかったので・・・・

う~ん、あまり書くたくないけど・・・・

1.jpg

さてこのサイロン ストリートレースというタイヤ もの凄く軽いんだよね。

そのためだと思うけど 高速の段差に対しての追従性がイイです。

だから乗り心地がいいです(驚)

2.jpg

パターンノイズは、ごめんなさい 70スープラ号はドンガラなので

車内がうるさすぎて 判断つきません(笑 )

3.jpg

さて首都高、どんな感じなのかな これなら、

グルグルコースかな?

4.jpg

どういう反応を見せてくれるのか?

5.jpg

ほッ・・・なるほど・・・・えッ・・・マジか~

6.jpg

ヤベェ~このダイレクト感(驚)

あら、強風のため、通行止め(泣)

7.jpg

ここからの5号線何年ぶりだろう。

本当に久々に走りました。

さて今日、帰ってくるときは 山手トンネルを通らず5号線で・・・・

このタイヤ、速度が上がり 荷重がかかると、

もの凄く操作性がイイ 切り足し時の反応もスゴイ 感覚はSタイヤそっくり(驚)

このダイレクト感は久々に味わったな ブロックのヨレって必ずあるんだけど このタイヤは、

まったく感じられません(驚)

中速までは、ごく普通のタイヤなんだけど な~んだ、

こんなもんなのか~と思っていたけど 速度が上がり

荷重が一気にタイヤに加わった時の グリップ感とダイレクト感は黒70にはたまりません(喜)

久々に楽しいタイヤに出会えました。 このタイヤは車重がある車の方が得意かも知れません。

ある面圧から、性能が発揮されるようになっていますね。

Sタイヤのグリップには、全然届かないけど

Sタイヤを履いたことがない方には

Sタイヤの ダイレクト感を知りたい方には

とてもベストなタイヤですね。

このダイレクト感にグリップ力が加わると 間違いなくSタイヤですよ。

あと1センチを、寄せるということが できるタイヤで、 とても楽しすぎる。

サイズが増えれば、メチャ売れるタイヤですね! 走り屋のみですが(笑)

8.jpg

しか~し、新品で溝深さが5mmしかありません。 これSタイヤと同じですね。

スリップサインまで3,4mmしか使えません(汗)

これで走行120キロ走ったタイヤですが 減るのはメチャ早そうです。

パターン的にサーキットを走ると 真ん中のパターンは、

いなくなっちゃんじゃないかな?

まあ、価格が安いので、気にしませんが(笑)

走りを楽しむ方で、 車重が1500キロ以上の車には オススメですが

売り切れになるのがチョット怖いよ~(泣) あまり宣伝したくないですね(汗)

欠品が怖いです・・・

Syron Street Raceというドイツメーカーのタイヤ評価レビューでした。

タイヤなら激安タイヤのオートウェイ

アジアンタイヤの価格を確かめてください。

あまりの安さに、驚きます。

タイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

 

タグ

2015年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ドイツ製タイヤ

70スープラ、サイロンストリートレースタイヤ交換

JZA70スープラ、サイロンストリートレースタイヤに交換

久々にタイヤを見たら

フロントタイヤのサイロンストリートレースタイヤがヤバイことに

履き替えてから約7000キロで

ここまで減るとは

減りは早いっていう噂だったけど

本当に早いのね!

う~ん、リピート注文で、

オートウェイからタイヤが来ました。

またまたサイロンストリートレースタイヤです。

切り込んだ時の、ダイレクト感が

たまらなくイイタイヤでお気に入り!

DSC_0858.JPG

ということで、タイヤ交換

DSC_0860.JPG

ここまで減るとはね。

DSC_0862.JPG

ニュータイヤと比べるとこんな感じ

DSC_0863.JPG

新品でも溝が5mm、スリップサインまで

3.4mmとSタイヤ並の浅いミゾだから

もたないのは、しょうがないね。

でもグリップはイイから許せちゃうかも(笑)

DSC_0864.JPG

サーキットだと、1時間もたないかもね。

ということで、新品のサイロンストリートレースタイヤに交換して

終了で~す。

でもミニバンに履くのは

やめておいたほうがイイですよ。

フロント重量がもっとあるので

減りはさらに早いですから!

でも2017年に入り、手に入らなくなってしまいました。

ハイグリップタイヤをお探しなら、こちらを参考に

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安ハイグリップタイヤならココ

ここで価格を調べてくださいね!

その、あまりの値段の安さに驚きます。

コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

70スープラ、サイロンストリートレースタイヤ交換でした。

タグ

2015年7月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ドイツ製タイヤ

オートウェイからサイロンストリートレースというタイヤが来ました。

オートウェイからサイロンストリートレースというタイヤ

試しにだけどね。

何しろ、耐久走行会2回で、しかも午後から・・・

使ったタイヤは、こんな状態になるので

11.jpg

サーキットコース内の走行時間的には、4時間かな

重たい車にR1Rは、お財布にやさしくないです。

ということで、今までアジアンタイヤもテストしてきたけど

そろそろ違うタイヤをテストすることにしようと思っていたら

知り合いにテストしてほしいタイヤがあるんだけどって?

ということで、紹介されたタイヤをテストすることに。

1.jpg

サイロンストリートレースというタイヤ

なんだか懐かしいパターンと思った方は

バブル前の走り屋だった方ですね(笑)

サイズが無くて225ですが、まあイイか!

ちょっと荷重指数が足りないかな!

おそらく、サーキットではエアー圧3K超えないと

コーナー中タイヤが倒れるかも(汗)

2.jpg

そういえば、このタイヤの溝ってやけに少ない

計ってみると、溝の深さは5ミリ・・・

となると・・・・・(恐)

スリップサインまで3.4ミリか~

Sタイヤと同じ溝の深さなのか~

もしかして耐久走行会で走ると

1日で、終わっちゃうかも(汗)

3.jpg

さて、バランスはイイね。

5.jpg

さて70スープラ号のフロントに履かせて

6.jpg

公道のインプレは、ありませんよ?

できませんが正解かな(汗)

何しろ、車内がドンガラだし、

フェンダーライナーも付いていないので

静粛性とか乗り心地とか評価できる車ではないので(笑)

しかも一般道でグリップの限界走行なんて、できないし

サーキットで使えるように、皮むきしておきま~す。

この手のベットリ感のあるタイヤは、

皮むきしないで走ると、最初メチャ滑ることが多いからね(笑)

オートウェイからサイロンストリートレースというタイヤでした。

ハイグリップタイヤをお探しならこちらを参考に

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

タイヤなら激安タイヤのオートウェイ

ここで価格を調べてくださいね!

その、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年6月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ドイツ製タイヤ

70スープラ、サイロンストリートレースタイヤをリピート

70スープラ、サイロンストリートレースタイヤをリピートタイヤ交換

久々にタイヤを見たら

フロントタイヤがヤバイことに

履き替えてから約7000キロで

ここまで減るとは

減りは早いっていう噂だったけど

本当に早いのね!

う~ん、リピート注文で、

オートウェイからタイヤが来ました。

またまたサイロンストリートレースタイヤです。

切り込んだ時の、ダイレクト感が

たまらなくイイタイヤでお気に入り!

DSC_0858.JPG

ということで、タイヤ交換

DSC_0860.JPG

ここまで減るとはね。

DSC_0862.JPG

ニュータイヤと比べるとこんな感じ

DSC_0863.JPG

新品でも溝が5mm、スリップサインまで

3,4mmとSタイヤ並の浅いミゾだから

もたないのは、しょうがないね。

でもグリップはイイから許せちゃうかも(笑)

DSC_0864.JPG

サーキットだと、1時間もたないかもね。

ということで、新品のサイロンタイヤに交換して

終了で~す。

でもミニバンに履くのは、やめておいたほうがイイですよ。

フロント重量がもっとあるので

減りはさらに早いですからね!

アジアングリップタイヤ激安情報です。

アジアンタイヤでも国産グリップタイヤを超えるグリップタイヤが発売されました。

コチラも参考に⇒グリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

70スープラ、サイロンストリートレースタイヤをリピートでした。

タグ

2015年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ドイツ製タイヤ

このページの先頭へ