S(セミスリック)タイヤの説明

S(セミスリック)タイヤの簡単な説明です。

サーキット好きメンバーから、そろそろSタイヤを

履いてみたいんだけどという質問が・・・

Sタイヤは一般ラジアルタイヤと同じ感覚で使われると危険なので

Sタイヤの簡単な説明をしますね。

Sタイヤは、サーキット専用に作られているタイヤです。

基本的にタイヤのコンパウンドは

S(ソフト)M(ミディアム)H(ハード)に別れていて

走行時の気温、路面温度と、走行時間の摩耗予測により

どのコンパウンドを選ぶか選択しています。

S(ソフト)の方が低温からグリップ力が出ますが、摩耗が早いタイヤで

主にジムカーナやタイムアタックに使われます。

H(ハード)低温時はグリップ力が出ませんが。高温になるとグリップを発揮し

摩耗が少ない特徴を持っています。

主に長時間レースや耐久レースに使われます。

M(ミディアム)はSとHの中間ということになります。

他にもSS(スーパーソフト)やMH(ミディアムハード)等の温度域の

コンパウンドもあります。

基準になるのが、S・M・Hになります。

Sタイヤの一般公道使用は法律的にはOKなのですが

Sタイヤはグリップする温度域が狭いので、

一般公道での安全性が少なく、特にウエットがタイヤの温度が

上がらないためとてもグリップが弱いタイヤなんです。

Sタイヤは、さらにタイヤを軽くするため、新品時のタイヤの溝が浅く

5mm程度しかありません、一般タイヤは7~8mmあります。

あくまでSタイヤはサーキット専用で作られていますので

一般公道を安全に走行できるようには作られていないことも

知っておいて欲しいと思います。

一般ラジアルタイヤのように。何年も使えるタイヤではなく、

サーキットでは何時間で終わってしまうタイヤがSタイヤです。

内部構造もタイヤを軽くするためトレッド面の強度も

一般ラジアルタイヤより少ないタイヤです。

タイヤが摩耗し、スリップラインが出ると

チョット大きな石を踏むだけでもパンクしていしまいます。

これは一般公道用のラジアルタイヤでは、まずありえないことですが

Sタイヤでは当たり前におきてしまうの事なんです。

サーキットを限られた時間、速く走ることを目的に作ってあるタイヤが

Sタイヤなので、

パンクに強いとか、何年の耐久性とかでは作られていないのが

Sタイヤということを覚えておきましょう。

Sタイヤは一般公道には不向きなタイヤであることを知って頂きたいと思います。

私もSタイヤを履き、何度もサーキット走行会後の帰り道に

バーストし怖い思いをしていますので(笑)

ですのでサーキットに行ったら、Sタイヤに履き替え

走り終えたら、一般タイヤに履き替えるが正解だと思っています。

Sタイヤは摩耗が早いし、もっとも頭を悩ませるのが

値段です。とにかく値段が高い

走り終えると、次回のタイヤはどうしよう・・・

お財布との相談です。

そこで、うれしい情報があります。

一般公道でも安全性が確保されていて

グリップ力がSタイヤ並のハイグリップタイヤ

しかも値段が安いタイヤがあるとしたら

知りたくなりますよね。

コチラです⇒NANKANG AR-1

これでもタイヤの値段が高いなら

私も履いています。

コチラです⇒NANKANG NS-2R

S(セミスリック)タイヤの説明でした

追伸

サーキットで使えるアルミセットはコチラから

NANKANG AR-1アルミセット

NANKANG NS-2Rアルミセット

タイヤ性能レビューはコチラから

NANKANG AR-1タイや性能レビュー

NANKANG NS-2Rタイヤ性能レビュー

 

 

タグ

2017年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ

NANKANG(ナンカン)AR1 タイヤサイズ

NANKANG(ナンカン) AR-1

NANKANGタイヤの最強ハイグリップタイヤがNANNKANG AR-1です。

NANKANG AR-1のタイヤサイズも徐々に増えてきています。

インチサイズは13インチ~18インチです。

サーキットを楽しむため方には、タイヤサイズが増えるのは

嬉しいですよね。

NANKANG AR-1サイズ

発売されているAR-1がインチサイズで検索できます。

あなたの車に合ったタイヤサイズが見つかるとイイですね。

NANKANG AR-1インチサイズ検索

13インチサイズは⇒コチラから

14インチサイズは⇒コチラから

15インチサイズは⇒コチラから

16インチサイズは⇒コチラから

17インチサイズは⇒コチラから

18インチサイズは⇒コチラから

サーキットに持ち込んで履き替えたか方には

NANKANG AR-1ホイールセットがベストです。

コチラから⇒NANKANG AR-1アルミセット検索

NANKANG AR-1のサイズ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG(ナンカン)AR1 サイズでした

タグ

2017年8月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ

サーキットで使える激安アジアンタイヤはコレだ!

国産タイヤのグリップを超えるアジアンタイヤも出てきました。

サーキットシーズンですね。サーキット走行楽しんでいますか

気温が25度前後が一番タイヤの性能が出る季節でもありますし、

ドライバーにとっても、ドライビングしやすい気温でもあります。

となると・・・長時間サーキットを楽しめる時期でもあるわけです。

真夏の気温が高い時期だと、確かにグリップ力は出やすいですが

気温が高過ぎると、ドライバーさんが気温に、まいってしまします。

サーキットでエアコン付けながら走行という訳にはいきませんからね。

なので汗をかきすぎて、集中力が続かないということなになってしまいます。

なので気温25度前後が自己ベストを更新できる季節でもあるんですよ。

気温20度前後が、ドライバーさんにとって

一番ベストな気温なんですが。

タイヤは気温25度前後からの方が、性能を発揮しやすい

パーツの一つでもあります。

さて、サーキットを走るのに、一番重要なのがタイヤです、

サーキット好きの方なら分かると思いますが

一番の悩みが、タイヤなんです。

なぜか?

4本そろえると、それなりの価格になるからです。

国産タイヤしか知らない方なら、アジアンタイヤの価格を

ぜひ一度見ていただきたいと思います。

始めてアジアンタイヤの価格を見たら

その価格の安さに、驚きます。

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時、そうでしたから、

そして、そのあまりにも安さに、タイヤ性能はどうなのか?

調べたくなったのが、このアジアンタイヤ性能研究室を

書くきっかけでもありました。

サーキット仲間から、激安タイヤはうれしいけど

タイヤ性能はどうなのか、調べて欲しいという要望が

多かったので、サーキット走行会ごとに

グリップしそうなタイヤを選び

実際買って、履かせてサーキット走行をすることにしました。

アジアンタイヤが激安だったから、出来たと思います。

国産タイヤだったら、毎回タイヤを新品になんて

お金が足りなかったと思います。

サーキットの場合、タイヤ性能がそのままタイムに出るので

タイヤのグリップ性能が、ハッキリわかるステージでもあります。

快適性や乗り心地は無視ですが、

サーキットで楽しめる激安アジアンタイヤはあるのか

実際走って、試したランキングが

コチラです⇒アジアン ハイグリップタイヤ性能ランキング

サーキット走行を楽しむ方で、

タイヤ価格で、もう悩む心配はありません。

しかも2016年以降、アジアンタイヤで

国産タイヤのグリップを超えるタイヤも出てきたのには

驚きました。

この激安の価格で、強力なグリップ力があるタイヤです。

サーキットで充分楽しむことができる激安アジアンタイヤです。

快適性、乗り心地は良くありません。

パターンノイズもうるさいです。

ですがグリップ力だけは、ずば抜けているアジアンタイヤです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

サーキットで使える激安アジアンタイヤはコレだ!でした。

 

タグ

2017年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ ハイグリップタイヤ

NANKANG(ナンカン)タイヤからサーキット用タイヤNANKANG AR-1が発売

NANKANG AR-1というとてつもないグリップ力を持つタイヤが発売されました。

NANKANG(ナンカン)AR-1

タイヤカテゴリー(ハイグリップタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

AR-1

NANKANG AR-1のコンパウンドは

NANKANG NS-2R(TREAD120)の

コンパウンドより、さらにグリップ力のあるTREAD80です。

完全にSタイヤ並みのグリップ力を持つハイグリップタイヤ。

AR-1(エーアールワン)は、サーキット走行を前提にドライグリップ性能を

極限まで高めたハイグリップタイヤです。

トレッド面のブロックとショルダー部分の剛性を高めており、

コーナーでも安定したグリップ力を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG AR-1のタイヤデザイン

NANKANG AR-1のトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

NANKANG AR-1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

知り合いのアルテッツァに215/45R17に履かせて試乗です。

乗り初め、ゴツゴツ感とパターンノイズがスゴイ!

これ、まんまSタイヤ(セミスリックタイヤ)の感覚じゃん(驚)

快適性は、まるでありません!

なんだか加速も良くないぐらい、グリップがある感じ

これ一般道では、話になりません

そのま高速道路へ直行です。

インターのコーナーは・・・・完全にSタイヤじゃん、

このタイヤの横剛性

ETCゲートを抜けてセカンドギヤからフル加速・・・

なんだかとても重いんだけど~

このコンパウンドS(ソフト)じゃないだろうなァ~

車線変更を何度もしたけど、完全にSタイヤの動きとおさまり方です。

首都高に入ると、継ぎ目は・・・これも快適性ゼロですね!

パターンノイズはうるさいし、でも国産Sタイヤの

もの凄くうるさいとは、全く違います。

もっとうるさいと思っていましたが

こんなもんなの?と思ってしまいました。

逆に言うと、このトレッドパターンで

これだけ静かなのは、驚きました。

でも、乗り心地もまったくのゼロ(笑)

さてコーナーに入ると・・・スゴイ・・・

この感覚まさしくSタイヤです(喜)

このアルテッツア、車高調はXYZが入っていて

RSではないんですが、それなりにショートサーキットまでは

走れるセッティングなんですが

足回り性能よりタイヤのグリップ力の方が完全に上

このナンカンAR-1のグリップ力が凄すぎて

足回り性能が負けています。

それにしても、このグリップ力は凄いの一言

おそらくコンパウンド的には、国産Sタイヤの

SとMの中間あたりのコンパウンドの感じかな!

どちらかというとMよりですが、タイヤを暖めないで

ここまでのグリップ力には、驚きました。

もうチョット気温が低ければ、コンパウンドが分かりやすいんだけどね!

季節が気温の高い夏なので・・・・

ナンカンNS-2Rでも十分なグリップ力ですが、

ナンカンAR-1は、かなりグリップ力を上げての登場です。

まだサイズラインナップも徐々に増えていくということなので

履けるサイズが出るとイイですね。

乗った感じは、タイムアタックには最高なタイヤになるでしょう!

国産Sタイヤの1/3の価格で買えるのが、最大の魅力ですね!

サーキットで一番お金のかかる消耗品がタイヤですから、

この価格は本当に助かります。

サーキットを楽しむ方には最高のタイヤになると思います。

1日フリー走行会なら、午前中ナンカンNS-2R

午後ナンカンAR-1というように使い分けるのが楽しく、

正解だと思います。

サーキットを楽しむなら⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

これからNS-2Rのように、AR-1のタイヤサイズのラインナップが

増えてくれるとうれしいですね!

NANKANGAR-1のインプレでした。

サーキット好きの皆さんのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2016年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ ハイグリップタイヤ

アジアン ハイグリップタイヤ性能ランキング アジアン ハイグリップタイヤ性能比較!

アジアン ハイグリップタイヤランキング アジアン ハイグリップタイヤ性能比較

アジアンタイヤにはタイヤカテゴリー的にないグリップタイヤという

カテゴリーはありませんでした。

今まで試乗してきて、グリップ性能的には

スポーツタイヤのカテゴリーに

おさまるグリップ性能でしたが、

でも2015年から2016年にかけて

アジアンタイヤでもグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

激安アジアンタイヤの中でのハイグリップタイヤランキングです。

試乗した中では、グリップタイヤのカテゴリーに入るタイヤは

まだ5種類しかありませんが、これから各アジアンタイヤメーカーから

グリップタイヤが発売されることを期待したいと思います。

タイヤ性能評価は7つあります。

ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地、耐摩耗性(ライフ)、燃費性能です。

このタイヤ性能評価7つの中で、今回はハイグリップタイヤランキングなので、

ドライ性能のグリップ力のみの性能ランキングです。

サーキットでタイムアタック用に使えるタイヤです。

どれも公道走行OKのハイグリップタイヤです。

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤ性能ランキング

公開日:2016年04月20日

更新日:2017年08月17日

1位 NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

2位 NANKANG NS-2R

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

3位 FEDRAL 595RS-RR

試乗感想レビューはコチラ⇒FEDERAL 595RS-RR

FEDERAL_595RS-RR

4位 ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

5位 ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

 

究極なグリップ力を持っている

ハンコックのSタイヤ

ハンコックVENTUS TD Z221もありますが

価格が国産Sタイヤより高いので

ランキングから外しました。

価格が高くて性能がイイのは当たり前だからです。

さらにSタイヤ(セミスリックタイヤ)は

グリップ力のみに特化したタイヤで

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が違い

特殊なタイヤなので一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤがSタイヤなので!

あくまでも激安アジアンタイヤから抜粋した

グリップタイヤランキングです。

1位のNANKANG AR-1は2016年7月に

NANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

2位のNANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

3位のフェデラル 595RS-RRも

チョット値段が高いですが、それでも

国産グリップタイヤの1/2の価格で買えるます。

4位のATR-K SPORTと5位のATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

今回のハイグリップランキングの5種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

説明を付け加えておきますね!

3位のフェデラル 595RS-RRで

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産グリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

しかも周回を重ねても、タイムが安定していたので

そのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

アジアン ハイグリップタイヤ性能ランキング!アジアン ハイグリップタイヤ性能比較でした。

 

タグ

2016年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ タイヤランキング ハイグリップタイヤ

このページの先頭へ