BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能・評価・レビュー

ブリヂストン ポテンザS001、タイヤ性能・評価・レビュー

POTENZA S001 (プレミアムタイヤ)

タイヤサイズ(18インチ~20インチ)

POTENZA S001(ポテンザ・エスゼロゼロイチ)は、

世界のハイパフォーマンスカーに選ばれたPOTENZA RE050に

搭載された技術がさらに進化。

IN側はウェット性能を、OUT側はドライ性能を追求したパターンを

採用したことで、高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

ブリヂストン POTENZA S001、タイヤ性能・評価・レビュー

知人が、ポテンザS001を履いたので

試乗してみてと、

車はベンツのC180

 

タイヤサイズは225/45R18です。

RE050は良く乗るんだけど、S001は値段が高いから

滅多に乗る機会はないんだよね!

試乗の機会を頂きありがとうございます。

では試乗です。

車の性格も踏まえて試乗しないと、タイヤの評価にならないので

その点は気をつけないとね!

乗り初め、なるほど、18インチとは思えないほど静かです。

ますはいろいろな路面を走り回って、

なるほど~乗り心地はかなりイイですが

これ車のセッティングが大きく関係しているみたい。

この頃のベンツってリヤを多少柔らかめのセッティングにしてあるんだよね。

コーナーを攻めると分かるんだけど、リヤが付いてこないな~という感じを受けます。

が・・・このS001というタイヤは、グリップ力があるので

このリヤの弱さを、打ち消してしまいます。

ER050だと、おそらくリヤは流れ始めるレベルなんだけどな~

このS001って、かなり進化しているんじゃないのか

もしかして、グリップタイヤ並のグリップ力を

持っているかも知れません。

ということで、いつも通り、東名高速、そして首都高テストに

まずは、インターのきついコーナーを攻めてみると

なるほど、やはりグリップ力はあるね!

車のバネレートに対しては、ちょっとオーバースペックタイヤかも

さて高速に合流して、速度が上がっても

おいおいこのタイヤ、レグノかよ~

速度が上がると、普通はタイヤのパターンノイズは

大きくなるのが当たり前なんですが

結構タイヤのブロックが大きいパターンなんですが

とっても静かなのには驚きました。

さらに、驚きは乗り心地、本当に18インチなの??

車の性能の静かさを差し引いても、静かですね。

乗る前、タイヤのトレッドパターンを見て

スポーツタイヤだろうな~って思っていましたが

このS001というタイヤは、かなり高いレベルの

快適性を持っていますね!

さて首都高はどうなのか、路面の継ぎ目も半端ないし

路面も荒れている首都高ではどうなのでしょうか

ETCゲートを抜けて首都高に

やはりこのタイヤの快適性はスゴイの一言

さてコーナーですが、切り初めからダイレクト感が伝わってきて

とてもコントロールしやすいです。

もともと今のCクラスって、フロントが入る性格になっているので

余計にタイヤ性能がシビアに分かりますね!

そしてグリップ力ですが、これはスポーツタイヤの域ではありません。

これグリップタイヤでも通用するんじゃないかな

それほどグリップ力はありますね、コレには驚きでした。

確かにフロントのセッティングとリヤのセッティングが違いすぎるので

リヤが付いてこないという感覚がありますが

それでもS001というタイヤのグリップが強烈なので

不安感は無くなりました。

それにしても、黒70がブリヂストンタイヤを褒められるのは

いままではスタッドレスタイヤだけでしたが、

夏タイヤでもここまでの性能を持つタイヤがあったとは驚きです。

もっと一般夏タイヤにも、力入れてよ~

という感じを受けてしまいました。

どうしても、ここ10年のブリヂストンさんを振り返ると

ニーズを聞かず、性能を求めるんだったら

うちの高いタイヤを選んでよ、という感じの商売感が感じられたので

高くて性能がイイのは、当たり前だと思うんだけどね!

その性能を安く提供でき、ユーザーさんに喜んで使って頂けた方が

商売としては正解だと思うんだけれどな~と黒70は思っていま~す。

ちょっと、話がズレましたが、今回試乗したS001というタイヤは

プレミアムスポーツタイヤでした。静かさ、乗り心地、グリップ力

どれをとっても、レベルが高かったです。

ブリヂストン ポテンザ S001のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒POTENZA S001

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

BRIDGESTONE POTENZA S001タイヤ性能・評価・レビューでした。

タグ

2017年1月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ プレミアムタイヤ

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較!

ランエボ専用、軽量ホイールのRPO3に、アドバンネオバAD08Rを組み付け

サーキットを走るので、軽量で強度のあるホイールを選びました。

車はランエボ6なので、ブレンボキャリパーのため、専用ホイールです。

タイヤは、グリップタイヤのヨコハマアドバンネオバAD08Rです。

日本もアジアなので、アジアンタイヤですね(笑)

量販店ではAD08Rは、もの凄く値段が高いタイヤですが・・・(汗)

大丈夫です!安く買えるところ、教えますので!

ということで新品ホイールに、ネオバをセットして

あとは、バランスを取って、ランエボ6に履かせます。

ネオバAD08RとプロクセスR1Rのタイヤ性能評価です。

サーキットでは、タイヤが低温でもある程度のグリップ力を発揮してくれます。

でも低温では、プロクセスR1Rの方が上のグリップ力です。

タイヤが高温になると本領発揮で、グリップ力は

プロクセスR1Rと同等のグリップ力を発揮してくれます。

ネオバAD08Rの方が、横剛性が高いので、初期応答性が良く

運転が上手くなったように感じますが、タイム的には

ほとんどR1Rと変わりません。

ですが、溶けるタイヤの温度になると、R1Rは熱ダレをおこし

ズルズル感が出てしまい、タイムがほんの少し落ちるんですが、

ネオバAD08Rは熱ダレをおこさず、タイムは安定します。

なので、休憩をはさむ走行会で20分程度の全開走行なら、

R1Rの方がタイムが出ますが

連続40分全開走行になると、ネオバAD08Rの方が

安定したタイムが出せますよ。

あとタイヤの摩耗ですが、R1Rの方が、圧倒的に減りは早いです。

ですので耐久面で見ると、ネオバAD08Rの方が上です。

とくに、1500キロぐらいの車重になると

R1Rはサーキットで4時間走行で

新品タイヤでも終わってしまうので

1日フリー走行なら、ネオバAD08Rを履いた方が

お財布に優しいです(笑)

ということで、アドバンネオバAD08Rが

安く買えるところ、あるんです。

ADVAN NEOVA AD08Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEOVA AD08R

グリップタイヤ選びの参考にして頂けたら。うれしいです。

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較でした。

タグ

2017年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

POTENZA Adrenalin RE002 ポテンザアドレナリンRE002タイヤ試乗レビュー評価!

POTENZA Adrenalin RE002

タイヤサイズ(16インチ~17インチ)

potenza-adrenalin-re002

ブリヂストンPOTENZA Adrenalin RE002(ポテンザ アドレナリン RE002)は、

モータースポーツで培われた技術が取り入れられていて、

コーナーはもちろん、ドライ・ウェットなど様々な路面で、

高いグリップ力を発揮する運転の楽しさを感じることができる

スポーティーなタイヤです。

というメーカーさんのセールストークです。

ポテンザアドレナリンRE002タイヤ試乗レビュー評価!

試乗してみると、ちょっと今までのポテンザシリーズとは違うコンセプトなのかな?

確かにコーナーを攻めると、切り初めから気持ちよく反応してくれるし

コーナー限界もかなり高いんだけど、この限界時、もうチョットのグリップ力が

RE002には、ないんだよなァ~?

おそらく、耐摩耗性側に重点を置いたのかなという感じを受けます。

トレッドパターンを見ても、決して静かなタイヤのパターンではないんですが

思った以上に静かなタイヤなのにはビックリさせられました。

前回試乗したポテンザアドレナリンRE003とは、性格がかなり異なり

限界グリップを少し落として、快適性と耐摩耗性に振ったのが

ポテンザアドレナリンRE002という感想です。

でもグリップ力が少し落ちてもと言っても、一般スポーツタイヤよりは

全然グリップ力はありますよ(笑)

グリップ力を少し落としても、快適性重視なら、RE002がオススメです。

ブリヂストン ポテンザ・アドレナリン・RE002のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒POTENZA Adrenalin RE002

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ポテンザアドレナリンRE002タイヤ試乗レビュー評価でした。

 

タグ

2016年10月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブリヂストンタイヤ

DUNLOP SP SPORT MAXX TTタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビュー!

DUNLOP SP SPORT MAXX TT

タイヤサイズ(17インチ~20インチ)

dunlop-sportmaxx-tt

SPORT MAXX TT(スポーツマックス TT)は、

DUNLOP独自の最先端テクノロジーによりハイレベルの運動性能を実現した

ニューフラッグシップタイヤです。

ダンロップの中では最上位のプレミアムタイヤです。

ハイパフォーマンスカーの性能を最大限に引き出し、

ウェット・ドライ路面どちらのコンディションでも

非凡なグリップ性能を発揮します。

また、コーナリングの安定性、ステアリングレスポンス、

快適性能においても最上位モデルにふさわしい能力を発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

DUNLOP SP SPORT MAXX TTタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビュー!

知人から試乗して~って、履いてきたタイヤは

SP SPORT MAXX TT 225/40R18です。

試乗してきました。

乗り初めは18インチなのに静かなタイヤというのが第一印象です。

段差の乗り越えは、ちょっと硬いのかな、横剛性がありそうなタイヤですが

1テンポ遅れるような変な硬さではなく、突き上げ感はありません。

コーナーを攻めてみると、かなりクイックに切り初めから反応してくれます。

コーナー中の剛性感、安定感はかなりありますね。

SP SPORT MAXX TTというタイヤ、一般道の速度では

とても評価し辛いので、高速道路と首都高を走ってくることに

まずはETCカードを黒70のに変えないとね(笑)

ETCゲートを通過して、合流手前の急コーナーを攻めてみると

ほォ~・・・このSP SPORT MAXX TTというタイヤ

かなり横グリップ力がありそうです。

合流手前でフル加速、縦グリップとリヤ荷重になった時での

直進性もイイね!

もう一か所ETCゲートを抜けて、もう一度フル加速

ちょこっとステアリングを揺らしても、ふらつきはなく

しっかり路面をとらえてくれます。

速度が上がっても、パターンノイズは入ってきません。

かなり静かなタイヤですね!トレッドパターンを見た時は

このタイヤは高速でうるさいんじゃないかと思いましたが

とっても静かなタイヤです。

驚いたのは直進安定性、何といって説明すればいいのか

ステアリングは握らず、軽く添えるだけでも十分なほど

直進安定性が高いタイヤです。

何度かレーンチェンジをして試しましたが

ふらつき感もまったく感じられず、ピタッと収まるのも

このタイヤの特徴かな!

ふらつかない=気を使わない=ステアリングを強く握らない

⇒疲れないタイヤです。

SP SPORT MAXX TTは高速道路を多く使う方にはオススメですね!

次に、継ぎ目が多く段差のある首都高へ

乗り心地とコーナー性能はどうなんでしょう?

またまたETCゲートを通過して首都高へ

継ぎ目を何度か乗り越えて、なるほど

タイヤの反発スピードがあるので、

路面の凸凹に追従してくれて、嫌な突き上げ感はありません。

乗り心地もイイです。

さてコーナーに入ってみると、これまた切り初めから

素早く反応してくれて、楽しくなってきちゃいます。

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にしても

リヤが出る雰囲気さえありません。

ちょっとオーバースピードでコーナーを攻めてみても

グリップ力あるね(驚)

横のグリップというより、剛性があるので

不安感がないんだよな~、グニャリ感のあるタイヤは

コーナーの入口・出口で気を使うけど

このSP SPORT MAXX TTは、コーナーでも

気を使わずに走れちゃうところが凄いです。

なんだか、ダメなところが見つからないんだけど(驚)

トレッドパターンは普通のタイヤなんだけど

乗ってみると、ビックリするほど高次元の性能を発揮して

とくに高速運転が楽なタイヤでした。

ちょっとタイヤトレッドパターンだけでは

判断できなくなってきたかな。

SP SPORT MAXX TTというタイヤ

かなり高速性能が高い、プレミアムタイヤでした。

ダンロップSP SPORT MAXX TTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒DUNLOP SP SPORT MAXX TT

国産タイヤ選びの、参考にして頂けたら、うれしいです。

DUNLOP SP SPORT MAXX TTタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビューでした。

タグ

2016年9月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダンロップタイヤ 国産タイヤ

ADVAN Sport V103 タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー

ADVAN Sport V103タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー

タイヤサイズ(21インチ)

ADVAN Sport V103

ADVAN Sport V103(アドバン・スポーツV103) は、

超高速性能、ウェット性能、快適性を追求して誕生した、

ヨコハマの新しいフラッグシップタイヤです。

通常のYレンジを超える高速域、(Y)レンジをポテンシャルに持つ。

その開発には、ポルシェやベントレーなどのOEタイヤ開発で培われてきた

世界トップレベルのテクノロジーが活かされている。

というメーカーさんのセールストークです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能レビュー

といってもポルシェ大好きな知人の車です。

久しぶりですね。

あれ、なんだかやたら偏平タイヤになっているけど

255/30R21というサイズ

ホイールに傷をつけてしまい、どうせなら21インチにと

タイヤとホイールを新たに買い替えたようです(マジ)

まあ高速サーキット好きな方なので!

試乗評価はイイけど、このタイヤサイズで

公道じゃ、評価できないよ~

縦のグリップと静かさぐらいしか評価できません(汗)

とりあえず試乗することに・・・

知人を助手席に乗せてGOです。

乗ってすぐに、あの~・・・この足

高速サーキットに合わせてあるね。

バネレートが半端じゃないんだけど~

ポルシェのノーマルの足って

とてもストロークがあってスムーズで、

しなやかに動くんだけど・・・

まるっきり別物です。

相変わらす、富士スピードウェイ走ってるのか~

でもこれだけの足を入れていて

タイヤが静かなのには驚きました。

そのまま高速へ、

インターのコーナーで、やはりキャンバー角が効いていますね。

コーナー中、完全にタイヤの面で路面をとらえています。

合流手前からフル加速・・・・

かなりハイギヤなのにもかかわらず、もの凄い加速です。

当たり前ですが・・(笑)

RRなので、縦のグリップは充分生かされますね。

本当は120キロぐらいから盛り上がり

140キロを超えた当たりから本領を発揮して

あっと言う間に200キロを超える車なんだけど

これは、サーキットじゃないと出せないので・・・(泣)

さて首都高に入り、コーナーを攻めてみても

この速度域では、何もおきません。

グリップ力があり過ぎて、安全性はもの凄いですけどね!

コーナー出口でチョット、アンダーが強いかな

RRなのでフロントが軽いので、コーナー出口に向かって

アクセルを開けていくと、フロント荷重が少なくなり

アンダー傾向になるんだよな~

ノーマルの足は、この特有のクセを足回りのセッティングで

出ないように、セッティングされていて

不安感はないんだけど

何しろ今回乗っているのは、足は車高調だし

バネレートが高いので、ダイレクトに

クセが出ちゃいます。

コレを消すには、もう少しリヤの車高を上げないとダメかな!

3mmぐらい上げればちょうどいいと思うけど

ゴメンナサイ!タイヤの評価じゃなくて

車のセッティングの話になっていましました。

サーキット歴が長いので、ついつい熱くなって・・・

ADVAN Sport V103の評価は公道の速度では

評価できない高性能タイヤでした(汗)

アドバン Sport V103のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ADVAN Sport V103

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能・試乗・評価・感想レビューでした!

タグ

2016年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ヨコハマタイヤ

このページの先頭へ