HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビュー!アジアンSUVタイヤ!

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビュー!20インチタイヤ試乗レビュー!

HP801(エイチピー ハチマルイチ)は、新たにSUV、クロスオーバー車用に設計され、

高い運性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

耐摩耗性と静粛性を追求し、高速走行で安定した走りができます。

というメーカーさんのセールストークです。

HIFLY HP801

インチサイズ(16インチ~22インチ)

HIFLYHF801

HIFLY HP801の性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HP801試乗レビュー

今回HIFLY HP801を試乗するのは20インチ

なんだかインチ的には乗り心地と静かさは、期待できない予感です。

なにしろインチが上がれば上がるほど乗り心地は悪く

しかもうるさくなるのは当然なので・・・

さて走り出しは、アレ???

ちょっと予想していたのと、違った感じ

あれ?20インチでここまで静かなタイヤってあったっけ???

HIFLY HP801は予想に反して、とても静かです(驚)

乗り心地も、予想していた突き上げ感もなく

どちらかというと19インチの乗り心地と言ったところです。

ほォ~、これだったら20インチも悪くないな~

今まで20インチをベルファイアとアルファードで乗り

ハリアーの22インチも試乗してきたけど

どれもうるさくて、突き上げ感があったんだけど

このHIFLY HP801は、静かでいい感じです。

ちょっとこのビッグサイズのSUVタイヤ、あなどれないかも!

一般道のコーナーを攻めてみると

さすがに20インチタイヤです。よれることなく

スパッと曲がってくれます。

ステアリングの切り初めから、即、車が反応してくれるので

とても扱いやすいです。

なんだか20インチタイヤのイメージが

チョット変わってしまいました。

さて次に高速道路へGO

インターのキツイコーナーを抜けて

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HP801は高速でも

静かなんですね!

直進安定性も抜群です。

このHIFLY HP801はSUVタイヤカテゴリーでは

スタンダードタイヤなんですが、

タイヤのレベル的にはコンフォートタイヤと言ってもイイでしょう。

次に首都高に入って、コーナー性能です。

その前に、首都高は継ぎ目が多いので、継ぎ目の通過時はというと

多少突き上げ感は出ますが、20インチのタイヤを考えれば

乗り心地はイイですね!

さてコーナーに入ると、切り初めから反応はイイです。

コーナー中もグリップ力もありすんなり曲がっていきます。

何度かコーナーを確かめてから、ちょっとオーバースピードで

コーナーに侵入して、コーナー中、左足ブレーキをかけて

思いっきり前荷重にしてみると

あッ・・・なんだかグニャリ感が出ますね。

この動き、タイヤのエアーが足りない動きです。

荷重負けをすると、この動きになるんだよな~

エアーは300kpaに合わせていたんだけど

コーナーを攻めるなら、320kpa~340kpaまで

エアー圧を上げないとダメみたいです。

インチが大きくなるほど、タイヤのエアー管理は

しっかりやらなければいけません。

履く車の重量がとても関係してくるので!

HIFLY HP801という20インチタイヤを

今回試乗して、結構20インチでも快適なんだな~って思いました。

タイヤによっては、とてもうるさいタイヤもありましたが

このHIFLY HP801はとても快適でした。

20インチで人気上昇中というのも納得させられました。

最大の魅力は価格の安さだと思いますが

ハイフライHP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ HIFLY HP801

20インチのタイヤ選びの参考になればうれしいです。

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ性能・感想・評価・レビューでした。

タグ

2016年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイフライタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

SUVタイヤランキング アジアンタイヤ!

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

ココでは、SUV車用タイヤの売れている順にランキングしています。

アジアンタイヤもSUVタイヤの種類がかなり増えてきました。

しかも、インチアップの大口径SUVタイヤでも

格安なのが、アジアンタイヤのうれしいところです。

20インチ以上のタイヤアルミセットも

信じられないぐらい価格が安いのが魅力です。

公開日:2016年06月16日

更新日:2017年05月01日

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤ

1位 ATR SPORT ATR SPORT DESERT HAWK H/T

Desert Hawk H/Tタイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

2位 NANKANG FT-7

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7

 

3位 NANKANG FT-4

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NANKANG FT-4

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-4

 

4位 NANKANG SP-7

NANKANG SP-7タイヤの試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-7

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-7

 

5位 ZEETEX SU1000

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

ZEETEX SU1000

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX SU1000

 

6位 NEXEN ROADIAN-HP

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NEXEN ROADIAN-HP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HP

 

7位 NANKANG SP-5

NANKANG SP-5のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

NANKANG SP-5

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG SP-5

 

8位 NEXEN ROADIAN-HT

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

NEXEN ROADIAN-HT

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADIAN-HT

 

9位 ATR SPORT DESERT HAWK UHP

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗・感想レビューは⇒⇒コチラ

ATR SPORT DESERT HAWK UHP

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

10位 NANKANG FT-7.OWL

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

ホワイトレターが人気のポイント?

NANKANG FT-7.OWL

タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG FT-7.OWL

 

試乗していないタイヤがたくさんあって

まだすべてのタイヤ性能評価が出来ていなくて

申し訳ありません。

タイヤの試乗テストの機会を

作って性能テストをしていきますので

タイヤ性能テストが出来ていないタイヤに関しては

タイヤサイズと価格の紹介だけになってしまいました。

SUV車のタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

SUV車タイヤランキング アジアンタイヤでした!

タグ

2016年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

HIFLY HT601 SUVタイヤ性能・評価・感想・レビュー

HIFLY HT601 SUVスタンダードタイヤ性能・評価・感想・レビュー

インチサイズ(16インチ~17インチ)

HT601

久々にSUVスタンダードタイヤの性能レビューです。

今回はHIFLY HT601 SUVタイヤです。

車はハイラックスサーフです。

さてメーカーさんのセールストークはこんな感じ

HIFLY HT601(ハイフライ エイチティー ロクマルイチ)は、

ドライ・ウェットどちらの路面状況でも高いトラクション性能を発揮。

ロードノイズを抑え、快適なドライビングを実現します。

というセールストークです。

HIFLY HT601 SUVタイヤは実際どんな感じのタイヤなのか?

SUVタイヤは久々なので

今回はちゃんと写真も入れようかな!

HIFLY HT601

タイヤ2本しか写っていませんが、4本新品に変えますよ。

HIFLYのロゴがしっかりと

DSC_0232[1]

そしてHT601のロゴも

DSC_0233[1]

タイヤを組み終えたら、バランス取りです。

さすがにこのタイヤサイズになると、重たいです(汗)

DSC_0236[1]

バランスを取り終えたら、ハイラックスサーフに取り付けて

ようやく試乗にお出かけです。

HIFLY HT601はどんなタイヤなのかな?

走り出し、やはりハイラックスサーフなので

車の揺れ方がゆっくりで大きい~

低速ではタイヤ自体がボヨンボヨンしているのか

足回りのストロークでそのような揺れになるのかの

判断が付きにくいです。

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HT601は予想していたより静かなタイヤです。

コンフォートタイヤの静かさと言えば、そこまでの静かさはありませんが

スタンダードタイヤとしては、静かさは合格点です。

次にコーナーですが、まあコーナーを攻める車種ではないので

S字コーナーの切り返しなどを試してみます。

コーナー進入時は、やはり腰砕け感がありますね!

そしてS字の切り返し時も、グニャリ感はかなりあります。

コレだとちょっと、高速道向きではない感じですね。

結構な時間走り回りましたが

ウ~ン・・・コレと言った優れたところは

特に見当たりません。

と言っても悪いところもないけどね。

どちらかというと評価的にはすべてが標準性能レベルで、

収めたというタイヤでした。

でも静かさは結構いいレベルなので

特にタイヤ性能にこだわらない、タイヤが減ったから

交換するんだという方に、オススメなタイヤが

HIFLY HT601というタイヤでした。

ハイフライ HT601のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒HIFLY HT601

アジアンタイヤのタイヤ選び、タイヤ交換の参考にして頂ければ、うれしいです。

HIFLY HT601 SUVタイヤ性能・評価・感想・レビューでした。

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイフライタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)タイヤ性能、評価

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)タイヤ性能、評価

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)

ハイインチSUVに上質な走りを求めたテクノロジー&デザインのタイヤです。

今回試乗したタイヤサイズは、なんと245/45R20

SUVタイヤの評価はなかなか難しいんだよね。

さて試乗してみると、おいおい、結構乗り心地が良くてビックリ

20インチなので、ホイール重量も相当あるのに

突き上げ感がありません。

それとSUVタイヤの中では、トップクラスの静かさですね。

SUVタイヤって、トレッド面のブロックが大きいので

パターンノイズは大きくなるんだけど、

このYOKOHAMA PARADA Spec-Xはとにかく静かです。

それと、初期グリップ性能がとてもイイ

タイヤ評価の中では、いつも書いていないけど

タイヤが冷えている時のグリップ力って

ウエットグリップ性能にもの凄く関係しているんです。

当然濡れた路面というのは、タイヤが水で冷やされるので

タイヤとレット部の温度が上がりません。

ゴムというのは、冷えれば冷える程、硬くなる性質を持っているので

走り出しの冷えたタイヤのグリップってあまり出ないんです。

このYOKOHAMA PARADA Spec-Xは、その冷えた状態からでも

グリップ力が出ているところを見ると

ウエットグリップが高いタイヤです。

おそらくシリカの配合のイイところを見つけたのでしょう。

さて高速道路を走っても、20インチとは思えない静かさ!

20インチって高速でうるさいのが当たり前ですが

PARADA Spec-Xは高速でも静かなのには、驚きました。

首都高に入り、コーナーグリップは、

ちょっとスタンダードタイヤとは思えないほど

グリップ力がありますね。

偏平タイヤなので、クイック感もあり

これスポーツタイヤのカテゴリーでも

問題ないと思うけど、それほどグリップ力も高いタイヤでした。

SUV車だからと言って、オフロードを走らないなら

快適なPARADA Spec-Xを選ぶ方が増えるでしょう。

YOKOHAMA PARADA Spec-Xのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒YOKOHAMA PARADA Spec-X

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

YOKOHAMA PARADA Spec-X(ヨコハマ パラダ スペックエックス)タイヤ性能、評価でした。

タグ

2016年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヨコハマタイヤ 国産タイヤ SUVスタンダードタイヤ

NANKANG SP-7 ナンカンSP-7 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

NANKANG SP-7 ナンカンSP-7 タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

sp7

NANKANG SP-7 ナンカンSP-7(エスピーセブン)は、

静粛性とウェット性能に優れた都市型SUV用オンロードタイヤ。

タイヤカテゴリーはスタンダードタイヤに位置します。

NANKANG SP-7のタイヤ性能・評価・レビュー

ps7

トレッドパターンを見ると、チョット珍しいパターンをしているなと言うのが、見た目の印象です。

中央部のトレッドパターンが曲線を使ったパターンは滅多に見ませんね!

DSC_0094[1]

試乗してみると、結構静かなのにはビックリ

街乗りの道路の継ぎ目を超える時も静かです。

コーナーは腰砕け感もなく、横剛性もありますね。

首都高に入ると、これ結構いい感じ

スタンダードタイヤだから、コーナーが弱いんだろうな~

なんて思っていたら、横剛性の高さはかなりいいレベルです。

切り初めのSUV特有のグニャリ感もなく曲がっていきます。

このレベルだと、スタンダードタイヤではなくコンフォートタイヤと言っても、不満はでない感じのレベルですね。

価格が安いから、チョット甘く見ていました。

まさか、ナンカンタイヤのSUVタイヤのレベルが

ここまで高くなっていたとは、驚きです。

スタンダードタイヤでこのレベルとなると

これは早急にナンカンタイヤから出ている

他のSUVタイヤの性能を調べないとね。

NANKANG SP-7のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG SP-7

NANKANG SP-7のタイヤ性能・評価・レビューでした。

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

 

タグ

2016年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:台湾タイヤ SUVスタンダードタイヤ

このページの先頭へ