RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)

タイヤサイズ(17インチ~26インチ)

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

さてDimax R8+というタイヤはどんなタイヤなのでしょう。

試乗してみました。

今回試乗したのは19インチなので、乗り心地が気になるところですが

どうなのでしょう。

一般道を走ってみると、静かさはピカイチです

乗り心地は、ちょっと硬さが目立ちますが、

いやな突き上げ感ではありません。

どちらかというと、スポーツに振っている硬さという感じです。

コーナーを攻めてみると、これがとってもイイ感じのグリップ力があるね!

う~ん、これは一般道では、性能が有りすぎるかも

という事で、高速道路へGOです。

速度が上がっても、静かさは保っています

そして一般道では、ちょっと硬さが目立っていましたが

高速では、これがとてもイイ感じです。

そして直進性がこれまたイイです。

何しろ直進性の悪いタイヤは、高速道路は疲れるので!

このRADAR Dimax R8+タイヤは、どちらかというと

高速道路の方が得意かも、という事で

一番タイヤ性能が分かる、首都高へ

まず首都高の継ぎ目ですが、硬さは感じません

乗り越えた後の収まりががとてもイイです。

さてコーナーですが、切り初めの反応はOKとってもシャープです。

コーナーを攻めてみると、やはりかなりグリップ力ありますね。

スポーツタイヤのグリップ力はありますが

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にすると

ちょっと、リヤが抜けるかな、かなり過激な運転の事なので

一般的には、かなり優等生のタイヤには間違いありません。

トータル性能から判断すると、プレミアムタイヤまでは

行かない感じです。コンフォートスポーツタイヤが

RADAR Dimax R8+タイヤの性格でした。

でもトータル性能はかなり高いのは驚きました。

ココがスゴイ優れているというところがなく

タイヤ性能をトータルで持っているというタイヤでした。

どちらかというと、高速道路を良く使う方にオススメのタイヤです。

タイヤサイズが豊富で値段が安くてここまでの性能なら納得です!

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビューでした。

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ スポーツタイヤ レーダータイヤ

ATR Sportタイヤ 安くて性能が良いスポーツタイヤでした。

ATR RADIALタイヤメーカーから出ている、ATR Sportタイヤ!

ちょっと信じられないほど安いATRスポーツタイヤ

まあ、履いて試乗してみないと、タイヤの性能なんて

分からないので!

日本人には固定概念がありますからね。

『値段の高い物は良い物、安い物は悪い物』という決めつけが・・・

黒70もそうでしたから(恥)

まずは、とてつもなく安い、ATR SPORTタイヤを

ホイールにセットしてみます。

タイヤサイズは、215/45R17です。

コルギ―製のタイヤチェンジャーにホイールをセットして

ATR1

次に、ATR SPORTタイヤを組んでいきます。

ATR SPORT

特にサイドが硬いとかも、ありません。

ATR SPORTタイヤは全く問題なく

国産タイヤと変わりはなく組めますね!

ATR SPORTセット

エアーを入れて終了です!

さて、バランスはどうなんでしょう。

安かろう、悪かろうじゃないだろうな~?

バランサーにセットしてブレもないし、

バランスも普通、悪いところは見当たりません。

ウ~ン、激安タイヤと思いつつ

国産タイヤと変わりません、普通です。

ATR4

さて一般道を試乗してみると、なかなか静かなんだけど

これも普通という感じ、コーナーのグリップ力は

かなりありますね!

高速を走ってみると、ちょっとパターンノイズが気になる程度です。

ATR SPORTタイヤはサーキットでは

どうなのでしょう?

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りがノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTというタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です。

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでした!

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、この安さでここまでグリップしてくれる

タイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです。

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ATR RADIALタイヤメーカーから出ている、ATR Sportタイヤでした!

タグ

2016年8月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ ATRスポーツ

ADVAN Sport V103 タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー

ADVAN Sport V103タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー

タイヤサイズ(21インチ)

ADVAN Sport V103

ADVAN Sport V103(アドバン・スポーツV103) は、

超高速性能、ウェット性能、快適性を追求して誕生した、

ヨコハマの新しいフラッグシップタイヤです。

通常のYレンジを超える高速域、(Y)レンジをポテンシャルに持つ。

その開発には、ポルシェやベントレーなどのOEタイヤ開発で培われてきた

世界トップレベルのテクノロジーが活かされている。

というメーカーさんのセールストークです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能レビュー

といってもポルシェ大好きな知人の車です。

久しぶりですね。

あれ、なんだかやたら偏平タイヤになっているけど

255/30R21というサイズ

ホイールに傷をつけてしまい、どうせなら21インチにと

タイヤとホイールを新たに買い替えたようです(マジ)

まあ高速サーキット好きな方なので!

試乗評価はイイけど、このタイヤサイズで

公道じゃ、評価できないよ~

縦のグリップと静かさぐらいしか評価できません(汗)

とりあえず試乗することに・・・

知人を助手席に乗せてGOです。

乗ってすぐに、あの~・・・この足

高速サーキットに合わせてあるね。

バネレートが半端じゃないんだけど~

ポルシェのノーマルの足って

とてもストロークがあってスムーズで、

しなやかに動くんだけど・・・

まるっきり別物です。

相変わらす、富士スピードウェイ走ってるのか~

でもこれだけの足を入れていて

タイヤが静かなのには驚きました。

そのまま高速へ、

インターのコーナーで、やはりキャンバー角が効いていますね。

コーナー中、完全にタイヤの面で路面をとらえています。

合流手前からフル加速・・・・

かなりハイギヤなのにもかかわらず、もの凄い加速です。

当たり前ですが・・(笑)

RRなので、縦のグリップは充分生かされますね。

本当は120キロぐらいから盛り上がり

140キロを超えた当たりから本領を発揮して

あっと言う間に200キロを超える車なんだけど

これは、サーキットじゃないと出せないので・・・(泣)

さて首都高に入り、コーナーを攻めてみても

この速度域では、何もおきません。

グリップ力があり過ぎて、安全性はもの凄いですけどね!

コーナー出口でチョット、アンダーが強いかな

RRなのでフロントが軽いので、コーナー出口に向かって

アクセルを開けていくと、フロント荷重が少なくなり

アンダー傾向になるんだよな~

ノーマルの足は、この特有のクセを足回りのセッティングで

出ないように、セッティングされていて

不安感はないんだけど

何しろ今回乗っているのは、足は車高調だし

バネレートが高いので、ダイレクトに

クセが出ちゃいます。

コレを消すには、もう少しリヤの車高を上げないとダメかな!

3mmぐらい上げればちょうどいいと思うけど

ゴメンナサイ!タイヤの評価じゃなくて

車のセッティングの話になっていましました。

サーキット歴が長いので、ついつい熱くなって・・・

ADVAN Sport V103の評価は公道の速度では

評価できない高性能タイヤでした(汗)

アドバン Sport V103のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ADVAN Sport V103

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能・試乗・評価・感想レビューでした!

タグ

2016年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ヨコハマタイヤ

MAXTREK INGENS A1のタイヤ性能・評価・感想・レビュー

MAXTREK INGENS A1(マックストレック インジエンスA1)タイヤ性能・評価・感想・レビュー

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

MAXTREK INGENS A1(インジェンス A1)は、

ドライ、ウェットどちらの路面においても優れたグリップ性と操縦性を発揮。

ドライバーに運転の楽しさを教えてくれます。

タイヤカテゴリーはスポーツタイヤです???

メーカーさんのセールストークでした。

MAXTREK INGENS A1

MAXTREK INGENS A1タイヤの性能は?

タイヤのトレッドパターンを見ると

ブロックが細かく、スポーツタイヤじゃなくて

コンフォートタイヤに見えるけど、性能はどうなんでしょう?

さて試乗してみると、18インチにしては、柔らかい乗り心地です。

速度を上げて行くと、なるほどかなり静かなタイヤですね!

コーナーを攻めてみると、グリップもそこそこありそうです。

18インチなので初期反応がクイックコーナー性能は

一般道では試せない速度じゃないと分からないので

ますは高速道路へ、ETCゲートを抜けてインターのキツイコーナーへ

う~ん、これでスポーツタイヤと言っちゃうか~???

まあ後で分かることなので・・・

高速道路に入って速度を上げると、直進安定性はグッドです。

そして乗り心地も18インチとは思えないほどソフトな感じで

ちょっと驚いたのは、静かさです。18インチになると

高速なればなるほど結構パターンノイズが気になるんですが

このMAXTREK INGENS A1はかなり静かなレベルのタイヤです。

高速道路を頻繁に使う方には、オススメかも!

さて、タイヤカテゴリーがスポーツタイヤなので

そのまま首都高に、路面の継ぎ目と段差が多い首都高は

どんなタイヤ性能なんでしょう?

段差を乗り越えた時の音は多少多めに入ってくるけど

乗り心地はイイです。

さていよいよコーナーテスト

コーナーに入ると・・・やっぱりそうなるよなァ~

過激に攻めてみると、ブロックのヨレが大きくイメージした

走行ラインから膨らみます。

さらにコーナー中、左足ブレーキを使って

前荷重にすると、さらにという感じです。

グリップ力はあるんだけど、ブロックヨレが多くて

S字コーナーの切り返し時に、気持ち良くスパッと

反応してくれません。

やっぱりこのMAXTREK INGENS A1は

タイヤカテゴリーはスポーツタイヤではありませんね!

コンフォートタイヤが正解です。

コンフォートタイヤとしては、かなりレベルが高く

満足いくタイヤだと思います。

マックストレック インジェンス A1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MAXTREK INGENS A1

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

MAXTREK INGENS A1のタイヤ性能・評価・感想・レビューでした。

 

タグ

2016年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビュー

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビュー

CORSA Veera

ATR RADIALのATR SPORTブランドと

もう一つのブランドCORSAブランドのタイヤがCorsa Veera

このコルサヴィーラのタイヤサイズは、2種類のみで

195/50R15と195/55R15です。

排気量1500~1600ccクラスの

インチアップタイヤで、かなり履ける車種は多いですね。

今回試乗したのは、スズキのスイフト

乗り初めですが、これはATR SPORTタイヤとの比較の方が

分かりやすいと思います。

ということで今回は比較で評価しますね!

まず乗り心地は、ATR SPORTよりほんの少し柔らかい感じです。

コーナーは半テンポ反応が遅いというか、ブロックよれが来てから曲がる感じですね。

コーナーを攻めなければ,まったく普通です(笑)

グリップ力は、価格からすれば大満足のグリップ力で

リヤが流れても、かなり楽に修正できます。

あくまでもATR SPORTタイヤと比較してですよ!

静かさは、新品時はかなり静かですが、ATR SPORTも

そうでしたが、減ってくるとかなりパターンノイズが増えるのでは

という感じを受けますね。

何しろ性格が似ているので!

トータルで評価すると、ATR SPORTタイヤの

過激さをほんの少し丸くしたタイヤで

性格はATR SPORTとほとんど変わりません。

グリップ力もイイし、タイヤ性能としては満足なタイヤでした。

でも一つ弱点を指摘するなら、見た目ですね。

サイドウォールにバリがあるのがチョットなァ~というところです。

タイヤ性能には関係ありませんが、

もうチョット綺麗に仕上げてもらいたいかな!

まあ価格から言えば、文句は付けられない価格なので

タイヤ性能は充分満足できる性能なので

激安スポーツタイヤとしてみれば合格です。

コルサヴィーロの価格とタイヤサイズは

こちらから⇒ Corsa Veera

Corsa Veeraタイヤ コルサヴィーラタイヤ試乗・性能・感想・レビューでした。

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2016年6月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

このページの先頭へ