RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)

タイヤサイズ(17インチ~26インチ)

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

さてDimax R8+というタイヤはどんなタイヤなのでしょう。

試乗してみました。

今回試乗したのは19インチなので、乗り心地が気になるところですが

どうなのでしょう。

一般道を走ってみると、静かさはピカイチです

乗り心地は、ちょっと硬さが目立ちますが、

いやな突き上げ感ではありません。

どちらかというと、スポーツに振っている硬さという感じです。

コーナーを攻めてみると、これがとってもイイ感じのグリップ力があるね!

う~ん、これは一般道では、性能が有りすぎるかも

という事で、高速道路へGOです。

速度が上がっても、静かさは保っています

そして一般道では、ちょっと硬さが目立っていましたが

高速では、これがとてもイイ感じです。

そして直進性がこれまたイイです。

何しろ直進性の悪いタイヤは、高速道路は疲れるので!

このRADAR Dimax R8+タイヤは、どちらかというと

高速道路の方が得意かも、という事で

一番タイヤ性能が分かる、首都高へ

まず首都高の継ぎ目ですが、硬さは感じません

乗り越えた後の収まりががとてもイイです。

さてコーナーですが、切り初めの反応はOKとってもシャープです。

コーナーを攻めてみると、やはりかなりグリップ力ありますね。

スポーツタイヤのグリップ力はありますが

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にすると

ちょっと、リヤが抜けるかな、かなり過激な運転の事なので

一般的には、かなり優等生のタイヤには間違いありません。

トータル性能から判断すると、プレミアムタイヤまでは

行かない感じです。コンフォートスポーツタイヤが

RADAR Dimax R8+タイヤの性格でした。

でもトータル性能はかなり高いのは驚きました。

ココがスゴイ優れているというところがなく

タイヤ性能をトータルで持っているというタイヤでした。

どちらかというと、高速道路を良く使う方にオススメのタイヤです。

タイヤサイズが豊富で値段が安くてここまでの性能なら納得です!

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビューでした。

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ スポーツタイヤ レーダータイヤ

RADAR VERENTI R6(レーダー ヴェレンティ R6)タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー!

RADAR VERENTI R6(レーダー ヴェレンティ R6)タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー!

RADAR VERENTI R6

タイヤサイズ(17インチ~20インチ)

verenti-r6

RADAR VERENTI R6(レーダー ヴェレンティ R6)は、

迅速なステアリングレスポンス、

静粛性に優れたコンフォートタイヤです。

ツーリングタイヤの快適性の追及により、

革新の非対称トレッドデザインを採用しています。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR VERENTI R6試乗レビュー

今回試乗したのは18インチタイヤです。

乗り初めは、メチャ静かなタイヤというのが第一印象です。

速度を上げて行っても、突き上げ感もなく

コンフォートタイヤというのが、ハッキリわかるタイヤですね。

さてコーナーを攻めてみると、あれ???

なんだか??

まあ一般道なら丸なのかな!

そのまま高速道路へGO、インターのコーナーを攻めてみると

ちょっと、腰砕け感が(汗)

高速の合流で加速していくと

これまた静かです。

高速での乗り心地もイイですね。

直進安定性はズバ抜けて、イイという感じではなく

普通と言った感じです。

さて首都高に入り、継ぎ目の凸凹は・・・

これも見事にショックを吸収してくれてイイ感じです。

乗り心地と静粛性は、かなりいいレベルのタイヤでした。

さてさて首都高のコーナーを攻めてみます。

ステアリングを切り込み、荷重が外に掛かると

あちゃ~、このグニャリ感はいただけません。

何度か試してみたものの、やはりこれ完全にタイヤの腰砕けが

ありますね。

コーナーを攻めるタイヤではなさそうです。

グリップ力が無いわけではありませんが

タイヤの横剛性は、弱い方のタイヤですね。

もちろんコーナーを攻めなければ普通のレベルですよ(笑)

タイヤのトレッドパターンを見ると、横剛性がありそうでしたが

実際はかなり乗り心地の方に振っているタイヤでした。

タイヤって実際乗ってみないと、性能や性格は分かりませんからね!

大口径で静かで乗り心地が良いタイヤを探しているなら

オススメのタイヤです。

たまには、峠を攻めたいとか首都高を攻めたいと思っている方には

オススメできないかな(笑)

レーダー ヴェレンティ R6のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR VERENTI R6

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

RADAR VERENTI R6タイヤ性能・試乗・評価・感想レビューでした!

 

タグ

2016年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ

ZEETEX(ジーテックス)ZT2000のタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビュー!

ZEETEX(ジーテックス)ZT2000のタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビュー!

ZEETEX ZT2000

タイヤサイズ(13インチ~16インチ)

ZEETEX ZT2000

ZEETEX ZT2000(ジーテックス ZT2000)は、

ドバイ製でインドネシアの工場で作られています

優れたトラクション性能を発揮するために最適なトレッドデザイン設計を採用。

排水性にも優れ、ドライ路面だけでなく、ウェット路面でも高いハンドリング性能を発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

ZEETEX ZT2000の試乗・タイヤ性能・感想・レビュー

今回試乗したタイヤサイズは215/65R15

走り出しは、結構静かなタイヤという印象です。

速度を上げて行くと、乗り心地もイイです。

これはコンフォートタイヤですね。

コーナーリングはなかなか腰があってしっかり曲がってくれます。

タイヤにIN・OUTがあるのでOUT側の剛性が強く作られている

感じを受けますね。

それに直進安定性も抜群なタイヤです。

コンフォートに少しスポーツ性を兼ね備えたタイヤでした。

ジーテックスZT2000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX ZT2000

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ZEETEX(ジーテックス)ZT2000のタイヤ性能・試乗・感想・評価・レビューでした!

 

タグ

2016年9月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ コンフォートタイヤ ドバイ製タイヤ

NANKANG RX615WSWのタイヤ性能・感想・レビュー!

NANKANG RX615WSWのタイヤ性能・感想・レビュー!

NANKANG RX615WSW

タイヤサイズ(14インチ)

RX615WSW

NANKANNG RX615WSWの性能・感想・レビュー

このホワイトリボンタイヤは、サイズが1種類だけ

155/65R14のみです。

当然試乗したのは、軽自動車

チョット驚いたのは、静かさと乗り心地

RX615も試乗したわけですが

この155/65R14タイヤも

RX615の静かさと、乗り心地を

軽自動車でも、見事に実現しています。

いい加減なタイヤにホワイトリボンを入れた訳では

無いことが、良~く分かりました。

静かさと乗り心地の性能はピカイチですね。

さすがNANKANG RX615に

ホワイトリボンという感じです。

静かさは間違いありません。

ナンカン RX615WSWの価格は

コチラから⇒NANKANG RX615WSW

軽自動車で静かなタイヤをお探しの方に

でもサイズは155/65R14のみです。

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG RX615WSWのタイヤ性能・感想・レビューでした!

 

タグ

2016年8月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ ナンカンタイヤ 台湾タイヤ

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ性能、評価・感想・比較・レビュー

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ性能、評価・感想・比較・レビュー

MOMO OUTRUN M-3(モモ アウトラン エムスリー)は、

高速走行安定性に優れたハイパフォーマンスタイヤ。

左右非対称のトレッドデザインは、静粛性も高め、偏摩耗も抑制します。

というメーカーさんのセールストークです。

MOMO OUTRUN M-3

タイヤサイズ(16インチ~19インチ)

MOMO OUTRUN M-3

タイヤを見ると、トレッド面やサイドのデザインは

とてもキレイに仕上がっているのには、ビックリです。

今回試させてもらったのは、200系クラウンハイブリッド18インチです。

ちょっと車の仕上がり自体、贅沢で高性能な車なので

タイヤ評価がとても難しい車です。

MOMO OUTRUN M-3試乗レビュー

一般道を走行してみると、まずは静かさのレベルは

かなり高いタイヤです。モーターで走行していても

パターンノイズは全くと言っていいほど入ってきません。

もともと静か過ぎる車なので、

タイヤのパターンノイズ自体を車がシャットアウトしているのかも!

荒れた路面を走行しても、とても静かですね。

急斜面で、路面に滑り止めの丸マークのあるところを

走っても、ノイズ的には、驚くほど静かに走行してしまいます。

コレには参りました。しかも乗り心地もいいタイヤです。

18インチなので、多少の突き上げ感があるよな~って思っていましたが

これが18インチの乗り心地なの???という感じです。

さてこのタイヤサイズで、一般道のコーナーを攻めても

タイヤ性能は分からないので、そのまま高速道路にGOです。

インターのコーナーも、この速度で曲がれちゃうのかい~(驚)

とても車重1800キロ越えの車の動きじゃないね!

それほどグリップ力があります

加速車線でアクセル全開・・・

おいおいどんだけ加速力のある車なんだよ~(驚)

3.5Lエンジンに、駆動モーターなので

加速力は、化け物ですね!

10年前の0~400マシーンみたいな加速です。

ここまでのパワーは、日本の道路では、いらないでしょ~?

それにしてもトラクションコントロールの性能が

飛躍的に上がっているね。

このトルクなら、ホイールスピンして、前に進まないパターンなんだけど

トラクションコントロールが、タイヤのグリップの限界を

しっかり監視して、加速側にトルク制御してくれています。

そのギクシャク感をまったく感じさせないところが凄いです。

チョット車の制御の話になってしまいましたが、

話をタイヤ試乗にもどします。

高速道路に入ってもパターンノイズは

多少大きくなるものの、神経をとがらせて聞かないと

分からないレベルのノイズです。

高速でも乗り心地はとてもイイですし、直進安定性もバッチリで

快適そのものです。

首都高に入ると、継ぎ目だらけの首都高ですが

これもかなり静かなレベルの音でおさまってくれます。

突き上げ感もほとんどありません。

快適性はとてもいい評価というタイヤです。

さてコーナーは、どうなんでしょう。

18インチなので、切り初めからスパッと向きを変えてくれます。

コーナー中のグリップ力も充分あり接地感もしっかり伝わってきて

運転しやすいです。

コーナー中、荷重移動をさせても、ラインのズレが少ないので

かなりのグリップ力を持つタイヤですね。

MOMO OUTRAN M-3というタイヤを

始めて試乗しましたが、コンフォートタイヤとしては

充分な性能を持っています。

インチが大きくなればタイヤも偏平になり

乗り心地は悪くなるのは当然なのですが、

MOMO OUTRAN M-3は、大きいインチでも

乗り心地を損なわないように、研究されているタイヤだということが

良く分かりました。

これだけの性能を持ち、見た目の仕上がりまでいいタイヤが

こんなに安く買えるなんて、ちょっと信じがたいのですが

実際の価格を見たら、その安さに驚くと思います。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

日本ではまだあまり知られていないMOMOタイヤですが、

認知度が上がると、一気に売れ出すと思います。

それは、これだけの性能を持つタイヤが

こんなに安く買えるんですから!

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ性能、評価・感想・比較・レビューでした。

タグ

2016年8月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:イタリア製タイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ