峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤ

峠でも使えるハイグリップ激安タイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤの中でも、

ハイグリップタイヤが発売されようになってきました。

一番うれしいのが、ハイグリップタイヤなのに

値段が激安というところが、アジアンタイヤの魅力でもあります。

峠だけではなく、そのアジアンタイヤ性能はサーキットでも

好タイムをマークしてしまうというハイグリップアジアンタイヤです。

その前に峠での性能ですが、もちろん何が言いたいかというと

一般路面のアスファルト路面のグリップ力が低温から凄いということです

ハイグリップタイヤは一般的に、タイヤを暖めないと

グリップ力は出てきませんが、発売されたアジアンハイグリップタイヤは

低温からでも、グリップ力があるのには驚きました。

そして、ハイグリップタイヤの特徴でもある、

限界時グリップを失ったときのコントロール性も抜群です。

グリップが抜けても、滑りながらグリップをしている感じです。

この性格は、セミスリックタイヤ(Sタイヤ)にとても似ています。

とにかくコーナーで、やばいオーバースピードだ~

テールスライドをし始めても、抜ける感覚がなく

とても安心感があるタイヤなんです。

良いところばかり書いていますが

このハイグリップアジアンタイヤはデメリットもあります。

乗り心地と静粛性は最悪です。

硬いし、パターンノイズはうるさいです。

とにかくグリップオンリーのタイヤなので

乗り心地とかうるさいタイヤなんて気にせず

グリップ力が高ければイイという方だけ

履いて頂きたいハイグリップアジアンタイヤです。

ここでハイグリップアジアンタイヤを2種類紹介します。

写真を見ればどちらがグリップ力があるかは

分かると思います。

NANKANG NS-2R

タイヤサイズと価格はコチラから⇒NS-2R

このタイヤを始めてはいた時は

グリップ力の高さと剛性感に感動しました。

国産ハイグリップタイヤ性能を超えたと思いしらされました。

なぜ国産ハイグリップタイヤのグリップ力を超えたかというと

国産ハイグリップタイヤは、ある程度の静粛性を持っているため

グリップ力を落とす結果になったのでしょう。

それに対して、NANKANG NS-2Rは

乗り心地と快適性を捨て、グリップオンリーに

特化したタイヤなので、グリップ性能だけは凄いタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rのグリップ力を

さらにしのぐハイグリップアジアンタイヤが発売されました。

NANKANG AR-1

タイヤサイズと価格はコチラから⇒AR-1

2017年6月にサイズラインナップが

4種類から19種類に増え、ほとんどのスポーツタイプの

車種タイヤサイズが増えたことで、

人気が爆発し、サーキット好きにはたまらない

ハイグリップタイヤと認知されました。

しかも国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で

買えてしまうのが、大人気の秘密かもしれません。

峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えました。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが増えました

サーキット走行 走り屋さんにウレシイ情報です。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが

大幅に増えました。

セミスリックタイヤ(Sタイヤ)を履いたことのある方なら

このAR-1のタイヤパターンを見れば

一般のハイグリップタイヤとは、違うということが

お分かりいただけると思います。

アジアンタイヤの中で、間違いなくグリップ力はトップです。

しかもNANKANG AR-1はグリップの凄さはもちろん

さらに値段が安いのが一番の魅力かもしれません。

今までAR-1のラインナップは4種類でしたが、

なんとここにきて、いきなり19種類まで増えました。

走り屋さんにとって、うれしい限りです。

国産のSタイヤは、値段が高くて買えない

これが本音ではないでしょうか

私もサーキット走行会ごとに、国産のSタイヤを買っていましたが

サーキットをトータル4時間でSタイヤは終わってしまい

その都度、タイヤ代で約16万円というお金を払っていました。

さすがに、続きません。

このNANKANG AR-1ですと、1/4の価格で買えてしまいます。

これがどれだけ、うれしい事でしょう。

本当に助かります。

そしてグリップ性能も、もの凄いです。

待ちに待った、ハイグリップタイヤです。

ナンカンAR-1のサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

走り屋さんのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えましたでした。

 

タグ

2017年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ナンカンタイヤ

NANKANG NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップ

NANKANG NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップ

NANKANNG最強グリップタイヤのAR-1のコンパウンドはTREAD80

NANKANG NS-2RのコンパウンドはTREAD120なのですが

NS-2Rにもタイヤサイズによっては、コンパウンドがTREAD80が発売されています。

ラインナップも徐々に増えていくと思います。

TREAD120でもスゴイグリップ力ですが、TREAD80はさらに

低温からグリップ力があるコンパウンドです。

試乗した感じは、TREAD120は気温4度以下になると

グリップ力は出ませんが、ちょっと暖めるだけで、グリップ力は

充分出てきます。減りはSタイヤのHM(ハードミディアム)と言ったところです。

温度性格はMS(ミディアムソフト)です。

TREAD80はタイヤが冷えていても最初からイケちゃいます。

減りはSタイヤでたとえると、MS(ミディアムソフト)ですし

温度性格はS(ソフト)です。低温からイケちゃいます。

NANKANG NS-2RのTREAD80のラインナップは

コチラから⇒NS-2R TREAD80

ハイグリップタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップでした。

 

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ナンカンタイヤ

NANKANG・NS-2Rのウエット性能は?

NANKANG NS-2Rのウエット性能は?

ナンカンNS-2Rのドライ路面のグリップ力に、

かなり驚いていていますが、

雨が降り、ウエット性能の確認もできました。

ハイグリップタイヤは、ウエットが弱いのは当たり前ですが

この定説を打ち破ってくれたのが

トーヨータイヤのプロクセスR1Rです。

ドライグリップは低温から凄く、サーキットでは

タイヤを暖めなくても、グリップ力があり

スタートから全開走行ができてしまうハイグリップタイヤです。

そしてウエットでも今までの常識を覆すぐらいの

グリップ力をしめしてくれました。

さて、ナンカンNS-2Rのウエット試乗ですが

これが驚くほどの、グリップ力を見せてくれました。

ドライグリップでは、Sタイヤが溶ける寸前のグリップ力を

発揮してくれて、しかもウエットでも

プロクセスR1R並みのグリップ力があるのには

驚きました。

ns-2rpatan

これ何を意味するかというと、低温でも

トレッドゴムが、硬くならない性質を持っている

タイヤということです。

おそらく、これ黒70個人の意見として聞いてください!

ナンカンNS-2Rは、日本のハイグリップタイヤの

プロクセスR1Rとネオバをかなり研究して作られたタイヤという

印象を受けてしまします。

低温からのグリップ力、ウエット性能ダントツのグリップ力

コーナーに入ってから最大荷重が掛かった時のタイヤ横剛性

タイヤグリップ限界を超えた時のコントロール性

プロクセスR1Rとネオバを足して、2で割り

さらに横剛性を上げたタイヤが、ナンカンNS-2Rです。

ただ欠点があるのか、ないのかわかりませんが、

乗り心地、静粛性は、全くありませんので、

一般の方にはオススメできません。

グリップ力が最優先の方にオススメなタイヤです。

今回は首都高を攻めてきましたが

このグリップ力と横剛性はかなり、ハマるタイヤです。

久々にグリップ力に感動するタイヤに出会えました。

しかも価格が安いので、なおさらです。

このナンカンNS-2R、一度履いたら、

ハマりますよ!

それほどグリップ力があるタイヤでした。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG・NS-2Rのウエット性能は?でした。

 

タグ

2017年1月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ナンカンタイヤ

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較!

ランエボ専用、軽量ホイールのRPO3に、アドバンネオバAD08Rを組み付け

サーキットを走るので、軽量で強度のあるホイールを選びました。

車はランエボ6なので、ブレンボキャリパーのため、専用ホイールです。

タイヤは、グリップタイヤのヨコハマアドバンネオバAD08Rです。

日本もアジアなので、アジアンタイヤですね(笑)

量販店ではAD08Rは、もの凄く値段が高いタイヤですが・・・(汗)

大丈夫です!安く買えるところ、教えますので!

ということで新品ホイールに、ネオバをセットして

あとは、バランスを取って、ランエボ6に履かせます。

ネオバAD08RとプロクセスR1Rのタイヤ性能評価です。

サーキットでは、タイヤが低温でもある程度のグリップ力を発揮してくれます。

でも低温では、プロクセスR1Rの方が上のグリップ力です。

タイヤが高温になると本領発揮で、グリップ力は

プロクセスR1Rと同等のグリップ力を発揮してくれます。

ネオバAD08Rの方が、横剛性が高いので、初期応答性が良く

運転が上手くなったように感じますが、タイム的には

ほとんどR1Rと変わりません。

ですが、溶けるタイヤの温度になると、R1Rは熱ダレをおこし

ズルズル感が出てしまい、タイムがほんの少し落ちるんですが、

ネオバAD08Rは熱ダレをおこさず、タイムは安定します。

なので、休憩をはさむ走行会で20分程度の全開走行なら、

R1Rの方がタイムが出ますが

連続40分全開走行になると、ネオバAD08Rの方が

安定したタイムが出せますよ。

あとタイヤの摩耗ですが、R1Rの方が、圧倒的に減りは早いです。

ですので耐久面で見ると、ネオバAD08Rの方が上です。

とくに、1500キロぐらいの車重になると

R1Rはサーキットで4時間走行で

新品タイヤでも終わってしまうので

1日フリー走行なら、ネオバAD08Rを履いた方が

お財布に優しいです(笑)

ということで、アドバンネオバAD08Rが

安く買えるところ、あるんです。

ADVAN NEOVA AD08Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEOVA AD08R

グリップタイヤ選びの参考にして頂けたら。うれしいです。

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較でした。

 

タグ

2017年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ