峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤ

峠でも使えるハイグリップ激安タイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤの中でも、

ハイグリップタイヤが発売されようになってきました。

一番うれしいのが、ハイグリップタイヤなのに

値段が激安というところが、アジアンタイヤの魅力でもあります。

峠だけではなく、そのアジアンタイヤ性能はサーキットでも

好タイムをマークしてしまうというハイグリップアジアンタイヤです。

その前に峠での性能ですが、もちろん何が言いたいかというと

一般路面のアスファルト路面のグリップ力が低温から凄いということです

ハイグリップタイヤは一般的に、タイヤを暖めないと

グリップ力は出てきませんが、発売されたアジアンハイグリップタイヤは

低温からでも、グリップ力があるのには驚きました。

そして、ハイグリップタイヤの特徴でもある、

限界時グリップを失ったときのコントロール性も抜群です。

グリップが抜けても、滑りながらグリップをしている感じです。

この性格は、セミスリックタイヤ(Sタイヤ)にとても似ています。

とにかくコーナーで、やばいオーバースピードだ~

テールスライドをし始めても、抜ける感覚がなく

とても安心感があるタイヤなんです。

良いところばかり書いていますが

このハイグリップアジアンタイヤはデメリットもあります。

乗り心地と静粛性は最悪です。

硬いし、パターンノイズはうるさいです。

とにかくグリップオンリーのタイヤなので

乗り心地とかうるさいタイヤなんて気にせず

グリップ力が高ければイイという方だけ

履いて頂きたいハイグリップアジアンタイヤです。

ここでハイグリップアジアンタイヤを2種類紹介します。

写真を見ればどちらがグリップ力があるかは

分かると思います。

NANKANG NS-2R

タイヤサイズと価格はコチラから⇒NS-2R

このタイヤを始めてはいた時は

グリップ力の高さと剛性感に感動しました。

国産ハイグリップタイヤ性能を超えたと思いしらされました。

なぜ国産ハイグリップタイヤのグリップ力を超えたかというと

国産ハイグリップタイヤは、ある程度の静粛性を持っているため

グリップ力を落とす結果になったのでしょう。

それに対して、NANKANG NS-2Rは

乗り心地と快適性を捨て、グリップオンリーに

特化したタイヤなので、グリップ性能だけは凄いタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rのグリップ力を

さらにしのぐハイグリップアジアンタイヤが発売されました。

NANKANG AR-1

タイヤサイズと価格はコチラから⇒AR-1

2017年6月にサイズラインナップが

4種類から19種類に増え、ほとんどのスポーツタイプの

車種タイヤサイズが増えたことで、

人気が爆発し、サーキット好きにはたまらない

ハイグリップタイヤと認知されました。

しかも国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で

買えてしまうのが、大人気の秘密かもしれません。

峠でも使える激安タイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤにミニバンタイヤはあるの?

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤのミニバンタイヤ

アジアンタイヤにまだ、ミニバンタイヤという

カテゴリーはありませんが

ミニバンや1BOX車にマッチングが

良いタイヤはありました。

これはかなり長期間調べた結果です。

日本ではミニバン専用タイヤの元祖は、トーヨータイヤのトランパス

1BOXやミニバンは重量があり、車高が高い、

重心が高いという特徴があるため

コーナーでロール量が大きく、

そのためタイヤ自体に大きな荷重に耐えられるタイヤが必要になりますが

だったらバン用ラジアルでも履けばいいのでは???

ということになりますが

そこは快適性、静粛性というものも、

ユーザーとしては、欲しい性能ということになりますよね。

ミニバンタイヤの特徴

ミニバンは車高が高いため

実際コーナー中はタイヤの外側に大きな荷重が掛かるので、

それに耐えられるように、

トレッド部のタイヤの外側に大きな荷重に耐えられる構造と

ゴムを使用することによって、

タイヤ外側の偏摩耗を抑制した

ミニバン専用タイヤが生まれました。

タイヤの内側、外側のサイドウォールの

強度を変えることにより、

ミニバンのコーナーリング時のふらつきや

タイヤの外側の偏摩耗を防止することができるようになりました。

それと共に直進時の乗り心地も確保できるという

メリットが生まれ、ミニバン専用タイヤというカテゴリーが

日本ではミニバンタイヤとして認知されるようになりました。

アジアンタイヤの中でミニバン・1BOXに合うミニバンタイヤ

あるのでしょうか?

知りたいところですよね。

アジアンタイヤには、まだタイヤカテゴリー的に、

ミニバンタイヤというカテゴリーが存在しませんが

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの

3台のオーナーさんの協力をえて

アジアンタイヤでミニバンに合うタイヤを探してテストすることに!

その結果はコチラから⇒ミニバンタイヤランキング

ミニバンタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤでミニバンタイヤはあるのでした。

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 ミニバンタイヤ

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えました。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが増えました

サーキット走行 走り屋さんにウレシイ情報です。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが

大幅に増えました。

セミスリックタイヤ(Sタイヤ)を履いたことのある方なら

このAR-1のタイヤパターンを見れば

一般のハイグリップタイヤとは、違うということが

お分かりいただけると思います。

アジアンタイヤの中で、間違いなくグリップ力はトップです。

しかもNANKANG AR-1はグリップの凄さはもちろん

さらに値段が安いのが一番の魅力かもしれません。

今までAR-1のラインナップは4種類でしたが、

なんとここにきて、いきなり19種類まで増えました。

走り屋さんにとって、うれしい限りです。

国産のSタイヤは、値段が高くて買えない

これが本音ではないでしょうか

私もサーキット走行会ごとに、国産のSタイヤを買っていましたが

サーキットをトータル4時間でSタイヤは終わってしまい

その都度、タイヤ代で約16万円というお金を払っていました。

さすがに、続きません。

このNANKANG AR-1ですと、1/4の価格で買えてしまいます。

これがどれだけ、うれしい事でしょう。

本当に助かります。

そしてグリップ性能も、もの凄いです。

待ちに待った、ハイグリップタイヤです。

ナンカンAR-1のサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

走り屋さんのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えましたでした。

タグ

2017年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ナンカンタイヤ

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビュー

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビューです

NEXEN ROADLAN-HP

インチサイズ(16インチ~24インチ)SUVタイヤ

ROADIAN-HP(ローディアンエッチピー)は、デザイン性、静粛性、

快適性に優れた都市型SUV用オンロードタイヤで、

ウェット性能、高速安定性、ブレーキング性能にも優れた

ハイパフォーマンスタイヤです。

というネクセンタイヤメーカーさんのセールストークです。

実際のところはどうなのか、試乗しました。

今回試乗した、ネクセンROADIAN-HPのタイヤサイズは

255/30R22、なんと22インチです。

これだと乗り心地は悪そうですね。

試乗した車はハリアーなので、足回りストロークは

充分あるので、どうなのでしょう?

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビュー

一般道を走ってみると、あれ・・・乗り心地悪くないね(驚)

22インチで超偏平タイヤだし、ホイールの重量もかなり重いので

突き上げ感がかなり来るのかなと思っていたら、かなり快適に走れますね。

それとハリアーの走りではありません。なんだかセダンに乗っている

車の動きになっています。

ほォ~これは驚き、22インチまったくイイ感じです。

SUV特有のグニャリ感がまったく無いので、とても乗りやすいです。

コーナー進入から、ピタッと収まるところも、コーナー中の荷重移動も

即できるし、考えずに走れるといった感じがイイですね。

ちょっと22インチのイメージが変わりました。

さてETCカードを入れ替えて、高速道路にGOです。

インターのきついコーナーを攻めてみると

う~ん・・・動きがやっぱりセダンです。

この車高の高さで、セダンの動きとはチョットビックリですね。

さて速度が上がるとどうなのでしょう。

突き上げ感が出るのではと思っていたんですが

これがとっても収まりよく、快適に走れちゃうんです(驚)

しかもこのネクセン ROADIAN-HPは、コンフォートタイヤに

入るレベルの静かさですね。

タイヤ幅が255だと結構うるさくて当然なんですが

このタイヤは静かです。

高速安定性と直進性も、とてもイイです。

このまま首都高へ・・・

さて継ぎ目の多い首都高はどうなんでしょう。

継ぎ目を超える時の音は、ちょっとうるさいかな

でも突き上げ感はないし、乗り越えた後の収まりもイイです。

なるほどそういうことか。

SUV車はもともと足回りのストロークが長いので

これだけの偏平タイヤを履いても、しっかりストロークして

バンプラバーに当たらず走れちゃうんです。

ミニバン、1BOXに22インチだと、有効ストロークが

足りなすぎてバンプラバーに当たるので突き上げ感がでちゃうんですよね。

タイヤが偏平になればなるほど、タイヤがショックを吸収できないため

その分足回りのストロークが長くなるので、ハリアーのように

有効ストローク長さをもっている車には、22インチでも

突き上げ感がないということなんですね。

ようやく納得です。

首都高のコーナーも気持ちよく曲がれますし

コーナー中のステアリング修正もほとんど必要なしで

拭けられます。う~ん乗りやすい

さてコーナーを攻めてみると、タイヤ幅が255を考えると

ちょっとグリップ力は、ない方かな

SUVスポーツタイヤでは無いので、すごいグリップ力を

もつタイヤではありませんでした。

オーバースピードでコーナーに入ってから

左足ブレーキで前荷重にして、リヤを流しても

ココからもう出ちゃうのという感じですが

一気に出ることはないし、カウンター修正も忙しいことはないので

タイヤ幅が255の標準的なグリップ力というところでした。

今回のネクセン ROADIAN-HPというタイヤですが

トータル的には、普通というか標準と言ったタイヤ性能ですが

255/30R22とハリアーとのマッチングは

とても良かったと思います。

車高は高いですが、走りはセダンでしからね(笑)

とても乗りやすかったです。

ネクセンROADLAN-HPのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN ROADLAN-HP

SUVタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NEXEN ROADIAN-HP SUVタイヤ試乗性能評価レビューでした。

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネクセンタイヤ SUVスタンダードタイヤ

RADAR RPX800タイヤ試乗評価レビュー

RADAR RPX800タイヤ

インチサイズ(13インチ~18インチ)

RADAR RPX800

シンガポールのグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

世界初の環境に優しいカーボンニュートラル承認を取得したタイヤブランドです。

RADAR RPX800(アールピーエックス ハッピャク)は、

コーナリング安定性が良くタイヤの中心のリブで高速安定性も向上させます。

トラクション性能にも優れており快適な乗り心地です。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR RPX800タイヤ試乗評価感想レビュー

知人のステップワゴンでタイヤサイズは195/65R15で

新車装着数NO1のタイヤサイズです。

RADAR RPX800というタイヤ、実際のタイヤ性能はどうなのでしょう?

RADARというタイヤは見た目の仕上がりもイイんですよね。

さすがシンガポール、見た目の仕上がりには、厳しい見たいです。

まずは街乗りですが、乗り心地は少し硬めですが、

心地よい硬さと言った方が正解かな、突き上げ感は全くないので。

タイヤ的には静かな部類に入ります。パターンノイズはほとんど聞こえません。

さてコーナーですが、なるほどあの硬さは、タイヤ剛性だったのね。

ミニバンですが、コーナーはしっかり重量を受け止めキレイに曲がってくれます。

足回りが純正なので、切り初めスプリングのグニャリ感は出ますが

荷重が乗った後は、タイヤがしっかり受け止める感じです。

なんだか国産のあのタイヤに動きが似てるかも!

さて、ミニバンなのでチョット迷いましたが

やはり高速道路テストをすることに

ETCカードを入れ替えて、東名高速にGOです。

高速入口のETCゲートを通過して、インターのきついコーナーを

ステアリングを一定に切り、アクセルオンとアクセルオフを試します。

やはりRADAR RPX800というタイヤ、剛性ありますね。

さて高速の合流手前でフル加速して合流し

速度を一定にして、タイヤノイズはどうなのか

速度が上がると多少タイヤのパターンノイズは大きくなりますが

気になるほどではありません。

レベル的には、コンフォートタイヤではありません。

高速の乗り心地ですが、これが街中よりイイです。

おそらくタイヤの反発速度が速く、路面に追従している感じで

乗り心地がイイです。

それと高速のレーンチェンジも、スプリングの柔らかさは

でますが、その後しっかりタイヤが受け止めている感じ

とても楽なタイヤです。

さて首都高に入り、コーナーです。

コーナーでもタイヤの剛性の強さが発揮されます。

ミニバンなのにコーナー中の安定感は抜群です。

限界グリップは標準より少し上ぐらいのグリップ力かな

でも乗っているとRADAR RPX800というタイヤ

タイヤの性格が、トーヨータイヤのトランパスシリーズの

あのタイヤにそっくりなのは驚きました。

タイヤのトレッドパターンは全く違いますが

正確はほとんど同じでした。

なるほど、なぜミニバンタイヤランキングで

1位になっていたのか、今回分かった気がします。

低価格で、ここまでの性能があったとは

ミニバン専用タイヤではありませんが

ミニバンにピッタリなタイヤというのは

間違いありません。

今回RADAR RPX800を試乗させていただき

なぜミニバンタイヤランキングで上位にいるのかが

ハッキリ理解できたので、なんだかスッキリしました(笑)

ランキングを書いても、

『申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。』

というコメントが、これで一つ減りました(笑)

レーダーRPX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR RPX800タイヤ試乗評価レビューでした。

 

タグ

2017年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ミニバンタイヤ レーダータイヤ

このページの先頭へ