GOODYEAR(グッドイヤー)タイヤの種類と特徴

GOODYEAR(グッドイヤー)タイヤの特徴

世界三大タイヤメーカーの一社GOODYEAR(グッドイヤー)。

1898年に米国で創業して以来、120年以上にわたってタイヤを製造しています。

ユーザーニーズを満たす高品質な製品の生産、環境や人々の未来を考えた技術で、

今もなお、進化を続けるタイヤメーカーです。

生産しているのは日本工場です。

GOODYEAR(グッドイヤー)タイヤの種類

CARGO PROタイヤの特徴

インチサイズ(12~15インチ)

タイヤカテゴリー(バン用ラジアル)

CARGO PRO(カーゴプロ)は、商用車に求められる基本性能を、

高いレベルで実現。さらに『ロングライフ性能』を徹底した、

運ぶためのVAN用ラジアルタイヤです。

CARGO PROのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE F1 ASYMMETRIC 3タイヤの特徴

インチサイズ(17インチ~20インチ)

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

EAGLE F1ASYMMETRIC 3(イーグル エフワン アシメトリックスリー)は、

高速性走行性能と快適性を追求するEAGLEシリーズのフラッグシップタイヤです。

ハイパフォーマンスカーの性能を引き出すだけでなく、

不測の衝突を回避する安全性能を追求したタイヤです。

EAGLE F11ASYMMETRIC 3のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE F1 ASYMMETRIC3 SUVタイヤの特徴

インチサイズ(19インチ~20インチ)

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

EAGLE F1 ASYMMETRIC 3 SUV(イーグル エフワン アシメトリック3 SUV)は、

EAGLE F1 ASYMMETRIC 3をベースにSUV向けに最適化された高剛性、軽量構造により、

高速走行時の操縦安定性とコーナリング性能を発揮。ドライとウェットの両路面において、

制動距離の短縮を実現しました。

EAGLE F1 ASYMMETRIC 3 SUVのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE LS EXEタイヤの特徴

インチサイズ(14インチ~20インチ)

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

EAGLE LS EXE(イーグル エルエス エグゼ)は、応答性に優れたシャープなハンドリング性能、

質感高いコンフォート性能、低燃費やロングライフなどの経済性、

安心感の高いウェット性能を実現しました。

EAGLE LS EXEのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE LS2000 HybridIIタイヤの特徴

インチサイズ(14インチ~17インチ)

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

EAGLE LS2000 HybridII(イーグル エルエスニセン ハイブリッドツー)は、

低振動、静粛性に優れています。また、コンフォート性能を維持しつつ、

耐摩耗性能が飛躍的に向上しました。乗り心地は快適に保たれ、しかもロングライフ。

高い経済性をも誇っています。

EAGLE LS2000 HybridIIのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE RV-Fタイヤの特徴

 

インチサイズ(14インチ~18インチ)

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

EAGLE RV-F(イーグル アールブイエフ)は、ミニバン特有のふらつきを抑えることで、

軽快なハンドリングと経済性を両立。走りのかたちが広がるミニバン専用ツーリングタイヤです。

EAGLE RV-Fのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EAGLE♯1NASCAR.RWLタイヤの特徴

インチサイズ(15インチ~17インチ)

タイヤカテゴリー(バン用ラジアルタイヤ)

EAGLE#1 NASCAR.RWL(イーグル ナンバーワン ナスカーRWL)は、

バン&ライトトラック用ドレスアップの定番、ホワイトレター。

アメリカンレーシングの雄「NASCAR」が名前の由来です。

EAGLE#1NASCAR.RWLのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EfficientGrip ECO EG01タイヤの特徴

インチサイズ(13インチ~17インチ)

タイヤカテゴリー(ECOタイヤ)

EfficientGrip ECO EG01(エフィシェントグリップ エコ イージーゼロワン)は、

高い低燃費性能とロングライフ性能で、人にも環境にも優しいスタンダードエコタイヤです。

EfficientGrip ECO EG01のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR EfficientGrip SUV-4×4

インチサイズ(17インチ~18インチ)

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

EfficientGrip SUV-4X4(エフィシェントグリップ エスユーブイ・フォーバイフォー)は、

軽量構造と転がり抵抗を低減する材料の組合せにより、燃費性能の向上と走行時のCO2排出量が削減されます。

また、トレッドパターンとショルダーの強化により、制動距離が短くなり、操縦安定性が向上しました。

EfficientGrip SUV-4X4のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR GT-Eco Stageタイヤの特徴

インチサイズ(13インチ~17インチ)

タイヤカテゴリー(ECOタイヤ)

GT-Eco Stage(ジーティー エコ ステージ)は、サイドウォールに硬軟2種のゴムを組み合わせることで、

高剛性を保ち、しなやかな乗り心地と優れた操縦安定性を両立しています。

GT-Eco Stageのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybridタイヤの特徴

Vector 4Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)は、

DRY路面では剛性感のある走りを実現し、WET路面では高い排水性を発揮。

軽微な雪道でも走行でき、突然の降雪にも慌てる必要がなくなります。
※オールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤではありません

Vector 4Seasons Hybridのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

更新日:2020年11月21日

GOODYEAR(グッドイヤー)タイヤの種類と特徴でした!

 

タグ

2020年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グッドイヤー

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybridオールシーズンタイヤの特徴と感想 タイヤ性能評価レビュー

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybrid オールシーズンタイヤの特徴

Vector 4Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)は、

DRY路面では剛性感のある走りを実現し、WET路面では高い排水性を発揮。

軽微な雪道でも走行でき、突然の降雪にも慌てる必要がなくなります。

オールシーズンタイヤですので、凍結路で実力を発揮するスタッドレスタイヤではありません。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybridのタイヤデザイン

トレッドパターンはこんな感じ

 

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybrid

サイドウォールはこんな感じ

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybrid

ショルダーはこんな感じ

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybrid

実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybridのタイヤ性能評価レビュー

一般道タイヤ性能評価レビュー

タイヤのトレッドパターンを見ると、うるさそうなタイヤだと思っていましたが

走り出しですぐに、静かなタイヤで乗り心地もすごく良いタイヤです。

段差の突き上げ感もなく、とっても良いですね!

コーナーを攻めてみると、ちょっと柔らかさはありますが、

夏タイヤのスタンダード(標準)と比べても全く劣るところはありません。

高速道路タイヤ性能評価レビュー

高速道路の加速車線で加速してみても、静かさは保たれています。

なんであのトレッドパターンで、これほど静かなのは分かりませんが

速度が上がっても静かなタイヤです。

車線変更時はちょっとふらつきがあるかな!

トレッドのヨレがある感じですが、直進性も良く運転しやすいです。

首都高タイヤ性能評価レビュー

段差の多い首都高に入てみると、ほお~とてもマイルドに収まってくれます。

この感覚は、コンフォートタイヤの乗り心地ですね。

さてコーナーを攻めてみると、グリップはあるのですが

切り始めの反応が少し遅れる感じです。

S字コーナーの振り返しの収まりは、少し悪く、気を使いますね。

まあコーナーを攻めるタイヤではないのは当然ですが(笑)

トータル評価ですと、スタンダードより静かな夏タイヤといったところです。

乗る前までは、うるさいタイヤなのかなと思っていましたが、

ぜんぜん違いました。コーナーでももっとグニャグニャするのかな~と思っていましたが

夏タイヤのスタンダードといったところで、やはりタイヤって、乗ってみないと

性能は、分かりませんねと再確認させられましたね!

昨年雪道を走りましたが、全く問題なく走れましたが

凍結路になると、メチャ滑ります。スタックすることはありませんでしたが

凍結路はかなりテクニックがいるタイヤでした。

昔のスノータイヤレベルでしたね!

スタッドレスタイヤの性能には程遠い性能です。

でも関東圏では、このオールシーズンタイヤは有りだと思います。

ドライ路面では静かで乗り心地も良く、快適で

突然の雪にも対応できるので!

雪国の地域では、凍結路は苦手なタイヤなので、

スタッドレスタイヤを履いた方が安全ですね!

Vector 4Seasons Hybridのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒Vector 4Seasons Hybrid

更新日:2020年11月21日

GOODYEAR Vector 4Seasons Hybridオールシーズンタイヤの特徴と感想 タイヤ性能評価レビューでした!

タグ

2020年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グッドイヤー

GOOD YEAR(グッドイヤー)EAGLE LS2000HydridⅡタイヤ性能評価と特徴

GOODYEAR EAGLE LS2000 Hybrid IIタイヤの特徴

GOODYEAR EAGLE LS2000 HybridII

EAGLE LS2000 Hybrid II(イーグル エルエスニセン ハイブリッドツー)は、

低振動、静粛性に優れています。また、コンフォート性能を維持しつつ、

耐摩耗性能が飛躍的に向上しました。

乗り心地は快適に保たれ、しかもロングライフ。

高い経済性をも誇っています。

HybridⅡ の BioTRED は、

とうもろこしから採れるバイオフィラー(ゴム補強材)を

トレッドコンパウンドに使用し、

タイヤの基本性能が向上し環境にも配慮しています。

ValueTRED は、ロングライフポリマー を

トレッドゴムに使用することで、耐磨耗性とロングライフ化を実現。

G-TAMS は、低ノイズ特性に優れたパターンをコンピュータで

最適化することにより、静粛性の向上が図られています。

このように新しい技術を使い、新たなタイヤ性能を求めているタイヤです。

メーカーさんのセールストークです。

EAGLE LS2000 Hybrid II(イーグル エルエスニセン ハイブリッドツー)は、

タイヤカテゴリーのコンフォートタイヤです。

実はアメリカの技術で日本で生産しているタイヤです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14インチ~20インチ)

EAGLE LS2000 Hybrid IIのタイヤデザイン

EAGLE LS2000 Hybrid IIのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

EAGLE LS2000 Hybrid IIの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

EAGLE LS2000 Hybrid IIタイヤ試乗性能レビュー

今回のタイヤは、タイヤサイズ215/45R17です。

EAGLE LS2000 Hybrid IIの街乗りの感想

乗り初めは、さすがコンフォートタイヤという感じ

とても廉価版のタイヤとは思えない静かさです。

乗り心地もグッドですね!

タイヤの反発力があり、凸凹の追従性がイイところが特徴ですね。

コーナーは、ちょっと柔らかいという感じ

もう少し横剛性があると、満足度が上がるかな!

EAGLE LS2000 Hybrid IIの高速道路の感想

ETCゲートを抜けて、インターの急コーナーに入ると

ちょっと腰砕けが目立ちますね!

グリップ力は、スタンダード(標準)タイヤレベルです。

高速の合流まで速度を上げて、なるほど

速度が上がっても、静かさを保ってくれます。

直進安定性はイイのですが、レーンチェンジでは

切り初めグニャリ感が出るのが気になるところですが

静かさはかなり静かなレベルのタイヤで、ギャップの乗り越え後の

収まりも良く乗り心地はメチャイイです。

突き上げ感は、17インチですが、ほとんどありませんが

でもどちらかというと、高速道路を長時間向けのタイヤではない感じがしちゃいます。

EAGLE LS2000 Hybrid IIの首都高の感想

一番タイヤ性能が分かる首都高はどうなのでしょう。

とにかく路面のつなぎ目のギャップが大きい路面なので!

キャップを何度も乗り越えてみると

突き上げもなく、しなやかに収まってくれるタイヤです。

この乗り心地は、かなりレベルが高いです。

それと静かさも、イイですね。

さてコーナーですが、特別グリップがあるタイヤではなく

スタンダード(標準)と言ったところです。

もう少しタイヤの横剛性が欲しいというところですが

トータル性能でうまくまとめたというのが

EAGLE LS2000 Hybrid IIタイヤでした。

ここの性能がずば抜けているという感じはなく、

静かさと乗り心地性能を重点においたタイヤでした。

EAGLE LS2000 Hybrid IIというタイヤは

街乗りメインで静かで乗り心地よくという方にオススメです。

EAGLE LS2000 Hybrid IIのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒EAGLE LS2000 Hybrid II

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月26日

EAGLE LS2000 Hybrid IIの特徴でした!

タグ

2018年9月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グッドイヤー

このページの先頭へ