安くて静かなタイヤで評判の良い人気アジアンコンフォートタイヤランキング

アジアンタイヤの性能も年々進化しています。

安くても静かなアジアンタイヤも販売されるようになってきました。

静粛性があるアジアンタイヤも、もはやコンフォートタイヤとして世界でも認められるまでの性能になっています。

タイヤは、ある速度を超えると、走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も試乗テストして感想を書いています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしていますので、参考にして頂けたらと思います。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメですよ。

安くて静かなタイヤで評判の良い人気アジアンコンフォートタイヤランキング

1位:NANKANG(ナンカン)RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

2位:MOMO OUTRUN M3(モモアウトランエムスリー)

試乗感想レビューはコチラ⇒ MOMO OUTRUN M3

OUTRUN M-3

 

MOMO OUTRUN M3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRUN M3

3位:NANKANG(ナンカン)AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

4位:HIFLY(ハイフライ)HF805

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF805

HIFLYHF805

ハイフライHF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較になります。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年09月11日

安くて静かなタイヤで評判の良い人気アジアンコンフォートタイヤランキングでした!

タグ

2020年2月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤ コンフォートタイヤ タイヤランキング

サーキットで困るのがタイヤ代!安くてサーキットに使えるアジアンタイヤがコレ!

サーキットを走るのは、とっても楽しいけど、走り終えてからタイヤを見ると悲しくなりますよね。

またタイヤを変えないといけなそう!タイヤって安いものじゃないから毎回悩みますよね!

そこで安くてもサーキットを楽しめる、バッチリなタイヤをご紹介!

スポーツタイヤテストはショートサーキット、コース内にアップダウンのある、

タイヤには過酷なヒーローしのいサーキットでテストしました。

しかも長時間走行で耐えるかもテストしていますよ。

安いタイヤなんですが、サーキットを楽しめるタイヤって、あるんです。

今まであらゆる激安タイヤのスポーツタイヤをテストして来ました。

あくまでも『スポーツタイヤ』としてのランキングです。

スポーツ゚タイヤランキングですが、50分連続走行しても

ブロック飛びがないタイヤというもの条件に入っています。

タイムはほんの少し速いタイムのタイヤも確かにありましたが、そのほとんどのタイヤが

30分以上連続走行すると熱ダレでブロック飛びがおきていて、楽しめないということに(泣)

1日フリー走行には耐えないタイヤなので、あえて外してあります。

安くてサーキットに使えるアジアンタイヤ

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS

タイヤサイズと価格はコチラ⇒BRIDGESTONE TECHNO SPORT

Pinso PS91

タイヤサイズと価格はコチラ⇒Pinso PS-91

ATR SPORT

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ATR SPORT

NANKANG NS-2

タイヤサイズと価格はコチラ⇒NANKANG NS-2

ます考えてもらいたいのが、国産ハイグリップタイヤ1本分で

アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。

タイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきましたし

これからも、テストしていきます。

値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

BRIDGESTONE TECHNO SPORTS サーキット走行の感想

BRIDGESTONE TECHNO

ブリヂストンでこんなに安いスポーツタイヤがあったとはチョット驚きです。

タイヤが冷えている時のグリップは悪くありません。

ですがスポーツタイヤとしては、グリップ力は少し足りない感じです。

コーナー中に左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤの限界はこんなものなのというレベルです。

いきなり流れるという限界の低さではありませんが

どうしてもブリヂストンのスポーツタイヤだと、

ポテンザと比べてしまいますが、

残念ながらポテンザのようなダイレクト感とグリップ力はありません。

値段が違いすぎるので、比べる対象にするのが間違いですけどね(笑)

ですがこのテクノスポーツは、長時間連続走行でも安定して走れるところがイイです。

これ結構1日フリー走行になると、連続30分走行が当たり前になって来るので

長時間安定して走れたのはウレシイです。

タイヤサイズと価格はコチラ⇒BRIDGESTONE TECHNO SPORT

やっぱり国産メーカーじゃないとという方にはお勧めです。

Pinso PS91タイヤ サーキット走行の感想

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSよりもタイムは多少良かったです。

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並もしくは上で楽しめますね。

低温からグリップが出てくれるのはウレシイです。

どちらかというとエアー圧を高めにした方がタイムが出ます。

グリップが高い分、標準エアー圧からのスタートですと

ヘアピンやS字の振り返しで、タイヤが倒れる

荷重負けをしてしまいますので、その分エアーと高めにしないと

タイム出ません。

30分連続走行ですと、ちょっとグリップが落ちてきます。

感じとしては、ヌルヌル外に抜ける感じが出てくるので

休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。

でもグリップ力は充分あるタイヤです。

国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。

ブロック飛びもなく、グリップしてくれるタイヤでした。

価格が安いのにこれだけのグリップ力があるなら大満足のタイヤです。

Pinso PS91タイヤサイズと価格は

コチラ⇒ピンソPS-91

 

ATR SPORTタイヤ サーキット走行の感想

ATR SPORTって値段が安すぎるタイヤなので、どうなのかな~って

思いながら試しました。

いざ走り出すと、タイヤが冷えているときは、グリップはでませんが

温度が上がってくるとかなりいい感じでグリップしてくれます。

タイヤトレッドのヨレ感はありますが、それを踏まえてステアリングの

切り初めをほんの少し早くすると、ラインに乗ってくれます。

流れてからのコントロール性もしやすく、値段からすれば大満足のタイヤです。

タイヤが溶ける温度になってくると

熱ダレをおこしグリップは落ちてきますけどね!

50分連続走行でもブロック飛びは、ありませんでした。

タイヤの温度が上がりすぎると、ヌルヌル外に膨らみます(笑)

性格はPinso PS91とよく似ていますが熱ダレはコチラのタイヤの方が弱いです。

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ ATR SPORT

 

NANKANG NS-2タイヤ サーキット走行の感想

NANKANG NS2タイヤはサーキットではどうなのか?

タイヤのトレッドパターンを見ると、ブロックが小さいので

あまりグリップしそうには思いませんでしたが

これが結構曲がってくれます(笑)

バランスはとてもイイです。

しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)

ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。

溶ける温度になると、かなりグリップは下がりますが

値段を考えると、出来すぎです。減らないのがとても嬉しいです。

1日楽しく走れる性能を

持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

いやいや、もっとグリップ力が欲しい、サーキット楽しむなら

NANKANG NS-2R

このタイヤ私のお気に入りで、私も履いています。

ハイグリップタイヤとしては、価格が安いところが、うれしいです!

このNANKANG NS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。

あまりのグリップの高さに思わず、管理人の70スープラにも履かせてリピートは3度目(笑)

このNANKANG NS-2Rのグリップ力と横剛性はハンパではありません。

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力はトップクラスです。

タイヤカテゴリー的には、完全にハイグリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産ハイグリップタイヤですと、ネオバ、R1R、ディレッツァ、ポテンザと言ったタイヤです。

横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤが

ハイグリップタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤです。

さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、NANKANG NS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、ライフがまったく違います。

本当にSタイヤって、あっという間になくなりますから(汗)

NANKANG NS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!

サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

激安アジアンタイヤで、ちょっと値段が高いですが

サーキットでタイムアタックするなら

NANKANG NS-2Rのさらに上を行くグリップ力を持つ

ハイグリップタイヤがあります。

NANKANG AR-1

このタイヤのグリップはハンパではありません。

コーナースピードが格段に上がるので、バネレートを上げたいぐらいです。

しかも、国産S(セミスリック)タイヤの1/2の価格で買えてしまいます。

ですが、静粛性は全くありません。Sタイヤと同じで街中でも

とても、うるさいタイヤなので、快適性なんか気にしない方にはお勧めです。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

サーキットでタイムアタックしベストタイムを出したい方は

こちらを参考にしてください⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

このハイグリップランキングは、

サーキットで30分間タイムアタックし

ベストタイム順にランキングしました。

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月11日

サーキットで困るのがタイヤ代!安くてサーキットに使えるアジアンタイヤがコレ!!

タグ

2020年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤ グリップタイヤ サーキットタイヤ スポーツタイヤ

安くて評判の良いアジアンタイヤの特徴とメリット、デメリット!

アジアンタイヤのデメリット

アジアンタイヤで一番弱いのがウエットグリップです

路面が濡れている時のグリップは

国産タイヤよりアジアンタイヤの方が大きく落ちるので、

ウエット時は速度を控えて走行しましょう。

ショートサーキットでドライ路面とウエット路面をタイムアタック

テストしたのは一般公道と同じアスファルトの路面のサーキットです。

サーキットをアジアンタイヤでウエットテストした時の

グリップの無さには、メチャ驚きました。

imgf05828abzikbzj

国産タイヤの場合、ドライ路面のタイムとウエット路面との

ショートサーキットタイム差は10秒~12秒落ちぐらいになるのですが、

アジアンタイヤはの場合は15秒~20秒落ちになってしまいます。

これだけでも、ウエットには弱いタイヤということが分かります。

一般道でも限界を超えない速度で走行すれば

問題はありませんが、ウエットグリップは

国産タイヤより劣るので、速度を抑えた走行を心がけましょう。

ですが国産のECOタイヤの出始めもウエット路面のグリップのなさは

こんな感じでした。

今時のアジアンタイヤのドライグリップは、かなり国産タイヤに

劣らない性能を示してくれています。

2015年頃から、アジアンタイヤ

ゴムにシリカを配合する比率が良くなり、

低温からのグリップとウエット性能が

飛躍的に向上してきました。

国産タイヤとのウエットグリップの差が

一気に縮まってきているのも、確かです。

アジアンタイヤはヒビが入るのが早い

国産タイヤで一般的に言われているのは、3年3万キロでタイヤ交換なのですが

アジアンタイヤは2年でヒビが入ってきます。

国産タイヤもアジアンタイヤもベースは生ゴムです。

一般的に知られている生ゴムは、輪ゴムが一番分かりやすいかと思います。

輪ゴムに太陽光を当てると、数日でヒビが入ります。

そうなんです、生ゴムは紫外線に弱い物質なのです。

ではタイヤはというと、生ゴムにブラックカーボンという物質を混ぜて

耐久性を上げています。タイヤ業界では、このブラックカーボンの事を

黒いダイヤモンドと呼んでいるぐらいタイヤメーカーでは大切な物質です。

タイヤにはその他にも、イロイロな成分を混ぜて目的に合ったタイヤを作っています。

その中で、紫外線からタイヤのゴムを守るために紫外線防止剤を混ぜています。

この紫外線防止剤は紫外線が当たると成分が浮き出てきて、茶色く変色します。

駐車場の向きにもよりますが、太陽光の当たるタイヤだけ茶色くなるのはそのためです。

話がチョットずれましたが、国産タイヤより、アジアンタイヤの方が

ヒビが入るのが早いのか、実は国土の面積にあります。

インドネシアや台湾は国土が小さいため当てはまりませんが

アジア地域では、やはり中国の国土の大きさがベースになっています。

タイヤ消費も中国が圧倒的です。

日本では先ほど書きましたが、国産タイヤは3年3万キロ

すなわち1年に1万キロが基準なのですが、中国では1年1万キロというのは

あまりに少ない距離なのです。走行距離が延びればタイヤはそれだけ摩耗します。

タイヤは1~2年で交換が普通なのです。

そのため紫外線防止剤もその分少なく配合しているため

2年でヒビが入るのが当たり前のことなのです。

屋根付き駐車場の場合は、当然、太陽光が直接当たらないので

アジアンタイヤでも2年でヒビ割れすることはありません。

少し余談になりますが、知識として覚えておいた方がイイ事があります。

国産タイヤでも2年でヒビ割れを起こしてしまうことがあります。

それはタイヤワックスです。

実はタイヤワックスは油性と水性があります。

確かに油性の方がツヤがでるのですが、この油分が

せっかくタイヤに混ぜられた紫外線防止剤の役目を阻止してしまいます。

紫外線が当たっても、紫外線防止剤が浮き出てこなくなってしまうのです。

そのため、ヒビが入るのを早めてしまってしまいます。

ですからタイヤワックスはできれば、水性の物をオススメします。

または、紫外線防止剤入りのタイヤワックスも発売されるようになってきましたので

そちらをお勧めします。タイヤのヒビは紫外線によるものということを理解して頂ければうれしいです。

これ長年の経験からです。

アジアンタイヤのメリット

私は1995年から、イロイロなアジアンタイヤを試乗してきました。

ですが、あまりにもタイヤ性能が悪すぎて、とても勧められるタイヤではありませんでした。

2007年頃から、アジアンタイヤもプレミアムタイヤを発売するレべルに

アジアンタイヤの性能が飛躍的に上がったキッカケが、実は日本の円高だったのです。

超円高時代、日本でタイヤを作って海外に輸出では、あまりにも値段が高くなり過ぎて

売れないという危機感から、アジア諸国に生産拠点または業務提携というカタチで

人件費の安いアジア諸国でタイヤを生産することに

これが技術の流出になり、アジアンタイヤの性能を飛躍的にアップしてしまった結果になりました。

今の時代のアジアンタイヤのメリットは、そこにあります。

激安価格なのに高性能なタイヤであるというところです。

今では国産タイヤの1/3~1/4で、ハイグリップタイヤが買えてしまうほど

高性能なアジアンタイヤも発売されるようになってきました。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

アジアンタイヤの特徴とメリット、デメリットでした!

更新日:2020年09月11日

タグ

2018年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤ

このページの先頭へ