ネットで買ったタイヤはどこでタイヤ交換すればいいの?

ネットで買ったタイヤはどこでタイヤ交換すればいいの?タイヤピットとは?

タイヤピットは、車に関わる全てのみなさまのカーライスの充実のために生まれたサービスです。

ネットで買ったタイヤをどこで交換すればいいの?

タイヤ交換をもっと身近に、速く安心して行っていただくために

タイヤ交換・取付の技術を持ち、腕に自信のある取付店をご紹介しています。。

エリアからタイヤ交換取付店が探せますので、とても便利です。

コチラから⇒タイヤピット

タグ

2016年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

アジアンタイヤをオススメする理由!アジアンタイヤの安さです。

アジアンタイヤをオススメする理由!アジアンタイヤ性能に対する価格の安さ!

アジアンタイヤは2005年あたりから

一気にタイヤの性能が上がりました。

日本のバブル崩壊から、円高に傾き

日本のタイヤメーカーが、海外でタイヤ生産を

しなければ、ならなくなったからです。

これにより、日本のタイヤ技術の流出が、

少なからず起きたのでしょう。

2010年あたりから、ドライグリップ面では

かなり性能が上がり、日本のタイヤ性能と比べても

ドライグリップ面では、ほぼ変わらない性能を持つまでになりました。

その後、静かなタイヤの研究がなされ

コンフォートタイヤ登場するようになり

これもまた日本のタイヤと互角の性能を出すタイヤが出てきました。

2015年から2016年にかけては、

日本のタイヤを超すドライグリップを持つアジアンタイヤまで

登場してきました。

2014年から2015年の日本は超円高により

ガソリン価格が高騰し、燃費を重視しなければならなくなり

タイヤ性能をECOタイヤにシフトしていました。

日本で発売されたECOタイヤの初期のタイヤは

乗ってみると最悪でした。ウエットグリップが

まるでダメで、このタイヤが日本のタイヤなの???

と思ったぐらいです。

ですが、1年も経たないうちに、技術の進歩は早いです。

ウエットグリップは改善され、今では全く不安のない

ECOタイヤになりました。

日本のタイヤでも失敗を繰り返し、お客様からの声を聞き

改善してきて今のタイヤ性能を出せているんです。

アジアンタイヤメーカーもまったく同じ流れ

日々技術革新、改良が加えられ

タイヤ性能を上げてきています。

私もそうでしたが、日本人の悪い癖があります。

安い商品は⇒悪い商品

高い商品は⇒良い商品

という、既成概念を持っています。

以前の私もそうでした。

アジアンタイヤを試乗し続けてきて

これは、間違いということに気付かされました。

日本の過去のタイヤメーカーの流れ

日本でも昔はブリヂストンのポテンザシリーズが出た時は

そのグリップ力に衝撃を受けました。

他の日本メーカーとの差は、明らかでタイヤグリップ性能なら

ブリヂストンしかないとまで言われた時代もありました。

でも、日本の他メーカーも、性能の良いタイヤを作れば

売れるという目標ができ、それが技術の進歩を加速させました。

今では、ブリヂストンタイヤ、ヨコハマタイヤ、

ダンロップファルケンタイヤ、トーヨータイヤの4社が

高次元のタイヤ性能を競っています。

タイヤ性能もここまで高次元になってくると

差別化を図るため各社の強みを伸ばしているところです。

タイヤの性能というのは、各国、その時代でニーズで変わってきます。

日本の過去のニーズから振り返ってみると!

グリップ力⇒静かさ⇒乗り心地⇒横剛性耐摩耗⇒燃費性能

日本の過去の車の人気を振り返ってみると!

スポーツカー⇒セダン⇒ミニバン⇒1BOX⇒ECOカー

というように、車の人気によりタイヤ性能も

求めるものが変り今に至っています。

アジア諸国の今のニーズは、スポーツカーです。

パワーのある車が大人気です。

過去の日本と同じ流れですね!

アジアンタイヤの性能は、日本のタイヤ性能と差がかなり縮まりました。

アジアンタイヤの魅力は、なんといっても価格の安さです。

私はサーキットを走るのが大好きなので

お金に余裕のある時は、サーキットを楽しんでいますが

やはり、タイヤ代がバカにならなんです。

国産のSタイヤを履いてしまうと、2時間走行でタイヤは終わってしまうし、

国産のグリップタイヤを履いてもサーキットフリー走行なら2回、

2日でタイヤが終わってしまいます。

17インチなので、国産グリップタイヤ4本で10万円越え

国産Sタイヤだと14万円越えという出費です。

安くてグリップするタイヤはないものかと

これサーキット仲間からも同じ意見が多数ありました。

そこで価格の安いアジアンタイヤを試してみることに

サーキットに行くまでの一般道、首都高、高速道路と

サーキット午前中はアジアンタイヤでの走行

午後は国産タイヤに履きかえての走行をすることに

アジアンタイヤの走行の評価を、

このブログで紹介することにしました。

2014年あたりから、サーキットで充分楽しめるアジアンタイヤ

サーキットでも楽しめるアジアンタイヤも登場してくれたので、

お財布に優しくなりました。

サーキットだけではなく、知り合いに

協力してもらい、アジアンタイヤを履いてくれた車に試乗して

一般道、首都高、高速道路のタイヤ評価と感想を書いています。

このブログが、皆さんのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

2016年から、国産タイヤのグリップ性能を超える、ハイグリップタイヤが発売されました。

ハイグリップタイヤならこちらを参考に⇨ハイグリップタイヤランキング

アジアンタイヤをオススメする理由!アジアンタイヤ性能に対する価格の安さ!でした。

タグ

2016年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

ネットで買ったアジアンタイヤ!タイヤ交換をしてくれるタイヤピットとは?

ネットで買ったタイヤはどこでタイヤ交換すればいいの?タイヤピットとは?

タイヤピットは、車に関わる全てのみなさまのカーライフの充実のために生まれたサービスです。

ネットで買ったタイヤをどこで交換すればいいの?

タイヤ交換をもっと身近に、速く安心して行っていただくために

タイヤ交換・取付の技術を持ち、腕に自信のある取付店をご紹介しています。

エリアからタイヤ交換取付店が探せますので、とても便利です。

コチラから⇒タイヤピット

 

タグ

2015年10月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他 タイヤ基礎知識

ヒーローしのいサーキット、雨の逆回り走行

ヒーローしのいの逆回り、しかもウェットでした。

さて、どっからコースインするんだろうと思ったら

ここからです。

1

なんだか逆に走るって変な感じ

2

そしてここからコースイン

4

コースインしたら即ヘアピンです。

5

ヘアピンを過ぎると下り、

前荷重なのでアクセルを空けるとリヤが滑ります。

7

下り終えてブレーキングを終わらせてからS字の1個目

ドライだったら、そうとうな速度で入れそう。

8

S字の2個目を過ぎて横Gがかなり掛かるけど、

ここで失敗したら車の全損コース

そしてプラスガードレール修理代になるので

気を付けましょう!

そしてストレートを全開で立ち上がり

ブレーキングをしてからダンスシケインへ

この侵入場所が思ったより広いので面白いです。

10

まずは1個目を通過し、ウヒャ~逆回りの方が侵入速度が速いので

忙しいです。

11

2個目を通過

12

そして3個目を通過すると、

あれ、こんなに逆回りだと、コースが狭いのか~

このダンスシケインとヘアピンまでが、

逆回りで一番楽しいかも

久々に・・・・忙しい~って感じです。

さて、ヘアピンを抜けると路面が変わって滑ります。

13

そのあとチョットびっくりしたのが

通常回りの2コーナーがこんなにきつかったのか~

そして高速コーナーだけど、逆回りだと

こんなにコース幅があったんだ~と感動

しかも、逆回りだと徐々に、広くなるんだよね。

さて、高速コーナー出口なんだけど

ここで失敗したら、車の全損だけでは済みません

ケガどころか、大事故につながる速度なので

絶対に失敗したらヤバイです。

外側はコンクリートの壁ですから

16

メインストレートに入ると、下りなので一気に速度が乗ります。

お~コントロールタワーが左に

17

通常のコースイン場所を通過し

コントロールラインを超えてからフルブレーキング

18

そして、シケインに侵入

19

いつもなら、最終シケインなんだけど

どこまで縁石に乗っていいのかという感じです。

20

シケインはトータルの繋がりと

出口スピードなんだけど

上りなので走りやすい

3個目を超えると、結構辛いライン

失敗するとジャンプ台が外側に・・・

横転するかもしれないなァ~

ここも気をつけないといけません。

22

いつもなら、3速全開で入りてくる下りを

上っていくのは、なんだか楽しいような

23

逆回りコースイン場所を超えて

逆回り1周です。

サーキットの逆回りがこんなに面白いとは

思ってもみませんでした。

ラインを探る楽しさって

本当に、新鮮で楽しいですね!

激安アジアンタイヤのことならココ


アジアンタイヤの価格を見たら、その安さに驚きます。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

新しいタイヤチェンジャーが来ました。

こっちが10年頑張ってくれたタイヤチェンジャー

お疲れ様でした。

DSC_0755.JPG

とっても剛性があって使いやすかったです。

これの後継版のタイヤチェンジャーがコレ

DSC_0756.JPG

いよいよ新旧入れ替え・・・

そして設置完了です。

DSC_0757.JPG

ごっついヘルパー付のタイヤチェンジャーになりました。

タイヤチェンジャーという機械ものは

必ず機械特有のクセがあるので

早く慣れないとね。

今回のも、高速プーリー組んでいるし

ペダル操作で2スピード式なので

作業スピードもアップできるし

まずは練習しないとね。

————————————————————–

アジアンタイヤ激安情報

ここで価格を調べてくださいね!

その値段の安さに驚きますよ。

タイヤホイールセットも激安です!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

タグ

2014年8月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ